2021年10月

瀬戸内市で外壁のシーリングの充填作業中!塗装で切れにくく!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!気温が下がって寒いです・・。今年は10月に夏日から一気に冬になった感じですね。薄手の羽織を着ずにコートになりました・・!
風邪ひかないようがんばります!

今日は瀬戸内市の外壁塗装現場です。
瀬戸内市の塗装現場
この日の作業はシーリングの打ち替えです。2日前から撤去作業をして、いよいよ仕上げの充填作業です。
シーリングはサイディングやALCパネルの外壁には必ずあります。建物の揺れに対応するため、弾力のあるゴムのようなシーリングが、サイディングのひび割れを防ぐんです。
もちろん、新築時にも打ってありますが、経年劣化します。輪ゴムと同じように、固くなって切れ安くなってしまいます。切れるとそこから雨水が入って雨漏りを起こす事例も多くあるので、新しく打ち替えが必要なんです。

シーリング充填作業
シーリング充填作業
シーリングを撤去したら、ラインをきキレイに出すためにマスキングテープで養生します。3面接着を防ぐために、ボンドブレーカーなどのバックアップ材を詰めて、密着させるプライマーを塗ります。それからシーリングガンを使ってシーリングを充填していきます。
充填したら、コテできれいに仕上げて養生を取ったら完了です。
シーリング打ち替え完了2階が仕上がっていました。とっても仕上りがキレイです。シーリングが目立っていますが、このあと塗装があり、シーリングも一緒に塗装されるので全然目立たなくなります。
新築時はサイディングを張り替えてからシーリングを打つので、劣化が早いですが、塗り替えでは、シーリングが塗膜に保護されるので劣化が遅くなり切れにくくなります。シーリングは紫外線に弱いので塗膜があると劣化の進みが遅くなるんですね。シーリングが終わったら外壁を洗浄して塗装に入ります!

岡山市のALCパネルの事務所を塗装!高弾性厚膜の塗装方法で!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓


こんにちは!気温が下がって紅葉が始まっていますね。倉敷市児島では先週からせんい祭りが開催されています。今年は感症染対策でボートレースの会場ではなく、各店舗とオンラインでイベントが開かれるようです。イベントは1週間あるので密になりにくくゆっくり買い物できそうです♪

さて、今日は岡山市の事務所の外壁塗装と屋根塗装、屋上防水工事の現場です。
岡山市の事務所塗装工事現場こちらの事務所は外壁はALCパネルです。ALCとは、軽量気泡コンクリートのことで、その名前の通り、気泡があるコンクリートです。丈夫で軽いところが特徴の外壁材です。
ALCパネルは大型の店舗や倉庫などに使われることが多い外壁材です。それは、気泡があることで、軽いので建物に負担がかかりにくいところ、断熱性が高いところ。不燃材料のコンクリートなので、燃えにくい、丈夫なところが特徴だからです。

ALC軽量気泡コンクリートの断面
ALCパネルの断面
ただ、気泡があるコンクリートなので、雨が浸透すると、中へ一気に広がり、雨漏りを起こしてしまいます。なので、塗装が重要なんです。
塗装をして塗膜でALCパネルを保護します。
防水性を高めるため、一般的な塗装ではなく、外壁ALC高弾性仕様という、塗膜を立たせた塗装方法で何層も厚膜に仕上げるやり方です。ひび割れを起こしにくくするので、雨水が入り込まなくなります。

使用する塗料缶今回使用する塗料です。防水の材料とは別で、外壁の塗料と屋根の塗料です。

厚膜をつける塗料レナエクセレントは高弾性の塗料で、この塗料で塗膜を立たせて厚膜をつけていきます。

フッ素塗料と屋根の遮熱塗料レナエクセレントで厚膜を付けたら、セミフロンマイルドのフッ素塗料を塗装します。フッ素は汚れにくく、色褪せしにくい耐久性の高い塗料です。

屋根は遮熱のフッ素塗料で塗装します。屋根が金属の板金なので、熱が伝わりやすく、夏場は熱くなってしまいます。遮熱塗料で室温を下げることができます。
この日は養生作業をしていたので、養生が終われば屋根の下塗り、外壁の下塗りにかかります。厚膜を付けるので、外壁の模様が、立体的な高級感のある仕上がりになると思います。楽しみです♪

浅口市 外壁の塗装完成!劣化が大きい外壁は板金カバー工法で!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!寒くなりましたね。10月31日は衆議院選挙ですね。私の住むところは岡山4区です。投票は期日前投票に行こうかなと思っています。

今日は、浅口市の外壁・屋根塗装と、外壁板金張り工事をしている現場です。
この現場の前のブログ→浅口市 ALC外壁の塗装とガルバリウム鋼板でカバー工法!
浅口市の塗装現場
外壁の西面と北面は塗装が完成していました。マットなアートフレッシュの塗装に汚れがつきにくくなるキレインコートを吹き付けています。
外壁の塗装
外壁塗装 ツヤなしの塗装
ツヤなしマットなアートフレッシュで塗装し、吹き付けのようなふんわりとした塗装になります。ツヤがない塗料なので汚れが付きやすいのですが、キレインコートというトップコートを塗装したので、汚れに強くなりました。

同じような塗装された住宅が過去にもあります。塗料は今回と同じアートフレッシュでツヤなし→仕上げに汚れが付きにくいキレインコートで塗装しています。

今回の工事は外壁の劣化具合によって、塗装する面とガルバリウム鋼板でカバーする面で分かれています。塗装の方が費用は安くできるので、できるだけ塗装でメンテナンスしています。劣化が大きかった南面と東面はガルバリウム鋼板を張っています。
キズをつけない様慎重に作業
外壁板金張り
外壁に防水シートを貼りつけてからガルバリウム鋼板を張っています。防水シートは、サイディングを貼るときのものではなく、屋根に使われるかなり丈夫なアスファルトルーフィングを使っています。熱で外壁材にくっつくのでしっかりと貼ることができます。
ガルバリウム鋼板などの板金はキズが付きやすいので注意です。傷を付けたら外して交換になるので、ビスを打つときはとても慎重に作業していました。もちろん運んだり移動の時も慎重です!
ガルバリウム鋼板の色がとてもキレイで縦のストライプな線がスタイリッシュです。板金ですが、外壁材のALCパネルはそのままなので断熱性も上がり、板金の外壁に替えたせいで夏場暑いということはありません。
完成が楽しみです!屋根の塗装もまたご紹介しますね。

倉敷市玉島 外壁はアウトレット塗料で塗料費半額以下!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!急に寒くなりましたね~。岡山は先週に比べて、気温が10度以上下がりました。朝晩が冷えるのでパジャマを長袖長ズボンに替えました。

今日は先週行ってきました倉敷市玉島の現場です♪
倉敷市玉島の現場今回の工事はアウトレットプランでの塗装です。1階2階とも同じ色で塗装できました。
アウトレットプランとは塗夢のアウトレット塗料を使用した塗装プランです。塗料費が通常の半額以下でとっても安く工事できるところが魅力です!
リフォームサポート塗夢は、岡山県内年間施工件数1位の小山塗装が分社化して生まれた住宅部門の塗装会社です♪
小山塗装では大型店舗や工場、倉庫、マンションやビルなどの大きな建物の塗装を主にしています。大型の建物になればなるほどたくさんの塗料を使用します。なので塗料の缶が余ることもあり、それが在庫となって保管されています。
その在庫の塗料を使ってもらうのがアウトレットプランです♪アウトレットといっても、機能的に落ちている訳ではありません。大手メーカーの塗料で高機能の塗料です。在庫の中から選んでいただくだけで、塗料費が通常の半額以下!ただし、色はある分になります。なので色によっては2階建て1棟分の塗料がないことも・・。そのような場合には1階と2階の2色分けやバルコニーや玄関の色分けなどで対応可能ですよ♪
アウトレット塗り板
アウトレット塗り板
アウトレット塗料のカラーバリエーションは、外壁塗装で人気色のベージュやクリーム、ブラウン系、グレーなど合わせやすい色がそろっています!お気軽にお問い合わせください♪

さて、こちらの住宅のアウトレット塗料で塗装した外壁はこんな感じです!


いかがでしょうか♪ツヤもあってキレイですね。このイエロー系のベージュは、派手すぎず、地味にならず、いい色なんです。アクセントに使われる方も多い人気色です。
タッチアップのためのふせん外壁にはマスキングテープでいくつかふせんがありました。これは、塗料の飛び散りやムラになっているところなどを、タッチアップといって、最終仕上げをするために貼っています。
小さな飛び散りも見逃さないよう右から左からじっくり見てチェックします。
あとはバルコニーの防水工事と最後にタッチアップと検査をします。完成までもう少しです♪

倉敷市 板金工事完成!屋根も外壁も無機塗料で塗装した住宅

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!岡山県は土曜日から雨の予報です。ですがずっと晴れの日が続いていたのでどの現場も工事が順調に進んでいて、そんなに影響はなさそうです♪

今日は倉敷市の外壁・屋根の塗装現場です♪前回は、バルコニーの笠木に水切りを取り付ける作業とサイディングの角の傷んだところに板金をかぶせる工事をしていました。
前回のブログ→倉敷市塗装 水切りを取り付け雨水で壁を劣化させないように!

その板金工事が完成したので、足場を解体する前に写真を撮りに行ってきました。

倉敷市の外壁・屋根塗装現場
まずはサイディングの角のガルバリウム鋼板を張った部分です。
ガルバリウム鋼板を張る

ガルバリウム鋼板に塗装して完成
角が塗膜が剥がれていたのでガルバリウム鋼板を張りました。塗装は外壁と同じ色で自然に見えるようにしました。

次はバルコニーの笠木に水切りを取り付けた部分です。
バルコニーの内側施工前

バルコニーの完成
施工前の写真と、塗装して水切りを取り付けた完成と比べてみました。バルコニーの笠木がサイディングボードと、隙間なくぴったりとくっつきすぎていて、雨水がサイディングをつたってしまい、ボロボロになっていました。そこで、新しく水切りを取り付け雨水の流れ方を変えました。これで、サイディングに雨水がつたっていかず、下へ落ちるので大丈夫です。

笠木の下に水切りを取り付けたバルコニーの外側も同じようになっていたので水切りを取り付けました。本来ならば笠木は外壁よりも出ていて雨水がつたわないようになっているんですが、この年代に建ててあるこちらのメーカーさんには多い事例なんだそうです。

屋根も完成しました!屋根は外壁と同じく無機塗料を使用しています。もちろん無機塗料でも、外壁用と屋根用とあります。
屋根の塗装前

屋根の塗装後
屋根の塗装前と塗装後です!コケがびっしり生えていた屋根が、瓦を葺き替えたようにキレイに仕上がりました。無機塗料を使ったので、今後は色褪せしにくく、コケや藻が生えにくい屋根になりました。
あとは足場を解体して完成です!

倉敷市 外壁はお得なアウトレットで塗装!屋根は無機塗料です!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!岡山県はまん延防止も明け、観光バスをまたよく見かけるようになりました。美観地区にも観光客が増えて活気づいているといいですね。

さて、今日は倉敷市の外壁と屋根の塗装現場です♪
茶屋町の現場
最近は天候に恵まれ、工事予定よりも早く進んでいました。工事予定表は、雨が降る可能性も考えて少し長く見ています。
こちらの現場の前回のブログ→倉敷市 シーリングの打ち替え作業!屋根は苔が多くありました

この日の作業は外壁の上塗り塗装2回目と、屋根の下塗りをしたところでした。
外壁の上塗り2回目外壁の塗装はアウトレット塗料を使っています。シリコン塗料で色は合わせやすいブラウン系です。2階もアウトレット塗料でクリーム色です。1階も2階もアウトレット塗料なので塗料代が通常よりも15万円も安くできました。
ただ安くできるだけじゃなく、有名塗料メーカーの塗料ですので高品質で安心です。(関西ペイント・SK化研・日本ペイント)
アウトレット塗料のことが詳しくあります!→リフォームサポート塗夢のお得なアウトレット!

2階もアウトレット塗料で塗装!2階もアウトレット塗料です。ベージュに近いクリーム色です。1階のブラウン系の色は私が好きな色で、クリーム色ともよく合います。このブラウン系は暗い雰囲気にならず、高級感もあり周りのお家より目立ってキレイなんです!ツヤ感もちょうどいいです。

屋根の下塗り塗装屋根は下塗り塗装をしたところです。ひび割れているところがあったので補修しています。コケが多く生えている屋根は、高圧洗浄機で洗浄してコケを取ったらひび割れていることがよくあるそうです。きちんと補修してから塗装をします。下塗りをしたら、タスペーサーを差し込みます。
タスペーサー
このタスペーサーを下塗り後にしていないと、上塗りを塗装したときに、塗膜が瓦を覆い瓦と瓦の重なりの隙間がなくなるので、雨水が抜けなくなったり、湿気が抜けず、基材を傷めて最終的に雨漏りに繋がるんです。
タスペーサーが誕生する前までは、”縁切り”といって、上塗り2回目も済ませたあと、最後に塗膜をカッターで切っていました。縁切りもタスペーサーを差し込むのも同じ意味合いなんですが、縁切りはカッターを使うので、隙間ではないところにキズを付けてしまう恐れがあるのでタスペーサーが主流になっているんです。
屋根は高耐久の無機塗料で塗装します。仕上りが楽しみです♪

倉敷市塗装 水切りを取り付け雨水で壁を劣化させないように!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓


こんにちは!10月なのに暑いですね。30度を超える日が続いています。岡山県は県民のための県内でのGO TOトラベルが再開しています。観光バスも増えましたね!

今日は倉敷市の現場、塗装は最終のタッチアップ作業でバルコニーなどの板金工事をしていました。

この現場の前回のブログはこちら♪→倉敷市の住宅塗装現場 コーキングの打ち替えしてます!

コーキング作業現場
板金工事は、サイディングがボロボロに欠けたり剥がれていた角の部分にガルバリウム鋼板を張る工事と、バルコニーのサイディングがボロボロになっていた笠木部分に、水切りを取り付けて雨水が当たらないようにする工事をします。

サイディングの角部分がボロボロに・・これは施工前です。バルコニーの外壁の角部分です。

塗装したあとに板金を張るシーリングの打ち替えと塗装をしました。この角部分にだけ、ガルバリウム鋼板を張ります。

このバルコニーの外壁は内側もサイディングがボロボロになっていました。その原因がなんと、笠木がサイディングにぴったり付きすぎて雨水がつたってしまっていたからでした・・!

笠木がくっついていて雨が壁をつたってしまう  ↑笠木が壁にぴったりとくっ付けてあるために、雨がつたってしまうんです。そうなると、サイディングが雨が降る間中ずっと濡れている状態になるので、劣化を早めてしまう訳なんです。

バルコニーの内側  ↑バルコニーの内側はコケと剥がれていました。
塗装したらキレイになりますが、また同じことになってしまいます。なので、水切りを取り付けて雨水がつたっていかないようにするんです!

水切りを取り付ける
水切りはサイディングやALCパネルの外壁と基礎との間や胴差などに取り付けてありますね。外壁に雨水がつたうと、雨筋汚れになるし、傷みをはやくさせてしまいます。
今回はバルコニー笠木の下に取り付けましたが、笠木とサイディングの間に隙間があり、雨水がつたっていかないように施工されていれば問題ありません。

笠木の下に水切りを取り付けるリフォームサポート塗夢は、他の塗装会社のようにただ塗装してキレイにしたら終わりではありません。また同じような症例にならないよう、塗装と防水工事や板金工事などの建物を長く持たせる提案をします。たくさんの施工経験と実績があるから、できるんです♪

浅口市 ALC外壁の塗装とガルバリウム鋼板でカバー工法!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!岡山県は、GO TOトラベルは、岡山県民限定で「おかやま旅応援割」というのがあるんですね。岡山県内で岡山県民のみが使えるクーポンのようで、7月からスタートしていたけど、緊急事態で停止していたものが、10月から再開しているみたいです。使いたいけど忙しくて・・。としてたらあっという間に第6波が来て旅行できずになりそうです。

さて、今日は里庄町の現場です♪
里庄町外壁塗装 塗夢今回の工事は、屋根と外壁の塗装と外壁のガルバリウム鋼板張り工事、樋交換工事です。外壁はALCパネルで、南側と東側が特に傷みが激しく、塗装ではメンテナンスが難しいので2面をガルバリウム鋼板でカバーします。塗装でできる北側と西側はフィラーで傷みを抑えてから塗装をします。

ALCパネル外壁は塗膜が剥がれていました。
塗膜の剥がれ
塗膜の剥がれ

ALCパネルはサイディングのようなボードですが、軽量気泡コンクリートという名前の通り、コンクリートですが、気泡のようになっていて、水に浮くくらい軽いんです。軽量で建物に負担をかけず、気泡によって断熱性が高く燃えにくいので、大型店舗などにもよく使われている外壁材です。
こちらの住宅は過去に1度塗装のメンテナンスをされている様で、吹き付け塗装とトップにクリアーで塗装していた様でした。その吹付塗装とクリアー塗装の塗料の相性が悪いのと、バルコニーなどの笠木の取り合いが悪く、雨が染み込んで塗膜を浮かせてボロボロにしてまっていました。塗膜が剥がれるとそこから雨水が入り、さらに塗膜を浮かせていきます。
なので笠木の取り合いを修繕し、外壁はフィラー(セメント)を2回塗って、傷みを抑え、下塗り材を1回、アートフレッシュを2回塗装し、さらに汚れにくくなるトップコートを2回塗装します。全部で7回も塗装します。
特に傷みが激しかった南面と東面は、ガルバリウム鋼板でカバー工事をします。
フィラーで傷みを抑えるカチオンフィラーを塗ったところです。
外壁にフィラーを塗ることはあまりないですね。フィラーは防水工事には欠かせない下地調整材です。このフィラーを2回塗ることで、塗膜の浮きを止められるので、フィラーが乾いてから、いつもの工程の下塗りに入っていきます♪
どんなにキレイになるかとっても楽しみですね♪

倉敷市 シーリングの打ち替え作業!屋根は苔が多くありました

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!10月になりました。岡山県はコロナまん延防止期間が明けて通常に戻ります。でも6波は必ず来ると言われているので、マスク着用は必須、人込みは避けて気を付けたいです。

今日は新しくスタートした倉敷市茶屋町の住宅塗装現場です♪

茶屋町の現場
この日の作業はシーリング(コーキングとも)の打ち替え作業です。外壁がサイディングボードの住宅にはシーリングが必ずあります。こちらのサイディングは合いじゃくりという工法で設置しているのでシーリングが少ないです。シーリングの打ち替え箇所は、建物の角や窓枠や換気口回りなどです。
古いシーリングは重ねて打ったりはせずに、きちんと撤去してから新しいシーリング材を充填します。
シーリングの撤去シーリングは劣化すると表面が硬くなり切れていきます。そのままにしておくと、断裂することもあります。完全に切れて垂れている現場もいくつも見たことがあります。そうなると、外壁に隙間ができるわけですから、雨漏りが起きることもよくあります。

シーリングが劣化により断裂していた現場↓
シーリングの切れ

シーリングが切れるとシーリングの意味がなくなってしまいます。サイディングボードが反ったり割れたりする原因になるので早めの打ち替えがいいです。
こちらのお家はサイディングボードの割れや欠けなどは見当たりませんでしたが、シーリングは長く持たないので打ち替え工事をします。

今回の工事は外壁と屋根の塗装をします。屋根はスレート(カラーベスト)なので塗装が必要です。
塗装が必要な屋根屋根の一番高い棟部分から右側と左側で全然違う屋根に見えますよね。右側の赤茶色は苔です。苔はじめじめしたところに通常生えますよね。この赤茶色のこけも、よく見かける緑のこけと同じです。屋根の北側で日陰になるから苔が生えやすいんです。
苔は屋根のスレート瓦の塗膜に防水性がなくなると、雨水を吸収してしまうので、じめじめし、苔が生えてしまいます。苔は根を張るので、スレート瓦にひび割れが起きやすくなります。屋根は直射日光や雨が当たるので外壁よりも劣化も早いんです。早目に塗装して保護することが大事です。苔は外壁と一緒に洗浄で落とします。
10月に入って現場もいくつか始まりました。またお伝えしますね♪

岡山駅西口 岡山ビジネスカレッジeスポーツ学科の内装完成!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓


こんにちは!リフォームサポート塗夢が昨年、外壁・屋上の改修工事をしました岡山駅前西口にあるMKビルの内装工事が完成しました!
MKビルの中に新しく2022年4月開講の、「岡山ビジネスカレッジ eスポーツ学科」です!
今大注目のeスポーツです。内装もかっこよく仕上がっていますよ!こちらの学科では、eスポーツだけではなく、eスポーツに関わるイベント企画・運営、動画配信や編集なども学べます。
https://www.obcnet.ac.jp/course/esports/

岡山駅西口のビルにあります。
岡山ビジネスカレッジ
こちらのビルは昨年、リフォームサポート塗夢が外壁修繕工事、屋上防水工事、看板鉄骨塗装工事などの全面改修工事をさせていただきました。
今年は、ビル内のeスポーツ学科の開設に向けて内装工事もさせていただきました!


岡山ビジネスカレッジeスポーツ学科の内装工事のようすはこちら→岡山市駅前 OBCeスポーツビジネス学科の内装工事中!
岡山ビジネスカレッジ入口玄関入口玄関です。ステッカーが大きく目立っていいですね。

eスポーツ学科の教室内
eスポーツ学科の教室内
めちゃめちゃかっこいいですね!この教室で授業を受けられるなんてうらやましいです。イスも普通のイスと違います。枕みたいなのも付いている・・!これは、対戦するゲームによっては、長時間バトルするものもあるらしく、なので疲れにくいイスやマウスパッドが必要らしいです。
リフォームサポート塗夢は、この教室の壁、天井の塗装、ステッカーなどの装飾を施工しました。この照明は調光やカラーで130通りのパターンができるんですよ!
私が子供の頃からテレビゲームはありましたが、世界の人たちと一緒にゲームができて、それがスポーツの競技になるなんて思ってもみませんでした。eスポーツはプレーヤーも増えて賞金もどんどん上がってるので、これからもっと注目が高まりそうですね。

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT