養生の必要性

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。

養生は、外壁塗装において極めて重要となる作業のひとつです。
塗装工事を行う際に必ず養生を行うべき理由としてまず挙げられるのが、建物を汚さないということです。


外壁塗装というものは屋外で行う作業で、風などの影響を受けることも多い為、どれだけ細心の注意を払って作業を行っても塗料の飛散を完全に防ぐことはできません。
養生シートを張り、塗料が付着しては困る部分を守った上で作業を行わなければ、大切な建物を汚してしまう恐れがあります。


また、建物だけでなく、自動車や植木などが付近にある場合はしっかりと養生を行っておくことが大切です。

そして、養生には建物を汚さないというだけでなく、塗装後の仕上がりを美しくするという役割もあります。
サッシや窓などに養生を施す場合にはシートをテープで固定しますが、この養生テープが真っ直ぐ貼られていないと塗装の境界線がガタガタになってしまいます。


せっかく高品質の塗料で好みの色に塗装してもらっても、仕上がりが汚ければ台無しです。
塗装後の仕上がりは養生にかかっているといっても過言ではないので、必ず丁寧に行ってくれる業者を選びましょう。

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT