2022年5月

倉敷 屋根はカバー工法、外壁は高耐久の無機で塗装!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪

 
 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!5月もあっという間に終わりますね!いよいよ梅雨時期に入ります・・。
今日は倉敷市で屋根はガルバリウム鋼板でカバー工法、外壁は高耐久の無機塗料で塗装と一部外壁をカバー工法でリフォームされたお家が完成したのでご紹介します。

施工後の全景

屋根は塗装とカバー工法をご提案しました

屋根は屋根材によってメンテナンスが違います。塗装が必要な屋根材があればしなくてもいい屋根材もあります。一般的に日本瓦と言われる陶器瓦や釉薬瓦は塗装の必要がありません。ただし、棟部分の漆喰やビス止めの緩みのメンテナンスは必要です。
塗装が必要な屋根材は、スレート、カラーベスト、セメント瓦、折半屋根などです。今回施工した屋根はスレート屋根なので、塗装が必要な屋根材でした。ただ調査してみると傷みの進行が大きく、塗装ができなくはないのですが、カバー工法でのメンテナンスもご提案させていただきました。

〇塗装が必要ない屋根材
塗装が必要ない屋根材
塗装が必要ない屋根材
塗装が必要ない屋根材
〇塗装が必要な屋根材
塗装が必要な屋根材
塗装が必要な屋根材

屋根はガルバリウム鋼板でカバー工法しました

屋根のメンテナンスはガルバリウム鋼板でのカバー工法を選ばれました。カバー工法というのは、既存の屋根はそのままで、上から新しい屋根材を乗せる工法です。葺き替えと違い、既存の屋根を撤去しなくていいので撤去費用と処分費用がかかりません!意外と処分費用がかかるんです・・。
カバー工法は、既存の屋根材がスレートやカラーベストのような平らな屋根材におすすめです。既存の屋根はそのままで、防水紙(ルーフィング)を貼り、その上からガルバリウム鋼板を設置していきます。
屋根に防水紙(ルーフィング)設置ルーフィングを貼りました。改質アスファルトルーフィングといって、耐用年数が30年のかなり性能のいいルーフィングです。屋根の雨漏りの原因はルーフィングの破れが多いです。瓦は割れていなくてもルーフィングが劣化で破れると雨漏りしてしまいます。塗装メンテナンスが必要ない、日本瓦、陶器瓦などではずっとそのままにしていることが多いので雨漏りしてしまう事例も多いです。

カバー工法完成ガルバリウム鋼板を乗せたカバー工法が完成しました!
美しく仕上がっています。カバー工法は、職人が現場で1枚1枚測って切って加工して張っていきます。リフォームサポート塗夢の職人は、塗装専門だけじゃなく、板金系専門の知識と経験豊富な職人がいますのでご安心ください。

塗夢のカバー工法は施工事例多数!

外壁は高耐久の無機で塗装

外壁は高耐久の大人気無機塗料で塗装しました。塗装プランの中でも高額な無機塗料ですが、なんといっても耐久性の高さが魅力的です。一般的なシリコン塗料の倍以上塗膜が長持ちしますので、シリコン塗料でまた10年後塗装することを考えたらお得です。
無機塗料で塗装した外壁無機塗料は色褪せもしにくいので美しい外壁が長く続きます♪ツヤもテカテカしないので上品で美しいです。
色のバリエーションも豊富ですので色分けにも最適です。

玄関回りの外壁はカバー工法で仕上げました

こちらの住宅は、玄関の上にもバルコニーがあり、手すり部分の笠木から雨が入り込んでいました。いわゆる雨漏りです。その雨漏りが原因で玄関上のサイディングがボロボロになっていました。
雨漏りによるサイディング劣化サイディングの塗膜が剥がれ、コケも生えていました。バルコニーの防水工事と、笠木は撤去し、新しく取り付けしました。ボロボロになってしまったサイディングの上から塗装は難しいので、上から板金をかぶせる外壁カバー工法でリフォームしました!
玄関回りはガルバリウム鋼板で外壁カバー工法いかがでしょうか!とってもおしゃれでスタイリッシュな雰囲気に仕上がりました。色合いも素敵ですね。お客様からも大変お喜びの声をいただくことができました。
また施工事例にもアップしていきますね!

倉敷市のテナントビルの屋根外壁塗装!コーキングと洗浄作業

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪

 
 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!まだ5月なのに暑いですね!今日は倉敷市のテナントビルの屋根外壁塗装工事の現場です。
テナントビルの外壁屋根塗装工事

倉敷市テナントビルの塗装工事、足場には目立つように営業中を

1階が店舗、2階がオフィスになっている2階建てビルです。屋根外壁塗装工事のため足場を組んでおり、営業しているのか分かりづらくなるので、大きな”営業中”を2箇所設置しました。
とっても目立っていますね!塗夢のイメージシートが負けていますが、店舗なので仕方なし大丈夫です!
移動式足場↑こちらビルの横に置いてありましたよ!「移動式足場」「高所作業台」と言われています。名前の通り移動できる足場台です。下に車輪が付いているので動かして塗装作業ができるので便利です。
1階店舗の入り口で活躍することになります。店舗入り口にまで足場があったら店舗を利用するお客様にまでご迷惑かけてしまいますよね!この移動式足場は前回、大型倉庫の入り口でも活躍しましたよ~!
倉庫塗装のときの移動式足場

倉敷市テナントビル工事 塗装の前にまず下地処理

足場を組んだからといっていきなり塗装はしません。まずは下地処理を行います。下地処理にはさまざま種類がありますが、ひび割れ補修、コーキング打ち替え、洗浄作業、ケレン作業などがあり、これを丁寧にやっていないと塗装してもすぐ剥がれたり、仕上がりが美しくなりません。ですので、どんなに性能のいい塗料を使って塗装しても、下地処理がちゃんとできていないと意味がなくなってしまいます。
小山社長は、見えない工事の下地処理にこそ品質の差が現れる、下地処理に全てがかかっていると言われています。下地処理を重要視し、日々、現場監督や職人に重要性を説明しています。
ひび割れ補修
コーキング処理
洗浄作業
ケレン

まずはコーキングの撤去・打ち替えからかかりました。
こちらのテナントビルの外壁はALCパネルです。塗夢ではALCパネルの外壁工事は過去にたくさんの事例があります。ALCパネルは、塗装の塗膜でしっかりと防水していないと雨漏りしやすいので塗装工事に関しての知識が必要です。ひび割れにはもちろん補修がいるし、細いひび割れ(ヘアークラック)でもUカットし補修材を充填する作業が必要になります。
コーキング打ち替え作業コーキングを打ち替えた様子です。ALCパネルの目地はサイディングより幅があります。目地の数も多いですが打ち替えをしないと、ひび割れが起きてパネル自体が割れてしまいます。キレイに打ち替えできていますね!

テナントビルの塗装前洗浄作業!

コーキングやひび割れ補修が終わったら、次は洗浄作業です。洗浄は高圧洗浄機を使い、外壁や屋根の汚れやコケ・藻、カビ、古い塗膜を落とす作業です。ちゃんと落としていないと塗装してもすぐ剥がれてしまうのでとても大事な作業です。
高圧洗浄の準備職人さんがちょうど洗浄の準備をしていました。エンジンを動かして、大きな容器に水を溜めるんですが、職人さんたちは容器は大きいポリバケツを使う方が多いのですが、この職人さんは自作のタンクを使っていました。
高圧洗浄用の水入れタンク工具とかの道具入れですね!穴を開けてホースが通るように改良してあります。水位がいっぱいになったら水が止まる仕組みも作ってありますね。高圧洗浄に使う道具入れにもなるので便利ですね!
高圧洗浄用自作タンクフタも閉まるので、枯れ葉などが入って詰まるトラブルもなくなるとの事です。すごいですね~たくさんの経験からこのタンクができたんですね!見た目もおしゃれです。洗浄作業が終わったらいよいよ塗装に入ります。ではまた次回。

岡山市 ALCパネルの外壁を塗装!屋根は無機塗料で塗装

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪

 
 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!先日、岡山市北区でALC外壁の住宅の塗装が完了しました!色は優しいベージュでとても美しく仕上がっています。
この現場の前回のブログ→岡山市 ALCパネルの下塗りを塗装します!
岡山市北区の現場

ALCパネルの外壁ってあまり聞かないけど・・

こちらの住宅の外壁はALCパネルです。住宅の外壁でよく使われるのは、サイディングやタイル、モルタル、最近ではガルバリウム鋼板も多くなりました。ALCパネルは聞いたことがない方も多いと思いますが、大型の店舗や倉庫、工場などではよく使われていて、住宅でも一部ハウスメーカーで使われています。燃えにくく、軽量なのに丈夫なので高層ビルなどによく使われます。
ALCパネルの建物       ↑ALCパネルの建物

ALCパネルは定期的にメンテナンス(塗装)をすれば、50年以上もつ強い外壁なんです。ただ、メンテナンスをせずに放っておくと、雨漏りしやすい外壁材です。
塗夢も小山塗装もALCパネルの塗装実績が多数あります。

ALCパネルの外壁はアウトレット塗料を使用しました

ALCパネルの塗装
今回の外壁塗装では、塗夢で大好評をいただいています”
アウトレット塗料”を使用しました。
アウトレット・・と聞くと、中古、型落ちのようなイメージがあると思いますが、塗夢のアウトレット塗料は中古や型落ちではありません、”お得”なんです!小山塗装グループで工事した大型物件や工場、マンションなどの塗装をしたときにあまった未開封の塗料の缶を使用しています。
色は一般的によく使われる色ならばそろっています。例えば、ホワイト、ベージュ、ブラウン、グレーは在庫にあることが多いです。ただ、アウトレット塗料は今ある在庫の中からお選びいただくことが条件なので、例えばブラウンで2階建て住宅を塗装したくても、ブラウン色が住宅の1階の範囲分しかないこともあります。
その場合は、1階2階と色分けをすることもできます。もちろん1階も2階もアウトレット塗料を使うことができます。

ALCパネルの外壁を塗装で保護します

ALCパネルは前述にもあるように雨漏りしやすい外壁材です。塗膜が劣化し割れてくると、外壁材が雨水を吸い込んでしまいます。ですので塗装してALCパネルを保護します。
ALCパネルを塗装下塗りには微弾性のサーフを使いました。サーフはよくモルタルの外壁材に使われます。微弾性なので外壁の動きに合わせて追従して塗膜が割れにくくなります。
こちらのALCパネルがとっても凹凸が大きいデザインですのでローラーを縦横にしっかり動かして塗り残しのないようにしていました。下塗り→上塗り1回→上塗り2回目の3回塗装で仕上がります。
基礎も凹凸が大きいデザイン基礎も凹凸が大きい素敵なデザインでした。ローラーで塗れる?と思うかもしれませんが、ローラーには大きさがさまざまあるので大丈夫です!ローラーだけじゃなく、刷毛も使って塗っています。ローラーも刷毛も入りにくい雨戸などには吹き付けで塗装します。
基礎はセラミガードという塗料で塗装しています。撥水性がある塗料で、泥ハネの多い基礎にぴったりの塗料です。

屋根は無機塗料で塗装しました

こちらの住宅は屋根の塗装もしました。屋根は塗料の中で耐久性No.1の無機塗料です。
一般的なシリコン塗料と比べると、耐用年数が5年以上違ってきますので、塗装回数を考えると無機塗料がおすすめです!仕上がりも艶がテカテカしずぎないので高級感があり美しいです。
屋根塗装セミフロンスーパールーフ3回屋根を無機塗料で塗装しているところです。塗料はセミフロンスーパールーフです。屋根は外壁よりも傷みやすいので、屋根は費用がかかっても耐久性の高い塗料を使い、外壁はその分アウトレット塗料で抑えるプランです!屋根の塗装が終われば完成です。完成したら施工事例でもご紹介しますね!

倉敷市 塗装着工前にご近所様へご挨拶に伺います

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪

 
 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!先日は塗夢で塗装されるお客様のご近所さまへ、着工前のあいさつをさせて頂きました。
着工前のご近所さまへあいさつ

塗装着工前にご近所さまへあいさつに伺います

リフォームサポート塗夢では、工事をさせていただく前に、お客様のご近所様へごあいさつをさせて頂いています。工事をするにあたって、どうしても匂いや音が気になると思います。最近の塗料は匂いがそこまで強く感じませんが、それでも日常とちがう匂いがすると気になると思います。音も同じで、足場を組むときの金属音や高圧洗浄で使うエンジン音はけっこう大きな音がします。外壁も屋根も外の作業になるので、どうしても音が響きます。近隣にお住まいの方には大変ご迷惑をおかけすることになりますので、着工前に必ずあいさつに伺っています。
今回あいさつに伺ったのは倉敷市の現場のご近所さまです。近隣の皆さま、いい方たちばかりで、塗装されるっていいね~と言ってくださいました。
あいさつのときに、お留守の方ももちろんいますので、お手紙をお渡ししています。

塗装工事に関しては工期や作業スケジュールを

ご近所の皆さまは、いつ工事が始まるのか、いつ頃終わるのかが気になるところだと思います。そのためお手紙には工期と作業スケジュールも記載しています。
近隣あいさつ文作業スケジュールには、足場組立と解体日を記載しています。足場を組むときはトラックが入るので音だけでなく、ご迷惑をおかけすることになります。
塗装作業が始まったら、洗浄作業のときにエンジン音がするので、ちょっと大きな音がします・・。塗装作業では静かですのでご安心ください。塗夢の職人さんたちは、皆さん作業に真剣に取り組んでいるので静かです。いつも現場に行くと、静かすぎていないのかな?と思うくらいです。黙々と作業を進めているので、天候に左右されない限りは工期内に終わります。塗装作業中もゴミを片付けながらしていくので、お客様やご近所さまに工事がキレイとお褒めの言葉をいただいています。
塗夢のキレイにしている現場
塗装作業の間、塗料の匂いや工事の音だけでなく、見た目もキレイじゃないと気になりますよね。お客様も、工事期間中はご近所さまにご迷惑をかけてしまう・・と心配になると思いますので、私たちはお客様やご近所さまの気持ちになった心配りをしっかりとしたいと思います。

岡山市 屋根は遮熱、外壁はフッ素で塗装!キレイが続く外壁に

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪

 
 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!先日は岡山市中区の3階建て住宅の塗装現場へ行ってきました。
こちらの住宅の前回のブログではコーキングを打っている様子でした。
この現場の前回のブログ→岡山市でコーキング打ち替え!耐久性の高いオートンイクシードです

今回は外壁が完成し、屋根も完成しています!
外壁完成 玄関回り

外壁は艶が美しいフッ素で塗装しました

外壁はフッ素塗料で塗装しました。フッ素塗料はメリットが多く、今大人気の塗料です。
フッ素塗料の特徴は・・
 〇汚れが付きにくい
 〇艶があり、美しい
 〇色褪せしにくい
 〇一般的なシリコン塗料よりも長持ち

などです。フッ素塗料はフライパンのフッ素コーティングのように汚れを浮かせて流します。雨水で十分キレイになるんです。艶がある塗料で、色褪せしにくいところも人気の理由です。
塗夢では、ただ今お配りしているチラシで・・”シリコン価格でフッ素塗料になる”キャンペーンをしています。
今月のチラシ
チラシを見た!と言って頂くとシリコン価格でフッ素塗料の塗装ができます!もちろんこのブログで紹介しているチラシ↑でOKです♪
ぜひご活用ください。ただし、毎月3名様限定なのでお早めにお問い合わせくださいね。


屋根はこだわりの遮熱塗料で塗装

屋根は遮熱塗料で塗装しました。板金屋根なので、どうしても太陽熱の影響を受けやすいんです。遮熱塗料は実際に温度を下げることができます。板金屋根では選ばれる方も増えました。
屋根は遮熱塗料で塗装いかがでしょうか。キレイですね。
屋根の遮熱塗料は、KFケミカルのセミフロンシリーズ、セミフロンルーフ遮熱です。
セミフロンシリーズ

住宅で2階建て、3階建ては上の階ほど暑いですから、少しでも屋根からの影響がないようにしたいですよね。これから暑くなる時期なので塗装が間に合ってよかったです。
セミフロンルーフ遮熱
こちらの住宅は外壁はフッ素、屋根は遮熱塗料で高耐久の塗料たちですが、シーリングもオートンイクシードと、ハイグレードの材料を使っています。オートンイクシードは通常のシーリングの2倍もつと言われている、とっても長持ちなシーリングです。その分費用は高くなりますが、外壁が長持ちするのでシーリングも切れずに長持ちさせたいですよね。オートンイクシードには10年の長期保証も付きますので安心です。
外壁、屋根の塗料のグレードがいい場合はぜひシーリングも高耐久がおすすめです。もう完成間近です!足場がとれるのが楽しみです。



岡山市 ALCパネルの下塗りを塗装します!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪

 
 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓
こんにちは!最近の塗夢の塗装工事現場は、岡山市東区から中区、北区、倉敷市が中庄エリアから西阿知方面までと幅広くやっています。移動は大変ですが、東区から順に回っています。

今日は岡山市北区の現場です♪
岡山市北区の現場

下塗りはひび割れが起きにくいサーフで塗装

こちらの住宅は2階建てで屋根と外壁を塗装します。外壁は塗夢で大人気のアウトレット塗料、屋根は長持ちで色褪せしにくい無機塗料で塗装します。
アウトレット塗料は上塗り材(色を付ける)でしか取り扱っていないので、下塗り材はアウトレットではありません。下塗り材は上塗り材の前に塗装する材料で、下地を強くしたり、上塗り材と外壁を密着させる役割があります。

下塗り塗装中下塗り材を塗装しているところです。この白い材料が微弾性のサーフSGです。微弾性の下塗り材なので、伸縮性があります。建物が動くときに塗膜が外壁に追従できるのでひび割れが起きにくいんです。この外壁のように、吹き付けで仕上げている外壁や、モルタル外壁のときに使われている下塗り材なんです。ちなみにこちらの外壁はALCパネルです。ALCパネルはひび割れが起きると雨漏りしやすいので、サーフの下塗り材は相性がいいです。厚膜なのでしっかり外壁を守ってくれます。

ALCパネルは塗装メンテナンスが必須!

ALCパネルは塗装メンテナンスを定期的にすることが必須です。ALCパネルは軽石のようにたくさんの小さな穴があります。なので塗装で保護していないと、雨水が染み込みやすく、基材の中で広がってしまいます。そうなるとすぐ外壁自体が傷んでしまいます。
ALCパネル塗装前↑こちらの住宅のALCパネルの外壁です。塗装前は表面にポツポツ穴がありました。この穴を下塗り材できれいに塞ぎます。こちらのALCパネルはかなり凹凸がある種類で、いつものようにローラーで塗装していては、なかなか塗料が付きません。凹凸が大きいと吹き付けをすることがありますが、住宅街で両隣と後ろにもお家があり隣接しているので、吹き付けもリスクが高い・・。なので職人さんは、毛足の長いローラーで縦に横に何度も動かし、丁寧に丁寧に塗装していました。

屋根塗装は長持ち無機塗料がいい

今回の塗装工事は、外壁はアウトレットのシリコン塗料、屋根はハイグレードの無機塗料です。
塗料の外壁用と屋根用で、耐用年数が違うのに同じ住宅に塗装する理由は、屋根の方が塗装寿命が短いからです。屋根は紫外線が良く当たり、雨に当たる部分です。なので外壁と屋根では塗膜のもちが違います。色褪せ方にも違いが出ている程なんです。
屋根の方が劣化が早い訳ですので、屋根に耐久性の高い無機塗料を使うのがおすすめなんです!
屋根塗装の無機塗料
屋根用無機塗料
アウトレットシリコン
外壁用アウトレットシリコン
外壁の下塗りが終われば、上塗り1回目にかかります。屋根も下塗りに入っていきます。完成が楽しみですね!ではまた次回。

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT