岡山市で築25年の住宅の雨漏りしていた外壁を張り替えます!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!今日もよく晴れています。秋晴れですね!今日は暑いくらいです。先日、事務の方からいちじくを頂きました。秋ですね~!とっても美味しかったです♪

さて、今日も岡山市中区の築25年の住宅のサイディングの張り替え工事をしている現場へ行ってきました♪
岡山市中区の現場
出窓の上下のサイディングを張り替えます。
こちらの住宅は、最初に行う、外壁・屋根の現地調査で外壁からの雨漏りが発覚しました。雨漏り調査による水分計の数値からすると、雨が侵入している可能性はかなり高いことになります。というか、あまりにも高い数値で、外壁の中は濡れた状態になっているので、間違いなく雨漏りです。
実際にサイディングを剥すと、中の木は腐っていて、断熱材のグラスウールはしぼると水が出るほどの状態でした。

出窓まわりのサイディング張り替え出窓の下側は新しいサイディングを取り付けました。上側はこれから取り付けます。断熱材も新しくしました。白く見えているあれです。
断熱材に発泡スチロールこれ↑何か分かりますか?梱包の隙間とかに入っているのでよく目にしますよね。発泡スチロールです!この断熱材を使用しました。
私は、よく住宅のサイディング張り替えで見かける、グラスウールを使うと思ってたので、驚いたんですが、発泡スチロールは、ふわふわの断熱材、グラスウールやロックウールよりも、ずっと断熱効果が高いそうです。確かに、魚とかお肉とか運ぶときにも使われてますね。
グラスウールやロックウールは安価ですが、発泡スチロールの断熱材は高いので、住宅に使われても、外壁ではなく、床の断熱材として使われるくらいだそうです。
サイディングをカット張り替えのサイディングは、金属サイディングです。現場で、張り替え箇所のサイズに合わせて加工していきます。
この作業台は、職人による手作りです。今まで何度かサイディングを加工しているところを見たのですが、今回初めて気が付きました!
作業台にミッキーのマーク!
作業台にかわいい加工
なんと作業台に可愛いミッキーマーク!他にも窓わくのような加工もありました。物を大事にする職人さん。作業台もかわいくしてあって楽しくなりました。いつも道具もキレイにして使っています。

こちらの住宅のように築25年くらいのお家には、同じように外壁サイディングの中が雨漏りしている事例が多いです。住宅は施工方法や使われている材料がどんどん変わってきたので、その時代にはいいもの、いい施工と言われてきたことが、現代では、ありえない!施工不良!なんてことがたくさんあります。リフォームサポート塗夢では、ただ塗装するだけではありません。最初の現地調査・診断では、まずお家の状態を調べて、不良箇所や雨漏りがないかを調査します。それからその住宅に合った施工法や塗料などをご提案いたします。現地調査やお見積もりは無料でさせて頂いています。お気軽にお問合せくださいね♪

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT