よい外壁塗料とは?

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。

外壁を塗装する塗料にも色々あります。
では、コストを考慮しなければ、外壁塗料を選ぶ上で何を重要視して選べばよいのでしょうか。

多くの塗料の中で、どれが一番良いかはそれぞれに特徴があり
一概には決める事が出来ません。
しかし、一つ一番重要な要素を選ぶとしたら、耐久性でしょう。


耐久性という点で、もっとも優れているのが無機ハイブリット塗料です。

無機ハイブリット塗料とは、ガラスや石などのほぼ劣化しない無機物を主成分として作り上げた塗料です。
無機物のメリットは、耐候性が極めて高いこと、塗装膜が硬いこと、汚れが付きにくいことなどが挙げられます。

一方で、硬すぎるため、住宅の外壁に塗っても地震などの揺れに対応できず、塗装膜が割れてしまうと言う欠点があります。


この欠点を克服するためには、柔軟性が必要です。
ただ、その柔軟性という性質を持ち合わせたものは、有機物なのです。

無機の持つ耐候性、硬さ、低汚染性を最大限活かし、
地震の揺れに追従するために有機をバランス良く配合した塗料がハイブリット塗料です。

塗料の耐久性は、家の建物の長寿命化に大きく関わります。
今回はその一つとして、無機ハイブリット塗料を紹介しました。

耐久力のより強い塗料を選びましょう。

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT