塗夢 塗装

岡山市中区のアパート、外壁の補修箇所が目立たなくなっています

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓


こんにちは!岡山県はコロナウイルス落ち着きましたね。でも外出時のマスク着用はもう当たり前になっているし、レジで並ぶ時の間隔をあけること、人との距離をつめないことにも慣れてきました。うちのネコちゃんはソーシャルディスタンスを上手にやってくれています。いつも2mくらい離れた距離感にいますね(笑)近づくと離れる・・。

さて、今日は先週行きました岡山市中区のアパートの現場です。
岡山市中区のアパートの現場
屋根の一部葺き替えをしていました。既存の瓦と同じカラーベストで葺き替えをしますが、サイズがどうしても同じものがないんです。年数が経つと、商品もすぐに変わるので、屋根の瓦だけでなく、外壁のサイディングやタイル、家の中のクロスなどもそうです。似たような商品はあるんですが、同じものはないんです・・。このような場合は、同じサイズになるよう、現場で裁断していました。そして見事にぴったりサイズにして葺き替えしていました。
アパートの屋根、一部葺き替え
なぜ赤茶色の屋根に緑のカラーベスト?と思うかもしれませんが、新しく塗り替える色が深くて濃い緑系なんです。最後に一緒に塗装するんですけど、似た色の方がいいので緑系のカラーベストで葺き替えます。しかも、この赤茶色の屋根は色あせてこんな色になっているので、もっと茶色だったはず。と、職人さんが言っていました。赤色は残りやすく、茶色は褪せやすいそうです。色にも変色しやすい色と残る色とあるんですね。

塗り替え、白系からグレーに外壁はこんな感じの色になっていました!1階の色はグレー、2階はクリームになります。今日はグレーの上塗り2回目を塗っているところでした。塗装前の色が、黄色とクリーム系で可愛らしいイメージだったのでびっくりしました。色だけでイメージがガラッと変わりますね!スタイリッシュでかっこいいイメージになりました。
しかも、前回外壁を補修するために塗膜が浮いているところを削って剥したところが目立たなくなっていました。  

浮いているところを全て剥した  ↑浮いているところを除去した外壁です。赤○のところ全て削り落としたところです。多すぎて〇するのが大変なくらい・・たぶん見落としありますが。これを埋めて上から塗装し、目立たなく仕上げていました。

剥したところが目立たなくなったかなり目立たなくなっています。きちんと浮いている塗膜を剥したので、同じように浮く心配もありません。
どんどんキレイになっていくので楽しみです♪ また次回!

倉敷市西中新田のアパートの塗装、カラーベストの下塗り中です

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!岡山県では5月11日以降コロナの感染者は出ていません。3月4月は全国で感染者が一気に増え、緊迫した雰囲気になりましたね。5月のゴールデンウィークを過ぎ、感染者がどっと増えなかったので、日本人の助け合いの気持ちが数字として表れたのかなと思いました。岡山県民は協力的な県民性なんですね!

さて、今日は倉敷市西中新田のアパートの現場へ行きました。1棟目が終わり、2棟目の塗装が始まっています。
倉敷市のアパートの現場
屋根の下塗りが済み、破風の塗装をしていました。
破風とはお家のこの部分です↓
破風はここです
屋根の形状によっては破風はない場合もあります。外壁の塗装といっても外壁だけではないんですよ。外壁、破風・鼻隠し、胴差、軒天、樋、雨戸、換気フードや換気口、基礎など外壁と一緒に塗装が必要なところは塗る場合がほとんどです。もちろん材質によって塗装が必要ない場合もあるし、あまり劣化が見られなく、お客様のご要望次第でここは塗る、ここは塗らないでと決めることができますよ♪プロがお家の現状を調査しますので、雨漏りしそうな場所、修理が必要な箇所は優先的に修繕することをご提案しています。

屋根の下塗りを塗装したところ ↑屋根は下塗りをしたところでした。こちらは南面なので色あせが目立っていましたが、この裏の北面は苔が多くありました。もちろん最初に洗浄をして、ブラシで苔を取り除いています。

屋根の施工前  ↑これは下塗りの塗装前です。塗膜が色あせていて、防水性がなくなり割れやすい状態になっています。このカラーベストの屋根は塗膜が劣化してくると、防水性がなくなるので、瓦が雨を吸収してしまうんです。そうなると、水分を含み、乾き、紫外線の影響も塗膜に守られなくなるのでさらに劣化のスピードが増し、瓦の反りが起こったり、割れてしまったりするんです。こちらのアパートの屋根には瓦の割れや極端に沿っているところはありませんでした。以前も塗装のメンテナンスをしていたからだと思います。
いろいろな現場に行きたくさんの家を見てきますと、定期的に塗装のメンテナンスをしている家と15年以上何もしていない家とでは、見た目にも大きな差が出ますが、建物の劣化、修理が必要な箇所にも差が出てきます。白アリによる被害に合っていたり、屋根の瓦は塗装でも修繕ができないくらいの状態で、葺き替えしかメンテナンス方法がなかったり・・と結果的に費用が大きくなってしまうケースが多くあります。
定期的なメンテナンスが、お家を安心して長く住めるようにするためにとっても大事なんです。塗夢では、お家の無料診断をしています。お悩み、ご相談もお気軽にお問い合わせくださいね!

岡山市中区のアパート、外壁の修繕と屋根の雨漏りを直します

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!コロナウイルスが全国的に落ち着いてきましたね。ちょっと明るい兆しが見えてきて嬉しいです。が、油断は禁物ですね、マスクをして手洗いうがいは徹底して続けていきます。ちゃんとウォーキングも続けていますよ。病気になったときの抵抗力もつくし、腰や体の痛みがなくなりますよ♪

さて、今日は先週行きました岡山市中区のアパートの現場です。
岡山市中区のアパートの現場
岡山市中区のアパートの屋根と外壁の塗装工事が始まりました。
今日は外壁の補修をしていました。外壁の一部に膨れているところがあり、それを手作業で削り取る作業をしていました。
外壁の塗膜の膨れを除去した  ↑膨れている部分を削り取ったところです。アパートの入り口の外壁の一部分だけにあったのですが、いつから膨れているのか、なぜこの外壁部分だけなのか・・原因が分かりませんが、前回の塗装で塗料から出る気体によって膨れている可能性もあります。きちんと除去しなければ、もっと膨れて、最終的には塗膜が割れてしまうことになりかねません・・。なのでたくさんありますが、見落としないよう削っています。

外壁の膨れ  ↑この赤〇で囲っているのが膨れている部分です。外壁の模様とよく似ているので、パッと見では分かりにくいです。横から見ると他の模様よりも膨らんでいるのが分かります。

塗夢の現場は、経験を積んで知識の多い現場監督と職人が、ひとつひとつの現場をしっかり調査しているので、細かいことでもきちんと対応し解決していきます!

こちらのアパートは、屋根からの雨漏りが一部ありました・・。
今日の午後からは雨の予報なので、雨養生(雨が当たらないよう一時的に養生をして覆う)をしていました。
屋根の雨漏り 雨養生
以前から雨漏りをしていたそうで、確かにシーリングで塞いでいる修理をしたあとがありました。それでも雨漏りは止まらないとの事で、今回はこのカラーベストの瓦の一部だけ葺き替えをすることになりました。
同じカラーベストはもうないので、似たようなカラーベストを葺き替えし、全体を塗装します。

屋根からの雨漏り被害  ↑建物内部は雨漏りの被害にあっていました。木部は水に弱く、腐ってしまうのできちんと雨漏りを止めなければいけません。

修繕が終わったら塗装の工程に入っていきます。またお伝えしますね!

岡山市南区の塗装完成!漏水していた柱も修理してキレイに♪

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!岡山県は緊急事態宣言が解除の地域になり、解除となりました。倉敷のイオンモールもアウトレットパークも今日から再開します。少しずつ元の生活に戻っていけるようにするためにひとりひとりが気をつけて行動しないといけないですね。

さて、今日は先日完成を取りに行った岡山市南区お家です。
岡山市南区のおうち完成
こちらのお家は外壁の塗装工事をしました。外壁はでこぼこした模様のゆず肌模様です。職人が手塗りで丁寧に仕上げています!

南区の外壁 ゆず肌このようにムラなくほぼ均等にでこぼこした模様ができています。
この立体感はローラーで出しています。普段使っているローラーではできないので、マスチックローラーというちょっと特殊なローラーを使います。このでこぼこを出すために、塗料もサラサラの塗料ではなく厚みを出すための弾力性のある塗料を使います。弾力性のある重たい塗料とマスチックローラーで塗膜をつんつんと立ち上げて、乾いたら仕上げに普通のローラーで転がすとこのようなでこぼこができるんです!面白いですよね。でこぼこの雰囲気が本当にゆずの皮のようなんです。和風の建物とよく合っていてきれいです。下塗り材が弾力のある塗料なので、ひび割れしやすいモルタル外壁とも相性がいいんです。
色も明るくて建物とよく合っていますね!また施工事例で詳しくご案内いたしますね♪

もう1棟、南区で完成したので行ってきました。
南区で洋風のお家の塗装完成こちらのお家もとてもきれいに塗装完了しました。
バルコニーの柱から漏水があり、施主様が以前補修されたようですが、止まらないと困られていました。この漏水も今回、きっちりと直しています。塗夢は外壁・屋根の塗装専門ですが、雨漏り・漏水や防水工事も専門でやっていますので、漏水に関しては得意です!今までも何度修理しても止まらないと困られているお家を何件も解決してきました。まずどこから雨が入り込んでいるのかをきちんと見ていない業者が多いので、工事後はいったん止まるけど、雨が何度も降っていくうちにまた再発・・という事例が多いですね。
塗夢では再発を防ぐために徹底的に侵入経路を調べます!水を実際にかける散水調査やサーモグラフィ、水分計などを使います。
水分計による漏水調査↑実際に調査したときの写真です。漏水がない柱や外壁は数値が一ケタです。私も自分のお家や自分の皮膚で確かめてみました。62はかなりの水分を含んでいるということです。
いつもじめじめしていてシミがある・・苔が生えている、カビが生えた、外壁がここだけボロボロに・・などおかしいなと思ったらお気軽にご相談くださいね!塗夢におまかせください♪

倉敷市で外壁塗装!玄関は櫛引模様で和風で意匠性の高いお家に!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!今朝、ゴールデンウィーク中に植えたミニトマトの苗が、一気に大きくなって花が咲いていてびっくりしました。バジルも小さな芽が3つくらい出ていました。今まで植えても時間に追われて水やりでいっぱいいっぱいだったけど、コロナによる外出自粛で時間に余裕がある分、いろいろ発見できています(笑)

さて、今日は倉敷市下庄の和風のお家の完成した様子をご紹介いたします♪
倉敷市下庄の家 完成
前回のブログでお伝えした玄関回りを”櫛引き”模様での施工です。

前回のブログ→倉敷市下庄で和風のお家の吹き付け塗装!意匠性の高い外壁に!

とても素敵に仕上っていましたよ!お客様のご希望に(櫛引き模様を継ぎ目がないような外壁模様にしてほしい)沿えるよう、職人が練習して仕上げました!

つなぎ目のない櫛引
いかがでしょうか!和風な玄関と黒い焼き板ととてもよく合っていますね!おしゃれな和風のお店のようで素敵です!模様も細い櫛引でステキですが、お色選びもすごく上手なお客様なんだなぁと思いました。

櫛引模様近くで見ると櫛引模様はこんな感じです。きれいですね!落ち着いた雰囲気で和風の建物ととてもよく合っています。玄関は毎日出入りするところ、お客様が必ず伺うところですので、アクセントに違う色や模様のあるデザインの外壁にされる方も多いです。

軒天の塗装玄関前に立って、上を見上げるとこんな風に美しい木の軒天が広がっています。
この塗料は、木の部材の塗装にぴったりのキシラデコールを使用しました。木部専用の材料で、木の風合いをそのままに防腐・防虫は中までしっかりとできるとてもいい塗料です。以前、蒜山のログハウスもキシラデコールを使用して塗装しました。木は傷むと水分を吸収しやすく、濡れて感想を繰り返すと、剥がれたりささくれたり、虫が来たりしやすくなります。メンテナンスがとても重要なんです。
今回のお家は職人さんの腕が光るデザイン(模様)のある施工が見られ、素敵なお家になり、またひとつ勉強になりました。

倉敷市下庄で和風のお家の吹き付け塗装!意匠性の高い外壁に!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓


こんにちは!もうマスクにはすっかり慣れました。し忘れることもないしわずらわしさもないですが、これからもっと暑くなってきたときはどうなんだろう・・。顔中に汗をかいてしまいそうですが、頑張って予防したいと思います。

さて、今日は先日行きました倉敷市下庄で和風のお家の外壁塗装吹き付けをしている現場です。
倉敷市下庄の現場
こちらのお家は吹き付け塗装をしています。塗料は、キクスイグラストです。小石や砂ではなく、セラミック系細骨材が入っていて、意匠性の高い和風のお家によく合う風合いになります。
外壁をグラストで吹き付け
細かい細骨材が立体感を出し、意匠性のある外壁になります。
スキン塗装で白い骨材がキレイに見えています。
外壁スキン塗装近くでみるとこんな感じです。写真によって色が違って見えますが、同じ色です。キクスイのグラストシリコンはカラーバリエーションがとっても豊富です。色によって雰囲気が変わり、和風でも洋風でもいけます。
キクスイグラストカラーバリエーション
キクスイグラストカラーバリエーション

こんなにもたくさんのバリエーションがあるんです。モノトーンのクールなイメージのものやターコイズブルーのような色まで・・和風の建物だけじゃなく、どんな建物にも合いそうですね!

軒天の木部はキシラデコールを塗装しました。キシラデコールは木部にぴったりの塗料です。木の風合いは残し木目をきちんと見せてくれて、防腐・防虫効果が高いんです。
木部はキシラデコールを使い塗装
きれいですね!ちゃんと木の模様はそのままで自然な木の色が出ています。私の家のウッドデッキや木のテーブル、椅子もキシラデコールで塗装していますよ。木の部分は防水効果がなくなると水分を含みやすく、木が腐食したり、紫外線のよく当たるところは、乾燥してささくれたりしてしまいます。定期的に塗装して保護することが大切です。

施工前の和風の玄関
玄関はまだ外壁も木の部分も塗装していません。外壁は意匠性のある櫛引模様にされるそうです。しかもつなぎ目のないようにしたいというこだわりがあるそうです。一般的な櫛引はどうしてもつなぎ目が残ります。ですが、もちろん、お客様のご要望、こだわりに喜んでお答えします!
塗夢の事務所の横には雨戸などのパーツを塗装できる工場があるんですが、職人さんがつなぎ目が出ないよう施工できるように練習していました。お客様の大切なお家の施工を任せていただいているからには、お客様に喜んで満足いただける外壁に仕上げます!
仕上りを見に行くときがとても楽しみです!

倉敷市福島でALCパネルのお家を無機塗料で塗装しました!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓
こんにちは!暖かくなりましたね。コロナ疲れしてませんか?連休中は雨の日以外は毎朝ウォーキングをしました。紫外線対策の帽子と日焼け止めとコロナ対策のマスクをして・・。あとはガーデニングやトマト、バジルを植えたり・・。
自宅で塗夢のホームページの施工事例もアップしましたよ!良かったら見てくださいね♪

→岡山市中区で外壁と屋根の塗装!無機塗料で長持ちする家に!

さて、今日は連休前に行きました、倉敷市の外壁塗装工事をしたお家の完成のようすです。

倉敷市福島の塗装完成
こちらの建物の外壁は軽量気泡コンクリート(ALCパネル)です。ALCパネルは、燃えにくい、丈夫、断熱性・遮音性が高い、湿度の調節をしてくれるなどメリットが多いですが、メンテナンスを怠ると雨漏りしやすいというデメリットもあります。
ALCパネルの内部は小さな気泡がたくさんあります。なので軽量で断熱性や遮音性が高いのですが、吸水性が高く、水に弱いという性質もあるんです。これによって、冬に、湿気を含み内部で凍ってしまい外壁にひび割れが起こってしまうことがあります。このひび割れを放っておくと雨漏りに繋がってしまいます。塗膜が劣化し防水性がなくなって、雨水を吸収してしまうという事も起きやすいです。定期的にメンテナンスをしたらこのようなトラブルは起きにくいですし、耐久性の高い外壁材なので50年から60年程持つと言われています。

今回はこのALCパネルの外壁を耐久性の高い無機塗料で塗り替えしました。無機塗料は紫外線に強いので、一般的なシリコン塗料などに比べると塗膜が長持ちします。下塗り材は、外壁のひび割れを防ぐために、追従性の高い材料、サーフエポを使いました。追従性と言うのは、外壁が振動や温度変化によって動くときに、その動きに付いていく性質のことを言います。水に弱いALCパネルに合わせた材料を選びます。

倉敷市福島の外壁塗装完成
とてもきれいに仕上がりました。
屋根は釉薬瓦で塗装は必要ありませんが、大屋根(一番上の大きい屋根)の棟板金部分と一部カラーベストの屋根材のところは塗装しました。
屋根カラーベスト部分の塗装
塀の塗装完成塀も塗り替えました。玄関前で道路沿いにあるので家の印象を決める大事な部分です。お客様も色を悩まれていました。優しい色で下の石調のタイルともよく合っています。素敵なお家に仕上がりました!

総社市のアパートを吹き付けで塗装、モアダンテで石目調に!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓


こんにちは!もうすぐゴールデンウィークです。今年はコロナウイルスの影響でイベントもなく人が集まるようなお店も休業中のところが多いですね。さみしいですが、コロナウイルスを収束させるために協力してくださっているので感謝の気持ちを持ちたいです。
コロナウイルスの症状がない人もいるというところが怖いですね・・。手洗い頑張ります!

さて、今日は先日完成写真を撮りに行きました、総社市のアパートをご紹介します♪
総社市のアパート完成
こちらのアパート、ただの塗り替えではありません・・。おしゃれな塗装、多彩色模様の吹き付けで塗装しました。塗料はフジワラ科学のモアダンテです。このモアダンテで吹き付け塗装すると、まるで石の表面のような・・石目調に仕上るんです。近くで見てみましょう!

石目調の外壁
本物の石のような雰囲気です。3回の工程を全て吹き付けでします。1回目は下塗りの工程で、土台の色を吹き付けます。2回目で樹脂で凸凹の立体感を作ります。3回目で石のような模様になるよう吹き付けて完成です。

総社市のアパート施工前  ↑ちなみに塗り替え前がこちらです。

総社市のアパート完成の全景アパートの外壁の配色はオーナー様が決められました。センスがいいですね!モノトーンでスタイリッシュなイメージに仕上がりました。
アパートの塗り替えは、長く持たせる、雨漏りや壊れているところを修理するなどの目的もありますが、(今回の施工でも雨漏りを修理しました)入居者を増やす、入居されている方に長く住んでいただけることにも繋がります。
部屋の間取りや使い勝手、設備の良さはもちろん重要ですが、見た目も大事です。外観はきれいで手入れされているアパートの方が安心できますよね。

総社市のアパート完成
リフォームサポート塗夢では、戸建ての住宅だけでなく、アパートやマンション、店舗や事務所なども施工させていただいています。オーナー様からのお問い合わせもお待ちしております!

岡山市北区で雨漏り修理とアウトレットプランのお家の完成です

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓



こんにちは!マスク不足が深刻化されていますが、様々な企業がマスク作りと販売を始めていますね!これでマスク不足が解消されてひとつでも不安がなくなるといいですね。ゴールデンウィークはオンライン帰省をします♪

さて、今日は岡山市北区で外壁と屋根の塗装、雨漏りの修理をして完成したお家です。
岡山市北区I様邸 完成
外壁と屋根の塗装と、胴差部分から雨漏りがあったので雨漏りの修理と胴差を新しく替えました。玄関上部も板金のつなぎの部分から漏水があり、中の木が腐食していたので、修繕しタイルを張り付けました。玄関上とバルコニーはウレタン防水工事もしました。

胴差をめくると雨漏り箇所が		↑胴差をめくると雨漏りしている箇所が見つかりました。コーキングが切れてそこから雨漏りをしていました。実際に散水して調査をしました。


雨漏りを修繕したあとに止まったかを調査している雨漏りを修繕したあとに止まったかを調査している   ↑雨漏りの侵入箇所を修理し、雨漏りが止まっているかもう一度散水して検査をします。

胴差は張り替え↑胴差は全て新しく替えました。お家の雰囲気にとてもよく合っている柄です。

玄関上部の板金からも漏水がありました。見た目は分かりにくいですが、玄関の足元のタイルがいつも濡れているようなところがあり、どこかで雨漏りを起こしていそう・・と不具合があるところを調査しました。
玄関上の板金見た目ではわからないですが、めくってみると・・

板金のすきまから漏水板金のつなぎの部分に不具合があり、そこから雨が侵入していることが分かりました。中の木を腐食させていました。
玄関上部に防水工事をして新しくガルバリウム鋼板を巻き、タイルでおしゃれにしました。

玄関上はカルセラタイル貼りお家のブラウン系の外壁とよく合っていますね。こちらのお家は、外壁はアウトレット塗料、屋根は耐久性の高い無機塗料で塗装しました。アウトレット塗料は在庫にある限り、在庫にあるお色から選んで頂くことになるのでタイミングが合えば・・という感じです!塗料の価格は半額以下でご提供できるのでかなりお得になります。
屋根は無機塗料で塗装しているので長くきれいな状態を維持でき、塗膜も長持ちします。屋根の方が外壁よりも塗膜が早く劣化しやすいので、屋根には耐久性の高い塗料を使うことがおすすめです♪
岡山市北区のお家、屋根完成
お家もキレイになり、雨漏りに悩まれていたので、解消し安心されたことと思います。バルコニーも防水工事をし、全体的なメンテナンスをいたしました。きれいにお手入れされているお庭ととてもよく合う色で素敵になりました。
では、また次回・・。

倉敷市のアパートの屋根の塗装、フッ素でキレイが長く続きます

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓


こんにちは!毎週火曜日のラジオ、FMくらしき「夕方ワイドくらもん」の中の”外壁塗装はトムにおまかせ”は、先週金曜日から三井アウトレットパーク倉敷がコロナウイルスによる緊急事態宣言を受けて閉鎖されていますので、アウトレットパーク内のスタジオではなく、白楽町スタジオからお送りしています♪お得な情報も聞けるかも・・。毎週火曜日、18時30分ごろからです。ぜひ聞いてみてくださいね!マスクして喋ってます!

さて、今日は先日行きましたアパートの現場です。
倉敷市アパートの現場
A棟とB棟の2棟を施工しますが、まずはA棟からです。A棟が終わってから足場をB棟に移してB棟を施工します。時間はかかりますが足場代を削減することができます。

屋根の中塗り中この日の作業は屋根の中塗りと外壁の中塗りをしていました。屋根の素材はカラーベストで塗り替えが必要な素材です。

倉敷のアパートの屋根、施工前  ↑施工前です。以前に何度か塗装をされているようでした。全体を見ると前回塗ったローラーのあとが分かります。色がどれだけ褪せたのかも分かりますね。
メンテナンスをしなかったら、塗膜が色あせて見た目が悪いだけではありません。塗膜が剥がれていくと、素地が見えてきます。塗膜によってカバーされていた瓦がむき出しになってしまうので、雨や紫外線を直接浴びてしまいます。カラーベストやスレートなどの新生瓦やセメント瓦は、雨水を吸収してしまうので、紫外線と雨からの影響を直接受けて割れやすくなってしまいます。瓦の下には防水シートがありますが、濡れてしまう度合いが増えるとその分劣化するので雨漏りにも繋がってしまいます。
今回はKFケミカルの塗料セミフロンルーフを使用します。フッ素樹脂塗料で、シリコン樹脂系塗料より長持ちします。フッ素系の塗料は他の種類よりも汚れにくく、汚れが落ちやすいところが特長です。

セミフロンルーフ
こちらのアパートの外壁はクリーム色で、道路側の一面だけが、赤色系になるそうです。職人さんは缶を開けて初めてどういう色味か分かるのでとても楽しみにしているそうです。
道路側は一番人目につくところなのでアクセントになる色を使うのは入居率を上げるのに効果的です。
雰囲気も変わるので私もとても楽しみです。

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT