倉敷市茶屋町 雨漏りさせない!コーキングのメンテナンスしよう

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!最近ウォーキングができてません・・。基本、夜に歩いていたので、寒くなると出るのが嫌になってしまいました。朝は忙しいし寒いのでなかなか出られず。うーんどこか日が昇っている間に時間を見つけないとなぁ。クリスマス、お正月は食べちゃうから、必ず太るので対策を考えておきたいです(笑)

さて、今日は倉敷市茶屋町の現場です♪

倉敷市茶屋町の現場
この日の作業はコーキング(シーリング)の撤去です。コーキングはサイディングやALCパネルの外壁の目地にあります。ゴムのような素材で伸縮性と弾力性があります。建物の揺れや気温差で伸縮するなどで力が加わったときに、外壁のボードが割れないように力を軽減する役割りがあります。
コーキングは紫外線や雨がよく当たるところは特に激しく劣化します。劣化すると固くなり、ひび割れたり断裂することもあります。
そして、切れたところから雨水が入り、建物の中を腐食させて内部へと入っていきます。そう、雨漏りです・・。今回の現場は雨漏りは起きていませんが、実際にコーキングの切れたところから漏水したというケースは、いくつもありました。

散水調査
↑コーキングが切れたところから雨漏りしたお家の散水調査の様子です。
建物の中はこうなていました。
押し入れに雨漏り押し入れの中に雨漏りしていました。
雨漏りって屋根から起きると思いがちですが、外壁から入ってくることが多いんです・・なので、サイディングボードの目地や、ドアや窓枠のコーキングはメンテナンスが必要です。

今回の現場のコーキングの撤去のようすです。
ドア回りのコーキング撤去玄関ドアの回りのコーキングを撤去しています。きちんと施工されていた場合は、カッターを両端に入れて引っ張ると、簡単に撤去できます。撤去したところに、雨が入ってしまうと内部を傷めてしまうので、雨の日、雨が降る予報の日はできません。
古いコーキングを撤去したら、新しくコーキングを打ちます。重ねて打つ業者もあるようですが、下に古いコーキングがあると、またすぐに同じようにひび割れてしまうので、塗夢では重ねて打つことはしません。
実際に私が行った現場の中に、外壁はまだ艶がありきれいなのに、コーキングだけ異常なほど、ぼろぼろになっている建物がありました。原因は古いコーキングの上からコーキングを重ねて打つ、”増し打ち”が原因でした。見た目が同じになればいい。ではなく、正しく施工することが大事ですね。
塗夢では、雨漏りを起こさせない家を重要視しています!コーキングの撤去と打ち替えをとても丁寧に施工しています♪

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT