景観法って?

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。

景観法とは平成16年に施行された、都市や農山村、自然公園等の景観を風格あるものに保全あるいは創造していくための方法を探る法律です。

それまでも地方自治体レベルにおいて自主的に景観条例が制定されていましたが、高層マンションの建設や由緒ある古い街並の損壊等の問題が生じて、条例では対処しきれない状況が増えてきました。

このようなことを背景として良好な景観は美しく風格ある国土の形成と豊かで潤いある生活の創造に不可欠であり、将来に渡っても引き継いでいけるよう整備することにしました。

自治体は、この法律に基づいて各地域の状況に見合った景観整備計画を作り、条例においては地域の個性を生かせるように内容を柔軟に定め、一方では景観整備計画区域内では、認定出来ない事項について変更命令が出来る等一定の強制力を発揮できるようにしました。

より積極的に国民の財産と位置付けている良好な景観形成を誘導するためのもので、形、色彩、デザインについては認定制度を設け、建築物の高さや壁の位置、敷地面積等は、建築基準法で確認することで担保にすることにしたものです。

 

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT