倉敷市で外壁塗装と屋根の葺き替え 軒天、破風もカバー工事中!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓
こんにちは!ニュースでコロナウイルスは接触感染は少ないとやっていました。今更!と思いましたが、確かに岡山・倉敷のクラスター発生も飲食店やカラオケ店が多いですね。飛沫感染や空気感染が感染しやすいんですね。やっぱりマスクを取らないのが予防効果がありそうですね!

さて、今日は倉敷市水島の現場、屋根の瓦葺き替え工事と外壁塗装工事、軒天のカバー工法です♪

倉敷市水島の現場
こちらの屋根はセメント瓦で劣化状況が悪く、割れている瓦も多くありました。ルーフィング(防水紙)も劣化していて、雨漏りをしていた痕跡も見られました。
それも原因と思われる、軒天の木の剥がれもあり、軒天は塗装ではなく、上から新しく軒天をカバーする方法でメンテナンスします。

軒天の木の剥がれ↓
軒天の劣化軒天部分は雨や紫外線にほとんど当たらない部分です。この部分がこのように劣化することはあまりありません。屋根のルーフィング(防水紙)の劣化で雨水が回っていた可能性があります。↓ルーフィング(防水紙)は破れていて雨染みだらけでした!
ルーフィングに雨染み
軒天を新しく木でカバーしていくと・・。

軒天、鼻隠しのカバー工法どうでしょう!キレイですよね!軒天は木の板で張り、鼻隠し部分は板金で覆っています。破風と鼻隠しは板金に変わります。破風は特に雨が当たるので板金だと安心です。雨樋は交換するので撤去しています。
今回の工事で、屋根は葺き替えし、塗装メンテナンスのいらない平板瓦に。同時にルーフィングも交換。外壁はひび割れしにくくなる、厚膜をつける塗装方法でゆず肌模様になり美しく。軒天、破風、鼻隠し、母屋木は板金を巻くカバー工法で。雨樋は新しく交換します。これだけたくさんの工事をします。だけど、古くなったお家を、長くまだまだ住むのに大事な工事です。

母屋木に板金巻き   ↑母屋木にガルバリウム鋼板を巻いています。もともとは木で、風雨で傷んでいました。板金を巻くことで雨に当たっても、木のようにしみ込むことがないので劣化もしにくいです。
屋根は葺き替えで、セメント瓦から平板瓦になります。大屋根は完成して、下屋根がもうすぐ完成します。
楽しみですね!
下屋根の葺き替え工事

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT