足場って必要?必要です!労働安全衛生法と汚水や塗料が飛びます!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪

 
 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!今日はリフォームサポート塗夢に、”屋根の塗装をするときに足場はいるの?”というお問い合わせをいただいたので、足場がなぜ必要かをお話ししたいと思います。
お問い合わせ内容は、他業者で見積もりを取ったところ、足場を組まず屋根を塗装するから足場代はかからないと言われ、塗夢でも足場を組まず塗装できるかなと思われたそうです。
倉敷市住宅塗装
足場は必要か?・・必要です!1階建て平屋の場合でも必要です。

なぜ必要かといいますと、まず労働安全衛生法という法律で定められているからです。2m以上の高さでの作業は作業員の安全のため足場が必要です。作業員を守るための法律ですね。

足場が必要な理由は法律の他でもいろいろあります。
屋根の洗浄作業では汚水が飛び散ります!屋根の塗装工事では最初に洗浄作業をします。洗浄で汚れやコケ・藻を洗い流していきます。
洗浄作業高圧洗浄機で汚れを取るのでけっこう飛びます。なので足場をかけメッシュシートで覆う必要があります。写真は足場にメッシュシートをかけ、さらに足場にビニールを取り付け、汚水が飛んで近隣のお家を汚さないようにしています。

屋根の下塗り
屋根の塗装でも飛び散りは起きやすいです。ローラーを使って塗装しても、とっても小さな塗料の粒がけっこう飛びます。風の強い日はメッシュシートがあってもそれ以上に飛ぶので屋根の塗装はしていません。

屋根は形状によって勾配がすごく急な場合もあります。足場がないととてもじゃなけいけれど作業できません。
屋根の洗浄後屋根の勾配がきつい場合は屋根の形にそって足場をかけ、作業する職人は腰をかけて作業します。
足場がないととても危険です!

1年前に塗夢の事務所の近くでどこかの業者さんが2階建ての住宅の屋根の塗装をしていました。そのとき足場を組んでいなかったので驚きました。洗浄作業は汚水が飛び、住宅の通りの道路全体が濡れていたのでけっこう飛んだと思います。塗装している姿はあまりにも危険で見ているこっちがヒヤヒヤしました。

足場を組まなければ足場代がかからない分、費用は安くなるでしょう。ですが、法律で決まっていることを守らず、職人を守らない会社が善良な訳がありません・・。
塗夢では職人の安全を守るため必ず足場を組みます。私も現場に行くので足場がなかったらこわすぎて上がれません!
お問い合わせいただいたお客様もご納得いただけた感じでよかったです。

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT