2018年11月

コーキングの修復作業はお家の寿命を長くします!!!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪



↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓



こんにちは!
今日は昨日アップさせていただいた倉敷市にある整骨院様のコーキング作業の続きです!
すごう整骨院 足場組み
コーキングとはサイディングボードという外壁パネルの間を埋めるゴムの性質を持った樹脂のことを言います。
要するに、暖衝材の役割をしてくれるというものでしたよね!

今回は、コーキングを埋めたあと洗浄という流れでした!
職人さん曰く、コーキングと洗浄作業はケースバイケースで順番が変わるそうです。
ですが、コーキングの劣化が原因で雨漏りをしているというような場合には必ず先にコーキング作業を終わらせて洗浄という流れだそうです!


コーキングの打ち替え工事の必要性は専門的知識がなくても見分けられます!
このように外壁パネルの間のゴムの部分に亀裂が入っていたら出来るだけ早い修復工事をおすすめします。

なぜなら、コーキングの亀裂が直接的に雨漏りにつながるとは言い切れませんが、結果的に雨漏りにつながり、お家の寿命を短くしてしまう原因にもなってしまうからです!

そして、もしコーキングの亀裂や隙間から雨漏りしてしまってからの修理となると費用もかなり上がってしまいます。

こちらは、今日伺った整骨院様の劣化したコーキング画像です。
お調べしたところ、現在の段階では雨漏りは発見されませんでしたが、今後高い確率で雨漏りしてしまう可能性があるので今回打ち替え工事をさせていただくことになりました。

↓だいぶ大きな亀裂が入ってしまっています↓
すごう整骨院 外壁
そして今日は、職人さんが丁寧にコーキングの間を埋める作業をまじかで見る事が出来ました!
すごう整骨院 コーキング↑このような感じで間ひとつひとつを丁寧に埋めていきます!↑


コーキングの目地がスーーーっと埋まっていくのが何だか気持ち良くてつい動画を撮ってみました笑


すごう整骨院 養生とコーキングもし、明日雨が降らなければ塗装作業が開始いたします!
その時はまたブログにアップさせていただきます!

倉敷市にある整骨院様の屋根外壁塗装とコーキングの打ち替え工事

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪



↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓



こんにちは!今日は、倉敷市で有名な整骨院様の屋根外壁塗装工事にお邪魔させていただきました!

今日はまだ足場を組んだだけの状態でした!


すごう整骨院 足場組み
今回は、外壁と屋根の塗り替えとコーキングの打ち替えをさせていただきます!

「コーキング」とは、、、
外壁にパネルを張り付けた際、パネルが重なり合わないように張り付け、その時出来たパネルの隙間をゴムの性質を持つ樹脂を使って間を埋めたものです。
すごう整骨院 外壁
↑こちらの写真の真ん中の白い部分がコーキングです!↑

写真中央部分のゴムのところに大きく亀裂が入っています。
このように大きく亀裂が入ってしまっているとなるべく早く手を加えてあげなければなりません。

なぜなら…

コーキングの亀裂は経年劣化です。
もし、コーキングのひび割れを放っておくと状況はどんどん悪くなっていきます。
そして、結果的に雨漏りにつながってしまいます。


しかし、こちらの整骨院様は奇跡的に雨漏りは検出されません出した。
これだけコーキングに亀裂が入っていて雨漏りしなかったことは大変稀なケースです!

すごう整骨院 外壁コーキングは、湿気や乾燥によるパネルやボードの膨張や収縮に合わせた動きをしてくれます。
そのおかげで、家は保護されているのです。その為、定期的なメンテナンスが必要になります。

S整骨院様では外壁塗装とコーキングの打ち替えをさせていただく為、塗装を始める前に洗浄をしなければいけません。

ですが、このようにコーキングに亀裂が入ってしまっていては、高圧洗浄機で洗浄すると屋内に水がしみ込んでしまいます。
それを防ぐために、まずコーキングを打ち替えてから作業を進めていきます!

今日から洗浄とコーキングの打ち替えが始まります!

それが終わると、屋根外壁塗装工事が始まるのでまた様子を投稿させていただきす!
↓塗装前の屋根の写真です↓仕上がりが楽しみです!!!すごう整骨院 屋根また様子をブログにアップさせていただきますね!!!

徹底的な洗浄がポイント!モニエル瓦の塗装工事

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪



↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓



こんにちは!
今日は、昨日養生について投稿した総社市久代のT様邸の屋根の塗装工事についてです!

T様邸 足場組み

T様邸で使われている瓦はモニエル瓦といいます。

瓦にもたくさん種類があるのですが特にモニエル瓦は塗装屋泣かせといわれています。

なぜかというと、モニエル瓦は着色スラリーという塗料でコーティングしているため、
その上から塗装をするとすぐに剥がれてしまうからです。

以前までは、モニエル瓦は塗装が出来ない瓦とも言われていました。
しかし、現在は適切な処理とモニエル瓦専用の塗料を使用することで、
モニエル瓦の塗装を実現する事が出来るようになりました!

モニエル瓦を塗装する際の、適切な処理とは屋根をしっかり洗浄することです。

それでは、モニエル瓦の洗浄過程をご紹介いたします!

↑洗浄前の屋根の写真です↑

何も手を加えていないので無機質な表面をしています。

それでは、洗浄開始です!
まず初めに、高圧洗浄機を使って藻、カビ、汚れ、スラリー層(モニエル瓦に使用する塗料の層)などを落とします!

この際、汚れた水が近隣へ飛散しないように職人さんは細心の注意をはかり作業していきます。

高圧洗浄作業が終わると、
高圧洗浄機で落としきれなっかた汚れを手作業で取り除いていきます。

ですが、どれだけ手作業で洗浄をしたとしてもスラリー層を完全に落としきることは難しいのが実情です。

しかし、ここで手を抜いてしまっては塗装をしてもすぐ剥がれてしまうので、
職人さんは、いつも入念に洗浄作業を行っています。
今回も、入念に洗浄作業をさせていただきました!
(↓洗浄後↓)

一枚目の無機質な表面からだいぶ汚れも落ちて綺麗になりました!

ここから塗装を始めていきます!


モニエル瓦の場合下塗りを2回、上塗りを2回必要とします。

↓こちらは下塗りを終えたところです!↓
T様邸 下塗り
職人さんが
「ここをしっかりしないと仕上がりが全然違うんだよ!」
と仰っており職人さんのこだわりを感じました!


ここで少し話が変わって
実はモニエル瓦には形状のよく似たセメント瓦という瓦があります。

モニエル瓦もセメント瓦の一種なのですがスラリー層という膜でコーティングされているためセメント瓦と同じ塗料は使用できないので注意が必要です。

モニエル瓦とセメント瓦を見分ける方法は一つです!

それは、モニエル瓦の小口の切り口は凸凹しており、
セメント瓦の小口の切り口はツルツルしています!

↓モニエル瓦↓
モニエル瓦

↓セメント瓦↓
こうして比べてみると形状は同じでも切り口は全然違いますね!


それでは、またT様邸の屋根塗装が完成いたしましたら投稿させていただきます!
完成が楽しみです!

塗装工事には絶対欠かせないという「養生」ってなんだろう?

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪



↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓



こんにちは!

今月の12日からリフォームサポート塗夢でお世話になっている佐藤といいます!
塗夢で働かせていただくようになって10日目…まだまだ分からないことがたくさんあり
毎日先輩方の皆さんに質問の連続です…

ですが、一日でも早く皆様のお役に立てるブログを書かせていただけるように
日々お勉強をさせていただいておりますのでどうぞよろしくお願いいたします!

さてさて、自己紹介はこの辺で終わりにさせていただいて、、、

今日は私が初めてお伺いさせていただいた現場の記事を書かせていただきたいと思います!


今日は初現場訪問の日ということでどこに行かせていただくんだろうとワクワクしていると
先輩が…
「よし!じゃあ今日はこちらの現場をうかがってみましょう!」

と決まったお宅は…

総社市の久代にあるお宅で、まだ工事は始まっておらず足場と養生が済んでいる状況だということでした

その時の私は
(ん?ヨウジョウ?出てきた!また知らない単語だ!現場に行ったら聞いてみよう!)
とヨウジョウを頭の隅っこに置いたまま先輩と現場に向かいました!

さて!現場に到着です!
T様邸 足場組み
「おお!立派に足場が組まれている!」

ヘルメットを被って早速職人さんにご挨拶をさせていただきました!

すると職人さんが、
「まだ塗料が決まってないから足場組とヨウジョウだけだよ!」とのこと…

ここでも
(また出た!ヨウジョウ!何者!?)
ますますどんな物かきになっている私に職人さんが
「わからないことがあったら何でも聞いてね!なんでも答えるから!」
と優しく声をかけてくださいました!

「ありがとうございます!」と喜ぶ私!
(↑なぜかこの時ヨウジョウのことは聞きそびれました…(-_-;)↑)


さてさて!早速足場にお邪魔いたします!
T様邸 足場組お庭のスペースにきっちり足場の入り口が…

足場に入るとエアコンの室外機が汚れないように綺麗に覆われていました!!
T様邸 足場組
パイプにまで丁寧に覆ってありました!

T様邸 養生
先輩が「これは養生(ヨウジョウ)と言って室外機や建物が汚れたり傷がつかないように保護するものなんだよ!」と教えてくださいました!
「あぁ!これが養生なんですね!」
やっとヨウジョウの謎を突き止めました!笑

養生は一見地味な作業に思われますが養生を怠ってはいけない重要な作業の一つだそうです!

現場を大事にしない業者さんなどはこの作業を怠ることもあるそうで、
そうすると塗装の際、建物や車、植木などを汚してしまったり…

そしてもし、近隣のお宅も汚してしまったら近隣住民からのクレームを招いてしまうこともあるそうです。

先ほど紹介したエアコンの室外機の養生はビニールで覆うのではなくネットを使って覆っています。
これはビニールを使って養生してしまうと工事の間、お客さまがエアコンを使えなくなってしまうからです。養生中は窓も開けられないのでエアコンが使えないと大変不便ですよね…
ですが、意外とネットを使うまではしないという業者さんも少なくありません。

しかし、塗夢では室外機にはネットを使用したりお客様の見えないところであったとしても細部にまでこだわっています。

たとえ小さなことでも手を抜かないという社長と職人さんのこだわりがよく見れた現場でした!

養生は窓にも貼ったりするため多少生活の制限はありますが
塗装工事を美しくスムーズに完成させるためには欠かせない工程のひとつということがわかり
何枚かパシャパシャと撮影させていただきました!
T様邸 養生T様邸 養生

この時はまだ塗装が始まっていなかったのですがこれからどのように塗装されていくのか楽しみですのか楽しみです!

岡山市にあるフワフワモチモチ米粉を使ったパン屋さんの外壁工事

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪



↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓



こんにちは!

今日は岡山市北区にある米粉パン専門店大元工房実穂の郷さんにお邪魔させていただきました!

大元公房 完成
実は、先日大元公房のオーナー様のお問い合わせにより正面玄関周辺の外壁工事をさせていただきました。

今回は、ボーダー、サッシュ枠、テント、丸柱のリフォームをさせていただきました。
玄関廻りの黒く塗装してある部分は紫外線や熱などの影響により見た目にもわかりやすく劣化していました。

こちらがビフォーアフターです。!↓!↓
大元公房 ブログ用 編集写真こうして比べてみると、違いが分かりやすいですよね!

Before画像の丸柱の部分とボーダーは輝きもなく白っぽく変色が見えます。
無機質な印象のBefore画像に比べてAfter画像は太陽の光を反射するほど輝いていて高級感が出ています。

今回は、塗夢でよく使用する弾性クリンマイルドシリコンという塗料を使用しました!

この塗料を使用してテントも塗らせていただきました。
テントの生地は塩ビでできており伸縮します。塗装をすると剥離しやすいため、テントも弾性クリンマイルドシリコン(伸縮性のある塗料)で塗装させていただきました。

今日はその完成写真を撮影しに行かせていただいたのですが、せっかくですので店内の様子も記事にさせていただきたいと思います!

玄関周辺の写真を撮影させていただいた後、、、
ドアを開けると、
まず目に飛び込んできたのが、秋らしいあんぱんたちと
パンの焼ける香ばしくてあま~い香り…
大元公房 パン
実は大元工房さんは、毎日60種類以上の米粉パンを製造しているそうです!



さっそく私を含めた女性職員さんへのお土産を買うことにしました!

まずは、美味しいと噂の米粉100%でできているシフォンケーキから!
大元公房 パン
それがなんと…!
トングでつかんだ瞬間、ふわふわでトングの先がケーキに沈んでいってしまうほど柔らかく、今にも崩れてしまいそうなほどでした!

お味がプレーンと期間限定の
オレンジチョコ、かぼちゃ、りんごの全4種類あったので全種類買って皆でシェアすることにしました(^^)

あとはどれにしようか…

ほんとに種類が沢山あったので悩みに悩んだ末…

私たちが選んだのはこれです!↓!↓

これを会社の皆で分けることにしました(^^) 
大元公房 パン
会社に戻ってからも皆さんと「どれがいいかな…」と、
ここでも迷う!笑

結局、私はかぼちゃのシフォンケーキと焼き芋ぱんをいただきました(^^)

まず、シフォンケーキを一口…

ふわふわもちもちでかぼちゃの味が濃いっ!

しかも、かぼちゃの果肉まで入っていてとってもおいしい♡

女性職員全員で、
「シフォンケーキふわふわでフレーバーも濃くてこれなら幾らでも食べられそうですね!笑」
…と大盛り上がりでした!笑


もうひとつ…焼き芋ぱんも…
焼き芋ぱん、焼き芋の形しててかわいい♡
しかも、さつまいも餡がたっぷり入っていてこれもおいしい!

このさつまいも餡本当においしかったので是非食べてみてください!


そしてこちらは、きんぴらおやきです!↓!↓
大元公房 パン事務員さんが断面を切って写真を撮ってくださいました!

きんぴらがたっぷり入っていて美味しかったそうです!
(確かにおいしそう…)

大満足のおやつタイムでした♡


そのほかにも、味や見た目にこだわったパンがたくさんありました!
例えば、おにぎりの形や栗の形、私が食べた焼き芋ぱんも焼き芋の形をしていたり、とてもかわいらしい工夫がされていました!

見て良し!食べて良し!のフワフワモチモチの米粉パンを皆さんもぜひ味わってみてください! 


大元公房さんでは、イートインコーナーもありセットメニューもあるそうです(^^)
大元公房 パン朝7時から開店していてモーニングメニューもあるそうなので温かいパンと珈琲でゆったりとした朝を過ごすのもいいのではないでしょうか(^^)

今回はそんな人気の大元工房さんの外壁塗装をさせていただき大変うれしく思っております!

岡山市南区 屋上のシート防水工事も塗夢は得意なんです!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪




↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

 こんにちは!だんだん寒くなってきましたね。今年もインフルエンザ流行るのでしょうか・・今年も早めに対策をしてかからないよう頑張ります。昨年は緑茶を毎日飲む!をやってみました。今年は予防はもちろんやって、風邪かな?と思ったらすぐに葛根湯を飲もうと思いこの間買っておきました。塗夢の事務員さんが葛根湯がいいよ!と言っていました♪

さて、今日は岡山市南区のビルの屋上防水工事の現場へ行ってきました。
岡山市南区現場ビル
今回の施工場所は屋上です。屋上の防水工事をします。なので、足場は屋上までの長い階段だけです。これをひたすら上がって屋上まで行きます。

ビルの屋上のようす屋上はこんな状態でした。ビニールのような?素材のシートが一面に敷いてありしっかりと固定されています。
職人さんに聞いてみると今回の防水工事は、”シート防水”だそうです。シート防水工事はマンションやビルに多いそうです。面積によりますが、戸建ての家に多いFRP防水よりも費用が安価だそうです。プールもシート防水なんだって!プールと同じと聞くと安心できますよね。このシートの上から塩ビ防水シートを接着工法で固定していくんです。

塩ビ防水シート↑こちらが塩ビ防水シートです。これを熱を利用して接着していきます。

防水シートの熱接着↑こちらが接着工法の施工をしているところです。これは排水管の部分を接着しています。職人さんが手に持っているのがホットジェットという熱風を発生させる機械です。夏と冬で接着できる温度が変わるので調節して施工していくそうです。難しそうです・・
明日には屋上全体のシートの接着ができているそうです。また現場へ行ってみます!


ただいま塗夢では外壁塗装リフォームの特別価格キャンペーンを実施させていただいてます!!詳しくはこちら↓








岡山・倉敷の屋根の施工 ガルバリウム鋼板を使った事例

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪




↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

 こんにちは!今回は前回の屋根の施工シリーズの続きです。今回書きますのは、倉敷市児島で屋根の葺き替えをした現場です。
前回ブログで書いたガルバリウム鋼板へのリフォームです。
ガルバリウム鋼板は最近人気の素材で屋根の他に、外壁に使っているお家もあります。次のメンテナンスまでの時期が長ところ、軽いので耐震性が高いところなどが特徴です。
瓦葺き替え ガルバリウムを加工
↑ガルバリウムの施工は、職人さんが現場で、屋根の形状に合わせてガルバリウム鋼板を加工していきます。
職人さんが一枚一枚長さを測り切っていました。

ガルバリウム鋼板を切るはさみ
↑この道具を使っていました。はさみのようになっていて、ガルバリウム鋼板がまるで紙のように切れるのでびっくりしました。

職人さんが切ったガルバリウム鋼板
↑一枚一枚乗せる場所に合わせて切っていくので出来上がりがとてもキレイです。

瓦葺き替え

屋根 防水シート
↑この巨大なものは防水シートです。こんなに大きなロール紙見たことありません。

ガルバリウム鋼板 乗せた後
↑ガルバリウム鋼板をのせました。

ガルバリウム鋼板の屋根は葺き替えだけでなく、カバー工法でも人気です。(前回ブログ)
屋根の葺き替え、カバー工法、塗装・・どれが一番いいかは人それぞれです。例えば釉薬や日本瓦への葺き替えは塗替えが必要ないし長持ちします。でも、費用が高いです。ガルバリウム鋼板を使用した方が安く済みますが、塗り替えが必要になります。
家に住む人があと何年住むかによって決める。 これが一番いいと私は思います。
塗夢ではお客様の人生プランに合わせて塗装の内容を一緒に考えていきます。塗料にはアウトレット塗料もご用意しています。私もこれはおススメです。

塗夢で人気のアウトレット塗料プラン


ただいま塗夢では外壁塗装リフォームの特別価格キャンペーンを実施させていただいてます!!詳しくはこちら↓




岡山・倉敷で瓦の葺き替え・カバー工法もおまかせください!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪




↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

 こんにちは!今日は前回屋根の瓦の葺き替えをご紹介しました続きです。今回は瓦のカバー工法について書きたいと思います!
前回は瓦の葺き替え・・古い瓦を全て撤去して新しいものに変える でした。今回は”カバー工法”です。
カバー工法というのは、古い瓦はそのままで新しい瓦を上から乗せる という工法です。古い瓦を捨てることがないので破棄の費用がかかりません。工期も葺き替えに比べると短いです。他にも屋根が二重構造になるので、遮音性能がアップします。
もちろんデメリットもあります。屋根が二重構造になることによって屋根が重くなり耐震性が弱くなります。カバー工法ができる瓦と難しい瓦があります。スレートなど平らな瓦だとおススメですが、形に凹凸がある瓦だと、難しいケースがあります。屋根の劣化の具合によって、屋根の内側の劣化がひどい場合はカバー工法ではできないこともあります。

笠岡のお客様 屋根のカバー工法

カバー工法の作業中

↑屋根のカバー工法の作業中です。古い瓦の上に防水シートを貼ってから上に新しい瓦を乗せます。

カバー工法で使用した防水シート↑これが防水シートです。

こちらの古い瓦はスレート(カラーベスト・コロニアルとも言います)です。上に乗せる新しい瓦は”ガルバリウム鋼板”を使用しました。
ガルバリウム鋼板↑これが”ガルバリウム鋼板”です。最近はスレート瓦の屋根がガルバリウム鋼板にかわる施工が増えています。軽いのでカバー工法に向いています。金属屋根なので断熱性に欠けますが、もともとある瓦の上に乗せるので問題もクリアできます。
カバー工法 完成
↑乗せるとこんな感じです。
今のガルバリウム鋼板はデザイン性が高いものが多く、金属屋根でもおしゃれでいい感じです🎵
塗夢では塗替えだけでなく、屋根のカバー工法や葺き替え、雨漏りの修理もたくさんやっています。また詳しく書きますね♬

ただいま塗夢では外壁塗装リフォームの特別価格キャンペーンを実施させていただいてます!!詳しくはこちら↓







倉敷市水島 破風と鼻隠しの塗装 破風と鼻隠しの違いは?

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪




↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

 こんにちは!今日は倉敷市水島にある外壁塗装の現場に行ってきました♪
倉敷 水島 現場

今日は職人さんが家の”鼻隠し”部分の塗装をしているところでした。鼻隠しってどこか分かりますか?鼻隠しはよく、破風・鼻隠しとひとくくりになることが多いです。
破風・鼻隠しってどこ

破風は屋根の三角の部分、鼻隠しは屋根の雨樋が付いているところにあります。
屋根が4面になっている形は破風がなくて鼻隠しのみあるということになります。
鼻隠しだけの屋根

破風はよく見えるんですが、鼻隠しは樋があるので隠れていて塗りにくそうですが丁寧にキレイに仕上げていました。
破風
↑こちらは破風(はふ)ですが塗替え完成後の破風です。鼻隠しは足場の関係で撮影しにくくてすみません・・

塗装用のはかり
↑これは塗装のときに使用するはかりです。塗料が付くと取れなくなって見えなくなるのでラップをかぶせてありました。このはかりは塗料の量をはかるときに使います。塗料には1液性と2液性のものがあって、1液性はそのまま塗装できるんですが、2液性の塗料は硬化剤と混ぜて使用します。硬化剤と混ぜないと塗料が固まらないのです。職人さんははかりと電卓をセットで使います。
電卓は塗料と硬化剤の割合を計算するときに使います。私は塗夢の職人さんしか知らないからこれが当然のことと思っていました。ですがこのきちんと計算機とはかりを使っているところ少ないんだそうです!塗料のメーカーによって分量は全然違います。目分量でやってしまうと1年後に違いが出ると言われていました。
塗夢は職人さんが礼儀正しく丁寧なところ、これには自信があります♪お客様からも”礼儀正しくて気持ちがいい”とか、”毎日帰るときにはキレイにしてあってよかった”と嬉しい声をたくさんいただいています。

ただいま塗夢では外壁塗装リフォームの特別価格キャンペーンを実施させていただいてます!!詳しくはこちら↓




最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT