雨漏りが起こりやすい場所って?

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。

戸建住宅において雨漏りが起こりやすい場所は、意外に屋根だけではありません。
一般的には屋根からのポタポタと音を立てて落ちるものが、雨漏りだと考えている方も多いでしょう。
逆にそういった状態は少なく、仮にそのような状態になっていたとしたら、すでにその戸建住宅は収拾のつかない状態になっているといっても大袈裟ではありません。
ですから、梅雨時でもないのに部屋の中が妙にジメジメしているなどのことがあれば、ハッキリと目に見えないところから雨漏りが起こっているのでは、と疑ってみることも重要なことです。
屋根以上に意外に多いのが、ベランダの接合部分や壁に出来たクラッキングなどから雨水が染みこんでの雨漏りです。
そういった場所では、ポタポタと音を立てるのではなく、じわじわと雨水が染みこんで、建築資材の中を伝わって水が天井や壁の中で広がってしまっている可能性が高いので危険です。
主な雨漏りの起こりやすいチェック場所は、屋根の他に、サッシ周り、出窓、ベランダ、天窓、ひさし、煙突などの継ぎ目のある場所といえるでしょう。
しかし、素人目にはわからない場所もあるので、出来るだけ専門家にみてもらうことが必要かもしれません。

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT