ブログ

岡山市南区藤田 雨漏り修繕と外壁・屋根の塗り替え完成しました

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!最近ウォーキングを始めました♪社長が毎朝ウォーキングしていると聞きまして、私もやろう!と思い、今日で6日目です♪朝は忙しいので夜歩いています。自然と食事にも気を付けるようになってきました。いつまで続けられるかが不安ですが・・

さて、今日は岡山市南区藤田の現場の完成写真を撮って来ました♪

岡山市南区の現場 完成
こちらの現場には何度も行かせてもらいました。外壁にひび割れが多くあったり、屋根は塗膜が剥がれていたり、雨漏りを起こしている箇所もありました。完成した写真を見るととてもそんな様子だったとは思えませんね!
ではまずは外壁から見てみましょう
ビフォアーです。
外壁施工前↑外壁は色が褪せていて、チョーキング現象(ちょっと触っただけでしっかり白い粉が付く現象)を起こしていました。ひび割れは細かいものから深いものもありました。深いものはV字カットをして割れを補修しています。

アフターです!
外壁完成↑きれいですね!色はブラウン系のベージュで落ち着いています。ひび割れの補修のあとも分からないくらいになりました。

雨漏りは2箇所からしていました。1箇所はドア周りのシーリングの切れによって起きていました。
散水調査↑散水調査をして実際にどこから漏水しているのかをつきとめます。
雨漏りしている
もう1箇所は外壁のクラック(ひび割れ)からです。
クラックからの漏水
雨はたった1mmの隙間から入ります。外壁の中には、通常ルーフィングという防水シートがあるんですが、ここの建物は増築のリフォームの際に、施工不良のためルーフィングがきちんと施工されていませんでした。そこにひび割れてしまったので雨が入り、漏水したという訳なんです・・
雨はどこからでも隙間があれば入るので恐ろしいです・・

続いて屋根のビフォアーです
屋根の施工前↑苔や藻が発生しています。白っぽくなっているところは塗膜が剥がれてしまっています。瓦が雨を吸収してしまう状態になっていました。

アフターです!
屋根の完成↑こちらの屋根は塗膜が剥がれ素地が出ていたため、下塗りを塗っても吸い込んでしまい、塗膜が止まりませんでした。なので、下塗りを2回塗っています。とてもきれいに仕上がりました♪
劣化の状態に合わせて塗料や施工方法を考えて、その建物や施主様のライフプランに合ったご提案をさせていただいております!また次回~

倉敷市福井 外壁は長く持ってきれいな無機塗料で塗り替えました

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓


 こんにちは!今日は久しぶりに事務所近くの用水路でカメを見かけました♪写真を撮ろうとゆっくり構えたのですが・・逃げられちゃいました!すごいスピードで潜っていきました。また見かけたら撮影挑戦します。

さて、今日は倉敷市福井の現場へ行ってきました♪

倉敷市福井の現場
こちらの現場は外壁塗装工事です。屋根は陶器瓦なので塗り替えはしません。外壁の塗料は長持ちする無機を使います。
外壁を塗るときには色や模様を選ぶだけでなく、塗料選びも大事です。種類もさまざまで、それぞれに得意、不得意もあります。
例えば、立地場所や日当たりによって苔や藻が発生しやすいお家には苔や藻が発生しにくい塗料を。外壁にひび割れが出やすいお家にはひび割れに強い塗料を選ぶことが大切です。
なので、この塗料が塗料の中で一番良い!というわけではないんです。この建物にはこの塗料がいい!さらには基礎にはこの塗料、軒天にはこれで・・というふうに部分に合うものを使う方が持ちも良いし、費用も抑えられます。

外壁の施工中外壁は下塗り、中塗り、上塗りの3回塗り終わっていました。色むらもなくきれいです!
無機塗料を使っているので、次の塗り替えまでの期間が一般的なシリコンよりも長く、汚れが付きにくく、苔や藻が発生しにくいのできれいな状態を長く保ちます。紫外線にも強いので色あせもしにくいのです。他の塗料に比べて、費用は高くなりますが次の塗り替えの期間が延びるのでお得な気もします♪

門の塗装↑門と塀の飾りを塗装していました。格子状になっていてローラーで塗ることができません。なので、吹き付けで塗装します。

門のパーツも塗装↑門の止める部品もひとつひとつ塗装します。丁寧な仕事です♪
こちらのお家ももうすぐ完成です!また撮りにいきます♪

倉敷市二子 電気BOXを塗って完成。屋根も外壁もフッ素で塗装

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓
こんにちは!そろそろ梅雨に入りますね。現場に行く途中やそのお家の庭に、あじさいを見かけることが多く癒されます♪

さて、今日の現場は倉敷市二子のアパートです♪

倉敷市二子のアパートこちらの現場は完成間近ですよ~!屋根も外壁、鉄骨階段、樋などほとんどできてます。今日は電気ボックスや分電盤、消火栓ボックスの塗装をしていました。電気ボックスなども錆びてしまう素材なので塗装が必要です。下塗りにはサビ止めを塗ります。
ボックス類の塗装↑私がよく見るサビ止めは赤茶色なんですけど、ボックスの色をクリームで塗るので白のサビ止めを塗っています。

消火栓を塗る塗料↑この真っ赤な塗料で何を塗るのでしょうか?

消火栓ボックスの塗装正解は、消火栓ボックスです!刷毛とローラーを使い分けて丁寧に塗っています。下には塗料が垂れてきても大丈夫なように床に養生をされていますね!

こちらの現場はほとんど完成しているのでいくつかビフォアー&アフター見てみましょう♪

まずは、鉄骨の共有階段です。

ビフォアー
さびている階段↑サビが出ています。これをケレン作業(ペーパーサンドや金属のブラシなどで落とす)してキレイにしてから塗装します。

アフター!
階段の完成↑ケレンを丁寧にしているので塗装がムラになっていませんね。キレイです!

屋根もきれいになりましたよ♪
ビフォアー
屋根の施工前↑屋根の塗装がところどころ剥がれています。

アフター!
屋根の完成↑キレイですね!屋根も外壁もフッ素樹脂の塗料を使っています。フッ素は汚れをつきにくくするので長くきれいな状態を保つことができます。
もうすぐ完成して足場を外します。次は全体の写真を撮りに行きますね♪

高梁市で外壁塗装、職人技!下塗りで模様を出しています。

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓


こんにちは!今日も暑いです。天気がいい日は現場日和ですが、車の中はとっても暑いんです!今日はちょっと遠くの高梁市の現場へ行ってきました♪

高梁市の現場
こちらの現場は屋根と外壁の塗装をしています。塗料は屋根は無機塗料、外壁はシリコン塗料です。屋根も外壁もアウトレット塗料プランでの施工です。
今日の作業は”下塗り”の工程です。
外壁塗装の下塗り中↑下塗りをしています。既存の外壁はリシン(塗料に砂を混ぜて吹き付ける塗装)です。今回の塗装は模様出しをします♪今回の仕様は吹き付けでなく、ローラーで模様を出していきます。この下塗りの段階で塗膜を立ち上げています。そして上塗りをしていくと、模様が出るという仕組みなんです。なので、下塗り材は粘度の高いサーフSGを使っています。粘度が高いので塗膜が立ち上がるんですね。ローラーはちょっと特殊なマスチックローラーというローラーを使っています。普段使うローラーはふわふわの毛なんですが、マスチックローラーは堅めで荒い目のスポンジのような感じです。  
                ↓マスチックローラー
マスチックローラー
このマスチックローラーを使って塗膜を立ち上げるんですが、ここが職人の腕の見せ所!均等に、広い面も狭い面も同じ模様になるようにしていかなくてはいけません。こちらの現場の職人さんたちはこのように模様を付ける施工をたくさんしてきた方たちです。仕上がりに期待です♪

屋根の塗装前屋根は塗膜が剥がれて真っ白な状態でした。棟部分は錆びています。きれいになるのが楽しみです!

高梁市は古い町並みの素敵なところです♪路地を歩くとレトロなガラス窓の家や大正ロマンを感じさせるような家が並んでいて素敵でした♪またお伝えしますね。

倉敷市二子のアパートの塗装工事 外壁の下塗りをしています!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓


こんにちは!じめじめしてきましたね!事務所近くの用水路にはおたまじゃくしがいっぱいいました♪私が知っているおたまじゃくしよりずっと大きいのでうしがえるになるのかな?魚のようでした!
大きいおたまじゃくし近づくと逃げてしまいます・・

さて、今日は倉敷市二子のアパートの現場です♪
倉敷市二子のアパート
この日の作業は外壁の下塗りと軒天の塗っていました。アパート2棟あるので職人さんも多く、手分けして作業していました。
軒天を塗装中↑軒天を塗装しています。刷毛とローラーを持ち替えて使い分けています。

下塗りを塗装中↑こちらの奥の職人さんは下塗りをしています。手前側の職人さんは、コーポの名まえが付いているところを養生しています。
これが下塗りの材料です。
下塗の塗料
下塗の塗料
↑下塗りは外壁のサイディングボードと上塗りの塗料をくっつけるのりのような役割をします。下塗りを1回、外壁の種類や状態よっては2回することもありますが、基本的には1回です。その上から上塗りを2回塗ります。(中塗り1回上塗り1回とも言います)上塗りの塗料は同じものです。

きれいになったコーキング↑コーキングはきれいになっていました♪固くなって黒く切れていたコーキングは全て撤去して打ち替えしました。コーキングは打ち直してから外壁の塗装と一緒に塗装します。コーキングは紫外線に弱いので、一緒に塗装することで紫外線から守ることができます。

鉄部にはサビ止めを↑鉄部にはサビ止めをしています。てすりや物干し金物などサビてしまう鉄の素材のものには、下塗りにサビ止めを塗ります。それから、上塗りを2回塗ります。次に行くときには塗装はできていると思います♪またお伝えしますね!

赤磐市でビルの現場、屋上のウレタン防水工事に密着しました!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!まだ5月ですが気温が高い日が多いですね!スーパーには塩分チャージのドリンク類やタブレット、ゼリーが見られるようになりました。その種類の多さにもびっくり・・!

さて、今日は社員の方と一緒に赤磐市のビルの現場へ行ってきました♪

赤磐市のビル現場
こちらの現場は雨漏りしているところがあり、その改修と屋上の防水工事、外壁の塗装工事をします。ビルの階段付近から漏水していることが漏水調査で分かりました。工事が始まる前に社長が漏水調査に行っています。漏水調査は、実際に水をかけてどこから雨漏りしているのかを調査します。塗夢は外壁と屋根塗装の専門店ですが、塗り替えてキレイにするだけでなく、雨漏りや劣化したところを直したり、交換したりとお客様のニーズに合わせていろんなことをしています。一番大事なことは、キレイにするだけでなく、不安なく安心して住めるようにすることですよね。雨漏りを直す、雨漏りしないようにすることは基本で、社長はとっても大事にしています!

屋上防水工事、プライマーを塗ったところ↑屋上のようすです。屋上は防水工事をします。防水工事もいろいろ種類と工法があるんですが、今回の施工はウレタン防水の通気緩衝工法(つうきかんしょうこうほう)です!
今ツヤっと見えるのはプライマーというのりのような材料を塗ってあるからです。この上からメッシュシートを貼るんです。ウレタン防水はウレタンを流して防水層を作って防水するんですが、この施工は通気緩衝工法なのでこのメッシュシートを貼った上からウレタンで防水層を作るんです。
通気緩衝・・要するに、施工前の屋上の床と新しく作る防水層の間には空気が通るようにする!ということなんです。
メッシュシートには空気が通るようにしかけがあります。

メッシュシート↑こちらがメッシュシートです。このメッシュシートと屋上の床を貼り付けるところにしかけがあるんです。

メッシュシートの接着部分↑裏の1枚をめくるとシールのように貼り付けることができるんですが、接着できる部分と、接着が付いてない部分とがしましまのようになっています。これで接着がない部分に空気が通るという仕組みなんです。
そもそも空気が通るようにするのはなんのために?と思いますよね!その理由は、この屋上の床の劣化状態が悪く、ひびなどから水が入っている可能性があるから、なんです。今まさに水が入っている状態にウレタン防水の密着工法で施工した場合、水は水蒸気になって出よう出ようとするので、ウレタン防水の塗膜を押し上げてしまうんです。膨れて浮いた状態になっている塗膜は中に水が回っているからなんです。
この通気緩衝工法は空気の通り道があるので水蒸気になってゆっくり通り道を通って、最終は脱気筒から出ていくんです。
脱気筒↑こちらが脱気筒です。ここから水蒸気が出ていくんです。この設置は屋上床の面で一番高いところに付けるそうです。なぜかというと・・水蒸気は上へ上へと上がっていくからだそうです。なんだか理科の実験のようですね♪
また完成したらお伝えします~♪

倉敷市二子のアパート、切れたコーキングの撤去作業

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓


こんにちは!先日5月11日に、倉敷市芸文館で毎年行われるフィールドオブクラフトへ行ってきました。全国から陶器からかごや染物などさまざまなジャンルの作家さんが出店します♪10時~でしたが、人が多いだろうと予想し、1時間前に現地入りしました。まだ準備中にもかかわらずお客さんは割と多かったです。しかも人気の作家さんのところには、スタートの10時前から早くも行列ができてました!私は両親へのプレゼントにお茶碗を買いました♪とっても楽しかったので来年もまた行きます!

さて、今日は倉敷市二子のアパートの現場をご紹介します♪

倉敷市二子のアパート
こちらのアパートは2棟同時に施工します。この日の作業はコーキング(シーリング)の撤去作業です。サイディングの外壁なので、サイディングボードの目地、窓枠の目地のコーキングは撤去して打ち替えが必要です。なぜ撤去して打ちかえる必要があるのかと言いますと・・では、まずコーキングがどんな状態なのか見てみましょう。
こちらです。
切れたコーキング

破断したコーキング↑コーキングが切れています。本来、コーキングはゴムのように弾力があるんですよ。それは、建物が揺れるときの力を吸収する役割りのほか、ボードが気温によって膨張するのを吸収する役割もあります。コーキングがなければサイディングボードは割れてしまいます。コーキングは弾力があり、伸びたり縮んだりできないと意味がないんです。
ゴムが劣化したらプチっと切れやすくなるのと同じで、コーキングも固くなり切れてしまうんです。しかも、屋外なので雨にも風にも紫外線にもさらされているのでなおさらです。
切れてしまうと、コーキングの役割が果たせません。それどころか、切れたところから雨水が入ってしまうんです!
雨水が中に入ってしまうと水はどんどん進みます。下へはもちろん、横にも進みます。枝分かれしながら進んでいくので雨漏りの被害は1箇所にとどまりません!
こんな被害に合わないために、コーキングにはメンテナンスが必要なんです。メンテナンスの方法は、劣化したコーキングを撤去し、新しく打ちかえることです。職人さんはカッターを使ってコーキングを丁寧に取り除いていました。
次回はコーキングの充填作業をお伝えいたします♪

倉敷市有城 屋根の塗り替え完成しました。苔が生えにくい屋根へ!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓



こんにちは!5月も半ばになりました。東京オリンピックのチケットの販売が始まりましたね。2013年にオリンピックの開催地が東京に決定した時は、まだまだ7年も先か~と思っていたのに、あっという間に来年に迫ってるんですね!早いな~。

さて、今日は先日行きました倉敷市有城の現場です♪
倉敷市有城の現場以前のブログではまだ屋根の塗り替えをしていませんでしたが、この度屋根が完成しましたよ~!

まずは塗り替え前の写真からどうぞ。
屋根 現場調査時↑こちらは現場調査の時の写真です。北側と西側で屋根の状態が違うのが分かりますよね。太陽の光の当たり方で違うんですよ~。物を劣化させる大きな原因は紫外線と水です。屋根は紫外線も水も建物の中で一番当たる部分です。ですが、紫外線には違いが出ます。北側は南側に比べると影になりやすいです。なので雨が降った時に乾きが遅いです。そうすると、屋根に苔や藻が生えてしまいます。屋根のじめじめした時間が長ければ長いほど苔や藻は生えやすくなってしまうんです・・。
そうです!この写真の茶色の汚れに見えるのはです。苔って緑色のイメージですが、雨が降ったらこの茶色が緑色になるそうです。そしてどんどん広がっていきます!
 なぜ苔が生えるのかといいますと・・この屋根の瓦はスレートです。瓦の塗膜が劣化していくと防水性が失われます。そしてスレートに水分がどんどん吸収されて植物が育つ環境が整い、苔が生えてしまうんですね。
 塗装すると瓦が塗膜にカバーされ水を吸収させないので苔が生えるのを防ぐことができますよ。
屋根の塗り替え前↑洗浄したあとはこうなっています。
高圧洗浄機を使って苔や藻、汚れを洗い流していきます。ところどころ白っぽくなっているのは、塗膜が剥がれている部分です。塗膜が剥がれると、水が吸い込まれるので、苔が生えたり、雨漏りに繋がっていきます。塗装は下塗り1回(塗料が吸い込んでしまったら2回)中塗り→上塗りです。基本は3回塗ることになります。

では、塗り替え後の写真をどうぞ♪
塗り替え後の屋根
キレイに仕上がっていますね。これはツヤのある塗料です。屋根にはツヤのある塗料の方がいいそうです。塗料にはマットでツヤのない艶消しから3分艶、5分艶、7分艶、艶有りとツヤの段階にも種類があります。ツヤ度が高い程汚れにくいので、屋根のように見えにくく洗えないところには艶がある方が汚れにくくて良い!ということです。
 しかもこちらの屋根は無機塗料での塗装です。無機塗料は塗料の中でも1番長持ちする塗料です。塗り替えして、長持ちする屋根になりました♪

倉敷市庄新町 塗装前の事前打ち合わせに行きました。

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓



こんにちは!暑くなってきましたね~!今年も暑いのでしょうか・・。天気が晴れなことは塗装日和で嬉しいんですが、暑いです・・。

今日は、社長と一緒に、倉敷市庄新町のお客様のところへ、着工事前打ち合わせに行きました。事前の打ち合わせは通常、見積もりからご成約→色決め、ここまでにどの部分をどの塗料で塗るのか、補修や修繕・改修する部分や内容を見積もり、ご成約までに決めていますので、打ち合わせをすることはほとんどありませんが、お客様が色で悩まれていることもありますので、ご要望がございましたら何度も行かせていただくこともあります。庄新町のお客様も色がよく分からなくなりもう一度確認したかったそうです。たくさんの色から選ばれているので色で悩まれ、分からなくなる方多いんです。
お客様が選ばれたカラーのボードを持って行き、外壁に当ててみて、イメージと合っているかもう一度確かめてみました。もし、ここで思った色と違うな、変更したいとなってもまだ大丈夫な時点でしたが、お客様は安心された様子で、変更はされませんでした。

カラーのボードと言いますのは、板に実際に外壁に塗る塗料を塗って、お客様のお家の外壁と合わせてイメージしやすくするためのサンプルです。

サンプルのカラーボード↑こんな感じです。A4サイズくらいあって大きいのでイメージもしやすいと思います。
お客様と、お家の周りを一周して塗る部分も確認しました。塗装は外壁と屋根だけではありません。ひさしや雨どい、換気フード、雨戸なども塗装します。素材によって塗装しなくてもいいものもありますが、サビてしまう素材の部分や色あせてしまう樋などは塗装します。
もうすぐ庄新町のお客様、着工になります。気になることがまたあれば、いつでも電話くださいねと社長がお客様に言っていました。塗夢はお客様一人一人に分かりやすく丁寧に対応いたします。もちろん、塗り替え中も、塗り替えした後もです。社長は何年も前に施工したお客様を覚えています。近くに用事があれば、施工したお家を見ています。ひとつひとつの現場を大事にしているんだなと思いました。

今日は、事務員さんからゴールデンウィークのお土産をいただきました♪
なんと、ニュージーランドのお土産です!
ニュージーランドの可愛いグッズニュージーランドはキーウィという鳥が象徴になっています。キウイフルーツのキウイはこの鳥のキーウィから名前がキウイになったんだそうです。丸っこくてふわふわした感じが似ていますよね♪
お土産の袋も異国感があってオシャレ!

ニュージーランドの大きなクッキー↑これはクッキーです。デカい!大きさが分かるようボールペンを置きました。厚みもあります。1枚で足りますね!このお菓子はニュージーランドの人たちが普段食べているお菓子だそうです。サイズ感がちがう~!お土産、ありがとうございます!

倉敷市有城 外壁の塗り替えは大好評アウトレットプランで♪

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓



こんにちは!今日は事務所でおやつをいただきました♪
福井堂のお菓子とっても可愛い!岡山県備前市にある「福井堂」のスティックケーキです♪アイスバーのような見た目も可愛いけど味も美味しいです。黄色の方、マンゴーなんですが、果肉が入ってましたよ♪仕事の間のおやつの時間がとっても好きです。しかもこんなに可愛いと嬉しいですね~
福井堂のスティックケーキ

さて、今日の現場は倉敷市有城の現場です♪
倉敷市有城の現場
イメージシートがちょっと隠れてしまったので角度を変えてもう一枚
倉敷市有城の現場
今日は外壁の上塗り2回目と胴差を塗っているところでした。
胴差の塗装胴差の塗装をしています。胴差の出っ張りはわずか2センチ程度。刷毛を使ってはみ出さないよう慎重に塗っていきます。すごく神経を使う作業です・・ベテラン職人のKさんは細かいところを本当にキレイに塗っています。

外壁上塗り2回目外壁は上塗りの2回目を塗っているところです。塗料はアウトレットのシリコン塗料です。「アウトレット!?安いの?」気になりますよね!
塗夢では、アウトレットプランがありまして塗夢の在庫にある塗料から選んでいただくのですが、塗料の価格がなんと、半額以下でのご提供も可能です!
塗料は高品質な有名メーカーのシリコン塗料で(無機塗料が在庫にある場合も・・)安心です♪ただし、在庫にある場合のみご提供が可能になりますので、ご希望の色などがないこともあります。ご了承ください。
このアウトレットプラン、大好評なんです。白やベージュ系、ブラウン系などは比較的多いので良かったらご検討ください♪
こちらのお家の外壁は1階と2階で色を変えています。このどちらもシリコン塗料でアウトレットです。まだ屋根はこれからですが、無機塗料で塗装します。アウトレットではないですが、無機塗料は長持ちするので劣化の早い屋根にはぴったりなんですよ。
また屋根の塗装も始まったらお伝えしますね~♪

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT