塗夢 塗装

笠岡市で和風の家の塗装完成♪長持ちキレイのフッ素塗料です。

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!12月になりましたね!ウォーキングは、朝と晩の寒さに負けてしまっています。昨日は日曜日でお休みだったので、お昼前頃にようやくやる気になり、ウォーキングしました♪ 昨日は12月と思えないくらい暖かかったです。また頑張って習慣づけたいです!

さて、先週は、笠岡のお客様のお家の完成写真を撮りに行きました。笠岡のお家は数カ月前に完成していましたが、笠岡方面へなかなか行く機会がなく、遅くなってしまいました!時間が経ちましたが、きれいな仕上がりでしたよ~!
笠岡のお家の完成
こちらのお家は屋根は釉薬瓦で、漆喰部分や棟瓦も目立った修理の必要もなかったので、今回は外壁塗装をさせていただきました。

北棟と南棟の2棟を施工しました。どちらも外壁はモルタルでできていて、ひび割れもたくさんありましたが、クラック補修をして塗り替え、とてもきれいに仕上がりました。

完成した外壁と樋
こちらの建物はフッ素樹脂塗料で塗り替えました。フッ素塗料の特徴で一番大きいのは、「長持ち」だと思います。一般的なシリコン塗料と比べると、外壁の耐用年数は、5年くらいの差があります。シリコン塗料の塗り替えの目安が、8年から10年なので、5年の差はとても大きいですよね!外壁や屋根を塗装するとなると、塗料代だけでなく、足場代、諸経費など塗料以上にかかります。なので、長持ちする塗料で、塗り替えの回数を減らすと、メンテナンスの負担が減るということなんです。

外壁ひび割れも目立たず
他にもフッ素には嬉しい特徴があります。
「汚れがつきにくい!」これも嬉しいですね。どうして汚れが付きにくいのかと言いますと、フッ素塗料の塗膜は水に濡れやすくて、表面に付いている汚れや埃を流してくれるんです。なので、汚れが定着しにくいのです。苔や藻、カビも付きにくいです!

「紫外線に強い」これも大きな特徴です。塗膜の劣化の原因は経年劣化もありますが、やっぱり紫外線です。紫外線は洗濯物も色あせてしまうほどなので、外壁や屋根の塗膜も色あせてしまうんです。
そう、フッ素塗料は、「長くきれいな状態を維持できる塗料」なんです。毎日帰るお家が、ずっときれいだと嬉しいですよね。
・・ただし、フッ素塗料は高いんです。長持ちしてくれて、塗り替えの周期を減らせるけれど、一度の費用が高くなります。でも何度も塗り替えすることを考えて、トータル的にみると、フッ素塗料での塗り替えの方が費用はかかりません。

基礎も塗り替え
フッ素塗料はツヤ有りのものしかないので、和風の建物には不向きと言われていますが、今回のお家を見てツヤツヤテカテカしていないし、建物によく合っていると思うので、モルタル外壁で和風の建物でも美しい仕上がりになるんだなと思いました♪

倉敷市茶屋町 雨漏りさせない!コーキングのメンテナンスしよう

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!最近ウォーキングができてません・・。基本、夜に歩いていたので、寒くなると出るのが嫌になってしまいました。朝は忙しいし寒いのでなかなか出られず。うーんどこか日が昇っている間に時間を見つけないとなぁ。クリスマス、お正月は食べちゃうから、必ず太るので対策を考えておきたいです(笑)

さて、今日は倉敷市茶屋町の現場です♪

倉敷市茶屋町の現場
この日の作業はコーキング(シーリング)の撤去です。コーキングはサイディングやALCパネルの外壁の目地にあります。ゴムのような素材で伸縮性と弾力性があります。建物の揺れや気温差で伸縮するなどで力が加わったときに、外壁のボードが割れないように力を軽減する役割りがあります。
コーキングは紫外線や雨がよく当たるところは特に激しく劣化します。劣化すると固くなり、ひび割れたり断裂することもあります。
そして、切れたところから雨水が入り、建物の中を腐食させて内部へと入っていきます。そう、雨漏りです・・。今回の現場は雨漏りは起きていませんが、実際にコーキングの切れたところから漏水したというケースは、いくつもありました。

散水調査
↑コーキングが切れたところから雨漏りしたお家の散水調査の様子です。
建物の中はこうなていました。
押し入れに雨漏り押し入れの中に雨漏りしていました。
雨漏りって屋根から起きると思いがちですが、外壁から入ってくることが多いんです・・なので、サイディングボードの目地や、ドアや窓枠のコーキングはメンテナンスが必要です。

今回の現場のコーキングの撤去のようすです。
ドア回りのコーキング撤去玄関ドアの回りのコーキングを撤去しています。きちんと施工されていた場合は、カッターを両端に入れて引っ張ると、簡単に撤去できます。撤去したところに、雨が入ってしまうと内部を傷めてしまうので、雨の日、雨が降る予報の日はできません。
古いコーキングを撤去したら、新しくコーキングを打ちます。重ねて打つ業者もあるようですが、下に古いコーキングがあると、またすぐに同じようにひび割れてしまうので、塗夢では重ねて打つことはしません。
実際に私が行った現場の中に、外壁はまだ艶がありきれいなのに、コーキングだけ異常なほど、ぼろぼろになっている建物がありました。原因は古いコーキングの上からコーキングを重ねて打つ、”増し打ち”が原因でした。見た目が同じになればいい。ではなく、正しく施工することが大事ですね。
塗夢では、雨漏りを起こさせない家を重要視しています!コーキングの撤去と打ち替えをとても丁寧に施工しています♪

倉敷市児島の現場、屋根の塗装が完成!下処理も丁寧にやってます

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!ようやく鎖骨の辺りのいたみが引いてきました!普通にしている分には何も問題ありません。ですが、テレビでやっていた、ロングブレスをやって息をいっぱい吸い込んだとき!このときが痛いですね・・。でも確実に治っている実感があるので落ち込まず頑張ります!

さて、今日は先日行きました、児島の現場です。
児島の現場児島の現場は、とても久しぶりです。今、児島で2つの現場が動いていて、こちらのお客様のお家が完成したら、すぐまた別の児島のお家を塗装させていただく予定です。もちろん、他にもやっていますよ!岡山市、倉敷市茶屋町、遠い所では広島県三原市の現場も同時に施工しています。

さて、晴れの日が続き、工程表通りに順調に進んでいます。屋根も塗装が完了し庇や換気フードも塗っていました。
屋根の塗り替え完了屋根です。とっても鮮やかなグリーンになりました。
当初、もっと黒に近いくらいのグリーンの予定だったのですが、お客様は色でとても悩まれたそうで、息子さんとご相談されて、明るい色味のこのグリーンを選ばれました。とても気に入ってもらっているようなので、良かったです♪

庇も塗り替え庇や換気フードも塗り替えていました。この庇は施工前、塗膜が割れていたところです。

施工前はこんな状態でした。
施工前の庇
塗膜が模様のように割れていますね。この状態のまま塗装してしまうと、古い塗膜が浮いているので、一緒にとれてしまう可能性が高いです。なのでこの古い塗膜をケレン作業をして取ります。
ケレン作業と言いますのは、古い塗膜を取るだけでなく、サビを取ったり、つるつるした面の塗装のときにわざと細かいキズを付けたりもします。
サンドペーパーや金属のブラシなどいろいろな道具を使います。サビが強いときにはサンダーという機械をつかうこともあります。

ケレン作業、とっても大事なんです。塗装の前にする処理を”下処理”と言っているんですが、塗装をきれいに施工することももちろん大事なんですが、この下処理、大事なんです。仕上がりや塗装の持ちが変わってきます。塗夢の職人さんは下処理をとても丁寧にやっています!なので仕上がりがとてもきれいです!

もう完成間近です!次は完成を撮りに行きますね。そしてまた新しい現場も始まります!それでは次回・・

倉敷市児島の現場へ。塩害によりステンレスまで錆びていました。

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!今週に入って鎖骨の傷みが背中、左側の肩甲骨に来ています(笑)
傷みって移動するんですね!でも治ってきているということなんでしょうか・・?
気にならない時間の方が増えてきています!あともう少しかな・・

さて、今日は先週行きました児島の2つの現場です。
まずは1つ目の現場です。
児島の現場
前回お伝えしたのは足場の組み立てでしたね!
今回は、外壁の上塗り1回目をしているところでした。
児島の現場、上塗り1回目外壁の塗装は基本3回塗りです。1回目は、”下塗り”。2回目は、”上塗り1回目(中塗りとも言います)。”3回目は、2回目と同じ塗料で”上塗り2回目”です。なぜ3回にも分けて塗るのかといいますと、1回目の下塗りは壁と塗料とを密着させるために塗ります。分かりやすく言うと、のりのような役割です。下塗りの材料は、外壁の素材や上塗りの塗料の種類によって変わります。さらさらした薄付きのものから弾力のある厚塗りのものまであります。小さなひび割れを埋めるはたらきもあります。下塗りを丁寧に塗っていないと、上塗りの塗料がきちんと密着せず、塗膜が浮いてしまったり剥がれたりします。下塗は見えないですが、実はとても大事な工程です。
屋根も外壁と同じです。下塗りをして上塗りを塗装します。

屋根の施工前屋根はまだ塗装していなかったですが、ひび割れている部分を補修剤で補修していました。ビスが錆びないようコーキング  ↑このクリームみたいなものは、屋根の棟瓦のビスをコーキングで覆っています。
施工前の状態もコーキングで覆っていた様子はありますが、コーキングは劣化していきます。すっかり薄くなってビスがむき出しになりそうな箇所もありました。下の写真がコーキング施工前です。↓

棟瓦のビス施工前
次に行きました現場も児島です。この現場も海が近く、まさに目と鼻の先です。
児島の現場鉄部の施工
このアパート4棟の施工です。今回の現場では、外壁と屋根の塗り替えはせず、写真の赤茶色の部分のみの塗装です。なぜこの部分だけかと言いますと、この赤茶色の部分は鉄でできている部分で、サビによる劣化が激しいからなんです。赤茶色は、サビ止めの色です。外壁は、まだ塗り替えが必要なほどの状態ではありませんでした。ですが、鉄部はサビがひどく、アルミ素材やステンレス素材までもがサビていたんです。
この理由は、海沿いならではの理由で、”塩害”です。
アパートからは海がすぐ近くにあります。4棟の中でも、海に近い方が特にひどかったです。
ステンレスの換気フードが錆びているステンレスの換気フードが錆びています。ステンレスが錆びることはあまりないので、やはり海風の塩によるものと思います。丁寧にケレン作業(サンドペーパーや金属ブラシ、サンダーを使ってごしごしこすって汚れやサビを取る)をしていますよ。仕上がりが楽しみです♪

倉敷市中庄の足場の解体へ。バルコニーのFRP防水も完了です!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓
こんにちは!ようやく鎖骨のあたりの痛みが和らいできました・・。健康が一番です。湿布が思いのほか効いてびっくりしました。普段使わないし、本当に効果あるの~?と思ってました(笑)
今年もあと少し、病気とけがに気を付けます!

さて、今日は倉敷市中庄の足場解体の現場に行きました。
倉敷市中庄の現場私は塗夢の現場を回り写真を撮っていますが、いつも現場のスケジュールを見て動いています。現場は晴れの日は動いているので、日々着々と工程が進んでいくのです。もちろん施工前と完成の写真は必ず撮るのですが、屋根の上やバルコニーは足場がなくなってしまうと撮影するのが大変です。なので、足場を解体する前に、屋根の塗装の完成やバルコニーや屋上の防水工事を撮りに行っています。屋根は、屋根の塗り替え完了後も、基礎を塗ったり樋を塗ったりと、他の塗装があることが多いので、屋根の完成を焦らずに撮れるのですが、バルコニーの防水工事は、塗装が全て終わってから取り掛かることが多く、工事期間もだいたい1日から2日で終わり、その後すぐ足場解体になるので、急いでバルコニーの完成を撮りに行っています。
今回の足場解体の現場は、到着したら上の写真の状態だったので、ギリギリ、バルコニーの完成を撮ることができました!
中庄のバルコニーのFRP防水工事の完成
中庄のバルコニーのFRP防水工事の完成 ちょっと日の当たり方で分かりにくいですが、バルコニーの防水工事をしました。防水はFRP防水という、防水工事の中でも、とっても強く、長くもつものです。ただし、メンテナンスはもちろんいります。トップコートといって一番上に塗る塗料を定期的に塗るだけで、FRP防水は長ーく
持ちます!

ひとつの現場で、撮る写真の数は100枚以上です。施工前の状態の写真、施工中の写真、完成した写真です。写真は私だけでなく、施工する職人自身にも撮ってもらっています。一つ一つの工程を終わらせたタイミングで、どこの部分を何の工程でどの塗料で施工したのかをプレートに書いて一緒に撮ってもらっています。写真に撮ると工程表どおりに行っているかきちんと分かり、残すことができるので写真は大切です。
職人さんが撮った施工中のようす
職人さんが撮った施工中のようすこんな感じです。ひとつの部分でも、ケレンしたりサビ止めを塗ったり、上塗りを塗ったりと工程の内容が違うので、その都度撮っています。なので100枚以上になるんです。私も現場に行くたびに撮っていますよ♪私はなるべく職人さんがどんな作業をしているのか、お客様に分かるように撮るよう心掛けています。
ではまた次回♪

倉敷市児島で足場の組み立ての現場へ!外壁と屋根の塗り替えです

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!先週から鎖骨の下のあたりが痛むんです・・子どもと遊んで蹴られてから痛み出してレントゲンも撮ったのですが、軟骨のあたりらしくて、良く分からず・・笑ったり、大きく息をすると痛いです。くしゃみなんてしたら、しばらく動けなくなる程・・今は痛み止めと、シップとお菓子で気を紛らせています。今年はケガが多いです~

さて、今日は久々の倉敷市児島の現場です。児島のお家の足場組み立てに行きました。
児島の現場、足場組み中戸建ての住宅で、3人で組んでいました。私が到着した時がこの上の写真の状態でした。階段から上がってみましたが、メッシュシートがないだけでちょっとこわいですね。しかも、まだ途中なので足場も揺れます。部品は、短いもので1メートルくらい、長いものは2メートル以上あります。1メートルくらいのものでも重いので、これを下から組んでいる人に、手渡しするのは大変です。上にいる人は引き上げるのも大変な訳なんですが。足に落としたりでもしたら大事故です。常に声を掛け合いながら作業していました。

足場を組んでいるところ
トラックにきれいに積まれている足場のパーツ
足場の部品は、上の写真のようにトラックに載って来ます。きれいに整理整頓されていますね。足場の部品は、適当な量をトラックに載せてくるのではなく、足場計画という、建物の大きさやその周辺を測ったり、高さが屋根までか2階までかなど、あらかじめ計画して、どの量の足場の部品を使うかを計画して持ってきています。あとは、計画通りに組み立てていくんです。足場の職人さんたちは無駄な動きがなく、テキパキと組み立てていっていました。
こちらのお家は、外壁と屋根の塗装をします。
足場が完成したら、いよいよ本格的に作業が始まります。また現場へ行ってきますね!

都窪郡早島町の外壁の塗り替え完成!びっくりする程きれいに!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!風邪が流行してますね。私は、昨年テレビでやってた、「内科医の先生がインフルエンザにかからない習慣」をインフルエンザのシーズンが終わってもずっと続けてマネしています。もう習慣化しています♪
何をしているのかといいますと・・朝、起きて一番にはみがき!です!
これで、風邪やインフルエンザの予防ができるそうなんです。寝ているときに口の中に入ったウイルスが、体内に入って発症するらしいので、朝、水を飲む前、ご飯を食べる前にはみがきをした方がいいそうなんです。しかも、はみがきをすると目もしっかり覚めるのでおすすめですよ~!

さて、今日は都窪郡早島町の住宅、外壁の塗り替えが完成したのでご紹介します♪

都窪郡早島町の塗り替え完成
こちらのお家の既存の外壁は、材質はモルタルで、スタッコという模様の吹き付けで塗装している外壁です。スタッコは重厚感、高級感が出てとてもいい雰囲気になるのですが、凸凹しているので汚れが溜まりやすく、落ちにくいという面もあります。

施工前は雨が当たりにくいところはとくに汚れが目立っていました。
スタッコの汚れが目立っている
軒天や軒の影になっているところは雨が当たらないのでほこりや汚れが流れず、どうしても汚れやすいところです。でも、雨や紫外線に当たりにくいので、見た目はきれいではないけど、ひび割れや色あせが少なく、塗膜は防水性もありきれいなんですよ。

塀の塗り替え前   ↑施工前の塀です。塀も汚れが目立っていますね。南側は、日がよく当たるので、色あせて、塗膜の防水性がなくなっていて、触るとチョーキング現象で手に粉がべったり付いてしまいました。

では、施工後を見てみましょう♪
塗り替え完成キレイですね!スタッコは凸凹しているのでローラーで塗るときは毛足の長いローラーで塗りました。

塀の塗り替え完成塀もこの通りキレイになりました。お客様とお話しさせてもらって、お客様が職人のことをとても褒めてくださいました。ひび割れがキレイになくなって、すごい技術だと感激されていて、私もとっても嬉しくなりました♪
お客様にご満足いただけることが一番ですね!

倉敷市茶屋町の公会堂の完成を撮りに行きました。

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

 こんにちは!寒くなりましたね。寒いのは苦手だけど、紅葉が色とりどりできれいだし、夜の空は澄んでいて星が輝いて見えます。昨日は倉敷のアウトレットに行ったら、イルミネーションが点灯してきれいでした。2日に点灯式があったそうです。寒いけど、きれいなものを見ると一瞬忘れますね♪

さて、今日は先週撮りに行きました、茶屋町の公会堂の完成をご紹介します。
茶屋町の公会堂は、外壁はALCパネルです。ALCパネルはサイディングのようにボードです。燃えにくい素材で、厚みがありますが、気泡が多く軽量です。小さ気泡がたくさんあるおかげで、断熱性も高く、防音性も高いことが特徴です。ただ、この小さな気泡の穴に水が入ってしまうと、パネルの中に水が回り、漏水となってしまうんです。なので、ALCパネルはメリットはたくさんありますが、デメリットは雨が侵入しやすいことです。必ず定期的にメンテナンスが必要です。
Uカット   ↑この写真は茶屋町公会堂のALCパネルの外壁にUカットをしているところです。ここのパネルには細いヘアークラックがいくつもいくつもありました。サイディングやモルタルの外壁でのヘアークラックならば、下塗り材の厚みのある塗料などで十分補修できるのですが、ALCパネルの場合だとそうはいきません!一見ほそいクラックでも、ALCパネルの中は、気泡がたくさんあるので、奥の方までひびが入っていることが多いのです。水が回りやすいので小さなクラックは見過ごせません。そこで、Uカットといってクラックを大きく削り、コーキングを充填し、漏水させないようにするんです。

では、施工前の写真と完成した写真を比べてみましょう♪
まずは、施工前です。
茶屋町公会堂 施工前
 施工前の屋根です。
屋根の施工前
  そして完成です。
塗装後、完成
屋根の完成です。屋根の完成
びっくりするほどキレイになりましたね。Uカットした跡はどうしても残っていますが、この距離からだと目立たないです♪屋根は苔や藻がたくさんでした。苔や藻はブラシで丁寧に取り除きました。キレイに生まれ変わって、地域の利用する方々に喜んでもらえたらとても嬉しいです。
では、また次回♪

岡山市北区の現場、完成間近、塗装のラインをきれいに仕上げます。

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!日が昇るのが遅くなりましたね~朝日が入ってこないと起きにくくなりますね。まだ夜じゃん・・って思って時計見て焦る・・しかも寒いので朝がつらくなってきました。

さて、今日は昨日行きました、岡山市北区の現場です。
岡山市北区の現場こちらのお家は、昨日ちょうど塗装が全部できたところでした。塗装のチェック(検査)が通れば完了です。あとは、バルコニーのFRP防水工事です。

塗装のチェック(検査)というのは、何をするのかといいますと、まずは、
・塗料の色や塗る箇所が指示通りにできているか。
・飛び散りや塗り残しがないか。
・模様やラインがきちんとできているか。・・などです。
最後の模様やラインは、職人さんの技術次第です。模様というのは、外壁に塗料を吹き付けて模様を出したり、特殊なローラーを使って模様を出したりします。
ラインというのは、色が変わるところを、真っ直ぐな線で分けることをいいます。

ひさしのライン   ↑ひさしの写真です。赤で〇しているところがラインを出すところです。外壁とひさしの色が変わるところなので、真っ直ぐきれいに見せなければいけません。

ひさしの上のライン   ↑近くで見てもとってもキレイです。職人さんはこれをフリーハンドでやてっています。

塗装が完了した玄関  ↑玄関の外壁と軒天の境もきっちりとラインが出てキレイです。

こちらのお家は屋根の塗り替えもしました。
塗り替え前の写真です。
アーバニーの瓦、施工前アーバニーという瓦はとても割れやすい特徴があります。写真にも分かるようにひびや割れが起きています。ひびや割れは補修材で修復してから塗装しました。

アーバニーの瓦、塗装後塗装後です!艶も出てきれいに仕上がりました。アーバニーは割れやすいので定期的にメンテナンスすることがとっても重要です。

残すはバルコニーのFRP防水工事で完成です。楽しみですね。

倉敷市松島と中庄の現場、アウトレットプランでお得に!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓


こんにちは!最近寒くなってウォーキングに出るのがおっくうになってきています・・。週3日くらいですね。ウォーキングしたい気持ちはあるけれど、着替えるのも寒くて(笑)歩き出すとすぐ温かくなるし、そのあともずっと体が温まっているので調子はいいんですけどね!もっと寒くなる前に日課にしたいです。

 最近、事務所から近場の現場が2つあるのでご紹介します♪

倉敷市松島の現場
倉敷市松島の現場です。こちらは外壁の塗り替えをします。この日はコーキングの撤去と打ち替えをしていました。コーキングは、劣化するとひび割れたり切れたりするのでメンテナンスが必要です。ひび割れたり切れたところから雨水が入ってしまうこともあります。雨は1ミリの隙間があれば入ります。さらに風があると勢いがついて建物の奥にすぐに入っていってしまうんです。建物には必ず防水シートがありますが、いつも濡れた状態にあると劣化が進み、防水シートが傷んでしまったり、ビスを錆びさせてしまい、そこからさらに内部へと侵入してしまうこともあります。
コーキングは外壁のひび割れと同じく、雨漏りする箇所なので必ずメンテナンスしましょう。
コーキングの撤去  ↑コーキングを撤去しています。撤去は、コーキングの左右の端にカッターを入れて引っ張ると取れます。コーキングは、建物が揺れたり気温の変化で伸縮したりするときに起こる、力を吸収するためにあります。なので、ゴムのように弾力があり伸び縮みします。でも、劣化していくと固くなってしまいます。すると、切れやすくなってしまうんです。ゴムと同じですね。もちろん固くなってしまうと、力を吸収する働きも悪くなってしまいます・・。撤去するときは既存のコーキングが残らないよう丁寧に撤去します。きちんと撤去できていないと、コーキングの状態が劣化が進んでいなくても切れやすくなってしまいます。
丁寧に撤去したあとは、充填していきます。

中庄の現場もうひとつの現場は中庄です。外壁の塗り替えと屋根は、一部スレートで塗り替えます。こちらはアウトレットプランでの塗り替えです。塗夢のアウトレットプランは、大好評をいただいております。在庫にある塗料から選んで頂くことになるので、色が希望されるものがない場合もございますが、タイミングによっては長持ちするフッ素塗料や無機塗料もございますので、かなりお得感あります♪

塗夢のアウトレットプラン→https://www.paint-tom.com/plan/#out_plan


外壁下塗り中
今回はアウトレットのシリコン塗料です。また現場へ行ってきます。

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT