スレート屋根の特徴とは

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。

スレート屋根というのは粘土板岩を使用した建築材料のことを指します。
昔はセメントと石綿の混合素材が使われていましたが、現在は他の代替繊維が開発されているので、石綿は含まれていません。
ここではスレート屋根の特徴について説明します。
まず、最初にあげられるのは高い耐久性です。
腐食しやすい金属とは違って、湿気や水分にも強く、とても丈夫な材質なので非常に長持ちです。
頻繁に塗り替えや葺き替えの必要がある金属屋根に比べて、ランニングコストの点でもすぐれています。
耐火性、耐熱性も高く、熱伝導率が低いことも特徴のひとつです。
暑い夏や、寒い冬など、外の外気の変化にも影響を受けないという、断熱性能にも優れています。
次に特徴としてあげられるのは、コストパフォーマンスに優れているという点です。
瓦などに比べると非常に安価(相場として半分程の価格)に手に入るため工事費用の削減にもつながります。
最後に施工、加工が容易に出来るという特徴があります。
非常に軽量なので重量を気にすることなく、構造の設計ができ、カラーも豊富で加工がしやすく、複雑な屋根の施工にも非常に便利です。
軽量ですが、遮音性は金属製に比べると高く、風雨の際に気になることはないでしょう。

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT