塗夢 塗装

岡山市中区のお家の塗装、無機フッ素のハイブリッドで長持ち!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓
こんにちは!朝が寒いですね。風邪ひいてないですか~?急に寒くなったり空気が乾燥するこの時期って、私は毎年のどが痛くなったり鼻水が出たりするんですが、去年は風邪もひかず乗り越えたような気がして、何してたかな・・?と、去年の10月のブログ読んでみたけどヒントなし(笑)
今年はウォーキングしてるのでいける気がします♪

さて、今日は前回の続き、岡山市中区の3階建てのお家の現場です。
岡山市中区3階建ての現場
今日は外壁の塗装の様子です。この建物の外壁はサイディングでできています。しかも、ちょっと珍しい防音タイプのサイディングで、通常のものより厚みがあるので、模様の溝が深いそうです。
防音タイプの外壁
なので、ローラーの毛がなかなか奥に入り込まず、溝に塗り残しができやすいそうです。職人さんは一番毛足の長いローラーを選んで塗装していました。縦に横にローラーを動かして塗り残しのないよう、丁寧に塗装していました。

上塗り1回目の塗装
無機フッ素塗料外壁はこちらの塗料を使っています。これは、無機フッ素塗料のセミフロンスーパーアクアです。この塗料は、非常に長持ちする塗料で、10年先もきれいな状態を保ちます。色あせもしにくいですし、雨筋の汚れもつきくい塗料です。
塗膜は、伸縮性がよく、ひび割れもしにくいです。無機塗料と聞くとひび割れしやすいイメージがあるかもしれませんが、この塗料は無機と有機のハイブリットなんです。なので無機のいいところと有機のいいところが合わさって、お互いの欠点は補い合っている訳なんです。

屋根施工前屋根の様子です。この屋根を塗る塗料もセミフロンスーパーシーリーズで、セミフロンスーパールーフといいます。屋根の上にある白いのは、補修したところです。割れている箇所がいくつもありました。
階段の笠木も塗装する階段やバルコニーの笠木はアルミ素材なので通常塗装しなくてもいい部分になるのですが、今回のお客様からのご要望は塗装できる箇所は全て塗装したいということで、アルミの部分も塗装します。完成は新築のような状態になると思うのでとっても楽しみです。

蒜山のログハウスの塗装、完成しました♪ 木目を生かした塗装で

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!今日は社長と蒜山まで遠出してきました。最近、外壁・屋根の塗装が完了した現場の完成写真を撮りに行きました。
現場は蒜山の町中から少し山奥のログハウスがたくさんあるところでした。とっても可愛いお家がたくさんありました。雪が積もる地域なので基礎はどの家も高くて、煙突がついている家も多くありました。外には薪がたくさん乾かしてあって、見てるだけで冬の暖かな家の中が想像できるような素敵なお家がたくさんありました♪

では、まずは施工前の写真から見ていきましょうか。
   〇施工前〇
ログハウス 施工前
ログハウスは木材でできているので定期的にメンテナンスしないとすぐ傷んでしまいます。

ログハウス施工前、木部が傷んでいる木部の塗装が褪せてしまってところどころ塗装が落ちています。塗膜の防水性もかなり落ちていて、雨を吸い込んでしまう状態になっていました。玄関脇の床が腐食し、下がってしまっていました。玄関前の床を支えている木の柱も、劣化して割れていました。塗装ではカバーできない木部の修繕は、大工さんに取り替えたり、張り替えたりをやってもらいました。

では、施工後の写真です!
       〇施工後〇
ログハウス 施工後
落ち着いた色合いがいいですね。木の風合いを残すため、塗料はキシラデコールという塗料を使っています。

施工後 ログハウス床の柱部分、腐食していた玄関前の床は大工さんに張り替えてもらいました。玄関前に屋根を新しく設置し、雨が当たりにくいようにしました。部材を劣化させるのは、雨と紫外線が主な原因です。屋根があるとないとでは大きく劣化のスピードに差が出るんです!

ログハウス 完成一部ドアの上のひさしが壊れていたので修繕しました。窓もドアもとっても可愛いですね。
ログハウスなので木の質感・風合いがとても大事です。キシラデコールは木材の内側にまで防腐・防虫・防カビ効果があり、木目を生かした自然な風合いに仕上がります。もちろん、ウッドデッキや木のテーブルなどの塗装にもぴったりですよ。
帰りは近くの風の家という休憩所で社長と蒜山のヨーグルトを食べました♪
これがクリーミーでなめらかでびっくりするほど美味しい!!
蒜山のおいしーいヨーグルト
ウッドデッキだけとか家の一部分だけの塗装でもできますよ♪お気軽にお問い合わせくださいね!

岡山市北区のマンション、笠木を取り付けて腰壁の漏水を防ぐ

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!先日のラジオでは、ウォーキングの話題になりました♪社長は朝歩いていて、私は夜歩いています。今のところまだ続いています!モチベーションが下がることもありますが、そんなときはウォーキングの話をしてまた頑張ろう!という気持ちになるんです。

さて、今日は岡山市北区伊福町のマンションの工事です。
岡山市北区のマンション
今日の作業は共同廊下の腰壁に笠木を付ける工事と、屋上の一部屋根の塗装、東側外壁の塗装です。

腰壁というのは、ここです。他の現場の写真ですが、このような腰までの高さの壁を”腰壁”といいます。
腰壁と笠木って?
   実際、腰よりずっと高いですけどね!
この腰壁に笠木がなく、ひび割れたところから雨が侵入し塗膜を浮かせたりと不具合を起こしていました。
腰壁のひびとエフロ
赤い線で囲んでいるのがひび(クラック)です。笠木がないため、ひびが入ったところから雨水が侵入してしまいます。青い〇で囲んでいるのはエフロレッセンスという現象が起きてしまっている部分です。よくエフロと略されているんですが、このエフロは、コンクリートのアルカリ成分なんです。ひび割れから雨水が入り、内部のセメントの成分と一緒にしみだしてしまうんです。少しずつ染み出していき、白い塊のようになってしまいます。つららのようになることもあるんです。放っておくと、構造の強度に関わってきます。早いうちにメンテナンスした方が絶対にいいです。
この腰壁はエポキシ注入作業で補修し、またこのような漏水が起きないよう、笠木を取り付けます。

エポキシ注入作業の様子のブログはこちらから→岡山市北区のマンション、低圧注入作業


笠木の取り付け↑笠木を取り付ける施工をしています。笠木って見た目をよくするためだけではないんですね!とっても重要な役割をしてるんですね。塀などにも笠木を付けている方が塀が長持ちするんですよ!
完成が楽しみですね♪

早島町で外壁の塗装と基礎の塗装、セラミガードできれいに

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓


こんにちは!朝と晩が寒くなってきました。夏用の冷たく感じるタオルケットを使ってたんですけど、それが昨日は冷たすぎて困りました・・季節の変わり目は、体調を崩しやすいので気を付けましょう!

さて、今日は早島の現場です。
早島の現場こちらの現場は、屋根は釉薬の瓦なので塗装しません。外壁と塀の塗装をします。既存の塗膜はスタッコという吹き付けてあるものです。でこぼこしているので、長い毛のローラーが活躍します。いつも職人さんが使っているローラーにはいくつか種類があるんです。
短い毛のローラーは凹凸がなく平らな面を塗装するのにぴったりですが、この現場の外壁のようにでこぼこしている面には長い毛のローラーを使って塗りムラがないようにします。
長い毛のローラーで↑外壁がでこぼこしているのが分かりますね!既存の塗膜が吹き付けで厚膜なのでかなりでこぼこしています。高いところや人が入らない隙間を塗装するときには長柄(ながえ)というながい棒をローラーにくっつけて塗ります。でこぼこした隙間も見落としがないよう塗り込んでいきます。

基礎の塗装基礎を塗装しています。基礎はセラミガードという塗料を使っています。このセラミガードは撥水性が高く表面が濡れにくいので、苔や藻が発生しにくいです。泥はねも付きにくいので基礎部分にぴったりの塗料なんです。

塀のひび割れ   ↑塀も塗装します。ひび割れがいくつかありました。ここはクラック補修材を使って埋めて、ひび割れが分からないようにします。
完成までもう少しです。次は完成写真を撮りにいきます♪

倉敷市茶屋町の現場で外壁のひび割れにUカットしています

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!先日は十五夜、中秋の名月でした♪ 見られましたか?晴れてきれいに見えましたね!私は月見だんごを作りました。あんこときなこで食べました♪
あまったあんこときなこで最近は朝食にあんバターきなこトースト作ってます!

さて、今日は茶屋町の公会堂の現場です♪修繕をして塗装メンテナンスをします。
茶屋町公会堂の現場
こちらの公会堂はかなり築年数の経っているもので、今回はたくさんのひび割れを修繕します。もちろん屋根と外壁の塗装もしますよ♪
ひび割れが多く、雨漏りになる恐れが強いので、Uカット工法というやり方で修繕します。Uカットというのは外壁に対して断面がUの字になるようサンダーという削る道具を使って削ります。ひび割れしているところに上からサンダーを当てていきます。

Uカット
モルタルの外壁を削るので大きい音がしますし、粉じんもすごい量です。職人さんの手元が真っ白のほこりで見えなくなると危ないので、 上から他の職人さんがほこりを散らす道具で見える様にしていました。

Uカットした外壁    ↑ひび割れをなぞるようにカットします。どうしてわざわざひび割れにカットしてるんだろって思いますよね。わずかなひび割れはそのままクラック補修材や塗装することで埋めることができるのですが、状態によってはその補修の仕方ではまたすぐひび割れが起こることになります。
ひび割れを一度大きく削り、その中にコーキング材を埋めます。そうすることで、同じところにひびが入りにくくなるのです♪

↑サンダーを使ってUカットをしているところです。ひび割れに沿ってカットしていますね。このカットしたところにプライマーを塗ってコーキングで埋めていくんです。その上から塗装してなじむようにしますが、どうしてもUカットの跡は出てしまいます。でも、またひび割れを起こし水が回ってしまうことを考えると、しっかり修繕することが大事です♪

瀬戸内市邑久町の現場 外壁の3回塗りってなぜ3回なの?

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓
.

こんにちは!倉敷には珍しく梅雨のような降ったり止んだりの雨が続いています。でもウォーキングの時間は大抵止んでるんです♪ちゃんと続いていますよ(笑)

さて、今日は瀬戸内市邑久町の現場です。
外壁の上塗り、屋根は大屋根は完成していて、下屋根は下塗り→上塗り1回目まで済んでいました。

屋根の塗装完成

ところで、外壁も屋根も塗装は基本3回塗りと言われていますが、なぜ3回なのでしょう??

3回と言うのは、1回目→下塗り 2回目→上塗り1回目(中塗りとも言います) 3回目→上塗り2回目です♪ 上塗り1回目と2回目の塗料は同じ塗料を使います。

使用する塗料
この3回のそれぞれの役割を説明しますと、
1回目の下塗り→外壁と上塗りの塗料との密着を良くするためです。つまりは、”のり”のような役割なんです。重要ですね。
2回目の上塗り1回目→外壁に色を付けます。1㎡あたりの塗布量になるよう2回に分けて塗ります。
3回目の上塗り2回目→1回目と同じ塗料で仕上げの役割です。上塗り2回目で既定の塗布量になるよう仕上げます。

上で説明したように、外壁も屋根の塗装も塗料の缶に塗布量が記載されているんです。その量や厚みが足りないと塗膜の性能が発揮されない、耐用年数に足らなくなる。ということなんです。
では、その塗布量になるよう1回でたくさん塗ってしまえばいいんじゃないの?と疑問が出てきますよね、でもそれをしてしまうと、垂れて来たり、ムラになったり、1回目2回目と塗膜を重ねないため、結果性能を下げてしまいます。15年もつと言われている塗料でも塗装の仕方次第で10年ももたないこともあるんです・・。
上塗り1回目の塗装
塗夢では、塗布量のほかに硬化剤と混ぜる割合や分量、乾燥する時間などしっかり守っています。塗料の耐用年数や性能を最大に発揮させることが重要なんです!

岡山市中区のアパート、なんでコーキングだけボロボロに?

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは雨の日が続きます。気温も一気に下がりましたね!体調管理に気をつけないとですね!
私はウォーキングを始めてから、風邪引いてないです。体力もついたような気がします♪
これからも続けていきますよー!

さて今日は、先日お伝えした岡山市中区のアパートですが、気になったことがあったので社長に聞いてみました。
ブログでも載せましたが、施工前のコーキングがかなり切れていましたよね!でも、外壁の塗膜はツヤも残っていて、切れまくっているコーキングと比べると劣化の度合いにかなり違いがあるように見えます。
劣化して切れたコーキングの撤去作業!

劣化したコーキング

切れたコーキング
塗り替えするとコーキングも一緒に塗装するので、普通はもっともつはずです。おかしいな?と思ったので社長に聞いてみると、こちらの建物、前の塗装業者が、コーキングを撤去せずに打っているようなのです・・!”増し打ち”というやり方です。
増し打ちと言うのは、既存のコーキングの上から重ねて打つやり方です。既存のコーキングが劣化しているのでやはりもちは良くないです。
塗夢では基本的に増し打ちはやりません。既存のコーキングは撤去して新しく打ちます。
増し打ちの方がいい箇所とかもあるそうなんですが、この切れているところは、増し打ちするようなところではありません・・。
塗り替えしてすぐはキレイになって分からないですが、このような手抜きをしちゃうと、何年かしてこうして出てくるんですね・・

今回、打ち替えたコーキングです。
打ち替えたコーキング
打ち替えたコーキングキレイですね~!

色分けしたコーキング↑今回も外壁の色が2色になるのでそれによってコーキングも色分けしています。職人さん丁寧です♪

雨が続いて現場に行けてないですが、晴れたら行ってきます!

倉敷市上東の現場、樋や手すりを塗る前にケレン作業をしています。

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓
.
こんにちは!夏の甲子園は大阪の履正社が優勝しましたね!星稜も本当に頑張りました。出し切ったって感じでした。あー本当にいい試合だったなぁ。

さて、今日は昨日行きました倉敷市上東の現場です!
倉敷市上東の現場
もう完成が近いです。昨日は樋やひさしなど細かい部分の塗装をしていました。

樋のケレンをしている     ↑こちらの職人さんは何をしていると思いますか・・?

手に持っているもの、とっても分かりにくいのですが、サンドペーパーです!これは、樋の塗装をするための下処理をしているんです♪ サンドペーパーで樋に細かいキズを付けているんです。
・・なんでわざわざキズを付けるの!?って思いますよね。
これは、ツルっとした素材のものに塗装しても、塗膜が密着しにくいからなんです。なのでわざと細かいキズを付けているんです。もちろん樋だけでなく、ひさしや手すりなどにも同じ作業をします♪
そして、この下処理の作業を、ケレン作業と言うんです!
キズを付ける道具はサンドペーパーのほかに、金ぞくブラシやへらタイプのものなどがあります♪

ケレンした樋      ↑ケレン作業をしたあとの樋です。キズがたくさん付いているのがお分かりでしょうか?このキズが入っていることで塗膜がとどまり、はがれにくくなるんです♪
ネイルをするとき、爪にわざと細かいキズを付けますが、まさに理由も同じですね、浮いたりはがれたりしないためにするんです。

サビ止めを塗っている    ↑手すりが真っ赤です・・これは赤の塗料ではなくて、サビ止めを塗ったところです。手すりなど、金属で出来た部分は、必ずサビ止めを塗ってから上塗りの塗料を塗っていきます。もちろんサビ止めを塗る前には、ケレン作業をします。

完成までもう一息です!

瀬戸内市邑久 養生作業、塗料が付かないよう床にも養生します

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓
.

こんにちは!昨日は社長とラジオに出演してきました♪
”FMくらしき”で毎週火曜日、夕方18時30分~ 三井アウトレットパーク倉敷のスタジオから生放送です♪

ラジオ番組表
ぜひ聞いてみてくださいね♪

さて、今日は瀬戸内市邑久町まで行ってきました!

瀬戸内市邑久町現場
とっても天気が良かったです!写真では清々しく見えますがすっっっごく暑い!
今日の作業は”養生”です。
養生と言いますのは、塗装しない箇所や物や床などに塗料が付かないように覆ったり敷いたりして、保護する工程をいいます。植物や車にも養生シートを覆います。養生テープ、マスキングテープ、養生シート、布シートなどを使って保護します。
熱い中、作業頑張っていました!
熱い中作業する職人さん
玄関回りの養生↑玄関の養生です。玄関ドア、インターホン、照明、床まで養生します。ドアはもちろん開け閉めできるようになっています。床の養生シートはドアや窓に貼っているビニールとはちがうビニールで、厚みがあって滑りにくいシートです。
しかも、塗装するときには厚い布シートを敷くので塗料でベタベタになることは少ないです。
布シートのことを、職人さんたちはベトナムって呼ぶんです。なんでベトナムなのか聞いてみたけど、皆さん分からず・・事務所の皆さんも分からず・・ネットで調べてみましたが分からなかったんです。気になります!知ってるかたいましたら教えてください♪

夏はとっても暑いです。職人さんたちは朝は東から日が当たるので西側を施工し、午後からは東側を施工していました。太陽の動きに合わせて日陰になるところを作業していました。夏は水分を取っても取っても、トイレに行くことがないそうです。それだけ汗で流れちゃうんですよね、しっかりと水分を取って休みながら作業にあたってくださいね!

倉敷市上東 漏水対策、コーキング打ち替えも得意なんです!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!毎日暑いですね・・日焼け止めを塗っても塗っても汗で流れてしまいます。職人さんたちしっかり水分取ってちゃんと休憩してくださいね~

さて、今日は倉敷市上東の現場です!

倉敷市上東の現場
今日の作業はコーキング(シーリングとも言うよ)を打つ作業です。こちらのお家は外壁はサイディングですが、目地はコーキングではなく、ガスケットと呼ばれるものです。全体的な劣化は少なかったので、全て打ち替えではなく、不具合が出るくらい劣化が見られた箇所だけを撤去し、打ち替えします。

コーキングの材料↑このバケツに入ったクリームみたいなのがコーキングです。これを右側にある
コーキングガン(シーリングガン)に詰めて打っていきます。
見た目は生クリームみたいに見えますが、コーキングはゴムのような弾力があるので混ぜると重たいイメージです。

プライマー塗布↑これはコーキングを打つ前に目地にプライマーを塗っています。プライマーというのは、”のり”みたいなものです。このプライマーを塗らないとコーキングがきちんと密着しません。

コーキングを充填している↑コーキングをコーキングガンに詰めたら目地に充填していきます!目地のサイドに養生しているのは外壁にはみ出すと見た目がとっても悪いからです。きちんと養生をしておいたら、はがしたときにとってもキレイになってます。

へらで均一にしている↑ちょっと足場で見えにくにですが、コーキングを充填したら、次はヘラを使って均一にします。

コーキング完成↑こんな感じに仕上がりました。これで養生したマスキングテープをはがすと、ラインが出てとってもきれいな仕上がりになるんです!

マスキングテープを取ってコーキングの完成↑目地のできあがりです!コーキングの施工は見た目以上に技術が必要です。塗夢の職人さんはコーキングが得意です。
コーキングの施工が完了したら、次の工程は”洗浄”です。洗浄の前にコーキングを打ち替えするのは、切れているところに洗浄の水が入って漏水を起こしてしまう可能性があるからなんです。
次回は洗浄の工程です♪ではまた~

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT