岡山駅前のビルの外壁工事!雨が当たる部分に板金をかぶせました

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!コロナウイルス感染症が、岡山県で感染者を日に日に増やしています・・。熱を出したら怖いから、風邪もひけません。私は去年と同様、朝起きて一番にはみがきと手洗い、これはずっと続けています。風邪をひかない病院の先生たちが毎日やっている習慣だそうで、知ってからはずっと続けています!

さて、今日は岡山市駅前のビルの外壁工事の現場に行ってきました。
岡山市駅前のビル外壁工事
前回、板金を取り付ける作業の様子をブログに書きましたが、その板金がきれいに取り付けられていましたよ!

前回のブログ→岡山市駅前のビル外壁工事!板金を取り付け雨漏りさせません!

板金取り付け前はこんな様子でした。
板金取り付け前
雨が当たるため、勾配は付いていますが、タイルの目地に雨水は溜まりやすく、長い年月をかけ、染み込んでいました。下のモルタル部は、タイルに板金をかぶせる工事の後、ウレタン防水をして、雨水の侵入を防ぎます。



軒部分もタイルで、雨が染み込んでいました。雨水は軒の半分くらいつたっていくので防水する必要があります。この軒部分にも板金をかぶせます。





まるくなっているモルタル部施工前
ビルの角はアールになっていて、しかもこの部分は上に屋根がないので雨が直撃します。雨が染み込んでいて、タイル部分からエフロレッセンスという、コンクリートの成分が染み出すという現象が起こっていたり、まるみがある分、雨を含むと割れやすくなり、大きなひび割れもありました。


雨水が染み込むと建物は劣化が加速してしまいます。耐久性も低くなります。今回工事するビルは、雨水がいつでも当たって染み込んでいる箇所が多くありました。板金を取り付けることで建物への雨水の侵入を防ぎます。

板金を取り付けた施工後です!
板金取り付け後
板金取り付け後

赤で囲っている箇所が板金でかぶせたところです。雨水が当たって、侵入しやすいところに取り付けています。
アールになっているところは、板金を短く切って加工し、アールに沿わせて取り付けています。これで雨水は入ってこれないので安心です!
高いビルで、外からは見えないところでも、きっちりと丁寧に工事をしています。
屋上看板下の板金取り付け屋上の大きな看板の下も板金を取り付けています。雨が当たるところは全てかぶせました。
現場へ行くたびにビルがきれいになっていくので、完成がとても楽しみです。

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT