シーリング補修とは?

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。

昨今の住宅の外装は、サイディングボードになっていることが多く、ボードとボードの隙間にはシールが施され、雨水浸水防止などの効果があります。

 

ボード本体からは雨水などが侵入することはありませんが、シーリング材が劣化すると、ここから雨風によって内部に浸水することが多いわけです。

 

単にシーリングの表面が汚れていたり、色あせているだけなら、補修の必要はありません。

 

ですが、シワや変形、軟化が見られる場合には、補修を検討すると良いわけです。

 

さらに、ヒビ割れなどが生じている場合は、緊急な対処が必要で、そこから雨水などが侵入すると、建物本体を傷めることに繋がります。

 

シーリングの耐久年数は10年ほどと言われており、劣化が進む前に、定期的に補修を施すことが望ましいと言えます。

 

シーリング補修とは補修費用少し高い場合もありますが、早めに対処すれば、その分安くなるわけです。

 

外壁に隙間があると、シロアリなどが侵入する可能性もあります。

 

それ故、外壁塗装を行う際には、シーリングの補修を検討してみることが大事になると言えます。

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT