晴れているのに家の中がジメジメしていませんか?雨漏りのサインかも

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。

晴れているのに、何だか家の中がジメジメと湿っぽく感じることがあったら、雨漏りを疑ってみる必要があるかもしれません。
雨漏りというとどうしても、ドラマなどの大袈裟な演出の影響かもしれませんが、天井からポタポタとバケツで受けなければならないほどのしずくが滴っているものを想像してしまうことでしょう。
しかし、そんな状態になっていたとしたら、すでに家が腐るなどの最悪の状況に陥っていると考えられますので、修理以前の問題になっているかもしれないのです。
ですから、晴れているのに家の中で極端に湿気を感じるなどのことは、実際雨漏りの初期徴候だと考えて間違いはありません。
また、雨漏りは屋根からばかりではなく、壁に入ったクラッキングなどの日々からも雨水が染みこむことでも起こりますので、家の周囲を点検して怪しい場所があったら要チェックです。
それから、室内でも天井部分、床、壁などにシミがあらわれたり、なんとなく波打っていたり、膨れ上がってくるというような場合も雨漏りを疑ってよいでしょう。
梅雨の間のように家の中すべてがジメジメするのではなくて、どこか集中的に湿度を感じたときも、注意が必要ですから専門家に相談してみてください。

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT