倉敷市茶屋町の公会堂の完成を撮りに行きました。

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

 こんにちは!寒くなりましたね。寒いのは苦手だけど、紅葉が色とりどりできれいだし、夜の空は澄んでいて星が輝いて見えます。昨日は倉敷のアウトレットに行ったら、イルミネーションが点灯してきれいでした。2日に点灯式があったそうです。寒いけど、きれいなものを見ると一瞬忘れますね♪

さて、今日は先週撮りに行きました、茶屋町の公会堂の完成をご紹介します。
茶屋町の公会堂は、外壁はALCパネルです。ALCパネルはサイディングのようにボードです。燃えにくい素材で、厚みがありますが、気泡が多く軽量です。小さ気泡がたくさんあるおかげで、断熱性も高く、防音性も高いことが特徴です。ただ、この小さな気泡の穴に水が入ってしまうと、パネルの中に水が回り、漏水となってしまうんです。なので、ALCパネルはメリットはたくさんありますが、デメリットは雨が侵入しやすいことです。必ず定期的にメンテナンスが必要です。
Uカット   ↑この写真は茶屋町公会堂のALCパネルの外壁にUカットをしているところです。ここのパネルには細いヘアークラックがいくつもいくつもありました。サイディングやモルタルの外壁でのヘアークラックならば、下塗り材の厚みのある塗料などで十分補修できるのですが、ALCパネルの場合だとそうはいきません!一見ほそいクラックでも、ALCパネルの中は、気泡がたくさんあるので、奥の方までひびが入っていることが多いのです。水が回りやすいので小さなクラックは見過ごせません。そこで、Uカットといってクラックを大きく削り、コーキングを充填し、漏水させないようにするんです。

では、施工前の写真と完成した写真を比べてみましょう♪
まずは、施工前です。
茶屋町公会堂 施工前
 施工前の屋根です。
屋根の施工前
  そして完成です。
塗装後、完成
屋根の完成です。屋根の完成
びっくりするほどキレイになりましたね。Uカットした跡はどうしても残っていますが、この距離からだと目立たないです♪屋根は苔や藻がたくさんでした。苔や藻はブラシで丁寧に取り除きました。キレイに生まれ変わって、地域の利用する方々に喜んでもらえたらとても嬉しいです。
では、また次回♪

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT