塗夢 塗装

岡山、倉敷、総社にお住いの方にお届けの外壁塗装チラシです!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!リフォームサポート塗夢の新しいチラシができました!塗夢の事務所から半径10キロ圏内の折り込みチラシでお届けしますので、岡山市は岡山駅、奉還町辺りから倉敷市は堀南や西阿知町、総社市にもお届けいたします。

リフォームサポート塗夢のチラシ リフォームサポート塗夢のチラシ
今回のチラシは手書き風のデザインです。見やすくなりました!
さらに、お得な情報も入っていますよ~。2枚目のチラシを見た!!のところチェックしてください。シリコン塗装の価格でフッ素塗装をご提供とあります!毎月限定3名様なのでお早めにお問い合わせくださいね。もちろん、このブログを読んでくださった方にも言ってもらえるのでお得な情報ですよ~♪

シリコン塗料からフッ素塗料に変わると耐久年数が大きく変わりますし、シリコン塗料にはない、メリットもあります。


フッ素塗料のメリット
・汚れにくい(親水性が高いため、雨水で汚れを落とします)
・高い耐久性
・紫外線に強い(色褪せしにくいです)
・ツヤがある(光沢感)

シリコン塗料も、ひと昔前に主流だったアクリルやウレタン塗料よりもずっと耐久性もあり、よい塗料ですが、今はだんだんと、フッ素塗料や無機塗料が人気になっています。やっぱり長持ちするからなんです。屋根や外壁を塗装するだけで、足場を組む大がかりな工事になります。それならば、耐久性の高い、長持ちする塗料で塗り替えて、次の塗装までの期間を延ばしたいですよね。
フッ素塗料で塗装した家
フッ素塗料で塗装した家

フッ素塗料で塗装した住宅です。↑
洋風のお家は窓にひさしがない住宅が多く、窓枠の雨筋の汚れとかって気になりますよね。フッ素塗料で塗り替えると、親水性が高いので、外壁に汚れが付かず、雨水で浮かして流してくれるんです。
きれいな状態を長く保つフッ素塗料、おすすめです♪

岡山市でモルタル外壁の塗装 ひび割れは必ず補修!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓
こんにちは!ここ最近、岡山県は毎日コロナ感染者数が増えていますね、感染経路が不明な人が多いようで、無症状で感染している人が町中にいるということですね。風邪とかインフルエンザも調子が悪い時にかかりやすいので、いつも元気でいられるよう食事にも気を付けます!

さて、今日は岡山市北区の住宅塗装現場です。
岡山市の塗装現場こちらの住宅は本宅と離れの2棟を施工しています。外壁は本宅はモルタルで、離れはサイディングです。どちらもシリコン系の塗料で塗装します。
本宅はモルタル外壁なので、ひび割れ(クラック)がいくつかありました。補修してから塗装をします。
モルタルのひび割れ
モルタルのひび割れ
モルタル外壁は割れやすい外壁です。塗膜が割れている場合と、下地が割れている場合があるので注意が必要です。ヘアークラック(0.3㎜以下)だと、塗膜が割れていますが、割れが大きくなると要注意です。雨が入ってしまうと、塗膜を浮かせるので膨れが発生します。上の写真は塗膜のひび割れなので補修材で修理しました。下地が割れている場合は、Uカットという、サンダーでひび割れを削り、補修材を充填してクラックを修理します。
Uカット工法
シーリングを充填
仕上げして完成
こちらの住宅の外壁ではUカットをしていませんが、他の外壁で、Uカットでクラック処理しているようすです。
モルタルはひび割れしやすい外壁です。塗膜のひび割れか下地のひび割れか区別がつきにくいこともあります。塗膜は割れず、下地だけ割れていることだってあります。まだ大丈夫な範囲のひび割れもあれば、雨漏りしてしまい、基材を傷めてしまう危険なひび割れもあるので、気になったらお気軽に質問してくださいね♪

倉敷市のアパート塗装、アウトレット塗料で塗料代が半額以下!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!昨日も今日も暑いですね~。半袖でもいいくらいです。マスクが息苦しくなってきますね・・。変異種が増えているのがこわいですね。なので不織布マスクで頑張りたいです。

さて、今日は昨日行きました倉敷市松島のアパート塗装です。
倉敷市アパート塗装現場
こちらのアパートは、屋根は陶器瓦なので塗装はしません。外壁はモルタルで、アウトレット塗料で塗装しています。
アウトレット塗料というのは、リフォームサポート塗夢だからできる、塗装プランです。塗夢は年間施工件数、県内1番の小山塗装のグループなので、大きな物件を扱う小山塗装の在庫を、塗夢のアウトレット塗料としてご提供しているんです。なので、在庫がなくなり次第終了となりますし、色や量が限られてしまいますが・・とにかく安いです!塗料代は半額以下です!「まだアウトレットありますか?」とお気軽にお問い合わせくださいね。

モルタルの下塗り材”サーフ”
アウトレット塗料
塗夢のアウトレット塗料

上の写真はモルタルと相性の良い下塗り材、サーフSGと、塗夢のアウトレット塗料です。モルタルはどうしてもひび割れが入りやすいですので、この下塗り材サーフがいいんです。サーフは微弾性の塗料で、伸縮性があります。なので、建物の揺れに追従でき、割れにくくなるんです。

社長と現場めぐり
社長と現場めぐり

この日は久々に社長と現場を回りました。普段は一人でカメラを持って岡山市と倉敷市をぐるぐるしてるんですけど、久しぶりに社長と一緒です。社長がどこを見て何をチェックしているか、とても勉強になります。社長も毎日、現場を回ったり、お客様の現地調査やお見積りを届けに行ったりと、ぐるぐるしています!

こちらの現場、近くに用水路があるんですが、側に木があって、根っこから折れてるんですけど、すごい生命力なんです!ちょっとご紹介します。
折れてても生きている木
用水路の水面に沿って、枝が平行になっています。根本から折れているんですが、かろうじて繋がっている部分があって木が頑張っているんです。

こちらのアパートの現場に行くたびに、葉っぱが大きくなっていました♪

葉っぱが大きくなっている

葉っぱが大きなっている

もう完成が近いですが、葉っぱがたくさんになるところを見たいです!それではまた次回♪

岡山市の外壁塗装、打ちっぱなしコンクリート塗装をしています!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!土日は寒かったですね。岡山県ではコロナウイルス感染者数が、この土日で合わせて100人を超えました。これから暖かくなって、昨年のように落ち着いたらいいですね・・。変異種はやっぱり強いんですかね~・・。

さて、今日は先週行きました岡山市の3階建て住宅の塗装現場です!
岡山市の住宅塗装現場
レッカノンという塗料を使って、コンクリート塗装をしていました。
コンクリートの塗装
コンクリート打ちっぱなしはとってもかっこいい外壁ですよね。ですが、コンクリートは雨水をしみ込みやすいので、メンテナンスがいるんです。
コンクリートに雨水がしみ込むと、なぜよくないのかと言いますと、結局はもろくなるからです。コンクリートは強いアルカリ性で、雨水は酸性なので、それが表面や中にしみ込んでいくと、中性化されてコンクリートが溶出していくんです。
コンクリート成分が溶出
コンクリートが施工当初はツルツルしているのに、だんだんとザラザラして黒ずみ、砂利や小石が見えるのは、コンクリートの表面が溶けて流れているんです。
コケが生えているところは、中まで中性化が進んでいるということなんです。
最終的には、コンクリートはもろく、簡単に割れてしまいます。
コンクリートに雨水を当たらないようにするのはできないので、塗装で雨水を入らせないようにします。
劣化したコンクリート
劣化し、ザラザラして砂利が見える打ちっぱなしコンクリート
きれいなコンクリート
きれいでツルツル、スベスベした打ちっぱなしコンクリート
今回、打ちっぱなしコンクリートに塗装した塗料の”レッカノン”は、乾くと水をはじくんです。なので2回塗装なのですが、1回目が乾く前に塗装しなくてはいけないんです。乾いてしまったら、レッカノンの2回目の塗装は、はじいてしまい、塗料が水の玉になって塗ることができないんです。夏場はあっという間に乾くからとっても大変だそうです。

塗料を塗って乾いたところには塗れない
上の写真のように、塗料が乾いたところには、重ねて塗装できません。通常の塗料は、乾いてから塗装なんですが、レッカノンは撥水性が高いのでちがうんですね~。もちろん写真のコンクリートはちゃんと2回塗装できてますよ!
このように、撥水性が高く、水をはじくので、コンクリートに雨水が当たってもはじいて中性化から守ってくれるんです。
完成までもう少しです。楽しみですね♪

倉敷市で外壁塗装と屋根の葺き替え 軒天、破風もカバー工事中!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓
こんにちは!ニュースでコロナウイルスは接触感染は少ないとやっていました。今更!と思いましたが、確かに岡山・倉敷のクラスター発生も飲食店やカラオケ店が多いですね。飛沫感染や空気感染が感染しやすいんですね。やっぱりマスクを取らないのが予防効果がありそうですね!

さて、今日は倉敷市水島の現場、屋根の瓦葺き替え工事と外壁塗装工事、軒天のカバー工法です♪

倉敷市水島の現場
こちらの屋根はセメント瓦で劣化状況が悪く、割れている瓦も多くありました。ルーフィング(防水紙)も劣化していて、雨漏りをしていた痕跡も見られました。
それも原因と思われる、軒天の木の剥がれもあり、軒天は塗装ではなく、上から新しく軒天をカバーする方法でメンテナンスします。

軒天の木の剥がれ↓
軒天の劣化軒天部分は雨や紫外線にほとんど当たらない部分です。この部分がこのように劣化することはあまりありません。屋根のルーフィング(防水紙)の劣化で雨水が回っていた可能性があります。↓ルーフィング(防水紙)は破れていて雨染みだらけでした!
ルーフィングに雨染み
軒天を新しく木でカバーしていくと・・。

軒天、鼻隠しのカバー工法どうでしょう!キレイですよね!軒天は木の板で張り、鼻隠し部分は板金で覆っています。破風と鼻隠しは板金に変わります。破風は特に雨が当たるので板金だと安心です。雨樋は交換するので撤去しています。
今回の工事で、屋根は葺き替えし、塗装メンテナンスのいらない平板瓦に。同時にルーフィングも交換。外壁はひび割れしにくくなる、厚膜をつける塗装方法でゆず肌模様になり美しく。軒天、破風、鼻隠し、母屋木は板金を巻くカバー工法で。雨樋は新しく交換します。これだけたくさんの工事をします。だけど、古くなったお家を、長くまだまだ住むのに大事な工事です。

母屋木に板金巻き   ↑母屋木にガルバリウム鋼板を巻いています。もともとは木で、風雨で傷んでいました。板金を巻くことで雨に当たっても、木のようにしみ込むことがないので劣化もしにくいです。
屋根は葺き替えで、セメント瓦から平板瓦になります。大屋根は完成して、下屋根がもうすぐ完成します。
楽しみですね!
下屋根の葺き替え工事

玉野市で外壁をダブルトーン塗装したお家が完成!おしゃれに♪

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!昨年の今頃は、コロナウイルスの流行と緊急事態宣言の最中で、人が集まるイベントが相次いで中止になっていましたね。今年は感染対策がされて、イベントも復活しているものもありますね。
私の好きな岡山市サウスビレッジの”アミティエマルシェ”も来週あるみたいです!できたら行きたいなと思ってます♪

さて、今日は玉野市で外壁と屋根の塗装をして、外壁はおしゃれなダブルトーンの塗装をしたお家の完成です!
まずは、塗装前、ビフォアーです。

  ビフォアー
玉野市の住宅、塗装前
塗装前の外壁は、全体的に色褪せがありました。
北側にはコケが生えている部分もあり、フッ素塗料をご希望されました。フッ素塗料は、コケや藻が生えにくく、外壁が汚れても雨水で流してくれる親水性のいい塗料です。一般的なシリコン塗料に比べ、3年から5年程度長い耐久性です。
では、ダブルトーンで塗り替えしたアフターです!

  アフター!
玉野市の住宅、塗装後
いいですね!塗り替えてお家が明るくなりました。ダブルトーンは明るく優しい、ベージュとホワイト。この組み合わせ、とても好きです。
お客様もとても喜んでくれました。この美しい外壁がフッ素塗料で長くキレイさを保つので嬉しいですよね。
今回の住宅は、1階と2階全体が同じサイディングのデザインで、ダブルトーン塗装も外壁全体に施工しました。
もちろん、1階部分だけダブルトーンにすることも、玄関回りだけダブルトーンなど、アクセントにも使えます。その場合は、濃い色でダブルトーン塗装にするのもキレイですよ~。
最近ダブルトーンがとても人気です。
サイディングがでこぼことしたデザインでしたら可能です。お家の隅に試し塗りすることもできますので、ぜひお試しください♪

倉敷市で外壁をクリアー塗装!フッ素塗料で汚れが付きにくい!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!岡山県は4月に入ってコロナ感染者数が増えてたんですね!3日は20人も出てたんですね!3月は少なかったのであまり気にしていなかったのでびっくりしました。感染対策をしっかりして気を引き締めていきたいです。

さて、今日は倉敷市西阿知の住宅塗装現場です。
倉敷市西阿知リフォーム
今回の工事は外壁塗装です。屋根は陶器瓦なので塗装はしません。
外壁はサイディングで多色のデザインです。築10年で色褪せも少なく、歪みや割れもなかったです。なので、デザインも色もそのままにできる、クリアー(透明色)で塗装します。
クリアーは、色褪せや割れがある場合にはオススメできないカラーです。色褪せもひび割れなども、透明の塗料で塗るのでそのまま出てしまいます。サイディングのデザインはそのままで維持できる、クリアーをご希望のお客様には、早めの塗装がいいと思います。
2階クリアー塗装完了2階のクリアー塗装が完成していました。ツヤっとしているのが分かるでしょうか?
このサイディングのように色が多数入っている模様の場合は、単色で塗ると模様がつぶれてしまいます。ダブルトーンという、2色で外壁のでこぼこを利用して塗装する方法もあるのですが、元のサイディングの柄と全く同じにはならないので、デザインはそのままにしたい場合には、クリアー塗装です!
このクリアーの塗料はフッ素塗料なので、キレイな状態を長く保ってくれます。

1階はこれから塗装にかかります。クリアーでの塗装も、下塗り、上塗り1回目(中塗りとも言うよ)、上塗り2回目の3回塗りです。
1階部分の塗装前1階の外壁です。2階と比べるとツヤ感がないのが分かります。

サイディングにはシーリングがあります。もちろん劣化しているので打ち替えをします。普段は先にシーリングの撤去と打ち替えをしてから塗装になりますが、クリアーで塗装するので、先に塗装してあとからシーリングを打ち替えます。
シーリングの劣化シーリングは割れてきていました。なぜ塗装したあとに打ち替えるのかといいますと、シーリングがゴムのような弾力性のあるものなので、伸び縮みします。先にシーリングを打ち替えしたあとに、クリアー塗装をすると、伸び縮みしたときに塗膜がよれてしまうんです。色がついていると目立たないんですが、クリアーだとよれが分かりやすく出てしまうそうなんです。
サイディングの外壁は、シーリングの劣化が外壁のもちを左右させます。固くなり切れると、サイディングにひび割れが起きたり、切れたところから雨漏りを起こすことがあります。塗装の際には必ず打ち替えした方がいいです。
こちらのお家は、サイディングも素敵ですが、お庭もとっても素敵なんです。完成が楽しみです♪

岡山市の住宅、外壁・屋根塗装 外壁材によって劣化状況がちがう!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!先週は岡山の気温は高かったですが、今週は肌寒い日が続きますね。
桜は葉桜になっていますね。早いです・・。事務所のハナミズキはもう咲きそうですよ~。

さて、今日は岡山市の住宅塗装現場です。
岡山市の住宅塗装現場
3階建てのお家の塗装をします。屋根と外壁の塗装、バルコニーなどの防水工事です。
外壁は、サイディング、セメント板のアスロック、打ちっぱなしコンクリート、アルミサイディング、タイルの5種類の外壁材が使われています。すごいですね!おしゃれな建物なんです。この5種類のうち、塗装するのは、サイディング、アスロック、打ちっぱなしコンクリートの3つです。アルミサイディングは錆びにくく、塗装によるメンテナンスはよっぽど色がくすんでいるとか、傷が目立っているときの場合が多いです。
アルミサイディングアルミサイディングは写真の通り、きれいな状態でした。
サイディングやアスロック、打ちっぱなしコンクリート、タイルの状態はこちら♪↓
サイデイング
サイディング
セメント系アスロック
アスロック
打ちっぱなしコンクリート
打ちっぱなしコンクリート
タイル
タイル
建物を建てたときから外壁の種類が違うだけで、劣化状況が違いますね。サイディングは塗膜のチョーキング現象(少し触れただけで、チョークのような粉が付く)を起こし、色褪せもかなりありました。
アスロックは汚れも目立たずきれいでしたが、塗装メンテナンスが必要な外壁材です。放置すると、色褪せやひび割れも起きます。
打ちっぱなしコンクリートは雨が当たるところは特に、黒ずみ、コケが生えたり、ひび割れもかなり多くありました。もともと打ちっぱなしコンクリートは割れやすいので、メンテナンスが必要です。
打ちっぱなしコンクリートのひび割れ
タイルは割れや浮きもなく状態は良かったです。タイルはモルタルでくっつけているので、経年劣化で浮きやひび割れることもあります。
サイディングもアスロックもタイルもシーリングの目地部分は劣化しているので、打ち替える必要がありました。
シーリングの目地は、建物が、振動や風で動くときに割れるのを防ぐためにあります。ゴムのように弾力のあるシーリングが力を吸収します。
ですが、シーリングは劣化するので、固くなり割れて、切れてしまうこともあります。シーリングが切れると、サイディングやタイルは割れてしまいます。割れる前に打ち替えが必要なんです。
今回の工事はまず、シーリングの撤去・打ち替えをして洗浄、それから塗装をします。またお知らせしますね♪

玉野市で外壁塗装工事、ダブルトーンは試し塗りもOK!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!
オリンピックの聖火リレー始まりましたね!岡山・倉敷は5月19日と20日みたいです。まだまだ先なんですね。見てみたいですが、密になってしまうので、テレビやネットで見ようかなと思います。
平日だし、現場に向かう途中とかに聖火ランナーに出会えないかな♪

さて、今日は玉野市外壁塗装工事の住宅です。
玉野市住宅塗装現場
こちらの住宅はサイディングの外壁で、カラーはベージュのダブルトーンです。
半年前くらいから塗夢でダブルトーンがかなり人気なんです。
ダブルトーンというのは、2色のカラーを使って模様を出す方法です。サイディングのでこぼこを利用して模様を出します。なので、サイディングの模様によっては難しいものもあります。レンガ調やタイル柄のサイディングがダブルトーンにぴったりです。

塗夢で過去に施工したダブルトーンをご紹介します!
ダブルトーン
ダブルトーン
ダブルトーン
ダブルトーンいいですよね!玄関回りやバルコニーだけのアクセントに使うのもオススメですよ!
今回のお家は、全体的にダブルトーンです!
まだ樋や基礎、水切りの塗装をしているので足場が取れてから、建物全体を紹介します。
ダブルトーンはこんな感じになってます。
ダブルトーン
ダブルトーンきれいな仕上がり
いい色に仕上がっています。淡く明るめのベージュとホワイトの2色です。
やさしい色合いなので1階2階の全体でも自然な印象になります。私はこの色合いすごく好きです!
この色に決まる前に、試し塗りをいたしました。お家の端の方に、悩まれている2種類の施工をして、お客様に決めて頂きました。
外壁の端に試し塗りしました
ダブルトーンは想像がつきにくいので、このように試し塗りで決めていただくこともできますよ!
サイディングの模様を活かしたダブルトーン、ぜひお試しください♪
基礎の塗装
樋の塗装
水切りの塗装
こちらのお家はもうすぐ完成です。今日は樋、基礎、水切りを塗装しました。完成が楽しみです♪

岡山市のアパートの塗装、防水工事が完成!雨漏り解消しました!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!桜が満開ですね!黄砂もかなり飛んできていますね。今日現場に向かう車から見える景色は、晴れているのにかなりかすんでいました。コロナと花粉と黄砂と、全部マスクで防ぎたいですね。

さて、今日は岡山市北区のアパートの完成です!

アパート塗装完成こちらのアパートは雨漏りがあり、この建物自体が雨水をたくさん含んでいたので、水が抜け切るまでに時間がかかりました。雨水が入ったことにより、モルタルが浮いてもろくなっていたので、エポキシ樹脂の注入工事も行いました。
工事中の写真です!
建物の中に雨水がたまっている
エポキシ注入した外壁

上の左側の写真は、階段の踊り場の外壁から雨水が流れ出た雨筋が目立っていますね。屋上の防水工事を最初に施工し、上から雨水が入ってこないようにしてから、建物の雨水が抜けるのを待ちました。
左側と真ん中の写真の青文字の数字は、エポキシ注入作業をした箇所をマーキングしている番号です。
右側の階段の手すりはサビで元の色が分からないほど茶色になっていました。
施工後
きれいになった外壁
階段の完成

施工後の写真です。色はホワイト(クリーム)とグレー、手すりは赤でおしゃれなかっこいいイメージになりました。
エポキシ注入をした外壁も、穴をきれいに塞ぎ、目立つことなく仕上がりました。
階段はウレタン防水工事をし、雨水が入ってこないようにしました。
3階は屋上からの雨漏りで部屋の中まで雨漏りしていました。建物の外壁と屋上の工事のあとは、内装工事もしていました。
ドアの塗装前


ドアの塗装後

ドアも塗装しました。真ん中にあるパンチングメタル部分は赤に塗装し、建物との統一感が出ました。
建物の寿命を延ばすには必ずメンテナンスがいります。こちらのアパートは、屋上工事、外壁工事などを長い間していなかったことが原因で、屋上や外壁の小さなひび割れから雨水が入り、長年の雨水が蓄積されていました。部屋の中まで雨漏りが起こったときには、建物の中いっぱいに雨水がたまっている恐れがあります。大規模な工事になる前に早期メンテナンスが大事ですね!

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT