遮熱塗料と断熱塗料ってどう違うの?

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。

外壁塗装に使う塗料は、今までアクリル塗料やシリコン塗料など、耐久性を基準にして塗料選びを行っていました。
しかし、一般的な塗料に備わっている耐久性だけでなく、それに機能性を加えた塗料に興味を持つ人が増えています。
今までは耐久性を重視していましたが、耐久性だけでなく、遮熱や断熱などの効果を持つ高機能な塗料が開発され、注目を集めています。
高機能な塗料の1つである遮熱塗料と断熱塗料はよく似た名称ですが、利用している現象に違いがあります。
遮熱塗料は、太陽光を反射することで温度上昇を抑え、表面温度を下げるという仕組みをもっています。
一方の断熱塗料は、熱が内部に伝わる伝導率を下げることで、夏は室内の温度を上げにくくし、冬は下げにくくするという仕組みになっています。
そのため断熱塗料には、熱を室内に伝えにくくするだけでなく、音も伝えにくくするため、防音効果や保温効果も備わっています。
ただ、遮熱塗料を使用する場合は、一般的な塗料よりも工程数が増えることが多いので、材料費や施工費が少し高くかかってしまうことがあります。
遮熱塗料は一般的な塗料と同じ工程なので、高機能でありながら費用は一般塗料を使う際と、あまり変わりません。

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT