屋根塗装は必要?

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。

外壁塗り替えは定期的に行うのが必要だというのは知られていますが、実は外壁と同じように屋根塗装も定期的な塗り替えが必要です。
外壁と同じように、屋根部分にも紫外線が直接あたり、大気中の汚染物質や雨水などが付着しやすい状況にあります。


汚れが付着してしまうと、そこから劣化が進んでしまうので、カビが生えたりひび割れを起こすことがあります。
素材によって劣化の速度も劣化の種類も異なりますが、屋根の劣化は塗料が剥げてしまうことから始まります。

 

塗料が剥げてしまうとそれまで屋根を保護していたものがなくなってしまうので、汚れが付着しやすくなったり、ひび割れを起こして雨漏りを引き起こす可能性があります。
そのため屋根塗装は定期的に行う必要があり、一般的に約10年に1度が目安になっています。

 

屋根素材によっても耐久性は異なりますから、業者に依頼して屋根の状態を定期的に確認してもらうことが必要です。
毎日の生活では、上を見て屋根の状態を確認することがないので、気づかないうちに劣化が進んでいたということが少なくありませんから、定期的な確認をすることが大切です。

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT