屋根瓦の塗装方法

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。

住宅によっては劣化してしまったことで、屋根瓦の塗装を行う場面があります。
屋根瓦の種類によっては、塗り替えリフォームが必要になるタイプもあり、景観上として色を変更することを希望している方も塗り替えを希望することがあります。


屋根瓦の塗装方法については、最初に屋根の汚れ落としを行うことが決まり事です。
土汚れや藻やカビなどを全て綺麗に除去する作業が大切になり、屋根材によっては高圧洗浄機を用いて作業する方法、手作業にて汚れを落とす方法が選択されることになります。

 

次に下地補修を行うことも大切な内容です。
下地が劣化してしまっている状態で、上に塗料を塗っても、雨漏りの原因になる可能性が高くなってしまうので、劣化している場所、破損している場所に対しては、下地補修をしっかりと行うことも基本的な作業です。

 

下地調整を済ませることができたならば、次に下塗りを行います。
下塗り専用の塗料で塗り広げる方法で、中塗りや上塗り塗料を屋根に上手く密着させることができるので、必ず施工することが必要になる内容です。
全ての工程を間違いなく行うことで、長期的に瓦屋根を保護できます。
​​​

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT