再塗装の兆候

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。

住まいの外壁塗装は10年を一つのサイクルに塗り替えを行なっていくケースが一般的です。
ただし、再塗装のタイミングはその家のある立地条件などにも左右されるため、ベストの塗り替えの時期は家ごとに違ってきます。
そこで、今回は主な再塗装の兆候を見ていくことで、外壁塗装をしたほうがよい状態を説明していきたいと思います。

見た目に分かりやすい外壁の劣化にはヒビ割れがあります。
ヒビが下地まで届いていない場合は、専門用語で「チェッキング」「ヘヤークラック」と呼ばれます。
また、塗膜の底まで割れているヒビは「クラック」と言います。


一般の方はヒビのダメージの大きさをすぐに判断することは難しいかもしれませんが、ダメージが深刻な場合は雨漏りなどの原因になりますので早めの対処が必要です。
そのほかの再塗装の兆候としては、壁を触ると白い粉が手に付くような場合です。


この現象はチョーキングと呼ばれます。
また、サビにも注意してください。

自分で、外壁などをチェックするだけでは判断出来ないときにはやはり、専門の業者の方に相談することをおすすめします。

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT