2015年11月

屋根裏から物音が…

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。

寝ていると屋根裏からゴソゴソっと物音が…
なんていう経験をされたことのある方は、いらっしゃるのではないでしょうか。
こういった場合、たいていの原因は動物で、害獣として家の中に侵入してきている可能性があります。
最も害獣として有名なのはネズミでしょう。
大きさによらず天井裏・冷蔵庫やタンスの裏などにも住み着き、断熱材を破壊して巣を作る以外にも、餌を貯めこんで腐敗させてしまったり配線やブレーカーを齧って被害を出します。
ネズミは非常に運動能力が高く繁殖力が高いため、見つけたらすぐに対策をとりましょう。
もし対策が遅れてしまうと、あっという間に増えてしまいます。
またコウモリも害獣の一種でしょう。コウモリは空飛ぶドブネズミと言われるほど不衛生な動物でもあります。
屋根裏に集団でやってきて騒音被害を加えたり、糞をまき散らして害を与えます。
群れの数が多いため、もし一度住み着かれてしまうと駆除が難しいです。
ダニなどの他にもさまざまな病原菌を持っているので、家の中で菌が繁殖してしまう可能性もあります。
他にもハクビシンという害獣がいます。
ハクビシンというのはネコ科の野生動物です。
鳴き声や足音がうるさい場合や天井にシミができていたり糞尿の匂いがする場合などには
ハクビシンを疑ったほうがよいでしょう。
家に害獣が住み着いてしまうと、対処がとても面倒です。
住みつかないようにするためにもしっかりと対策をとりましょう。

屋根塗装のメリットとデメリットを知ろう!

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。
屋根塗装を行ったほうがよいと聞いたことがある方もいらっしゃることと思いますが、なぜだかわからないひともいらっしゃると思います。
今回は屋根塗装のメリットとデメリットについてご紹介させていただきたいと思います。

まずメリットとしては雨漏りが防げること、それによって家が長持ちすること、エコにつながる、外観を美しく保てる、ということでしょう。雨漏りというのは瓦などの屋根が老朽化し、その下にあるルーフィングとよばれる防水シートが腐食してしまうためにおこりやすくなります。


屋根塗装をすると、その心配もなくなります。
また屋根塗装には夏場は涼しく、冬は暖かいという断熱性があるものもあります。


無駄に冷暖房を使わないでよくなりますし、環境にも健康にもよいでしょう。
他にも撥水・抗菌効果がアップしカビを防ぎ、外観を美しく保つことにもつながります。
デメリットとして考えられることは、自分で塗装をした後や悪い業者に頼んでしまった場合に多く発生します。
例えば、塗りすぎによる雨漏りです。


塗装材を塗りすぎてしまうとかえって雨漏りにつながってしまうのです。
また屋根材とマッチしていない塗料や、安い粗悪塗料を塗ったために塗料がはがれてしまう場合もあります。



屋根塗装はした方がよいですが、もし自分でするならば細心の注意が必要ですし、業者に頼むならば慎重に選んだほうがよいです。

 

岡山市山崎K様邸屋根外壁無機塗料!(^^)!

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。
平成27年11月25日 水曜日 こんにちは。

昨夜から寒さが増してきましたね。今朝は事務所で朝からファンヒーターを付けました。

寒さ対策をしっかりやって風邪を引かないように注意しましょう。

では本日の現場ブログに。

昨日お邪魔したのは岡山市山崎K様邸。

 



屋根・外壁をワールドセラ(無機塗料)で施工しています。

外壁サイディングはブブロック調で仕上がっているため、無機塗料でのWトーン仕上げとしました。

2Fはすでにワールドセラで仕上がりました。



1F部分は目地色が入り薄いピンク色っぽい目地としました。

屋根は先日高圧洗浄が完了し下地が出るくらい丁寧に洗浄しています。
これくらい洗浄していると下地シーラーとの密着も良好で不具合を起こす心配もなくなります。

屋根のカラーベストの割れは板金を差し込み処理しています。

 


実は屋根のカラーベストは割れた部分を抜き去ると、カラーベストとルーフィングが癒着している場合が多く、ルーフィングを破る可能性があります。破ると当然雨漏りを起こします。

ちょっとした知識ですがこれは重要なポイントとなります。


多少意匠性には欠けますが屋根からの漏水は非常に多く発生していますから、気を付けて施工したほうが良いですね。


 

 

ではまた明日

カラーべストってなに?

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。
「カラーベスト」というのは平型化粧スレートのことで屋根材の一種です。
「コロニアル」というワードもよく見かけますが、製造会社によって商品名が違うだけで、基本的には「カラーベスト」と「コロニアル」は同じものです。
特徴としては完全無石綿・商品機能の高さ・豊富なカラーバリエーション・超高耐候性商品といったものがあります。
少し気分転換のためにリフォームをしたいという方にも、適しています。
メリットとしてあげられる点は、施工性がよくて工期が短い事や、そこまで高くない価格で提供できるということです。


また、家の耐久性に関して屋根の重さはポイントになってきますし、断熱効果がないと快適な住まいづくりは難しくなってきます。


「カラーベスト」はそのようなポイントもしっかりとおさえ、軽量で断熱にも優れてるのです。
そして何よりも「カラーベスト」の特徴として、アスベストの心配がない屋根材だということです。


アスベストというのは別名石綿といい、肺の線維化やがんの一種である肺がん、悪性中皮腫などの病気を引き起こすことがありとても危険です。


その心配がない屋根材ということなので、健康に気をつけられている方にはぜひとも知っておいてほしいことです。

岡山市浜野S様邸ワールドセラ(無機塗料)施工!(^^)!

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。
平成27年11月24日 火曜日 こんにちは。

やっと天候が晴れとなりました、12月まで一週間もないのに暖かい日が続いてますね。


では本日の現場ブログに

今日は岡山市浜野S様邸に訪問しました。S様は僕の知人よりご紹介頂きご契約を頂きました。

 


塗装仕様は塗夢では最近よく採用されますワールドセラ(無機塗料)屋根・外壁と最強の仕様となります。

本日の作業は玄関先の目地入れ、小筆で丁寧に塗料を目地部分に入れてます。

 



もともと塗り替えする前から石調の仕上げがしてあり、今回はワールドセラで塗り潰して仕上げました。

塗装工事はほぼ終盤を迎え屋根・外壁もほぼ塗装完了。今日は職人の自主検査と社内検査を行いました。


屋根の仕上がりはとても綺麗に仕上がっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アーバニーが新築のように輝いています。

屋根に使用したワールドセラルーフ↓



こちらは外壁用ワールドセラ↓

 

 

 

塗夢では予算のあるお客様にはワールドセラ(無機塗料)をお勧めしています。

通常のシリコン塗料と比べると約2.5~3倍の耐候性を誇ります。ですのでイニシャルコストでは高くつきますがランニングコストで比較すると、ワールドセラは決して高くないと思います。

これから塗り替えをご検討のお客様はワールドセラ(無機塗料)も見積もりの一つに加えて頂ければと思います。


ではまた明日

壁を触ったら手に白い粉がついたという方必見!

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。
一戸建てにお住まいの方で、壁が白くなっているのを見かけたり、
壁をさわったら手に白い粉がついたという経験をされた方いらっしゃいませんか?
実はその現象、「チョーキング現象」というものなんです。
チョーキング現象というのは金属サイディングやトタン、羽木板などの特別な外壁材以外の外壁でおこりうるものです。
チョーキング現象は防水効果が切れてきたというサインで、外壁塗装をする目安となります。
外壁塗装を放置してしまうと、外壁にヒビが入ったり、カビが生えてしまいます。
外壁にヒビが入るとそのヒビから湿気がはいり、家の耐久性が低くなってしまいます。
また、一度カビがはえてしまうとその汚れはなかなか落ちませんので、外観の美しさを欠いてしまいます。
見た目というものは、無意識のうちに人のこころに影響を与えます。
見た目が綺麗な家ほど家に帰るのが楽しみになりますよ。
チョーキング現象が起こることを防ぐために、外壁のチェックを年に1回のペースでしておきたいものです。
もしチョーキング現象が見られた場合には、すぐに外壁塗装業者にお願いすることが必要です。
1つの業者に見積もってもらうのではなく、いくつかの業者に外壁を見てもらい見積もってもらうことが大切です。

倉敷市上東T様邸外壁高圧洗浄!(^^)!

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。
平成27年11月21日 こんにちは。

11月も残り少なくなって来ましたが例年と比べると暖かいですね。今年は暖冬なんでしょうか?

紅葉の時期も真っ盛りで3連休を楽しむ方も多いのではないかと思います。

では本日の現場ブログへ

今日は塗夢の事務所から車で5分と近い倉敷市上東T様邸。

 

先日シーリング工事が無事終わりました。

 

 

 

 

 

窓枠や外壁目地、外壁にあるシーリング箇所は全て撤去し、新たに変性シリコンシーリングを打ち替えました。



乾燥養生期間を数日設け本日の作業は外壁洗浄。

高圧水で外壁に付着しているチリ・ホコリ・汚れ等を洗い流していきます。



洗い残しが無いように丁寧に洗浄していきます。

外壁が完了したのでサービスで床面の石張り部分や門柱のタイル部分も洗浄しています。

 

 

 



洗浄した部分と既存部分の差がくっきり出ています。
特に床面は汚れが付着しやすいので洗うと綺麗になります。

門柱も同時に洗浄しています。

 

 


目地に付着している汚れが綺麗に洗い流されています。

こうして洗浄した後に塗装工事に入ります。

今回のT様邸の塗装仕様は以下の通り。

外壁仕様はワールドセラ(無機塗料)役20年程度塗膜が残る塗料です。

塗料のランクでいうとアクリル・ウレタン・シリコン・フッ素・無機とありますが、ワールドセラは最高峰の塗料です。

ワールドセラの強みは、まずチョーキング(手で触ると白い粉が出る状態)にならない点が他の塗料と比べると大きな違いです。

さらに塗膜が強靭であるため汚れも付着しにくいです。

塗料選びはご自宅の築年数やライフプラン、またお客様の年齢を考慮し選択する事をお勧め致します。


ではまた明日

岡山市惣爪サイディング貼り工事!(^^)!

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。


平成27年11月20日 金曜日 こんにちは。

雨も上がりやっと天気になりましたね。

この繁忙期の時期に雨が降ると辛いです

今日の秀ちゃんブログは岡山市惣爪M様邸。

検査すると室内に雨漏りしていました。

 

 



 

 


先日より雨漏り工事を先行して作業をしています。


漏水して木材が腐食していました。

 

 



サイディングを撤去して新たに防水紙を貼ります。

そして本日の作業はサイディング貼り。

サイディング業者さんが丁寧に外壁サイディングを貼ってくれています。



サイディングが貼り終えたらシーリングをして外壁サイディング貼りは完了です。

平行してシーリング業者も外壁や窓枠の撤去打ち替えをしています。

既存の目地を綺麗に撤去して新たにシーリングを打ちます。


取り外したシーリング材↓

 

 

 


窓枠は新たに打ち替えが完了しています。

 

 



シーリング工事が完了して数日乾燥させその後に高圧洗浄を行います。

明日は張替たサイディングが綺麗に納まっているかどうかの確認と漏水検査に行きます。

 

 


ではまた明日

そもそも外壁塗装の目的ってなんだろう?

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。
外壁塗装という言葉は聞いたことがあるものの、気分転換や外壁の外観のために外壁塗装を行うとだけ思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実際外壁塗装には、どういった目的があるのでしょうか。
外壁塗装を行う目的として大きく3つに分類すると、
①外観のため ②家の長持ちさせるため ③健康に暮らすため に分けられます。
外壁塗装を行うと、外観を新築同様とても綺麗にすることができます。
見た目というのは人の心にとても影響を与えやすいものであり、見た目の綺麗な家には早く帰りたいと思うことでしょう。
また、最近では砂壁状や石木調などの意匠性を持った塗料もでてきています。
外壁の色を思い切って変えてしまうのも引っ越しをしたような気分になり、いい気分転換になりますね。
そして外壁というのは時間が経ってしまうと、どうしてもひび割れなどが生じてしまいます。
そのひび割れから湿気が入り込み、家の柱となる木材が老朽化してしまえば、弱い家になってしまいますよね。
家を長持ちさせるためにも、外壁塗装は必須といえるのです。
また、外壁塗装の放置はカビが生えてしまう原因にもなります。
カビというのは一度生えてしまいますととれにくいため外観にも影響を及ぼしてしまいます。
そしてカビというのはアレルギーを引き起こす原因となったり中毒になったりする可能性もあります。
健康に暮らすためにも、外壁塗装は必須なのです。
外壁塗装をしなければ快適な住まいを作ることが難しいです。
年に1回は外壁をチェックすると良いでしょう。

雨漏りをしてしまった場合の応急処理!

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。
恐れていた雨漏りが我が家にも…
業者にお願いしたいけれども、すぐには連絡とれないから雨漏りの応急処置を知りたい
という方必見です!
雨漏りは放っておくと良いことがありませんので、発見したらすぐに自分でできる限りの応急処置を行うとよいでしょう。
方法としては2つあります。
それは、ブルーシートを直接屋根にかぶせる方法と、粘着テープや防水テープを家の中から貼る方法です。
ブルーシートは必ず4畳以上のものを使いましょう。
なるべく広範囲にブルーシートをかぶせることが雨漏りを防ぐ1つのコツでもあります。
そして実際に雨漏りをしている箇所よりも上のほうに被せましょう。
被せ終わったらブルーシートを固定するためにガムテープを貼ったり、粗目の砂利をつめた土嚢袋を置きます。
粘着シートや防水テープを使用する際には必ず該当箇所を掃除しましょう。
ゴミやホコリなどは雑巾でふきとり、もしテープの貼る面に油があった場合などには必ずふきとるようにしてください。
テープがはがれやすくなると、また雨漏りが発生してしまう可能性があります。
そして、雨水の流れを考えて下流のほうから上流のほうへとテープを貼っていきましょう。空気の入らないように丁寧に作業を行います。
雨漏りの処置というのは誰でもできますが、危険が伴いますし、時間もかかります。
雨漏りをした場合はすぐに業者に連絡した方がよいでしょう。

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT