塗夢 塗装

倉敷市笹沖玄関土間とバルコニーのコンクリート修復工事

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪



↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓


こんにちは!塗夢の佐藤です!

今日は以前にも記事に書かせていただいた笹沖のお家の完成写真を撮ってきました♪

こちらのお宅には元気いっぱいのわんちゃんがいます!
知らない人が来たらちゃんと吠えてくれる番犬わんちゃんです!
以前もお伺いしたことがあるのでもしかしたら今日は覚えていてくれるかもしれない!と胸ふくらませてお伺いしたのですが、やはり警戒心Maxで元気よく吠えられてしましました(笑)

吠えることがわんちゃんのお仕事ですものね!
ちゃんとお仕事して偉い!(笑)
私も負けずにお仕事しなっくっちゃ!(笑)

私は早速パシャパシャと撮影させていただきました!


今回のお客さまのご依頼は、バルコニー床のコンクリート部分と玄関土間の部分の修復工事のご依頼でした。

まず、バルコニー床のコンクリート部分です↓
笹沖 o様邸↓拡大図↓
笹沖 o様邸築35年以上経っているそうなので経年劣化してしまったコンクリートが剥がれ落ちてしまっていました。

知らないうちに落ちてきていたそうで、人や物にあたらなくて本当に良かったです。
お庭にいるわんちゃんにも当たらなくて良かったです。

こちらが修復後の写真です♪
o様邸 バルコニー床

今回剥がれ落ちた部分はコンクリートの表面部分でしたのでコンクリートで剥がれ落ちてしまった箇所を修復させていただきその上から塗装させていただきました!

そしてもう一つは、玄関の土間部分です!
o様邸 土間o様邸 土間
土間部分のコンクリートも壊れてしまっており上に乗るのも崩れて危ない状況でした(-_-;)

こちらも修復させていただきましたよ♪
o様邸 土間お客様には大変気に入っていただきました!

今日お伺いした際こちらの土間にゴザが敷いてあり午前中にお客様がゴザの上に座ってわんちゃんと日向ぼっこをしてくださっていたそうですよ♪

完成後お客様の素敵な場所にしてくださって私たちもとっても嬉しいです♪
ありがとうございます(^^)♪


岡山県にお住いの方で雨漏りにお困りの方はおられませんか? 

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪



↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓


こんにちは!塗夢の佐藤です!

現在、岡山市のマンションにて大規模改修工事をさせていただいております!
イーストコーポ
現場には大きな足場が組まれています!


足場を設置してくださったのはいつもお世話になっている小谷産業さんです!

足場は安全に作業するためには必要不可欠なのでしっかりと架けさせていただきます!
イーストコーポ
こちらのマンションでは雨漏りがありオーナー様も大変悩まれ何度か他業者で雨漏り改修工事をおこなったそうですが改善することはなかったそうです。

塗夢ではよく、「他の業者に雨漏り改修工事を頼んだが治らなかった」と相談に来られるお客様が大変多いです。

なぜそんなことが起こるのかといいますと、雨漏りのメカニズムと原因をはっきり理解していない業者さんが少なくないからだそうです。

ですが、雨漏りは原因をしっかりと突き止めなければ悪化していくだけです。

今回のマンションでの雨漏りの原因は屋上部分のウレタン防水の劣化でした。
イーストコーポ
雨漏りは、全体的な劣化が見られなくてもほんの少しの劣化でどんどん浸み込んでしまいます。

雨水が直接的に肉眼で見えなかったとしても、実際は建物内部にしみ込んでしまっているということはよくあります。
そうなると、建物はどんどん劣化していき最終的には建物の寿命は短くなってしまいます。

塗夢では、持続的かつ確実な改修工事をご提供させていただきます!

現在では、足場組みも終わり建物を汚したり傷つけてしまわないようにするための養生作業も終わりました!イーストコーポ

それではまた、次のブログで雨漏り補修工事の工程をアップさせていただきますね!♪


岡山市東区ケレン作業と高圧洗浄は塗り替え塗装の基礎中の基礎

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪



↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓


こんにちは!塗夢の佐藤です!

今日は午後から雨ということで、午前中は施工前のアパートと施工途中のアパートを2件お伺いさせていただきました!
2件とも廻り終えた帰り道で雨が降り始めたのでばっちり現場の写真を撮影する事が出来ました!


今日お伺いさせていただいたアパートのまず1件目です!
岡山市東区にある施工途中のアパートの施工状況について書きたいと思います!


こちらのアパートは2棟ありもう一つはまだ塗装中の段階でした!

完成前の外壁は経年劣化により壁を触ると手に白い粉が付く現象(チョーキング現象)が起こっていました。グランドハーベスト チョーキング
チョーキングは、塗り替え時期を表してくれるサインです!
最近多く使われているサイディングボードといわれる外壁は必ずチョーキング現象が起こります!

もし、お家がサイディングボードを使用しておられましたら手で触って外壁の状況を見てみることをおすすめします!
是非、お確かめください!


さてさて、話は変わりますが
何事も基礎って大事ですよね!

それは塗装の世界にも共通することで、塗り替え工事を始める一番最初の土台となる部分は洗浄作業だと思っております。この土台の作業を怠ってしまうと、どれだけいい腕を持った左官職人さんが塗っても壁の汚れや朽ちた部分が剥がれていき塗り替え工事は台無しになってしまいます。

前回、現場にお伺いした時に職人さんが階段のケレン作業をされていました!
ケレン作業とは汚れや錆を落とす作業です!
そしてケレン作業も欠かせない土台の一つです!
職人さんは、一段一段丁寧にケレンされていました!↓!↓

グランドハーベスト ケレン作業
中腰姿勢で大変そう!
もくもくとお仕事をされている職人さんの姿はやっぱりかっこいい!!

今日お伺いさせていただいたときは、綺麗にケレン作業も終わり階段も塗装されていて輝きが増していました!
グランドハーベスト ケレン作業ケレン作業も外壁塗り替えと同じで基礎にあたる部分です。
その作業を怠ってしまうとすぐに塗料が剥がれてきてしまいまうのでしっかり丁寧に施工させていただきました!

さあ!もう一棟の完成ももうすぐです!
完成が楽しみですね!!!

倉敷市整骨院様 基礎は泥はねを防ぐ塗料で屋根は遮熱塗料を使用

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪



↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓


こんにちは!塗夢の林です。いよいよ寒くなりましたね!この間、事務所の近くに新幹線のドクターイエローが通りました!

リフォームサポート塗夢の事務所から新幹線がすごーくよく見えるんです。事務員みんなと見て感動しました!

さて、今日は先週行きました倉敷市西坂の整骨院さまの現場のようすをお伝えします。
すごう整骨院 足場組み
もう完成が近く外壁は下塗りと上塗り2回ができていて、屋根も塗り替え完了しています。この日は”基礎”を塗っていました♪
建物の基礎は、地面に一番近いので泥はねの汚れが付きやすい部分です。

汚れた基礎↑地面からの汚れと雨筋の汚れが目立っています。
なので、塗料は撥水性があり、泥汚れも雨で流してくれるセラミガードを使用しています。撥水性が良いので苔や藻がつきにくくなります。
職人さんが丁寧に刷毛とローラーを使い分けて塗っています。まず刷毛を使ってはしの方を塗っていきます。次にローラーで広い面を塗っています。これは、ローラーではしの方を塗ると養生ににじんで塗料が地面や上にある水切りににじんでしまうからだそうです。基礎を塗るだけでも刷毛とローラーを使い分けて、仕上がりがきれいになるようにしているんですね!


屋根は完成していました。屋根は金属素材で、塗料はミラクールという遮熱塗料を使用しています。白の色にはわけがあって、”遮熱塗料の効果を上げるため”です!遮熱塗料+色を白にすることによって室内の体感温度は3℃も違うそうです。
遮熱塗料を塗った屋根
↑ボルトキャップも全て装着しました。このキャップによって錆を防ぐことができます♪

もう完成も近いです!また現場のようすをお伝えします!

総社市 塩ビ防水シートを使った屋根・バルコニーの防水工事

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪



↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓


こんにちは!

今週から総社市泉団地で屋上陸屋根防水工事と屋上バルコニーの防水工事が始まりました!

↓こちらは、施工前の屋上陸屋根です!↓
T様邸 泉
屋根床はウレタン素材の塩ビ防水シートを使用されているのですが劣化して浮き上がってきてしまっています。
破れてしまった塩ビ防水シートの裂け目から水が浸入し下地が水を吸っていました。

お客様は数年前に一度、屋上陸屋根と屋上バルコニーの防水工事を行ったことがあるそうです。
しかし、修復工事をして数年後には画像のような状態になってしまい保証書を貰っていなかったお客様は何もできずこの状態のままにしてしまったそうです。

ですが、このような状態のまま放置してしまってはどんどん傷みが悪化してしまうので
この度、塗夢で改修工事をさせていただくことになりました。

塗夢ではお客さまのお家の条件や状況に合わせた最善の方法で施工させていただきます。
その為、一言に防水工事といいましても毎回同じ内容を施すわけではありません。

田中様邸 屋上陸屋根
今回の場合ですと屋上陸屋根はウレタン素材の塩ビ防水シートを機械工法で貼り付けます。

屋根床の上表部にウレタン素材の塩ビ防水シートを敷くのですが、機械工法を活用することで施工後、画像のような塩ビ防水シートの劣化が生じにくくなります!

機械工法は、下地と塩ビ防水シートを密着させるのではなく部分的に固定される仕組みになっています。
この工法を活用することで物理的動きがあっても伸縮性のある塩ビ防水シートは伸び縮みを可能にします!その結果、亀裂などの劣化の発生を軽減させる事が出来ます。

↓屋上バルコニーは同じくウレタン素材を敷き、機械候補とはまた違った密着工法で固定します!↓
田中様邸 屋上バルコニー田中様邸 屋上バルコニー
先日足場が完成したのでまた機械工法と密着工法の工程をご紹介いたしますね!

岡山市中区 モニエル瓦の塗り替え工事を写真で解説!!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪



↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓


こんにちは!

本日のブログは以前もご紹介させていただいたモニエル瓦についてです!

モニエル瓦は数十年前に「塗装のいらない瓦」として発売され大変多く出回りました。
しかし実際はメンテナンスの費用と手間がかかることから現在では製造されていません。

先日、モニエル瓦の塗装工事を終えたお宅に完成写真を撮影させていただいたので、そちらの写真と一緒にモニエル瓦の外壁塗装の工程をご紹介させていただきます!

初めに、モニエル瓦には見た目のよく似た瓦が存在します。
それはセメント瓦というのです!
見た目は似ていますがモニエル瓦とセメント瓦の施工方法は全くの別物です!

実はモニエル瓦にセメント瓦と同じ手法で施工してしまうと塗料はすぐに剥がれてしまいます。

(剥がれてしまう原因を説明した過去ブログです!↓)
https://www.paint-tom.com/blog/blog-paint/blog-16570/

ですがモニエル瓦とセメント瓦の違いを見分ける方法があります!
それがこちら!↓

↓まず、モニエル瓦についてです!↓
モニエル瓦
モニエル瓦は、瓦の側面に凹凸があります。

↓こちらがセメント瓦です↓

モニエル瓦に比べると側面はツルツルです♪

塗り替え塗装の時期を迎えたモニエル瓦の表面はぼそぼそとしているのでその上から塗料を塗ってもすぐに剥がれ落ちてしまいます。
その為重要になってくるのが洗浄作業です。
洗浄作業でモニエル瓦の朽ちてしまった部分を取り除くことで塗料が剥がれ落ちにくくなります。

さっそくモニエル瓦の塗装工事工程を見ていきましょう!


↓こちらが塗装前の状態です↓
o様邸 モニエル瓦
瓦の表面が剥げてしまっているのでちょうど塗り替え時期でした!

ここで最初のポイント!
↓高圧洗浄機での洗浄作業です↓
o様邸 モニエル瓦
しっかりと細部まで汚れを落とすことがポイントです!

高圧洗浄機で落としきれなかった部分は職人さんが手作業で汚れを取り除いていきます!

この作業を怠ってしまってはすべてが台無しになってしまうのでいつも入念に洗浄させていただいております!


↓こちらがモニエル瓦に使う塗料です↓
o様邸 塗料モニエル瓦の場合塗装前の下塗りを2回します!そうすることで塗料がしっかりとくっつきます!

この作業もモニエル瓦には欠かせない作業の一つです!
o様邸 塗料o様邸 塗料
そして上塗りをこれまた2回させていただきます!
岡様邸 屋根岡様邸 屋根こちらが完成写真です!

ピカピカの綺麗な屋根に仕上がりました!
岡様邸 屋根

倉敷市笹沖 外壁カラーシュミレーションを使ったお色選び♪

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪



↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓



こんにちは!

今日は外壁塗装をお考えのお客様におすすめのカラーシュミレーションについてご紹介させていただきます!

カラーシュミレーションとは実際の建物の写真にカラーサンプルを投影させることで、
お客様に具体的なイメージを持っていただけるというものです!

例えば、、、
エクロール↑倉敷市笹沖にある一階が店舗で二階がマンションになっているこちらの建物の場合↑

最初は無機質な印象でしたが
↓カラーシュミレーションを使って見ると…↓
こんなに簡単にお色のイメージを具体化させることができきちゃいます!

4つとも全く違った表情になりましたね!
一階が店舗ということでバイカラーにしてより目立つ色合いのサンプルも投影させていただきました!

このようにして、たくさんあるカラーサンプルの中からお客さまの理想に合ったお色を選んでいただき施工に入ります!

最終的に、お客様にはこちらのカラーシュミレーションをもとにお色を決めていただきました↓
エクロール
↓そして完成形がこちらです!↓
エクロール
どうしても、シュミレーション画像と多少の差異はありますが、シュミレーション前の建物を見ただけではバイカラーの具体的イメージは湧きにくいですよね!

施工前と完成形を比べてみると、
施工前は一色のみでしたのであまり目立たない印象があったように思います。

しかし、階段室と本体の部分の色をバイカラーにすることでより洗練されて以前よりも目立つようになったのではないでしょうか♪


シュミレーションをしてみると完成形が想像しやすくなりよりお客様の理想に合ったものを提供することができるのです!!!


もし、外壁塗装をお考えのお客様がおられましたら
是非カラーシュミレーションを使って素敵な外壁塗装リフォームにしてみませんか?♪

外壁に触ると白い粉!?チョーキング現象は塗り替え時期のサイン?

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪



↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓



こんにちは!
皆さんチョーキングってご存知ですか?

チョーキングとは外壁の劣化に伴い壁に触れると手に白い粉が付くという現象です。

チョーキングはモルタルやサイディングの外壁には必ずおこる現象です。

どんな現象かというと、


エクロール↑このように壁に触れると手に白い粉が付いてしまいます↑

この現象はモルタルまたはサイディング外壁によっておこるものではなく、
使われる塗料の劣化が原因で起こります。

そして、この現象は外壁の塗膜劣化の症状の一つで、この現象が起こると外壁の塗り替え時期と言われています。

チョーキングは大体、5~10年経つとどんな場合でも起こるといわれています。

新築のお家ですと早くて5年で塗り替え工事が必要になってくるケースもあります。
特に、よく日の当たる場所、海沿いのお家は早い時期の塗り替えが必要になります。
なぜなら、新築のお家ですとお客様の要望がない限り使われる塗料はアクリル塗料を使うからです。

アクリル塗料は料金は安くはなりますがその分対応年数が短いという特徴があります。

皆さんのお家はいかがでしょうか?
チョーキング現象はお客様ご自身でお調べすることもできます。

ポイントは、よく日の当たる場所、海沿いにお住まいの方は塩害を受けやすい外壁面を触ってみることです。
もし、白い粉が付きましたら外壁塗装のタイミングを考えられるのもいいかもしれません。

モルタルとサイディングの壁のサンプル写真を貼りますので是非参考にしてみてください!
↑こちらはモルタル外壁です↑

そして、、、
すごう整骨院 外壁↑こちらがサイディング外壁です↑



《↓サイディング外壁の写真の真ん中にある亀裂(コーキング部分)についてご紹介しているブログもあるので是非そちらも読んでみてください!↓≫
https://www.paint-tom.com/blog/blog-paint/blog-16656/



このようなタイプの外壁ですと必ずチョーキング現象は発生します。


チョーキング現象が発生するということは、塗料の大切な役割は果たされません。
例えば、撥水効果がなくなるため壁は水を吸ってしまいます。水を吸って乾いてを繰り返すと最終的にひび割れが起こったり紫外線の刺激を直接的に受けてしまいお家の寿命を縮めてしまいます。

また、汚れも付きやすく苔やカビなどが生えてきます。

そこで重要になってくるのが、塗装工事のタイミングです。
チョーキングが発生して出来るだけ早く対処する方が、料金もだいぶ変わってきますし、お家の寿命を縮めてしまうようなこともありません。


しっかり塗装工事の専門家に見てもらい適切な時期に対処することがお家を長持ちさせる重要なポイントになってきます!

倉敷市笹沖 劣化したコンクリートの補修工事もやってます!


いつもブログの閲覧ありがとうございます♪



↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓



こんにちは!今日は倉敷市笹沖にあるレトロな煉瓦造りのお家に伺いました!



笹沖 S様邸
伝統の煉瓦色が趣をだし、外観のデザインがとてもおしゃれでした!お庭のアイビーの蔦がお家ととってもマッチしていると思いませんか!?♪

こんなに素敵なお家はできるだけ形を変えず残しておきたい!
なんて私が思ってみたり…笑

かわいいお家のためにも丁寧にメンテナンスをさせていただきますね!

私がお伺いさせていただいた際、ちょうど奥様がおられたのでご挨拶させていただきました!そしてお家のこともいろいろ聞く事が出来ました!

奥様が教えてくださったのですが…
なんと、こちらのお宅は築35年以上も経ているそうです!

約35年以上も前からこのおしゃれなたたずまいをしていたんですね!♡

ですがやはり、ところどころ劣化が見られました。今回はバルコニーの防水工事と駐車場の壊れたコンクリートを直してほしいということでご依頼をいただいております!
笹沖 S様邸↑バルコニーのコンクリート部分にはひびがはいいており大変危険な状態です。↑


笹沖 S様邸↑そしてバルコニーの下の部分はコンクリートが剥がれ落ちていました。↑

ひび割れは耐久性の低下につながり、剥がれ落ちてしまうまでになっては大変危険な状態です。
今回はたまたま、人や物にあたることはありませんでしたが次いつ落ちてきてもおかしくはない状態です。


コンクリートのひび割れは複数の原因が重なり合って起こる場合が多いため、しっかりと主要原因を突き止め補修しなければなりません。
そして、いくつかひび割れがある場合も原因は一つ一つ違うため細かく調べての補修となります。

こちらのお宅でもいくつかのひび割れが発見されました。
笹沖 S様邸こちらのひび割れは下から見たバルコニーの床部分です。
大きく亀裂が入っており奥様は毎日このバルコニーに上がって洗濯物を干すそうなので一日でも早く安全に生活ができるようになるために最善を尽くします!

そして、お庭には元気いっぱいのワンちゃんがいたのでワンちゃんたちも安全に生活できるように、一つ一つ原因を突き止め丁寧に修復させていただきます!

それではまた施工状況をアップさせていただきますね!

コーキングの修復作業はお家の寿命を長くします!!!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪



↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓



こんにちは!
今日は昨日アップさせていただいた倉敷市にある整骨院様のコーキング作業の続きです!
すごう整骨院 足場組み
コーキングとはサイディングボードという外壁パネルの間を埋めるゴムの性質を持った樹脂のことを言います。
要するに、暖衝材の役割をしてくれるというものでしたよね!

今回は、コーキングを埋めたあと洗浄という流れでした!
職人さん曰く、コーキングと洗浄作業はケースバイケースで順番が変わるそうです。
ですが、コーキングの劣化が原因で雨漏りをしているというような場合には必ず先にコーキング作業を終わらせて洗浄という流れだそうです!


コーキングの打ち替え工事の必要性は専門的知識がなくても見分けられます!
このように外壁パネルの間のゴムの部分に亀裂が入っていたら出来るだけ早い修復工事をおすすめします。

なぜなら、コーキングの亀裂が直接的に雨漏りにつながるとは言い切れませんが、結果的に雨漏りにつながり、お家の寿命を短くしてしまう原因にもなってしまうからです!

そして、もしコーキングの亀裂や隙間から雨漏りしてしまってからの修理となると費用もかなり上がってしまいます。

こちらは、今日伺った整骨院様の劣化したコーキング画像です。
お調べしたところ、現在の段階では雨漏りは発見されませんでしたが、今後高い確率で雨漏りしてしまう可能性があるので今回打ち替え工事をさせていただくことになりました。

↓だいぶ大きな亀裂が入ってしまっています↓
すごう整骨院 外壁
そして今日は、職人さんが丁寧にコーキングの間を埋める作業をまじかで見る事が出来ました!
すごう整骨院 コーキング↑このような感じで間ひとつひとつを丁寧に埋めていきます!↑


コーキングの目地がスーーーっと埋まっていくのが何だか気持ち良くてつい動画を撮ってみました笑


すごう整骨院 養生とコーキングもし、明日雨が降らなければ塗装作業が開始いたします!
その時はまたブログにアップさせていただきます!

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT