2020年11月

倉敷市で無機で外壁塗装の住宅が完成!立体感のあるゆず肌模様で

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!あっという間に11月も終わりに近づいてきました・・。3連休は我慢の3連休をしましたし、楽しい行楽の季節が、今年は何もなしで終わろうとしています(笑)Go Toイートは地域クーポンを購入し、焼き肉に使ってみました♪秋が終わってしまうので、社長に貸してもらった本を読んで読書の秋をしようと思います!

さて、今日は、倉敷市日ノ出町の外壁塗装をした住宅の完成を撮りに行きました。
外壁は耐久性の高い、長持ち無機塗料のゆず肌模様仕上げです!

  ビフォアー
塗装前








  アフター!
外壁塗装の完成
外壁のタイル部分はそのままで、それ以外の外壁を塗装しています!
こちらの住宅の外壁はサイディングで、既存の塗装はリシン吹き付けでした。リシン吹き付けというのは、塗料に骨材(石や砂)を混ぜたものを、スプレーガンで吹き付けて塗装する方法です。一般的には、モルタルの外壁に塗装しますが、サイディングに吹き付けてありました。

今回はローラーで塗装ですが、ローラーはマスチックローラーで、山上げをして、塗膜に厚みをもたせる方法で塗装しました。
上塗りの塗料は耐久性の高い無機塗料です。山上げをする下塗り材は微弾性のソフトサーフを使用しました。

  北面のビフォアーです。
   雨すじや苔が付いていました。
         北面のビフォアー








  アフター!
北面の塗装後
いかがでしょうか?きれいですね!2色の色分けも、窓枠の白が際立ちいいですね。基礎の濃いブラウンも落ち着きがあり素敵です。
無機塗料で仕上げていますので、苔が付着しにくいです。無機には苔や藻のエサとなる有機物が少ないので、苔が生えにくいという訳なんです。
無機塗料は親水性が高いので、雨すじも残りにくいです。雨が降った時に水となじみやすいことで、汚れを流してくれます。何より、塗膜が紫外線に強く、長持ちするのでいいことばかりですね。

山上げ塗装した外壁
外壁をアップにするとこんな感じです。山上げするとこのようなでこぼこした模様になります。微弾性の下塗りで塗膜を立たせ、厚膜にするので、ひび割れしにくいです。立体感が出て高級感も増します。ゆず肌模様仕上げとも言います。キレイですね!

岡山駅前のビルの外壁工事!雨が当たる部分に板金をかぶせました

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!コロナウイルス感染症が、岡山県で感染者を日に日に増やしています・・。熱を出したら怖いから、風邪もひけません。私は去年と同様、朝起きて一番にはみがきと手洗い、これはずっと続けています。風邪をひかない病院の先生たちが毎日やっている習慣だそうで、知ってからはずっと続けています!

さて、今日は岡山市駅前のビルの外壁工事の現場に行ってきました。
岡山市駅前のビル外壁工事
前回、板金を取り付ける作業の様子をブログに書きましたが、その板金がきれいに取り付けられていましたよ!

前回のブログ→岡山市駅前のビル外壁工事!板金を取り付け雨漏りさせません!

板金取り付け前はこんな様子でした。
板金取り付け前
雨が当たるため、勾配は付いていますが、タイルの目地に雨水は溜まりやすく、長い年月をかけ、染み込んでいました。下のモルタル部は、タイルに板金をかぶせる工事の後、ウレタン防水をして、雨水の侵入を防ぎます。



軒部分もタイルで、雨が染み込んでいました。雨水は軒の半分くらいつたっていくので防水する必要があります。この軒部分にも板金をかぶせます。





まるくなっているモルタル部施工前
ビルの角はアールになっていて、しかもこの部分は上に屋根がないので雨が直撃します。雨が染み込んでいて、タイル部分からエフロレッセンスという、コンクリートの成分が染み出すという現象が起こっていたり、まるみがある分、雨を含むと割れやすくなり、大きなひび割れもありました。


雨水が染み込むと建物は劣化が加速してしまいます。耐久性も低くなります。今回工事するビルは、雨水がいつでも当たって染み込んでいる箇所が多くありました。板金を取り付けることで建物への雨水の侵入を防ぎます。

板金を取り付けた施工後です!
板金取り付け後
板金取り付け後

赤で囲っている箇所が板金でかぶせたところです。雨水が当たって、侵入しやすいところに取り付けています。
アールになっているところは、板金を短く切って加工し、アールに沿わせて取り付けています。これで雨水は入ってこれないので安心です!
高いビルで、外からは見えないところでも、きっちりと丁寧に工事をしています。
屋上看板下の板金取り付け屋上の大きな看板の下も板金を取り付けています。雨が当たるところは全てかぶせました。
現場へ行くたびにビルがきれいになっていくので、完成がとても楽しみです。

倉敷市の住宅塗装、外壁のコーキングを新しく打っています!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!岡山県も全国的にもコロナウイルスによる感染が止まらなくなっていますね。インフルエンザはまだ今年は聞きませんが、今年はコロナウイルスによって学級閉鎖・・などがあるんでしょうか・・。
マスクは当たり前になってきているし、換気は寒いけど頑張りたいですね!

さて、今日は最近行きましたコーキング(シーリング)の撤去と打ち替えをしている倉敷の現場をご紹介します。
倉敷市粒浦の現場
こちらの住宅はサイディングの外壁です。サイディングやALCパネルの外壁にはコーキング(シーリング)という目地が必ずあります。表に出ている目地がほとんどですが、ボードで隠れているものもあります。なぜサイディングやALCのようなボードの外壁には目地があるのかといいますと、建物は動きます。地震のような大きな揺れでなくても、車やトラック、電車などからの揺れや、風でも日々動いています。
住宅の外壁ひび割れ外からの要因の他にも、木で家ができているから動きます。逆に動かないと木が折れてしまうから、動くように設計されているんです。しかも、木は乾燥したり湿気を含むので伸び縮みします。こんなにたくさん建物が動く理由があります。なので、外壁も動くようにしていないと割れてしまうんです。そこで、外壁に目地がある訳なんです。
サイディング外壁の目地(コーキング)赤色のまるで囲っているところが目地です。コーキングが打ってあります。外壁の割れを防ぐためなら、鉄骨の橋のように、隙間を開けておけばいいわけですが、雨漏りしてしまうといけないので、コーキングで埋めているんです。コーキングはゴムのように伸縮性があるので、建物の揺れを吸収でき、外壁が割れるのを防いでくれます。ただ、このコーキングは劣化します。時間と共に劣化するのはもちろん、紫外線に弱く、日がよく当たるところほど、劣化が激しいです。こちらの住宅は、コーキングが切れ切れになる程の劣化は見られませんでしたが、このコーキングの切れによって雨漏りすることは多くあります。屋根の雨漏りより、外壁からの雨漏りの方が多いくらいです。
劣化したコーキング(シーリング)打ち替え前コーキングがひび割れています。これを放置してしまうと、切れが広がり、断裂してしまうこともあります。
切れたコーキング
こちらのお家ではありませんが、私が見てきた住宅で、コーキングが完全に切れていたところもありました。こうなると雨漏りの可能性はかなり高くなります。この中には防水シートがありますが、雨に当たると劣化するので危険です!

コーキング撤去後  ↑古いコーキングをキレイに撤去したところです。

コーキングを打つ  ↑コーキングを打っています。増し打ちといって、劣化したコーキングの上から重ねて打つところもありますが、増し打ちは、またすぐに同じように切れてしまうので、塗夢では、古くなったコーキングをキレイに取り除き、新しく打っていきます。
その作業のあと、洗浄して塗装の工程に入っていきます。家の塗り替えはただ塗装するだけでなく、家を長くもたせるために、劣化したところを直してから塗装します。

倉敷市中庄の外壁と屋根の無機塗料塗装!苔も生えにくくなります!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓
こんにちは!昨日は久しぶりに社長と倉敷市内の現場を回りました。途中、塗り替えしたばかりの感じのアパートの横を通ったときに、「ここは塗夢が塗装したアパートだよ」と聞いてびっくりしました。私が知らないアパートだったので、少なくとも3年以上前の塗装工事・・!さらに社長から5年前に塗装したと聞いてもっと驚きました!まだまだキレイすぎて!ツヤもあり汚れも付いていなかったので、数日前に塗装したばかりなのかと思うほどでした。お見せしたかったです。写真に撮ればよかったなぁと後から気が付きました・・。

さて、今日は昨日行きました倉敷市で外壁と屋根の塗装が完成したお家です。
倉敷市中庄の塗装が完成
とてもきれいな仕上がりでした。外壁も屋根も耐久性の高い無機塗料での塗装です。屋根はセメント瓦ですが、色褪せしやすい種類のもので、施工前はかなり色が抜けていました。今回は無機塗料で塗替えされたので、色持ちもよく、きれいなまま長くもつことができます。無機塗料は費用は高くなりますが、長くもつので、次の塗り替えの時期を遅らせることができます。シリコン塗料と無機塗料の耐久年数は、約7年くらい差があります。
苔が多くあった北面北側は、日が当たらないことと、塀の高さもあり、風の通りもあまり良くないので、苔が多く生えていました。サイディングも歪みが出ていました。無機塗料で塗装したことで、苔や藻、カビがかなり生えにくくなります。無機塗料にはエサになる有機物が少ないことで、苔や藻、カビが生えにくいんです。親水性も高いので、雨が降るとほこりや汚れも流してくれます。

フラワーボックスも塗り替えましたフラワーボックスも塗り替えました。ツルツルとした素材のものに塗装すると、もちろん重力で流れやすくなります。フラワーボックスだけでなく、樋やひさし、換気フードなどツルツルとした物に塗装するときは、ケレン作業で、しっかりとやすりで細かい傷をまんべんなく付け、塗膜をしっかりと密着させています。なので、仕上がりもムラが出てなく、こんなにキレイになるんです!
フラワーボックスだけの塗装などももちろん承っております。お気軽にお問い合わせくださいね!

倉敷市で外壁の塗装中!下塗りで山上げをし、厚膜に塗ります!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!岡山県内の感染者数が日に日に増えていっていますね・・。テレビでは換気とマスクが大事と言っていますね!窓を2箇所開けて5分でも換気ができると言われていたので、毎朝、洗濯物を干すときに必ず開けるようにしています。

さて、今日は倉敷市日ノ出町の現場です。
【事前登録】 ▼Zoomの使用経験あり、アプリのダウンロード済の方  ①以下のURLをクリック https://zoom.us/webinar/register/WN_HFmG5-1vR-uSaLXcHIYTyA  ②事前登録(ウェビナー登録)画面になります。 姓の欄に「〇〇店」、名の欄に「名字」をご入力ください。 メールアドレスをご入力の上、登録ボタンを押してください ※メールアドレスはZoom登録時のものをご入力ください ↓ ③ウェビナー登録完了画面になります 下部の「このURLをクリックして参加してください」のURLをクリック ↓ ④ポップアップが表示されます。その中の「ZoomMeetingsを開く」をクリック ↓ ⑤「Webセミナーは2020/11/19のためにスケジュールされています。」 上記の文言が表示されます。  以上で事前準備は完了となります。既存の外壁はサイディングボードで、塗装は吹き付けのリシンでした。数か所外壁が割れているところがありました。今回の塗装では、外壁が割れにくいように、厚膜を付けるやり方で塗装しています。
厚膜を付ける塗装の方法は、ただたっぷりと塗料を塗るのではありません。まず下塗りには微弾性の塗料を使います。塗料にも種類があるので厚膜が付くもったりとした厚みのある下塗り材を塗ります。
下塗材  ↑この微弾性の塗料、ソフトサーフSGを使います。ゴムのような伸縮性のある下塗り材なので、建物が動くときに一緒についていく特徴を持っています。”追従できる”と言うんですが、このおかげでひびわれしにくくなるんです。

下塗り山上げこのサーフで下塗りをします。下塗りは外壁と上塗りの塗料をしっかりと密着させるために塗ります。分かりやすく言うと、のりのような役割です。
この下塗りをするときに、厚膜をつけるために、でこぼこと塗膜を立たせながら塗っていきます。これを”山上げ”と言います。
下塗の塗膜を立たせる  ↑こんな感じになります。まだ塗装1回目の下塗りの段階ですが、とてもきれいです!このでこぼこの山を均一に、きちんと立たせておかないと、上塗りで仕上げたときにムラが出てしまいます。

下塗りをマスチックローラーで  ↑この引っ掛けてあるローラーを使います。普段使っているローラーより、目が粗いので塗膜が立ちあがり、ツンツンとした山上げができます。このローラーをマスチックローラーと言います。

この下塗りで山上げをしてから、上塗り1回目、上塗り2回目をして完成です。上塗りの塗料は高耐久の無機塗料を使います。北面の外壁はとくに、苔や藻が生えていたので、無機塗料がぴったりです。無機塗料は名前のとおり無機質な物でできているので苔や藻が生えにくいのです。紫外線にも強く、色あせや変色は起こりにくいです。静電気も発生させにくいので汚れも付きにくい、親水性が高く、雨水で汚れが流れやすいなど、いいところだらけです。デメリットとしては、費用が高いことや、塗膜が割れやすいなどありますが、下塗り材を微弾性にするなどで大丈夫です。
塗膜の劣化が少なく、長持ちするでとてもいい塗料ですよ!

岡山市中区で外壁と屋根の中塗り中!雨漏り箇所は張り替えました

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!朝晩が寒いです・・。風邪ひかないよう、コロナ予防対策に、マスクと手洗い、そして今年は仕事の合間に、伊藤園の「ごくごく飲める毎日1杯の青汁」を飲んでいます。最初はよくある青汁よりも飲みやすいけど・・苦い。と思っていましたが、今では大好きになりました(笑)!健康な体が一番です!

さて、今日は岡山市中区の現場です。
岡山市中区の現場
こちらのお家はサイディングボードの目地(シーリング)の切れたところから雨が入り、雨漏りを起こしていました。雨漏りしていた壁は中の断熱材まで雨水を含み、木も腐らせていました。外壁材と断熱材、木の枠は新しく交換しました。屋上のバルコニーは笠木の取り付け方が悪く、そこから雨漏りしていました。
なので、まずは雨水によって劣化したサイディングを張り替え、シーリングを打ち替えて只今、塗装作業中です。
屋上はサイディング張り替え後、塗装中塗り(上塗り塗料1回目)を終えたところです。サイディングを張り替え、下塗りをして、中塗りをします。中塗りが乾いたら、もう1度同じ塗料を重ね塗りします。(上塗り)3回塗って完成です。塗料や施工の仕方、外壁の状態によっては4回や5回になることもあります。

笠木も新しくなりましたサイディングを張り替えたときに、笠木も新しい鋼板に交換しました。

屋根の中塗り屋根です。屋根も2回目の塗装、中塗りをしたところです。
ちなみに塗装前の屋根はこちらです
         ↓
屋根の塗装前塗膜が劣化して色あせしていました。塗膜の劣化と剥がれもあり、防水性がなくなっているので、雨水をスレート瓦が吸収してしまいます。そうなると、反ったり歪みが出てきて、割れていきます。割れは見つからなかったのですが、塗膜は防水性がない状態でした。
中塗りの時点でも、とてもキレイになっていますが、もう1度塗って完成になります。
スレート瓦にタスペーサー先ほどのスレート瓦をアップにすると、このような小さなものがいくつも挟まっています。これは、タスペーサーと言って、スレート瓦やカラーベストなどの薄くて板のように平らな瓦に差し込んでいくものです。瓦1枚につき、約2つ差し込んでいきます。なぜこれが必要かと言いますと、平らな瓦が重なっているので、塗装をしたときに重なっているわずかな隙間を、塗膜が埋めてしまうんです。
塗膜が瓦の隙間を埋めてしまうと、気温の変化などで湿気がたまっても逃げ道がなくなり、カビの発生や基材を傷めてしまうことになるんです。家の中や基礎、屋根裏など、どこもそうですが、通気性をよくしておかなければならないんです。
このタスペーサーを差し込んでおくと、塗装した時に、塗膜で隙間が塞がることがないという訳なんです♪
ちなみにこのタスペーサーがまだ開発されてなかった頃は、”縁切り”と言って、カッターで塗膜を切って隙間を作っていました。手間がかかるので時間もかかっていました。タスペーサーを使う方が早くて費用もかからないんです。
小さいけど大活躍しています!

倉敷市中庄の無機塗料で塗装中の住宅の屋根塗装が完成しました!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!岡山県で、コロナウイルスの流行が勢いを増していますね・・。これから寒くなっていくにつれて、風邪やインフルエンザも流行るのに・・。寒くても換気と手洗いが大事ですね!

さて、今日は倉敷市中庄の無機塗料で塗装工事をしている住宅です。
倉敷市中庄の現場
こちらの住宅は屋根も外壁も高耐久の無機塗料で塗り替えをしています。屋根の塗り替えが完成しました!
私が現場に行ったとき、塗り立てだったので、とてもツヤツヤしすぎていますが、乾くとなじんでいきます。

   大屋根
大屋根の塗装完成
  下屋根
下屋根の塗装完成
屋根はセメント瓦で、あるハウスメーカーさんで扱っている瓦ですが、塗膜の色あせ・剥がれがとても速く、屋根だけ先に塗り替えすることが多いそうです。実際にこちらのお家のお客様も、屋根だけ先に塗り替えをしていました。今回で2度目の屋根の塗装ということです。それでもすっかり色あせていました・・。

  塗装前の屋根です。
塗装前の大屋根
塗装前の下屋根
すっかり色が褪せていました。塗り替えた色は濃い黒に近い色だったようですが・・。今回の塗装では、長持ち高耐久の無機塗料で塗り替えたので、もっと色持ちもよくなると思います。コケや藻が生えにくいところも無機の特徴です。雨染みも付きにくいです。
こちらのお家は、外壁も無機塗料で塗装しているのできれいな状態が長く続くはずです。無機塗料は費用的には高くなりますが、一般的なシリコン塗料と比べると、耐久性が5~7年くらい変わってきます。
美しいツヤで汚れにくいのできれいな状態が長く続きますよ!
無機塗料は塗夢の事務所のそばにある倉庫の上でどの程度耐久性があるのかを今も実験中です。
無機塗料の耐久性の実験中10年以上経っていますが、今もきれいな状態です。剥がれも見られません。自信をもって無機塗料をおすすめします♪それではまた次回・・。

倉敷市のALC外壁の塗り替え完成です!漏水には防水工事を!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓
こんにちは!朝晩が冷えますね・・。寒くなってきて、うちのねこちゃんは起きるのが遅くなりました。毎朝6時に起きていたんですが、最近では、7時すぎてようやく、ゆっくり布団から出てきています(笑)

さて、今日は倉敷市新田の外壁塗装工事が完成したアパートです。
塗装完成したアパート
このアパートは外壁・屋根の塗装工事と2階ベランダと共有廊下の防水工事、破風のカバー工事をしました。外壁はALCパネル、屋根はモニエル瓦で塗装が必要です。

ALCパネルは軽量で燃えにくい外壁材で、大型店舗や倉庫、アパートやマンションに使われることが多いです。塗装を定期的にしていれば長持ちするよい外壁なのですが、塗膜が劣化して、雨水を吸い込んでしまうと、どんどん中に浸透してしまう素材なので、雨漏りしやすい欠点があります。
こちらのアパートに外壁からの雨漏りはありませんでしたが、2階バルコニーで漏水していたところがあり、1階のバルコニー天井に雨漏りを起こしていました。
2階バルコニーからの雨漏りオレンジ色で囲んでいるところに染みがありますよね。これは2階バルコニーで漏水していて染み出してきた跡の雨染みです。雨が降るたびにポタポタとしているようでした。これを直すにはバルコニーの防水工事が必要です。2階の共用廊下も同じような老朽化をしていたので、防水工事をしました。

2階共用廊下の防水工事完成   ↑防水工事の完了後の写真です。
建物を劣化させるのは、紫外線と雨です。建物はとにかく雨が入ってくると弱いです。雨が常に当たってしまうようなところは特に防水をして侵入を防ぐことがとても大事なんです!
外壁塗装は、ただ塗り替えるだけの業者さんもあるので注意が必要です。今の現状をしっかりと調査し、どこを優先的に修理するかを把握でき、最適なご提案ができることが大切です。

屋根は今は使われていないモニエル瓦です。モニエル瓦は、塗膜が劣化すると水分を吸収してしまうので、ひび割れを起こしやすくなります。とても厚みのある瓦で裏にまで水が回ることは、大きく割れていない限りはあまりないと思いますが、ゼロとは言えませんし、水分を含むと重量のある瓦はさらに重くなり、建物にとって、いいとは言えません。
塗装前のモニエル瓦
塗装前のモニエル瓦
塗装前のモニエル瓦はこんな感じでした。苔と藻がたくさん発生しています。塗装する際には、モニエル瓦の特徴のスラリー層ができているので、これをしっかりと除去して塗装しました。これをしていないと、長持ちする塗料を使ってもすぐに剥がれてしまいます。
屋根の塗装後  ↑塗装後の写真です。塗装はフッ素塗料を使っています。苔や藻が生えにくく、親水性が高いので、雨水で汚れを流しやすくしてくれるのできれいです。
塗装してきれいになると気持ちいいですね!見た目がきれいだと入居者様のアップにも繋がります。手入れしてある物件は安心感もありますよね。また施工事例にもアップします。

倉敷市中庄で屋根も外壁も長持ち高耐久の無機塗料で塗装中!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!岡山県内ではまたコロナウイルスが流行してきていますね。中四国地方の中でもここ10日間で100人以上の感染者数が出ているのは岡山県だけです・・。マスク着用と人混みは避けるようにしたいです。

さて、今日は昨日行ってきた倉敷市中庄の現場です。
倉敷市中庄の現場
こちらの住宅は築25年以上で、今回の工事は、屋根と外壁塗装工事をしています。外壁はサイディング、屋根はセメントです。どちらも高耐久の無機塗料を使っています。
塗夢の塗装プランでは、

 ・チョイ塗りプラン
 ・お手頃価格な一般塗装プラン
 ・長持ち高耐久プラン
 ・大特価アウトレットプラン 
があり、今回の住宅は長持ち高耐久プランです。高耐久の塗料の塗夢のおすすめは、無機塗料とフッ素塗料です。一般塗装プランではシリコン塗料のプランになり、塗料の耐久性の高さの順では、無機塗料が一番高く、次にフッ素塗料、シリコン塗料という順になります。
無機塗料が一番グレードが高いので、やはり費用も高くなります。でも、それだけ長持ちするので次に塗装する期間が長くなるというメリットがありますし、汚れにくく苔や藻が生えにくいので外壁や屋根材の保護もしっかりとしてくれます。

無機塗料で塗った外壁外壁は無機塗料で塗装しています。天井は一般塗料のシリコンです。軒天や玄関上の天井部分は雨にほとんど当たらず、紫外線も直に当たりにくいので、雨漏りしない限り劣化があまりありません。そのような場所にも無機塗料を使っていたら、費用がどんどんかさむだけです。塗夢では外壁でもその部分にあった塗料を使うような提案をしています。

中庄の住宅に使った塗料たち今回の住宅に使用している塗料です。左からシリコン塗料、無機塗料(外壁用)、無機塗料(屋根用)、マイルドボウセイはサビ止めです。ひさしや水切りなどの板金の下塗りに使います。
こちらの住宅は、北側にコケが多く、傷みも多く出ていたので無機塗料はぴったりだと思います。苔の発生を防ぎ、汚れも付きにくい塗料なんです。
外壁は樋や基礎を塗ったら完成です。これから屋根の塗装に入ります。またお伝えしますね♪

総社市の住宅2棟の塗装工事が完成しました!割れにくい外壁に!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!10月31日のハロウィーンは、月がブルームーンと呼ばれる満月で、晴れていてとてもキレイに見えました。私はドイツの森のハロウィーンイベントに行ってきましたよ!

さて、今日は先日外壁塗装工事が完成した総社市の住宅のご紹介です。
10月は総社市で3棟、外壁塗装工事をしていたのですが、まとめて完成写真を撮りに行ったところ、1棟だけ外構工事をしていて、重機やトラックで外壁が見えにくくなっていて・・外壁が見えなければ仕方ありません。1棟はまた後日撮りに行きますね!

まずは1棟目です♪
総社市の外壁塗装工事の完成
外壁はモルタルで塗装は山上げをし、ゆず肌模様に仕上げています。ただベタッと塗るのではなく、塗膜を立たせるやり方の、山上げをすることで、立体感が出るので、デザイン性が高くなり高級感が出ます。
さらに、モルタルに山上げをすることは、デザイン性を良くするだけでなく、割れやすいモルタル外壁を割れにくくしてくれます。モルタルはどうしても割れやすいです。最初は少しのひび割れでも、年数が経つとひびが広がってしまいます。ひびが広がると雨が入ってきてしまいます。意外にも外壁からの雨漏りは、屋根よりも多いくらいなんです!もちろん外壁の中は通常でしたら防水紙があります。でもずっと雨が入り込み防水紙に雨水が触れていると、やはり劣化してしまいます。
山上げするときに使う塗料は弾性の塗料を使います。弾性の塗料は弾力を持っているので、建物が揺れるときに、その動きについていくことができます。なので、ひび割れを起こしにくくなるんです!

山上げ塗装山上げをして塗装したゆず肌模様の外壁です。とってもキレイですね!立体感があると高級感が増します。

外壁塗装の完成
もう1棟も総社市の住宅です。こちらは洋風のお家で、塗夢で大好評のアウトレット塗料を使用しました。お家の雰囲気によく合った色で、白い玄関ドアも映えて素敵ですね。
こちらの外壁も、モルタルで、山上げをして割れにくい塗装をしています。
山上げをして塗装したいかがでしょうか。洋風のお家にも合うんです!光が当たるとより立体的できれいですね。艶のある塗料なのでさらに美しいです。
お客様のお庭にはとても立派なオリーブの木やたくさんのグリーンできれいにお手入れされています。外壁の控えめな色でグリーンが際立ってとてもいい雰囲気になりました。
また施工事例にもアップします♪

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT