2020年1月

水島エリアへ、クリアー塗装の完成写真を撮りに行きました。

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓
こんにちは!今朝、東京の方は雪が積もったとニュースでありました。岡山は気温10℃以上あるのに・・!でも明日は東京の気温の予報は20℃を超えるそう・・本当!?って思いました(笑)
倉敷は昨日も今日も雨です。現場には行けず事務所で過ごしています。

さて、今日は前回の水島エリアの完成を撮りに行った話の続きです。

二つ目のお家はクリアー(透明色)で塗装されたお家です。
水島エリアの完成したお家
お家の塗り替えには、クリアー(透明色)で塗り替えすることもできるんですよ。こちらのお家のように、サイディングにいろいろな色が混ざっているものに色が付いた塗料を塗ると元の模様のサイディングには戻せません。もちろん雰囲気を変えたいから、色を変えたり、吹き付けで全然違うように変えるオーナーさんも多いです。


多彩色のサイディング
多彩色のサイディング
多彩色のサイディング
↑こういうのが、色がいくつか入っているサイディングの外壁です。上の3棟も過去に塗夢がクリアー塗装で施工したお家です。

今回で施工したお家の外壁はこんな感じに仕上がりました。
多彩色のサイディングきれいですね!艶もあり、新築時のようになったのではないでしょうか。
クリアー塗装を希望される場合は、サイディングがひどく色あせてないことが重要になります。透明色なので、色あせがすごく目立っていると、塗り替えしてもそのまま色あせの状態で出てしまいます。またこのサイディングを維持したい!という方はお早目の塗り替えをおススメします。
施工後の玄関
塗り替え完成後の玄関です。本当にきれいになりました!
日がよく当たる東面も南面も色あせが少なかったので、クリアーで塗装することができました。クリアーを希望されて、塗膜の状態が良くなくて断念されたお客様も何人もおられました。今の状態はどうなんだろう・・?と気になる方は、お気軽にお問合せくださいね。ご相談も現地でのお家診断も無料でやっています。電話でもメールでも受け付けています。お気軽にどうぞ♪

お問合せ♪

倉敷市水島エリアへ、塗り替え完成の写真を撮りに行きました

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!1月ももうすぐ終わり、2月が来ますね!今年は雪が降ってませんが、このまま春になるのでしょうか・・。暖かいのは過ごしやすくて嬉しいけれど、雪にちなんだイベントが各地で中止になっているというのをを聞くとさみしいですね!

さて、今日は倉敷市水島エリアの現場をめぐりました♪年末に2棟完成しているので、完成写真と、外壁の塗装の現場1件に行ってきました。

まずは、一つ目の完成したお家です。
倉敷市水島エリアの完成
こちらのお家は屋根は無機塗料、外壁はフッ素塗料で施工しました。屋根は外壁よりも紫外線と雨を浴び続けるので、劣化も早いです。耐久性の高い無機塗料で塗装することによって次のメンテナンスまでのスパンを長くさせることができます。

無機塗料で塗装した屋根
   ↑塗り替えした屋根です。新築の屋根のように美しく仕上がりました。無機塗料なので色あせに強いです。

塗り替え前の屋根はこんな感じでした。↓
施工前の屋根色が褪せています。塗膜が劣化すると、瓦が雨水を吸収してしまいます。すると、乾燥したりまた濡れて水を含んだりを繰り返し、スレート瓦が反ってしまうこともあります。水を含んで、苔や藻が生えることも多いです。実際に苔が生えているスレート瓦は多いですし、ひび割れているのもよく見かけます。

塗り替え前はコーキングも切れていました。1階と2階の間にある、色や素材が変わる部分にある胴差というところもすっかり色が褪せてしまっていたのですが、塗装により、とってもきれいに生まれ変わりました!

塗装前・・・
施工前の外壁と胴差
塗装後・・・!
塗装後の胴差と外壁
塗装でここまでキレイになります!外壁にはフッ素塗料を使っています。フッ素塗料も長持ちする塗料なんです。フッ素塗料は汚れにくいです。汚れても雨水が当たると汚れを一緒に流してくれる特徴があります。

バルコニー施工前バルコニーの施工前です。バルコニーも塗装しているものなのでメンテナンスが必要です。

バルコニー施工後施工後です。バルコニーは劣化の状態からトップコートを塗りかえる施工で十分なので、トップコートを2回塗っています。状態が良くない場合は防水工事をする必要があります。
長くなったので2つ目のお家はまた次のブログで書こうと思います!
ではまた次回・・

倉敷市 塗夢の倉庫の塗装!お得なアウトレット塗料もあります

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!日曜日に最上稲荷に行ってきました。さすがに、お正月から2週間以上経ってるので人も少ないかなと思い行きました。混み合うことはありませんが、お店もまだまだ賑わっていました。夏頃に外壁の塗り替えと補修をさせて頂いた参道の店舗は、とてもキレイで良かったですよ!
最上稲荷にはたくさんのネコちゃんがいました。みんな集まってきていて、10匹以上はいたんじゃないかなぁ。みんな痩せこけてなく健康的でした♪

さて、今日は小山塗装の倉庫の様子です♪
小山塗装の倉庫の塗り替えです

前回外壁と屋根の下塗りをしたら、スレートが下塗り材を吸い込んでしまい、大変でした・・外壁も屋根も下塗りは2回塗って、きちんと下塗り材が止まりました。
前回の小山倉庫のブログ→倉敷市リフォームサポート塗夢の倉庫です。塗装でメンテします!

屋根の下塗り材を2回塗ったところ      ↑下塗り2回を塗ってようやく下塗り材が止まりました!これで上塗りを塗ったら、きちんと屋根材と上塗りの塗料が密着してくれるはずです。そうです。下塗りは、のり、接着剤のような役割をしていて、屋根と上塗りに塗る塗料とを密着させてくれるんです。

屋根の上塗りを塗っています屋根の上塗り2回目をしているところです。今回は下塗り2回、上塗り2回で全部で4回塗装しました。長い年数放置しないで、メンテナンスをしていれば、3回塗りでできたところです・・。

屋根の完成でもとってもキレイになりました!新しい年に気持ち良くスタートできました。この倉庫には塗料の缶が置いてあるほか、職人さんが雨戸などパーツを塗装したりする作業スペースもあります。
室内でできるので、雨の日などに有効に使ってもらっています。

アウトレット塗料の缶倉庫の中にある、塗夢のアウトレット塗料の缶たちです。今ならまだまだ在庫があるので、色もお選びいただけますよ。アウトレット塗料は通常の塗料の料金の半額以下です!かなりお得に塗装できるのでおススメです。色はアウトレット塗料の在庫の中からになるので、お早めに!!在庫がなくなり次第終了になります。
詳しくは→リフォームサポート塗夢オリジナルのアウトレットプラン!

ではまた次回・・

岡山市北区で外壁塗り替えは、でこぼこの模様を付けています

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!寒くて寒くてウォーキングができなくなってしまいました・・(笑)
運動しているときは体調もすごく良かったので、なるべく続けたいのですが・・もう少ししたら暖かくなると思うのでまた再開して頑張りたいです!

さて、今日は岡山市北区学南町の現場です♪
岡山市北区学南町の現場
イメージシートが隠れっちゃってますね・・イメージシートには、「年中塗り替かえやってます。リフォームサポート塗夢」と書いてあります!次は電柱と重ならないように撮ります!

こちらは奥のオーナー様のお宅と手前側のお家の2棟の外壁と屋根の塗り替えをします。
まず手前道路側のお家を施工しています。屋根はフッ素塗料を使用します。フッ素塗料は、親水性といって、塗った表面と雨水がくっつきやすく、広がる性質を持っています。それによって、汚れが付いても、汚れと屋根の瓦の間に雨水が入り、汚れを一緒に流してくれます。そして、フッ素塗料は長持ちするので、きれいな状態のまま長く保ってくれるんです。いいことがいっぱいのフッ素塗料は値段もシリコンに比べてかかりますが、劣化の早い屋根にはとってもおすすめです♪

外壁はシリコン塗料で、マスチックローラーという凸凹の模様を出せる特殊なローラーで塗っています。
マスチックローラーで山上げ  ↑これは、下塗りのシーラーのあとに、マスチックローラーで弾力のある塗料、サーフを使い凸凹の模様を作ったところです。
マスチックローラーというのは普通のローラーと違って、網目の荒いスポンジのようなものを転がしていきます。
マスチックローラー
これを使うと上の写真のような外壁になるんです。
それから外壁は上塗り1回目と2回目を塗って凸凹のゆず肌模様の完成です。

屋根はセメント瓦で、今は製造されていません。塗膜が劣化すると雨水を吸収してしまい苔や藻が生えてしまいます。この日は下塗りを塗ったところでした。
屋根下塗りを塗ったところ
これからフッ素塗料を塗ってきれいになっていくのが楽しみです!

倉敷市リフォームサポート塗夢の倉庫です。塗装でメンテします!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!年末からリフォームサポート塗夢の事務所横にある、倉庫の塗装をしています。倉庫は第一倉庫と第二倉庫とあって、先に始まった第二倉庫はほとんど完成しました。あとは屋根の上塗りと仕上げです。昨日は第一倉庫の下塗りをしているところでした。
第一倉庫の塗り替えこちらの倉庫は、外壁と屋根の塗装をします。外壁も屋根も素材はスレートです。
スレートはメンテナンスをしないと長持ちする素材ではありません。塗膜が劣化してしまうと、水分をはじかず、吸い込んでしまいます。水分を含むと苔や藻、カビが発生しやすくなり、瓦や外壁が割れやすくなってしまいます。

昨日の作業は外壁と屋根の下塗りをしていました。
外壁の下塗り↑倉庫のスレート外壁は凸凹なので、ローラーが入らず、刷毛で丁寧に塗っています。

塗膜が劣化してしまっているので、下塗り材をスレートが吸い込んでしまっています。塗ってもすぐに吸い込んで、表面がすぐ乾いてしまっています。下塗りを吸い込んで塗膜が止まらない    ↑
奥から手前に塗っていったのですが、塗ったところから吸い込んでしまい、塗った感じが分からないくらいです・・これでは、下塗りが止まっていないので、下塗りの役割りを果たせていません。しかも中塗りを塗装しても吸い込んでしまう可能性があります。

屋根の下塗りを吸い込んでしまった   ↑
屋根も同じ状態です。これは下塗りを塗ったところです。塗ると少し飴色になるそうなのですが、吸い込んでしまっているので全く何も塗っていない状態に見えます。
屋根も外壁もこれでは下塗りの効果がありません。なのでもう一度塗ることになりました。2回塗ると下塗り材が止まり、中塗りも上塗りもきれいに仕上げることができます。
(塗料が止まる・・というのは職人さん用語で、塗料がきちんとつくという意味です)

古い倉庫ですが、これからも長く使っていくのできれいにメンテナンスします。
できあがりが楽しみです♪

岡山市北区 アパートの屋根と外壁の塗装、足場組み立て中です!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!まだ寒いはずの1月ですが、ずっと暖かいですね。少しだけ寒い日がすごーく寒く感じてしまいます!雪も降ってないですね・・過ごしやすいですが、動物たちは冬眠してるんですかね・・少し地球が心配になります。

さて、年末にいくつもの現場を切り良く終えていますので、新しい年はどこも今から着工です。昨日は岡山市北区のアパートの足場組み立てに立ち会いました。
岡山市北区のアパート足場組み立て
アパートで建物が大きいのでトラックが2台来ていました。
足場を組むときには、足場計画というものを事前に作っています。建物の大きさや形、周辺の状況に合わせて使う部品を持ってきていて、足場計画に則って組み立てているんです。
岡山市北区のアパート足場組み立て
しかも、足場は塗装や補修の作業のしやすい様に高さや建物と足場との距離を考えなくてはいけません。足場が作業効率にとっても関わってきます。
岡山市北区のアパートこちらの現場は足場の組み立てを2人で作業していました。支柱1本でも10キロ弱あるのですが、これを何本かまとめて持って運んだりします。スピードも落ちずに平気で作業している姿を見て驚きました。

こちらの建物は過去に塗り替えをされている様子でしたが、ひび割れやコケがあり、メンテナンスの時期に達しているんだなと気づきました。
岡山市北区アパートの施工前階段の笠木がひび割れています。補修をして塗装します。

岡山市北区アパートの施工前外壁はモルタルでいくつもひび割れているところがありました。

階段の施工前屋外階段です。日がよく当たる面と、一日中あまり当たらない面で、苔やカビなどの発生しやすさが違います。苔や藻、カビは高圧洗浄機で完全に取りきってから塗り替えします。

今回は屋根と外壁の塗装をします。屋根はセメント瓦で、今は製造されていないものです。セメント瓦のメンテナンスは塗装です。塗膜が劣化し、防水性がなくなってくるとセメント瓦は雨を吸い込んでしまいます。それにより割れやすくなってしまうのでメンテナンスが大事です。
これからきれいに変わっていくのがとても楽しみです♪

倉敷市連島 クリアーでの塗り替え、紫外線に強いシーリング剤で

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓


明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

今日から出勤です。8連休でした。長いお休みをいただきました。紅白歌合戦を見て、おもしろ荘を見てフットンダは寝てしまいましたが、箱根駅伝は見ました!
今日からまた頑張ります!出勤してさっそくブログを書いております。

さて、今日は倉敷市連島町鶴新田の現場です。
倉敷市連島の現場
こちらの現場は外壁の塗り替えをしています。外壁は、元のサイディングの風合いをそのままにできる、クリアーで塗装をしています。
前回のブログ→倉敷市連島 元のサイディングの色や模様を生かしたクリアー塗装


この日の作業は、外壁の塗装は終えていて、シーリング(コーキング)の撤去と打ち替え、基礎の塗装をしていました。

クリアーで塗装した外壁です。
クリアーで塗装した外壁
艶が出てキレイになりました。クリアー色で、元のサイディングの多色模様をそのまま活かすことができています。ただ、クリアーは固い塗料なので、シーリング(コーキング)の打ち替えは塗り替えた後に行わなければいけません。紫外線に弱いシーリングに塗装ができないので、今回は費用が上がりますが、紫外線に強いシーリング剤を使います。

クリアー塗装したあとにシーリング打ち替え
見た目はいつも使用しているシーリングと変わりませんが、紫外線による劣化のスピードが遅くなります。
クリアーで塗装した外壁とシリコンで塗装した軒天や樋
シーリングの撤去・打ち替えをして、最後にタッチアップをしたら完成です。タッチアップと言うのは、仕上げです!全ての現場で必ず行います。小さな塗り残し、飛び散っているところなどを塗って仕上げていきます。タッチアップをするときは、見落としがないよう、足場の中を何度も歩きます。右側から見たときと左側から見たときで、気づかなかった塗り残しに気が付いたりもします。外壁は凸凹しているし、光の当たり具合によっても違って見えます。なので何度も歩きながら、忘れないようにマスキングテープでマークしていきます。

クリアー塗装もキレイですね。イメージを変えるため全然違う色で塗るのもいいですが、一度色つきの塗装をすると元の色にはならないですから、サイディングが多色や柄、模様などの外壁でこのままがいい!という方には、クリアーおすすめですよ!

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT