2016年4月

外壁を三度塗装する理由とは?

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。



外壁塗装をお考えの方の中には、もうすでに様々な情報を得ている方もいらっしゃるかもしれません。
 
ところで外壁を塗装する際、「三度塗装する」ということをご存知の方はいらっしゃるでしょうか。
 
もしかしたらご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、その理由までご存知の方は多くいらっしゃらないことだと思います。
 
今回の記事では「なぜ三度塗装するのか」についてご紹介させていただきます。
 
外壁塗装は1日目から3日目にかけて足場組み立てや外壁洗浄を行います。
 
そして4日目から6日目にかけて、やっと外壁を塗装していくのです。
 
外壁塗装の際に「下塗り・中塗り・上塗り」の3つの工程があります。
 
それぞれに重要な役割があり、決して省くことのできない工程です。
 
まず1つ目の下塗りは、この下塗りによって、中塗り、上塗り塗料の密着性を高めて、長持ちさせてキレイに仕上げる役割があります。
 
下塗りは、お客様の希望の色ではなく、基本的にアイボリーや白などで塗装します。
 
そして2つ目の中塗りは塗り残しや塗りムラを防ぐための役割があります。
 
この中塗りの際に、お客様の希望の色の塗料を塗布します。
 
厚く塗りすぎるとペンキが垂れ下がってしまいますので、薄く塗るのがポイントです。
 
最後に上塗りは耐久性を確保する役割があります。
 
しっかりと外壁を長持ちさせるためにも、欠かせない工程ですね。
 
外壁塗装はお値段もかかりますし、家を守るためにも大切な工事ですので、しっかりとした塗料選びと業者選びが大切ですよ。

倉敷市花の街・屋根高圧洗浄!(^^)!

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。
平成28年4月14 こんにちは。



先日着工した倉敷市宮前II様邸に訪問しました。

 


I様は塗夢のポスティングチラシよりお問い合わせ頂きご契約を頂きました。

屋根の状態はかなり劣化が進行しており、高圧洗浄でしつこく洗わないと下地調整が難しい状態でした。



屋根上にあるパラペットも腐食の進行が著しく、塗装出来る状態ではありませんでした。

 

 



また樋もスチール製ですのでジョイント部分に水が溜まり劣化が進行していました。

 

 



ここまでくると樋もパラペットも塗装不可能ですので、どちらも交換させて頂く事となりました。



昨日仮設足場が完了しましたから、本日の作業は屋根外壁の高圧洗浄です。

 

 

 

 



100キロ以上の水圧で洗浄をしていきます。

塗装工事は下地が命ですから剥離している既存塗膜は入念に洗い流す事が重要なポイントとなります。

旧塗膜や苔、藻がある状態で塗装すると塗った着後は良いのですが、早い段階で剥離症状が出来てきます。

I様邸のリフォーム仕様は外壁単層弾性、屋根は屋根フレッシュsi(シリコン塗装)、樋と屋根上のパラペットは交換です。

最後まで手を抜かず頑張って施工致します。




ではまた明日

外壁塗料でお悩みの方

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。

これから外壁塗装をしようとお考えの方の中には「値段が高いな、、、」と思われている方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、もしひび割れやチョーキング現象を発見されたなら、放置しておくわけにはいきません。

ですが、できるだけ安い塗料で外壁塗装をしようとお考えの方が多いです。

しかし、外壁塗装において「安ければ良い」ということは決して、いうことはできません。

外壁塗料には耐久性の低いものから順に「アクリル系塗料、ウレタン塗料、シリコン系塗料、フッ素系塗料、光触媒塗料」があります。

やはり耐久性の低いものほど安くがちです。

ですが、次の例をみてみましょう。

アクリル系塗料は耐用年数が約4年で、費用は約64万円かかります。

それに対して、光触媒塗料は耐用年数が約20年で、費用は約110万円ほどです。

これらを比較してみてみると、長い目でみると安い塗料を何回か塗るよりも少ない回数で高い塗料を塗布するほうが、トータルコストが安いことがわかります。

もし4年に1回ほどのペースで、外壁のデザインを変えたいということであれば安い塗料でも問題はないでしょう。

しかし、塗料にお金をあまりかけたくないとお考えの方でしたら、案外高い塗料を一度塗ってしまったほうが安い場合もあります。

ぜひこのことを頭において、塗料をご検討なさるのが良いでしょう。

カモイmt工場ファクトリーツアーNOU!(^^)!

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。

平成28年4月13日 こんにちは。

今日は雨予報でしたが、午前中は何とか持ちこたえましたね。

これからGWまで雨が降ると現場が大変苦しい展開となります。

ところで先日、カモイ加工紙様のMT工場ファクトリーツアーに大和ハウス倉敷支店の足立支店長と参加してきました。

4月1日~本日13日までのあいだ、カモイ加工紙の倉敷工場を一般開放しています。

世界的に人気のmtの作業工程やカモイ様の歴史を見てきました。

残念ながら製造工程の写真撮影はNGでしたが歴史館や屋外撮影は可能でしたから撮影してきました。

カモイ様と言えば昔はハエ取り紙に始まり、リボンハイトリとヒット商品を数々出してきました。


その後は建築用のマスキングテープ等の製造がメインでしたが、ここ十年くらいはmtの出現によりさらにヒットを飛ばしています。

歴史館の中にはmtでマスキングされた可愛い車が数台展示されていました。



↓これは東南アジア方面でよく見られる三輪ですね。



足立支店長とパチリ



実は今回訪問した理由は、実はダイワハウス協賛でmt展をやるよう計画を進めているからです。

今回のファクトリーツアーも応募総数は4万口、述べ来場者は13.000人。

一日平均10.000人のお客様がこの工場に来場した事になります。

すごい集客力ですね

mt人気が高まれば倉敷が有名になり、しいては岡山県が全国で有名になります。mt効果で経済効果があり県内が活性化されたら良いですね。


ではまた明日

健康に暮らすためには?

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。


これから新生活を始めるにあたって、お部屋探しをされている方もいらっしゃることだと思います。

毎日楽しい生活を送るためにも、自分のお部屋は健康的にリラックスできる空間を作りたいものです。

今回の記事では「健康にくらすための条件」についてご紹介させていただきたいと思います。

まずざっと二つほど紹介させていただきますと、

・ダニ・カビの対策

・室内の温熱環境の整備

この二つがあげられます。

まずダニ・カビを対策しておかなければ、アレルギーを引き起こす可能性があります。

ダニやカビは高温多湿を好みます。

ダニやカビを対策するために、定期的に換気することが一番簡単な方法です。

また、ホコリをためてしまうと更に繁殖してしまうので、定期的に掃除機をかけることが重要になります。

そして二つ目の室内の温熱環境についてですが、みなさん「ヒートショック」についてご存知でしょうか。

ヒートショックは特に、脱衣所と浴室内の急な温度差によって血圧が急に大きく変化し、おこる病気です。

よくおこりえることなので、浴室乾燥機をとりつけたり、脱衣所には暖房をおくなどしてしっかりと対策をとりましょう。

小さなことが健康を害することがありますので、注意しましょう。

ベランダからの漏水!(^^)!

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。
平成2年 4月9日 土曜日 こんにちは。

数日間の雨も上がり今日は春らしい天候となっています。

各地で桜も満開で今日、明日と花見をされる方も多いのでではなかいと思います。

雨がしばらく続くと問い合わせが増えるのは雨漏り相談。

数年前から雨水が天井にシミていたようです。

お問い合わせ頂いた時に、これはベランダの排水ではないかと疑いを持っていました。こうした場合、ベランダのドレンに水を流したらすぐに解るのですが、流した水がどこから漏れているのかは天井のボードをはぐってみないと解りません。

大工さんを呼んでボードを剥がしました。

 



やはり推測通りドレンパイプのジョイントから漏水していました。

 

 



何年もの間、この状態で放置したままでしたので天井のボードは腐り、他の木材も一部腐食していました。

雨が降るたびに数滴ずつでも漏れてしまうと、数年のうちにはかなり劣化が進行してしまいます。

今後の処理としては、防水屋さんと板金屋さんを呼んでパイプをどのように処理したらよいか協議し補修作業に入ります。

新築時にベランダに水をはり漏水テストをしておけば今回のような漏水は起こらなかったと思います。

未然に防げる処置はしておきたいものですね。

 

 


ではまた明日

家のメンテナンスはどこをすべき?

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。


いまこの記事をお読みになっているお客様の中には、一戸建てにするかマンションにするかお悩みの方がいらっしゃるかもしれません。

もしマンションにするならば、家のメンテナンスは大家さんか賃貸業者さんが責任を負ってくれるので、自分でメンテナンスをする手間が省くことができます。

一戸建てにするならば、必然的に自分でメンテナンスを行わなければなりません。

しかし、家のメンテナンスといっても一年に一回など、それほど大変なことではありません。

今回は家のメンテナンスについて不安をもたれているお客様のためにも、「家のメンテナンスをするべき箇所」をご紹介させていただきたいと思います。

まず一つ目は「外壁」です。

外壁は年中自然からの影響をうけていますので、最も劣化しやすい部分だといえます。

ひび割れをしていないか、手で外壁を触って白い粉がつかないかを確認しましょう。

もし手に白い粉がついたならば、外壁塗装をする目安だといえます。

発見できたらすぐに業者に相談するようにしましょう。

そして二つ目は「屋根」です。

屋根も外壁と同様年中自然からの影響をうけていますので、もし屋根材が劣化すれば、雨漏りの原因となります。

雨漏りをしてしまうと、家の建材が腐食してしまい急速に衰えていきます。

また、もし屋根と外壁を一緒に塗装工事を行う場合足場代が省くことができますので、お得に工事を行うことができます。

他にもメンテナンスをすべき箇所はいくつかありますが、特に重要な2箇所をご紹介させていただきました。

施工計画の重要性!(^^)!

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。

平成28年4月7日 こんにちは。

今日は朝からあいにくの雨ですね

この時期の着工物件はGWまでに仕上る現場がほとんどで、その対応に追われます。

塗夢のお客様でGWまでに引き渡しをするお客様は4棟あります。

昨日入江社員と同行し、4棟全て巡回に行きました。

安江N様邸



玉島N様邸

 

 

 



浜の茶屋N様邸


真備N様邸

 

 

 

施工計画の重要性について・・・

塗り替えをする場合、仮設足場を架けるので騒音がしたり車の駐車位置等が変わります。

そこで施工計画を立てます。
・お客様が車を駐車するスペースを確保する。
・近隣への配慮(挨拶)
・家の回りの植栽、置物等移動。
・進入路の導線確保

これら施工計画に不備があるとご近所様や、お客様にご迷惑をかける事となります。

施工計画をしっかりやりクレームや苦情のない現場つくりを目指します。




 

 

ではまた明日

屋根の構造について

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。


屋根は外壁と同様、年中雨や風、紫外線といった避けることのできない自然からの影響をうけています。

ですから、もちろん屋根も年々劣化していきますし、定期的にチェックすることが重要です。

しっかりと屋根の構造を把握しておきましょう。

今回の記事では「屋根の構造」についてご紹介させていただきたいと思います。

基本的に屋根は下から順に、「垂木」「野地板」「ルーフィング」で構成されており、その上に瓦やスレートなどの屋根材が設置されます。

どの建材もそれぞれ目的がありますが、今回はルーフィングについて詳しくご紹介させていただきたいと思います。

なぜならば、皆さんがご存知のことだと思いますが「雨漏り」に大きく関係するからです。

ルーフィングとは、屋根からの雨漏り防止のために野地板の上に敷く防水シート状の建材です。

もちろん瓦やスレートなどで雨漏りを防止することもできますが、最終的には屋根材で防止できなかった雨水を野地板や屋根裏に浸み込ませないように促しているのは、ルーフィングになります。

ルーフィングは年々劣化していくものですので、もし雨漏りをしたならば、ルーフィングの腐食が原因かもしれません。

放置しておけば家自体の劣化にもつながりますので、しっかりと屋根の構造を把握しておきましょうね。

岡山市雄町Wトーン現場、外壁クリンマイルドシリコン!(^^)!

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。

平成28年4月4日 火曜日 こんにちは。


岡山市の雄町で塗装していますM様邸に訪問しました。

塗装工事はほぼ完了し明日が社内検査。お客様も立ち合って頂けるとの事で一緒に検査を行います。



劣化していたベランダ防水も再度ガラスマットを敷きポリエステルを流し再施工したので今後は安心して頂けると思います。

 

 



たまに相見積もりで他社様の見積もりを見る事があるのですが、このFRP防水の上に上塗りのみするように仕様を組んでいる業者様がいますが、この工法では防水性能は全く発揮出来ません。

ちゃんとした手順を踏んで施工する事が今後お客様の財産価値を維持するうえで重要なポイントとなります。

M様邸の外壁塗装は超難関のWトーン仕上げ。

目地色とサイディングの頭の部分を色分けしています。

 

 

 

 


この工法はホント手間がかかりコストもかかりますが、出来栄えは最高です。

通常であれば一色になるところを2色入れる事で仕上がりに大きな違いが出ます。

ところどころ虫が食ったように仕上げる事で本物のレンガを積んだように見えます。



訪問時に黒のクリンマイルドシリコンが残っていたのでお客様のポストも塗装するよう職方に指示しました。



M様邸の現場もお客様は大変喜んで頂きました。

残すは明日の最終検査のみ。

明後日には足場を撤去致します。

M様最後まで何かとご不便をお掛けしましたが最後まで宜しくお願いします。

 

 

 

 


ではまた明日

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT