2015年1月

岡山市青江O様邸 屋根フッ素樹脂塗装!(^^)!

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。

平成27年1月30日 こんにちは。

今日は朝から雨で所により雪・・・

各現場は全て作業中止状態。

ですので朝から内勤しています。こんな日は現場訪問しても職方はいないのでブログネタも現象気味・・・

今日の秀ちゃん奮闘記は先日お伺いした岡山市青江O様邸をお届け致します。

O様はお客様のご紹介でご縁を頂きました。

工事内容は屋根の平板瓦の塗装。お客様への見積もりはシリコン樹脂とフッ素樹脂の2パターンを作成しフッ素樹脂にてご契約頂きました。

≪BEFOR≫

 

 



すごく傷みが進行しスレートがズレ落ちている部分もあります。

下地の基材は劣化し表面が捲れてしまっている部位もあります。

これら表面が捲れている部分はカチオン系フィラーという樹脂分の多いセメントのようなもので修復します。

仮設足場設置状況

 

 

 


屋根勾配が急ですから屋根足場が必要となります。

僕も昔は足場があれば普通に登り作業していましたが、近年さすがにこの勾配は恐怖を感じます



写真ではそうでもないように見えますが慣れてないとホント怖いですよ・・・

 

 

 


作業内容は先日高圧洗浄が終わり下地の修復作業に入ってます。

 

 



劣化した部分にカチオン系フィラーを塗布し、刷毛を使用し修復しました。

修復が完了するとシーラー処理→クリンマイルドフッ素を2回刷毛とローラーで手塗り致します。

ではまた明日

総社市清音K2コート(フッ素樹脂系光触媒)施工完了しました!(^^)!

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。


平成27年1月21日 火曜日 こんちは。

まだ一月下旬というのに今日は小春日和くらい暖かいですね。

こんな穏やかで温かい日が続くと仕事も捗ります。

本日の現場管理は引き続き総社市清音K様邸とS様邸訪問。

K様邸は昨日洗浄が終わり今日は外壁に取り付けしてありますクーラーのスリムダクトを外しています。

塗装前のスリムダクト外しは意外と手間が掛かります。

でもこの作業をしないと裏面が塗れないので塗夢では必ず外して外壁を塗装します。

充電式のドライバーでビスを外しています↓



取り外したスリムダクトにはテープを貼りどの部位にどのパーツが取り付けてあったか印をします。

 

 

さらに取り付けしてあったビスも無くさないようにテープで固定して保管します。


先週完了したシーリング部分のチエックを行いました。何をチエックするかというと所々押さえてみてシーリングがきちんと充填出来ているかどうか、また打ち忘れはないかを入念にチエックします。

傷んだ胴差の上もきちんと充填出来ています。この部分は特に重要で外壁に当たった水が直接胴差に当たるため不備があるとすぐに漏水してしまいます。

要チエック

 

 

 

 



胴差のジョイント部分もきちんと施工出来ています。

これで雨漏りの心配は無いと思います

今回のK様邸の施工仕様は外壁は水性セラミシリコン+K2コート。
お隣のS様邸と同じ高耐久仕様となってます。

今日はS様邸の仮設足場も解体していますので覗いてみました。
いつもお世話になってます小谷産業の職方が3名来て足場を解体してくれてます。

 

 

 

 



仮設足場を撤去した後は、テラスの天井のアクリル板の取り付けとなります。

 

 



一度外したアクリル板は経年劣化で傷んでますから再度取り付けする際に割れてしまう事もしばしば。

慎重に取り付けをしていきます。

足場が外れた部分で今回ご採用頂いたK2コートの親水試験をしました。

通常の塗装ですと霧吹きで水をかけると撥水します↓

 

 



ですがK2コート(フッ素樹脂系光触媒)だと親水性になり撥水しません。

 

 

 

この両者の違いは撥水すると水滴が外壁表面に残り水滴の中に含まれている汚染物質がそのまま付着します。これが汚れの原因となります。

ですがK2コートを塗布し親水性にしていると汚れの奥に水が入り込み、雨水と共に洗い流してくれます。

また光触媒効果で有機物を分解してくれるので低汚染となります。

少し解り難いですがご興味ある方は塗夢にお問い合わせ頂ければと思います。

PS,今夜6:30からFM倉敷に出演します、もしお時間ありましたら聞いて下さい。

 


ではまた明日

総社市清音k様邸外壁高圧洗浄NOW!(^^)!

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。
平成27年1月26日 月曜日 こんにちは。

今日は雨ですね、この天気に出来る作業というと高圧洗浄のみ

昨日お伝えしました、総社市清音S様邸の同一敷地内にあるK様邸訪問。

雨ですから高圧洗浄をしています。

洗浄しているのは森重親方のお父さん、この道50年の大ベテラン

いぶし銀ともいえるガンさばき

 

 



高圧洗浄は塗装面の汚れや、苔、藻の除去を目的としていますが、ただ高圧水で洗えば良い訳ではありません。

高圧だと例えば軒天にたくさんの水量をかけると雨漏りさせてしまう場合もります。また至近距離からかけ過ぎると基材を傷めたりする場合もあります。

意外と簡単そうで難しい部分もあるんです。



シーリングの乾燥が悪いと高圧で洗浄すると捲れてしまう事もあります。

 

 

 

 

塗夢ではシーリングの乾燥期間を十分に取り洗浄に入ります。

さらにシーリング打設後に十分な乾燥時間を空けず塗装してしまうと目地の部分が汚れ意匠性が損なわれます。

塗装=ペンキ塗りと言われがちですがどの作業も極めると奥が深いんですよね。

ではまた明日

総社市清音S様邸K2コート完成!(^^)!

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。

平成27年1月25日 日曜日 こんにちは。

先週の水曜日から週末まで大阪・京都・東京と出張してました。

しばらくブログお休みしてまして申し訳ありませんでした

大阪ではミラクール(遮熱塗料)の品質会議。施工要綱の見直しや品質管理等の勉強をしてきました。

東京は塗夢でも採用の多いK2コート(フッ素樹脂系光触媒)の施工研修会。



いずれの塗料も使用するにあたりライセンスが必要となります。厳選された会社でしか施工する事は出来ません。



今日は早々にK2コート(フッ素樹脂系光触媒)施工が完了した総社市清音のS様邸に訪問しました。

現場は完成していますが足場解体がまだでしたので検査を兼ね各部位をチェックして回りました



軒天はお客様の要望で外壁色を採用させて頂きました。

全く同じだと色ボケしてしまうので母屋木はアクセントカラーでホワイトを入れました。

なかなかお洒落な感じにまとまってます



この演出も予めアイパッドでカラーシュミュレーションをしていたのでイメージ通りに仕上がってます。

細部の水切りや換気フード、エアコンのスリムダクトも弱溶剤系のシリコン塗料で塗装させて頂きました。

 

 

 

 



塗夢ではエアコンのスリムダクトは取り外して塗装します。

そうしておけばスリムダクトの位置が変わっても同じ外壁色があるので再塗装する必要がありません。

27日(火)に足場を解体しその後に基礎を塗装したら塗装工事は完成です。

本日奥様にお会いしましたが、色がイメージ通りに仕上がり良かったと言って頂きました。

この一言がホントに嬉しいです。

足場解体が楽しみですね



実は裏にももう一現場施工しているんです。

S様邸とK様邸は同じ敷地内で同時にご契約させて頂きました。

 

 



先日うちのジュニアがブログをUPさせて頂いてたのがK様邸です。

本日お客様と色打ち合わせさせて頂きました。

K様邸もS様邸同様、アイパッドでのカラーシュミュレーションをさせて頂いてました。

その後にA4サイズの塗装サンプルを10枚程度作成し、お客様の家で実際に並べて色決めさせて頂きました。

塗装工事で色決めは重要なポイントとなります。

色使い一つで家のイメージが大きく変わります。

ステップを踏んで入念にさせて頂く事で失敗する確率を低減させる事が出来ます。

K様邸も塗夢に頼んで良かったと言われるよう頑張ります

 

ではまた明日

総社市清音S様邸外壁K2コート K様邸シーリング現場管理(`´)

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。


平成27年1月23日 こんにちは。
引き続き社長が出張中の為代打でJrがブログを書かせていただきます。
 
本日は総社市清音のS様邸外壁K2コート塗装工事の現場の検査です。
上塗りが完了した外壁です。



こちらに濃色用のK2コート(光触媒フッ素樹脂コーティング)を塗装していきます。

 

 

親水性を持たせて汚れやカビの付着を抑えさらに紫外線劣化を抑えますので長く綺麗で色褪せにくい外壁を保てる凄い商品です。

2回吹き付けていきます。

 

 



森重親方が丁寧に仕上げてくれています。

 

 

2回吹き付け後に浸水検査をしてサッシ周りの養生をバラしていきます。

基礎の水切り板金の塗装風景です。



並びで立っている親戚のK様邸も21日に足場を設置してシーリング工事に入っています。

 

 



 

既存のシーリングが劣化して破断している箇所が多くありました。

 

 



このままではいくらいい塗料を塗装しても漏水してしまうので、住宅の保護はできません。

 

既存シーリング撤去後に打ち替えていきます。



S様邸は来週の火曜日に足場解体予定です。


明日まで社長不在ですがしっかり現場管理させていただきます。

ではまた明日

倉敷市老松町K様邸 屋根・外壁塗装工事現場検査(`´)

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。


平成27年1月21日 こんばんは。
今日は社長が出張中の為代打でJrがブログを書かせていただきます。

本日は老松町のK様邸屋根・外壁塗装工事の現場の検査です。

仕上がった屋根

 

 

 

 


和瓦用の塗料で塗装しています。一般的な屋根用の塗料と違い強溶剤と言う材料でしっかり密着させていますので剥がれにくくなっています。

屋根小口や鼻隠し内部の見えない所までキチンと塗装してあります。

 

 

 

見えないから手を抜く業者は結構いますが管理の私たちが見落とさないようしっかりとチェックします。


小庇板金や屋根の板金も

ケレン→錆止め塗装→上塗り(2液弾性シリコン)2回塗り

で仕上げてありますのでこちらも耐久性は安心です。

続いて雨戸の仕上がりです。

 

 

 

雨戸も他の鉄部同様に仕上げてあります。さらに弊社工場にて吹き付け塗装にて仕上げてありますので刷毛目も無く綺麗な仕上がりとなっています。

最後に基礎を仕上げて完了です。

 


外壁にほかの塗料が散っていたりクラックが目立つ箇所を検査し補修していきます。

K様邸は明後日の金曜日に足場解体予定です。

週末まで社長不在ですがしっかり現場管理させていただきます。

ではまた明日

吉備高原都市ログハウス2棟・外壁キシラデコール屋根フッ素塗装完成!(^^)!

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。

平成27年1月20日 こんちは。

今日は朝からメチャ天気が良いですね。

昨年末より足場を架けて塗り替えしてました吉備高原都市T様邸の塗替えが完成しました。

≪BEFOR≫

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ログハウスは基本無垢の木材を使用していますが経年劣化と共に傷みも進行してきます。


傷む要因は表層のステインが劣化し水分を弾かず木材が水分を吸収してしまうことにあります。

腐食が進行すると害虫も発生し、ますます腐食を進行させる場合があります。

ログハウスのメリットとしてはメンテナンスさえしっかりすれば長期に渡り建物を維持出来ます。

しかしながらほとんどのお宅では保護塗料を塗る事を怠ってます。

ログハウス以外でも住宅のウッドデッキも同じ事が言えます。

新築から一回くらいはDIYで何だかの保護塗料を塗る事もあると思いますが、ウッドデッキのように木材が平面にある場合はもろに水分を受け易くなり、木材のヒビ割れからも水が浸透し腐食に繋がります。

痛みが進行してきてからでは手遅れとなり部分的に木材の交換を余儀なくされます。

≪AFTER≫
T様邸

 

 

 

 

 




M様邸

 

 

 

 

 


今回のログハウス2棟の塗替えでは防虫防腐塗料としては長年の実績があるエンバイロケミカルのキシラデコールを採用させて頂きました。

屋根はSK化研の屋根フレッシュF(フッ素樹脂)

キシラデコールの改修仕様は外壁低圧洗浄(高圧だと木材を傷めます)ペーパーによるケレン。ヤニのある部分は脱脂(シンナー拭き)

キシラデコールを2~3回(傷んだ部分は3回塗布)しました。

また屋根の改修仕様は高圧洗浄・シーラー処理・屋根フレッシュFをきっちり2回塗布しました。

樋や板金部分に関してはSK化研クリンマイルドシリコン2回塗布しています。

屋根・外壁の色も既存とはかなり異なり、綺麗にイメチェン出来たと思います。

T様・M様施工中は何かとご不便をお掛けしましたがお陰様で無事完成しました。

今後とも長いお付き合いを宜しくお願い致します。


PS,明日から大阪→東京へ出張します。屋根遮熱のミラクール塗料の研修とK2コート(K2コーティングマスターズ)の東京会議。週末まで留守をしますのでブログはお休みさせて頂きます。


ではまた明日

総社市清音S様邸中塗り水性セラミシリコン塗装!(^^)!

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。

平成27年1月19日 こんちは。

今日も寒いですが風が無かったので現場は捗りました。

本日の現場管理は昨日に引き続き総社市清音S様邸。

昨日下地のサーフSDが完了し本日より中塗りの水性セラミシリコンを塗装しています。


水性セラミシリコン材料の荷姿はこんな感じです↓

 

 




既存色がアイボリーホワイトでしたから今回の塗替え色はインパクトがあります。

 

 



軒天は2液性のクリンマイルドシリコンを使用しています。

 

 



今回のは軒と外壁を同じ材料で施工しなかったのは軒の入り隅に金具が取り付けてあったためです。


水性塗料は金属の上に塗装すると錆びが湧くという事と、密着が甘くなるという視点から弱溶剤塗料を使用しました。  ここら意外と拘りがあるんですよね

同じ色なんで軒天も外壁も同じ塗料で塗装したほうがコストも軽減出来ますし、材料費も抑える事が出来ます。

僅かな部分でも将来的に錆びが出たり剥離する事が予測できるのに、そこを無視して利益を追求するべきではありません。

目に見えない部分でもきちんと品質管理します。




玄関上の軒天も仕上がり外壁に水性セラミシリコンを塗装しています。

一番とん先の部分から丁寧に塗り込んでいきます。

 

 

 

明日はいよいよ外壁の仕上げ塗りに入ります。

外壁が終わったら樋・破風鼻隠しと細かいパーツを塗装していきます。

今週中には概ね塗装工事は終わると思います。


ではまた明日

総社市清音S様邸SDサーフエポ塗装状況!(^^)!

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。

平成27年1月18日 日曜日 こんちは。

今日は真冬にしてはかなり暖かいですね。このまま春が到来してくれたら良いのですが・・・

あと一月くらいは寒い日が続きそうです

本日の秀ちゃん奮闘記は総社市清音S様邸施工状況。



先日高圧洗浄が完了し昨日より下地塗り。

一般的下地の塗料はシーラー(液状)ですが塗夢では予算が取れる場合はサイディング専用のワンランク上のSDサーフエポを提案に入れてます。



どうしてSDサーフエポを使用するかと言うと、まずは下地に肉付けが出来るという事が挙げられます。

塗装工事おいてある程度の厚みを確保する事は重要です。
薄いと紫外線が塗膜内部に到達してしまい塗膜を破壊してしまいます。

もう一つの理由は厚みが付くと下地の軽微なクラックや不陸が軽減されます。

また仕上り感も重厚な感じに仕上がります(ここは大きなポイント)

SDサーフエポ塗布状況↓


刷毛、ローラーを用い丁寧に肉付けしていきます。

下地材は見積もり段階ではお客様に説明してもあまりピンと来ない事が多いんです。

素人さんは上塗り成分の事ばかりに指向が向きがちですが、一番大事な事は下地をいかに良い状態に保つかが長期に渡り建物を保護していくかのポイントとなります。

SDサーフエポが乾燥すると次は水性セラミシリコンを2回塗布します。そして最後はK2コート(フッ素樹脂系光触媒)でコーティングします。

今回のS様邸は下地1回、上塗り2回、K2コート2回の計5回塗り。

施工コストや材料コストもかかりますが長期に渡り塗膜維持出来る仕様となります。


ではまた明日

倉敷市中庄T様邸屋根シリコン外壁フッ素間もなく完成!(^^)!

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。

平成27年1月15日 今晩は。

今日は午前中雨でしたから現場はお休みさせて頂きました。

本日の秀ちゃんブログは完成間際の倉敷市中庄T様邸。

屋根はSKクリンマイルドフッ素を塗装させて頂きました。

近年紫外線が強く、屋根の場合は特に雨風を受け易いので劣化速度が外壁より早く進行してしまいます。

塗夢では予算が取れるのであれば屋根はフッ素樹脂をお勧めしております。

樹脂の違いによる初期劣化状況は以下の通り。

アクリル:3年
ウレタン:5年
シリコン:7年
フッ素樹脂:10年

記載した年数に到達したから物性がまるでダメになるという訳ではありません。
白く白濁したりチョーキング(手で触ると白い粉が出る状態)になる状態です。

塗料メーカーはどの樹脂もデータではもっと長期的にもつと記載されていますが、地域性もありますが実際は概ねこんな感じだと思います。

T様邸の屋根完成状況

 

 

 

 

 

 



フッ素樹脂は色落ちも劣化も他の塗料と比べると長期保存が可能です。

外壁は水性セラミシリコンを塗装させて頂きました。

玄関の袖壁はお客様の拘りで配色を濃くしました。

 

 

出窓の回りも玄関と同じ濃色でアクセントカラーを入れてみました。



雨戸は塗夢の工場に持ち帰りケレン・錆止め・クリンマイルドシリコン2回をスプレー塗装し再度納入させて頂きました。

 


今日の段階では足場があるのでどの画像もアングルが悪く質感や配色が解り難いと思います。

近々足場を解体しますので解体後に再度全景をUp致します。

 


ではまた明日

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT