リフォーム業者と工務店の違いとは?

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。

念願のマイホームを建築するとき、またはリフォームするとき、一体どこへ住まいの建築やリフォームを依頼したらよいのでしょうか。

 

リフォーム業者と工務店にはいくつかの違いがあります。

 

リフォーム業者とはバリアフリーへの改築、天然素材への改築、または家族の人数が増えたことによる増築や、子供が巣立った為に管理しやすく減築するなどさまざまなリフォームを専門に行っている業者です。

 

一方工務店とは大手ハウスメーカーから依頼を受けて注文住宅や建売住宅を建築したり、自社の設計士が設計した物件を建築するなど新築を主な仕事としている業者でさまざまな規模の会社があります。

 

この二つの違いは見積もりの出し方が違うということと知識の違いがあります。

 

もし中古住宅を購入してリフォームし、住みやすくするのであれば、やはりリフォーム業者のスキルや知識が必要になります。

 

バリアフリーのアイディアや、減築の生活動線のアイディアなどさまざまな知識を提案してサポートしてくれます。

 

一方新築物件を建てる際には地元の工務店が力強いサポートをしてくれます。


最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT