ALC外壁について

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。

ALCとは日本語に直訳すると、軽量気泡コンクリートと言われるもので、外見上は軽石のような素材で無数の気泡があります。
この気泡に含まれる空気層が断熱材の役目を果たし、ALCは熱を伝え難い断熱性能はかなり高いレベルにあります。


次に耐火性ですがALCの素材そのものがコンクリートや珪石であり元来高温に対して強い素材で、火に対して変形したりすることもなく耐火性能は非常に高いパネルです。


また仕上げ時のパネル目地部分はシーリング剤を埋め込み上から塗装をすれば完成で、目地の施工部分も容易であります。
この他、ALC板は耐久性に優れ、木材のように有機物質を含まない無機質のものであり、その為腐食がなく長期にわたって安定した形状となっています。


またこの気泡のおかげで遮音性にも優れ、一般住宅の外壁から下地材、床材、間仕切り壁、マンションの外壁等幅広いところで使われています。


またコンクリートパネルに比べ軽量であるので運搬にコストがかからず安上がりな素材です。
このように耐火性、断熱性、遮音性、経済性等に優れたALCの外壁は非常に優れた外壁材となっています。

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT