2021年7月

倉敷市 屋根と外壁を高圧洗浄で洗っています!樋の掃除もします

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓
こんにちは!昨日東京は過去最高の2848人のコロナ感染者数でした。また一気に増えましたね。岡山県でも35人・・!人が移動するとウイルスも移動しますよね。インフルエンザワクチンも当たり前になってきました。コロナワクチンも毎年2回。何十年先には毎年ワクチン打ちまくりかもしれないですね。

さて、今日は倉敷市の屋根と外壁の塗装工事が始まった現場です♪
倉敷市屋根と外壁塗装工事
こちらの住宅は三角の屋根が印象的な建物です。社長と最初の現地調査に行ったお家です。この日は洗浄の作業をしていました。
洗浄作業洗浄は屋根の上から外壁まで家全体まるごと洗います。びっくりするくらい真っ黒の水が出ます。業務用の高圧洗浄機なので一般的なケルヒャーとはパワーが格段に違います。
水がトルネードしながら出るので、長年蓄積され、こびりついた汚れも取れます。高圧洗浄で洗浄した住宅
洗浄は、工程順では、足場→シーリング打ち替え(サイディングやALCパネルなどの場合)→洗浄 です。特にシーリングに亀裂があったり断裂している住宅は、シーリングを打ち替える前に洗浄してしまうと雨漏りすることもあります!

屋根の洗浄後屋根の洗浄後です。日差しが強くて晴れていたので、1時間前に洗ったのにもうほとんど乾いていました。夏場はすぐに乾きますが、冬場はなかなか乾かないので、乾くまでに2日かかったりもします。

屋根と外壁塗装をするときに、洗浄はとっても大事な作業です。洗浄作業では、ほこりや汚れ、コケや藻、カビなどを取り除きます。これたちが外壁や屋根にくっついたままだと、塗装してもくっつきが悪くなってはがれやすくなったり、表面がガタガタになったりします。
高圧洗浄でほとんどの汚れが落ちますが、カビなど落ちないものにはバイオ洗浄で落とします。高圧洗浄を当てられない瓦の重なった部分などはブラシで汚れを落とします。瓦の重なったところを下から高圧洗浄を当ててしまうと、雨漏りしてしまうんです。なので瓦のコケが生えやすい重なり部分はブラシで丁寧に取っています。
洗浄のときには雨樋の汚れも一緒に取ります。雨樋は詰まりやすいので定期的なお掃除を・・とか言いますけれど、危険なのでできないですよね。職人たちが丁寧に掃除するので安心してお任せください♪

岡山市南区店舗改修工事 屋根工事と看板工事をやっています

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!オリンピック見てますか?岡山県出身の選手も何人も出場されていますね。私は開会式のピクトグラムが面白かったです。

さて、今日は岡山市南区の店舗の改修工事です。
南区の店舗改修工事
こちらの店舗は2階建てで、屋根工事と外壁塗装工事、看板工事を行います。
最初に屋根工事と看板工事をしていました。
屋根の瓦撤去屋根の瓦を撤去したところです。
瓦はセメント瓦でかなり老朽化していました。見えているグレーのシートはルーフィング(防水紙)です。穴がたくさん空いているのは、瓦を撤去したときに空いたものですが、ルーフィングも劣化するので新しいものに替えます。

撤去した古いセメント瓦撤去したセメント瓦です。だいたい1000枚分くらいあります。
新しい屋根は鋼板屋根に変わります。軽量で建物に負担がかかりにくく、再塗装やメンテナンスまで長く持つところが特徴です。

アスファルトルーフィングルーフィング(防水紙)を新しく張り替えました。ルーフィングはアスファルトルーフィングで厚みがあり、破れにくく強いです。瓦の下には雨が入ったり、湿気があるので、雨漏りを防いでいるのはルーフィングです。これが破れたら雨漏りになってしまいます。
この上に板金屋根を乗せていきます。

看板工事看板の工事をしていました。看板の内側に蛍光灯が見えます。もともとは、内側から光る看板だったんですね。もう光る看板は使用しないとの事で、上から板を貼ります。
屋根と看板が終わると塗装工事にかかります。この建物は過去に塗装がしてありましたが、そこからもかなり年数が経っています。2階はモルタルでひび割れも多くあります。目地にコーキングを打っているようですが、もう劣化していました。
コーキングの劣化塗膜と一緒に浮いています。コーキングは撤去して、また打ち直します。

倉敷の外壁塗装 赤色や黄色・オレンジなどで塗装した住宅

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!岡山県のコロナ感染者数がまた増え始めましたね。感染者数の波が来るのは前回に比べてこんなに早かったかなと思いました。ワクチン接種もまだかかりそうですし、マスク着用は今年も必須になりそうですね。

さて、今日は塗り替えするときに1番悩むのは色!という方が多いので、いくつか事例をご紹介します♪

塗夢で塗装した仕上がりの良い住宅

新築から13年くらい経つと外壁や屋根の塗装を考える頃と思いますが、前回と同じ色にしようか、全然ちがう色にしてみようか迷いますよね!家の塗り替えは、1度変えるとすぐには変えられないのでお客様が一番慎重になるポイントだと思います。
ちょっと気分を変えてみたいお客様も多いですが、濃い色や派手目の色は勇気がいります。
もちろん塗夢では、A4の大きさで実際の色を塗った塗り板や、自分の家で塗り替えをシミュレーションできるカラーシミュレーションなどをご用意しています!
実際に塗夢で、挑戦しにくい色で塗装された事例をご紹介しますね。

赤色で塗装した住宅赤色が素敵です。赤色でも原色のようなビビットな色ではなく、落ち着きのある赤色です。なので、サイディングの外壁ですが、木でできたログハウスのようなデザインにぴったりよく合っています。胴差や窓枠、玄関ドアや玄関柱はホワイトで色がよりはっきりしていて、素敵です!

黄色に塗装した住宅
黄色に塗り替えされた住宅です。すごくかわいいですね!やさしい黄色が三角の屋根とよく合っています。エアコンのスリムダクトは外してから外壁と同じ黄色に塗装しました。

オレンジ系の色に塗装した住宅
オレンジ色に塗装した住宅です。この色もとっても素敵ですね!オレンジでも少し茶色系の落ち着いた色です。築30年経ち、2回目の塗装で、ベージュからこのオレンジ色に塗り替えました。こんなに素敵に生まれ変わって、築30年経っているとは思えないですね!

いかがでしたか?リフォームサポート塗夢では、まだまだネイビーや緑色、グレーなどさまざまな色で塗装しています!カラーシミュレーションもできますのでお気軽にお問い合わせくださいね♪
イエローとブラウンの住宅
ネイビーの住宅
イエローとクリーム色の住宅

倉敷市で足場組立中!外壁のシーリングにブリード現象が!?

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!岡山県は梅雨が明けましたが、毎日どこかで雨が降っていますね。でも晴れるとセミが鳴いていて、夏が来たな~と感じました。

今週からまた新しく塗装工事が始まりました。倉敷市の足場を組み立てている現場です。
倉敷市足場組立
足場の組み立ては4人で作業していました。下にいる人が必要な部材をトラックから取って、中間の足場にいる人に渡します。中間にいる人は上の人に渡して、上にいる人が足場を組み立てていました。足場に使う部材は、長いもので2mを超えるので、運ぶときにカーポートや住宅に絶対にぶつけないよう慎重に渡します。しかも重いので、もしも落としたり当たったら大怪我です。安全第一に作業します。
足場計画図
足場計画図です。この図の通りに設置、組み立てていきます。
私は足場を組み立てているところをじゃましないよう、施工前の様子を見ました。

樋の色褪せ樋がかなり色褪せていました。外壁も屋根も塗装をしているそうなんですが、樋だけかなり色褪せていたので樋は塗っていなかったのかなと思います。
気になったのが、シーリングが黒い・・。これは、以前も見たことがあります!
シーリングの「ブリード現象」!

過去のブリード現象が起きた現場ブログ
倉敷市の住宅塗装!ブリード現象が起きたシーリングを撤去!

シーリングが黒くなり、にじんだようになっています。これは、シーリングに含まれる油が原因で、塗装したときの塗料との相性が悪いときに起こる現象なんだそうです。
シーリングのブリード現象どの目地も黒ずんでいて、まるで模様のように目立っていました。
リフォームサポート塗夢では、このシーリング材はノンブリードタイプの(油分が含まれていない)ものを使用しています。なので、どの塗料で塗装しても、ブリード現象が起こることはありません。

北面のコケや藻
北面にはコケや藻が外壁に生えていました。北面は日が当たらないので、このようにコケや藻が生えてしまうことが多いです。これは高圧洗浄機を使った洗浄で取れます。カビが発生している場合は、バイオ洗浄をしますが、こちらの外壁はコケや藻だけなので大丈夫そうです。
こちらの住宅は、外壁も屋根も、無機塗料で塗装します。無機塗料は、一般的なシリコンやウレタンに比べ、有機質の成分が少なく、無機質な成分が多い割合で入っています。なので、色褪せが少なく燃えにくいです。コケや藻の餌になる有機質が少ないので、コケや藻が生えにくく広がりにくいです。苔や藻に悩まされている住宅には無機塗料がぴったりですね!
足場が完成したら、最初にシーリングの撤去と打ち替え作業にかかります。また現場へ行きます♪

倉敷でデザイン性の高い塗装をするなら!おしゃれな外壁ご紹介!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓
こんにちは!倉敷市からコロナワクチンの接種券が届きました。
ワクチンの数が足りないとか、なんとなく想定していた事態になっていますが、スムーズに進むといいですね。

塗夢の現場がただ今ちょうどなくて、来週からまたいくつか始まるんですが、ちょっと現場へ行く時間が空いているので、塗夢が塗装したデザイン性の高い素敵な外壁をいくつか紹介します♪

  〇櫛引模様〇
櫛引模様の塗装
玄関回りを櫛引模様で
櫛のような道具で横に線を引くように模様を付けます。途中の継ぎ目がないようにしてほしいとのご希望だったので、ベテランの職人でも工場で練習してから、塗装しました。木部は木目をつぶさない自然な風合いを残すことのできるキシラデコールで塗り、櫛引模様のオレンジ色ととても良く合う和風でおしゃれな玄関になりました。

  〇トラバーチン
トラバーチン
トラバーチン模様
塗料を吹き付け、平らな板などで押さえ、このような模様にします。吹き付ける塗料の量や押さえ方で模様が変わってくるので、経験と技術が必要です。
仕上りがとってもおしゃれで目を引きます。グレーがスタイリッシュでいいですね。

  〇シラス〇
シラス
シラス模様の外壁
こちらのシラスは最初に紹介した櫛引と似ていますが、線の深さや幅が違います。このえんじ色のような茜色のような美しい和の赤色が、シラス模様とよく合っています。でこぼこと立体感のある模様は、太陽光によって表情が変わるのでそこも面白いです。

  ダブルトーン
ダブルトーン
ダブルトーン
ダブルトーンは、でこぼこした模様があるサイディングにできる塗装です。サイディングのでこぼこの模様を活かして、2色に分けてデザインを出す工法です。色の組み合わせによって雰囲気をガラッと変えることができます。想像しにくいデザインで、試し塗りをすることもできます。
試し塗りできる
  〇石目調模様〇
石目調
石目調模様
サイディングの外壁に石目調になる、樹脂のカラーチップが入った塗料を吹き付けます。大小さまざまな形のカラーチップがまるで本物の天然石のような模様を作り出します。もちろんモルタル外壁でも塗装できます。光が当たるとキラキラっと光るところも本物の石のようでキレイです。

いくつかご紹介しましたがいかがでしたか?
模様のつけ方や塗装の仕方、吹き付ける材料や色でデザインが変わってきます。まだまだいろいろな模様や塗料があります。
施工事例の、意匠性デザイン塗装事例にもあるので見てくださいね!

倉敷市中庄で工場の塗装!小山塗装の現場へ行きました!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!まだ梅雨は明けていませんが、昨日セミの鳴き声が聞こえました。セミが鳴くと夏って感じしますね。夜もじめじめして暑いです。

さて、今日もリフォームサポート塗夢の小山塗装グループの現場です。
小山塗装の現場もときどき行って写真を撮っています。今は小山塗装では2つの現場へ行っています。今回は中庄の工場です。
小山塗装の工場塗装現場↑こちらが小山塗装のイメージシートです。見かけたことはありますか?
小山塗装ホームページ→https://www.art-koyama.com/

ちなみにこちらが塗夢のイメージシートです。
塗夢のイメージシートこちらは見かけたことがある方もいるかもしれないです。
多い時は倉敷や岡山、総社で7か所くらいと塗装工事をしていますよ♪

さて、今回の小山塗装の現場へ戻ります。工事は外壁塗装、屋根塗装、樋やパイプの塗装と金具の交換、金属扉などの塗装です。

樋の金属パーツ
こちらの樋の金具は劣化し、錆びていました。下の方の塗膜がボロボロになっていました。しっかりケレン作業で古い塗膜を取り、塗装します。金属のパーツは交換します。
劣化した金属パーツ
交換するパーツ
左側が使っていた樋を固定する金属のパーツです。右側が新しく替える方です。
塗膜のボロボロと剥がれているのはケレン作業で剥がれを除去してから塗装します。

シーリングの撤去と打ち替えの作業もしています。この建物は燃えにくい外壁、ALCパネルでできています。パネルなのでサイディングのような目地があります。
シーリングの打ち替え住宅の目地と違ってパネルが大きい分、目地は大きいです。このシーリングがないと、パネルにひび割れが入りやすくなってしまうんです。このシーリングの役割は、揺れや熱によって、動いたり伸び縮みするパネル同士がガッチャンして割れるのを防ぐためです。パネルに隙間を持たせ、動いても余裕があるようにして、その隙間に雨漏りしないようシーリングを充填しています。
このシーリング打ち替えが終わると塗装の工程に入ります!

早島町の小山塗装の現場!ひび割れは補修材を充填します!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!倉敷市では新規コロナ感染者が出ていませんね。良かったです。でも、コロナはまた新たに変異株が見つかりました。変異のスピード早いですね。ラムダ株・・。変異株の名前はギリシャ語のアルファベットからつけてるんですね。英国株はアルファ、南アフリカ株はベータ、ブラジル株はガンマ、インド株はデルタだそうです。アルファベットは26文字ですが、ギリシャ語は24文字。変異しすぎて24文字全部使ってしまいそうです。

さて、今日は、工場や大型店舗、大型倉庫などの塗装工事をしている小山塗装の現場へ行ってきました。
小山塗装の現場早島町にある大きな事務所です。2期に分けて工事をしています。1期目は去年しましたので、今回が2期です。外壁の塗装工事ですが、とにかく広いです!
職人さんも多いはずですが、広いし、足場が何段もあるので、職人さんの近くに行こうと思ったらけっこう大変です。
クラックをカットし補修材を充填するこの外壁はALCパネルです。住宅ではサイディングとモルタルが主流なのであまり多くはありませんが、住宅でも使われている外壁材です。
軽量で燃えにくい、頑丈なところがメリットで大型ショッピングセンターやタワーにも使われています。
ただ、弱点が、ひび割れ(クラック)が入ると雨漏りしやすいんです。軽量に作られているので、中に気泡のような穴がたくさんあります。小さなひび割れでも、雨水が入ると中で広がってしまうんです。細く小さなクラックも見逃さず見つけ出し、しっかりとひび割れをふさぐことが大事です。
上の写真のように、ひび割れの周りから大きくカットし、カットしたところに、補修材を充填します。
落書きのようなたくさんのマーキングまるで落書きのようですが、全部ひび割れを示すマーキングです。これはまだまだ一部です。マーキングだらけでした!
目地のひび割れ目地には大きく深いひび割れが入っていました。このくぼんだ目地は全てシーリング充填をします。

シーリング充填作業目地の数も長さもとにかく大きくて多いです!
移動は大変ですが、楽しかったです♪また大きな現場にも行きます!

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT