外装リフォームって必要?

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。

住宅街を歩いていると、足場を組んだ一軒家を見かけることがあります。

外装のメンテナンスを行っていると見てわかります。

一軒家にお住まいの方は一度は考えたことがあると思います。

外装リフォームは必要なのか、何年経過したらメンテナンスをすればいいのか、こういった疑問が出てくることでしょう。

外装とは、もちろん家の美観を保つためにあるのですが、本来は建物の寿命を延ばすことが最大の目的です。

外装が剥がれていたり、ひび割れていたりしていると、その部分から雨が降り注ぎ、内部の腐食が起きてしまいます。

腐食が起きてしまうと、シロアリを呼ぶ可能性もあり、気が付いたときには柱がシロアリに浸食されている、ということもあります。

ではどのタイミングでメンテナンスを行えばいいのかというと、特に決まりはありません。

ただ、大事になってからでは遅いということが大切です。

外装が剥がれそうになっていたり、少しヒビが入ってきたり、コーキングが割れていたり、色がくすんで見えたりと、気になる箇所が出てきた時は、外装リフォームを考えた方が良いでしょう。

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT