岡山市でコーキング打ち替え!耐久性の高いオートンイクシードです

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪

 
 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!岡山県では気温が連日20度を超えていますね!暑いです。一気に夏が来そうな勢いです・・。

さて、今日は岡山市中区の現場です。コーキング(シーリング)の撤去・打ち替え作業をしています。
岡山市中区の現場
3階建ての建物で大きいので通常よりも工期を10日間長くとらせていただいています。外壁と屋根の塗装工事、バルコニー防水工事をします。
足場を組み立てて、コーキングの撤去・打ち替え作業から始まります。
コーキングはサイディングの外壁には必ず目地に打ってあります。コーキングがなぜあるのかというと、建物が揺れたり動くときにサイディングが割れないためです。
サイディングの外壁は、サイディングボードがいくつも合わさって形成されています。それが隙間なくくっついていたら、建物が揺れるたびにガチャガチャぶつかり合い割れてしまいます。なので、隙間(目地)を作ってあるんです。ただ隙間にしていると雨が当たって雨漏りしてしまうから、コーキングで埋めてあるわけなんです。コーキングはゴムの様な弾力や伸縮性があり、建物の動きに追従できるので目地に打ってあるんです。
でも、コーキングは劣化します。紫外線に弱いので特に日がよく当たるところあは劣化が早いです。
切れたコーキング↑劣化したコーキングは硬くなり切れていました。コーキングが切れると隙間から雨が入って雨漏りの原因になります。雨漏りは屋根からのイメージが強いですが、外壁から雨漏りする方が多いんです・・。
そこで、コーキングは撤去し打ち替えをします。増し打ちといって上からする方法もありますが、下に切れたコーキングがあるのですぐ切れてしまいます。塗夢では撤去して新しく打ち替える方法で工事しています。こちらの住宅は、コーキング材は耐久性の高いオートンイクシードを使用します。オートンイクシードはコーキングの中でもトップの性能で、通常の耐久性の倍以上長持ちします。こちらのオートンイクシードは防水工事の保証が付きます。

コーキング撤去コーキングを撤去したら、マスキングテープで打つ箇所に養生をします。コーキングのラインを真っ直ぐ出すためです。
プライマー塗布コーキングを打つ前にプライマーを塗布します。きちんと施工されていないとすぐにコーキングが剥がれてしまうのでとても重要な工程です。
サイディングのゆがみ・ズレ
外壁のサイディンは歪みやズレがあり、隙間があいてしまっている箇所がいくつかありました。ここにもコーキングを打ち改修します。
コーキングを打ったら家全体を洗う洗浄作業に入ります。 
またお伝えします♪

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT