2019年1月

岡山市北区マンション 外壁の洗浄作業トルネードでよく落ちる!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪





 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

 こんにちは!もう1月も終わりますね。寒い日が続きますが、去年と比べると雪がほとんど降ってないような・・今年は暖かい日が多いですね。嬉しいですけど、また夏が心配です・・

 さて、今日は岡山市北区のマンションの現場へ行ってきました。前回は足場組みのときに行かせてもらったところです。
→岡山市北区のマンション足場組み編

岡山市北区マンションの現場
 今日は、”洗浄”の作業をしているところでした。洗浄と言うのは、外壁や屋根を塗装する前に、高圧洗浄機を使って汚れやほこり、苔や藻、カビを取り除く作業のことをいいます。この洗浄がもしも充分にできていないと、ちゃんと手順通りに下塗りをして上塗りをしても、1年もたたないうちに剥がれてきてしまいます。
高圧洗浄機はケルヒャーなど一般家庭用のものとパワーが段違いです。しかも、トルネード(水がぐるぐる回転)しながら洗浄していくので、強力に落としていきます。

高圧洗浄機で洗浄中パワーが強く跳ね返りもすごいので職人さんは防水仕様の作業着で洗浄します。
マンションの内側も洗浄水しぶきが飛んでくるのであまり近づけません。天井もドアもピカピカです。

汚れが流れ落ちるのが分かりましたか♪気持ちいいくらい落ちますね!
洗浄の時は足場は滑るのでいつも以上に注意が必要です。もちろん手すりも滑るので慎重に歩きます。
足場は滑りやすい!
今日は外壁の洗浄のみで、屋根はもう上塗りまでできて完成していました。
岡山市マンション屋根の下塗り↑完成です。とてもキレイですね!新築の様に見えます。

屋根の塗り替え前↑こちらが塗装前です。塗膜も剥がれていました。

金属の屋根部分は、サビ止めを塗っている段階でした。
金属屋根 サビ止めを塗っているムラなくきれいに塗れています。この赤色はサビ止めです。この上から上塗りを2回塗って完成になります。外壁もこれから下塗り→上塗り2回の工程になります。完成が楽しみです♪

倉敷市松島マンション 屋上防水工事コーキングで丁寧に埋めていきます

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪





 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓
こんにちは!インフルエンザもう大丈夫です。さすが新薬のゾフルーザ、熱が下がるのが早い!そのおかげで今までのインフルエンザに比べてずっと楽でしたよ。でも人にうつす恐れがあるのでもうこりごりです・・

さて、今日は先週行きました倉敷市松島のマンションの現場です。今回は屋上の防水工事の続きをお伝えします♪
倉敷市松島のマンション現場
屋上の防水工事は部分によって2種類で、ひとつはウレタン防水工事、もうひとつはシート防水工事です。
この日は職人さんたちはシート防水工事の方の仕上げをしていました。

屋上シート防水工事 コーキングを打つ
水色の養生テープが見えるところにコーキングを打っていました。

コーキングを打っているところ
なぜここにコーキングを打つのかといいますと、水色の養生テープより上側は、ウレタン防水、下側がシート防水で、同じ防水でも材料や工程が違います。その種類の違う防水工事をつなぐところにコーキングを打っているんです。シート防水のシートにはシートを抑える金物がぐるっと一周付いていて、シートが剥がれないようしっかりと留めています。ですが、わずかな隙間からでも雨は入り込むので、さらにコーキングで埋めてふさいでいるんです。

コーキングを打つところの説明
念には念を重ねているんですね!
写真では小さいですが、シートを抑えている金物をとめているビスにもコーキングをしていて隙間を埋めていますし、ビスのサビを防ぐためにこの上からキャップもするんだそうです。

ビスにもコーキング↑ビスにもコーキングをしています。さらにキャップを付けて完成になります。
塗夢の防水工事を担当している職人さんがとても丁寧な仕事をします。防水のことなら知識も豊富なので安心しておまかせください!

倉敷市松島マンションの外壁塗装お洒落なブラウンとベージュに

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪





 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!インフルエンザが大流行中ですね!実は私、インフルエンザにかかってしまいました・・マスクしたり手洗いまめにしたりと結構気を付けていたのでショックです。葛根湯も毎日飲んでたんだけどな・・今シーズンもうA型にはかかりませんがB型もきっと流行るのでここで気を抜かず気を付けたいと思います。今回家でブログを書いております。

倉敷市松島のマンション現場
今回は先日行きました倉敷市松島のマンションの塗装のようすです。前回のブログは上塗りの1回目をお伝えしましたが、今回は南側は2回目も完了していました!職人さんたちは北側の上塗り1回目をしていました。南側だけをすでに完成させたのには理由があって・・南側はベランダがあって、入居者様が洗濯物を干したり、生活するにあたって使用する場所ですので、なるべく早く終わらせて長い間ご迷惑がかからないように考慮してとの事だそうです。入居者様の目線になって考えているんですね。

南ベランダ側はこうなっていました!
松島のマンションベランダはブラウンに
ブラウンになっていました!もとの色がピンク系のベージュのような色だったので印象がガラッと変わりました♪建物が若返ったような印象です。 時代に合わせて色も変えていくと入居者様にも喜ばれますね♪
ちなみにもとの色がこちら↓
松島マンションもとの色
もとはベージュ系の色でした。なんで穴!?と思われる方が多いはず・・以前の打診調査で不良個所だったところです。いくつもあったのでその一部ですが、このように穴をあけて、シリコン樹脂を流して内側の補修工事をします。
 以前のブログもどうぞ→ 倉敷市マンション シリコン樹脂注入作業の様子!

マンションの上塗り1回目職人さんたちは北側の上塗り1回目を塗っていました。照明やネームプレート、インターフォン、電気の配線類など北側はローラーで大きく塗れるところが少なく難しそうです。養生が役に立っているのがよく分かります。ドアの色もまだサビ止めを塗っているだけなのでこれから上塗りを2回塗って仕上がります。キレイになるのが楽しみです♪

倉敷市松島のマンション、シリコン塗料で塗装上塗り1回目

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪





 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓
こんにちは!今年は雪が降りませんね!去年はとっくに降っていたと思いますが、今年は本当に暖かい冬な気がします。昨年この時期は雪がちらちらとですが降っていましたよね。また夏も暑いのかなぁと思ってしまいます・・

さて、今日の現場も倉敷市松島のマンションの様子をお伝えしますが、他の場所の現場も同時にいくつも動いております。酒津、水島、総社市、岡山市、備前市日生などなど・・ここだけでは決してないですよ!ここの現場は大きなマンションで、補修工事の珍しい作業もあったりととても勉強になるんです。
さて、今日は上塗り1回目(中塗りともいいます)を施工していました。
倉敷市松島のマンション現場
塗装の上塗り1回目(中塗り)↑上塗り1回目の様子です。白い部分は下塗り塗料の色です。右側のベージュのような色は外壁の元の色です。写真の職人さんが塗っているように、角(すみっこ)の部分は刷毛を使います。ローラーでも塗ろうと思えば塗れるけど、キレイには仕上がらないんだそうです。ローラーが入りにくいところには刷毛を使っています。

外壁塗装の上塗り1回目(中塗り)のようす↑広い面にはローラーを使用します。
この上塗り1回目のあと、乾いたら2回目を塗って仕上げていきます。塗料によって違うこともありますが、基本的には下塗り1回→上塗り1回目(中塗りということも)→上塗り2回目の3回塗りが多いです。このマンションの上塗りの塗料はシリコン塗料を使用しています。塗料にはいろいろと種類があるんです。塗夢でよく使われているのは、無機質系塗料、フッ素塗料、シリコン樹脂塗料などです。塗膜の耐久性やきれいな状態を保つことに違いがあります。もちろん費用も全然違います。ここの現場の様に大型の建物の場合はシリコン塗料を選ばれることが多いです。もっと低価格なウレタン塗料というのもありますが、塗夢ではおすすめしていません。それは、塗膜が長くもたないのでまたすぐにメンテナンスをしなくてはいけなくなるからです。そのたびにまた足場を組んで・・としていたら長い年数で考えると多く費用がかかってしまいます。それならば1回の施工に費用がかかっても長くもたせたいですね。シリコン塗料はモルタル外壁もサイディングにも相性が良くしっかりと密着してくれます。ひび割れも起きにくいのでこちらの5階建ての建物にはおすすめです。
次回は上塗り2回目をお伝えしますね♪

倉敷市松島マンション 外壁の下塗りと屋上の防水工事!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪





 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓


 こんにちは!倉敷はインフルエンザが流行っているようです!手洗いうがいと葛根湯で予防していきたいと思います。最近は”ベジブロス”も作ってます。ベジブロスは玉ねぎやだいこんの皮など捨ててしまう部分を煮出してエキスをスープなど料理に使います。野菜のだしが出て美味しいですよ♪新しく道具をそろえる必要がなく、今日からでもすぐにできて何より簡単なのに栄養がたくさん取れる!おすすめです!
 さて、今日も倉敷市松島のマンションの現場へ行ってきました。
倉敷市松島マンション現場

建物の中に入って様子が違うのですぐに気が付きました。白い!
倉敷マンション 下塗りで白い様子
この白いのは”下塗り材”です。下塗り材にはサーフSGを使用しています。
サーフSGはモルタル素材の外壁にはぴったりです。ねっとりとして厚みがあるのでモルタル外壁によくある細かいひびはこのサーフSGでカバーすることができます。しかもひび割れを起きにくくすることもできます。建物が動くのに合わせて塗膜が付いていく性質があるのでひびわれが起きにくいのです。この性質のことを追従と言うそうです。
             ↓サーフSGです
下塗り材のサーフSG
今日は屋上の防水工事もされていました。屋上の防水は施工方法が場所によって違っていて、一番広い面はシート防水、小さい面はウレタン防水をしています。ウレタン防水は先週していて、今日は広いところのシート防水をしていました。
倉敷市松島のマンションの屋上、シート防水の様子まだ作業途中です。私が現場に着いたとき、ちょうどお昼休憩だったので詳しく話を聞くことができませんでした・・シート防水は広い面におすすめです。紫外線や熱に強いです。でも屋上で洗濯物を干したり、頻繁に上がったりするならシート防水はおすすめできません。シートが切れたら防水性がなくなるからです。

倉敷市松島のマンション、屋上のウレタン防水↑こちらはウレタン防水です。ウレタン防水は塗膜で防水層を作るのでどんな形状の場所でも防水することができます。
どちらの防水工事も職人さんの手作業になります。高い技術が必要なので、業者によって、シート防水はできませんと断られたお客様もおられました。塗夢は防水工事が得意です。高い技術と経験のある職人さんたちが工事をいたします。雨漏りを見つけるのも社長を初め、知識と経験豊富な社員たちの得意分野ですので安心してご相談くださいね♪

岡山市北区 マンションの足場組みの様子と工程表で分かりやすく

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪





 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!今日は昨日より暖かくて現場日和でした♪久しぶりに社長と現場へ行ってきました!

岡山市北区マンション現場
岡山市北区島田のマンションの現場です。今日から足場組みです。こちらのマンションは2棟あり、それぞれ大きいので、足場組みだけでも数日かかるんです。洗浄作業は来週からになる予定です。

岡山市北区島田マンション工程表これは工程表です。マンションの玄関口に貼ってあり、住んでいる方に見てもらうためにあります。これを見ると、いつどんな作業をするのか、音やにおいがするのは何の作業のときなのかなどが分かるように書かれています。住んでいる方にはご迷惑をおかけしますので、工事内容を理解していただけるよう努力しています。
こちらのマンションは女性専用のマンションになっています。職人さんは足場にあがって作業をするので、ベランダや窓のそばで作業ももちろんします。ベランダに置いてあるもの・・プライベートな空間なので気になりますよね。なので、事前に住人の方々へシートをお配りして、部屋の中に入れていただくよう考慮いたしました。

コーキングが切れている!マンションのまわりをぐるぐる回ってみますと、気になったのが”コーキングが切れている”ことです。コーキングは建物が動くときに力を吸収する役割があります。なので状態のいいコーキングは、ゴムのような弾力があります。でも、劣化していくとコーキングは固くなります。そうなると動く力によって、上の写真の様に切れてしまいます。
この切れたところから雨水は簡単に入っていきます。たった1mmの隙間でも水は入っていくそうです・・!
雨が外壁の中へ入ったら防水シートがあります。良かった、防水シートがあるなら大丈夫・・ではないんです!防水シートをとめている釘やビスを雨水はサビさせてしまいます。釘やビスが錆びてしまうと、そこからさらに水は中へと入ってしまうのです・・!そして雨漏りとなる事例がけっこうあります。雨漏りは屋根からだけではないんです。外壁から入ることも意外と多いんです!
この劣化したコーキングも全て撤去して新しく打ち替えます。またこちらの現場の様子お伝えしますね♪

倉敷松島マンション ドアのサビを丁寧に取りサビ止めを塗ってます。

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪





 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓


こんにちは!年明けから寒い日が続いていますね。私は今のところ風邪ひいてません!葛根湯を飲み手洗いうがいで頑張っています。最近はテレビで見たツボ押しもちょっとやってみています。

今日は倉敷市松島のマンションの現場へ行ってきました。
倉敷市松島マンション現場
現場に着いて「!!」すぐ気が付きましたよ~!ドアと手すりがきれい!
ドアも手すりもかなりサビサビになっていたのでこの違いは一目瞭然!
でもまだサビを取り除いてサビ止めを塗っただけなんだそうです。
これから上塗りを2回塗って完成なんです。職人さんはサビ止めでも丁寧です。ムラなくきれいです!
サビ止めを塗ったドア
サビ止めを塗った手すりキレイですよね!サビはケレン作業、手作業で丁寧に取りました。その上から色を付けるのではなく、サビ止めを塗ってから色を付けます。下処理のケレン作業とサビ止めを丁寧に塗ることが、色を付ける塗料のもちを良くします。

マンションの養生作業職人さんが養生作業をしていました。塗装をする前には必ず養生をします。塗料はローラーでも刷毛でもかなり飛び散ります。小さい点で付いた塗料でも落ちにくいです。床に塗料がつくと落とすのは大変ですし、塗料で滑りやすくなってしまいます。床に敷いてある養生シートは、ビニール素材ですが厚みがあり滑りにくくなっています。

ビニールつき養生テープ↑こちらが養生に使っている養生テープと最初からテープにビニールがついているマスカーです。マスカーはとっても便利です。テープを貼ってからビニールを引っ張り出すだけで覆うことができます。床はもちろんのこと、窓やドアの養生が早く、きれいにできます。職人さんの必須アイテムです。
倉敷市松島マンション完成図
現場に完成予定写真を発見しました。これは、カラーシミュレーションを使って作成したものです。実際の建物の写真をⅰパッドを使い簡単操作で色決めができます。イメージしやすいのでお客様に大変喜ばれています。ちなみにビフォアーは、↓
倉敷市松島 マンション現場
2色になることで印象が変わりますね。完成が楽しみです♪

倉敷市松島マンションのメンテナンス シリコン樹脂注入作業!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪





 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓




あけましておめでとうございます♪ 今年もよろしくお願いします!
2019年がスタートしました。今年も安全第一で頑張りたいと思います!

さて、今日は昨年から引き続き施工しています倉敷市松島のマンションの様子をお伝えします。

倉敷市松島マンション現場
前回のブログでマンションの共有廊下と階段の長尺シートを貼りを紹介しました。→倉敷松島のマンション 長尺シート貼り こちらのマンションでは同時進行で防水工事も進んでいます。防水工事は屋上やベランダだけではありません。今回は外壁の塗膜のさらに内部の補修のようすです。

外壁の浮いている部分↑ここの現場には上の写真のように養生テープでマークしてあったり囲っているところが何十か所もあります。ここは打診調査で音が違う部分、つまり外壁の塗膜より内側が異常だということを表しています。この部分をそのまま塗装してしまうわけにはいきません。漏水によって内部が膨れて隙間ができているので埋める必要があります。雨はわずかな隙間から入ってきて、長い年月をかけてじわじわと外壁の中を枝分かれして広がっていたのです!漏水がひどい状態になると、コンクリート内部の鉄筋まで到達し、サビさせて折れてしまうこともあるそうです!
この内部の浮きをどう埋めるかといいますと・・

外壁にシリコンを注入するため穴をあける↑シリコン樹脂を中に注入して固めて隙間を埋めていきます。上の写真の職人さんは、シリコン樹脂を注入するためのあなをあけているところです。
何か所もあけていきます。

高圧注入作業↑シリコン樹脂を入れているところです。”高圧注入”というそうです。シリコンを入れたらビスで穴をふさぎます。シリコンは固まっていきます。

シリコン注入後穴をふさぐ↑ビスであなをふさぎます。

シリコン低圧注入↑こちらもシリコン樹脂を入れています。注射器のようなものを使ってゆっくりと流しいれています。”低圧注入”というそうです。手作業でポンプを使って入れる高圧注入よりもさらさらとしたシリコン樹脂を入れます。注射器から注射器にかけてグレーの線があるのは、ひび割れがあったところです。そのまま注入するとひび割れから漏れてしまうのでシーリングでふさいでから流していきます。このシーリングはシリコン注入が終わったら剥がします。
 
 今回の現場でシリコンを注入しているところを始めて見ることができました!塗装にたどり着くまでの段階でかなりの手間がかかりますが、この防水工事がとっても重要なんです。今後も長く建物を維持するために劣化していく建物の状態を改善することが本当のメンテナンスなんですね!
ではまた次回♬

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT