見積もりを複数社に頼むメリットとは

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。

外壁塗装を行う前は、会社による物件調査があります。

物件調査が終わった後には、きっと「見積書」をもらうでしょう。

話を聞いていて驚くのは、この見積書の活用方法を知っている人の少なさです。

そこで今回は、見積書の活用方法について紹介します。

まず、「一式」という言葉がないかを確認しましょう。

一式とは詳細を説明する代わりに、「一式」という言葉でまとめているのです。

これは契約を結ぶ際には、非常に危険な状態と言えます。

なにかトラブルがあった場合にも、契約時点で詳細を確認を行わなかった、お客様の責任となる可能性が出てくるのです。

次に、極端に値段が安いところは念入りに内容を確認しましょう。

外壁塗装は値段を下げる、といっても最低限はお金がかかってしまいます。

そこを破格で行う業者はやはりお金目的な可能性が高いです。

これはすなわち、手抜き工事をされる可能性が非常に高いことを意味するのです。

また、見積書に対する質問の答え方も確認しておきましょう。

丁寧な業者であれば、小さな不安や疑問でも丁寧に答えてくれるはずです。

適当に返されたり、すぐに答えられない業者は少し注意深く調べる必要があります。

利用したことがある人や、口コミなどで調査しましょう。

最後に、人柄や態度なども確認しましょう。

やはり自分達の家なのですから、丁寧に塗ってくれる業者に頼む方が安心できます。

「この人たちに仕事を任せたい」と思える対応をしてくれる職人達を見つけられたら最高です。

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT