倉敷でALCパネルの外壁塗装が完成!バルコニーはFRP防水!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪

 
 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓


こんにちは!東京ではオミクロン株の感染者が増えていますね。市中感染が出てしまったらこわいですね。岡山県はずっと感染者は少ないのでこのまま続くといいですね。

さて、今日は倉敷市で外壁塗装が完成したお家です。
こちらの住宅は、外壁はALCパネルです。ALCパネルというのは軽量気泡コンクリートのことで、コンクリートで強度がありますが、中が気泡のように小さな穴が空いていて軽量になっている建材です。コンクリートなのに軽い・・。石なのに軽い軽石のような感じですね。→ALC協会 ALCパネルとは?
燃えにくく、断熱性や遮音性が高い、それでいて軽量なので耐震性も高いです。大型の店舗や工場、倉庫などにも使われ、スカイツリーにもこのALCパネルが使われているそうです!

それでは完成した住宅、ALCパネルの塗装です。
ALCパネル外壁の塗装完成キレイに塗り替えました。無機塗料で塗装し、色はクリーム(白・ホワイト)なので以前目立っていた色褪せが目立ちにくくります。
無機塗料は耐候性が高く紫外線に強いので、色褪せしにくい塗料です。さらに白系の色は色褪せが目立ちにくいのでいいと思います。明るくなって素敵なお家になりました。

 施工前の写真はこちらです。塗膜はチョーキング現象が起きていて手でちょっと触っただけで粉状になってつくような状態でした。
防水性がなくなっているので、基材がどんどん傷んでしまいます。
倉敷市の外壁塗装施工前
バルコニーは防水工事をしました。防水はFRP防水なので頑丈です。メンテナンスを定期的に行えば長くもつ防水です。
外壁や屋根の塗装をするときに、一緒に工事される方が多いです。
バルコニーFRP防水工事完成外壁塗装や屋根の塗装も大事ですが、バルコニー・ベランダ、屋上などがある場合にはそこの防水工事が必要になります。後回しにしがちですが、防水工事はとっても大事です。バルコニーはコンクリートで頑丈そうなイメージですが、防水層がグレーでコンクリートに見えているだけです。住宅を建てるときにたくさん木の板(板材)を使いますが、バルコニーも板材でできています。それに防水工事をしているだけなので、防水層が劣化し、割れると下は木なので、劣化しやすく腐ったりするんです。
雨漏りしてしまうと木が腐食し、大がかりな工事になってしまいます。家も車や人と同じですね。早めにメンテナンスすることが大事です。

こちらの住宅の過去ブログを見る♪
倉敷市外壁塗装 ALCパネルはひび割れしにくい下塗り材を!

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT