モルタル外壁について

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。

モルタル外壁とは、基部となる網の針金の上から、水や砂やセメントなどを混ぜた特殊な塗料を、左官コテで塗り付けたものであり、広く一般に普及している外壁となっています。
この外壁は内部に特殊な素材を詰めてあるので、例えひび割れが起こったとしても、水などの外的物質が内部に侵入することは基本的にありません。

この外壁にはいくつかの種類が存在し、特殊な塗装吹き付けをおこなったタイル壁や、左官コテの代わりにローラーで仕上げた外壁などがあります。

これらの外壁にはセメントや砂などが主成分として使用されており、水分の乾燥が早いという特徴があります。
また極めてアルカリ性が高い、耐久性や耐水性や耐火性に優れるなどといった特徴も見られます。
これらの理由により、一般的に普及されているのです。

またこれらの外壁には用いる材料や塗装工法などによって、見た目にいろいろな特徴が現れ、比較的デザインが自由になっています。

例えば吹き付けタイル式の外壁であれば、ランダムな凹凸が各所に見られ、陶磁器を彷彿とさせるような外見に仕上げることができます。

 

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT