雨漏り被害の危険性とは

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。

外壁塗装は美観を整えるために行う、と多くの人は考えています。

確かに「綺麗な家」は多くの人が憧れる、物件における大切な要素でしょう。

しかし「外壁塗装」の本当の一番の目的は、外装の保護力を上げることにあります。

外装は、天候などによる被害から家を守るという役割を担っていることを知っていますか?

その役割を果たすために、外壁塗装が必要不可欠なのです。

もし、外壁塗装を行わなければどうなるのでしょう。

「見た目なんか気にしないし、お金かかるからいいわ」と塗装を怠っていると、どのような症状が出てくるのでしょうか?

一番危惧すべき症状は、物件内部の木部や鉄部の腐敗です。

腐敗が深刻化すると、建物時代の倒壊を引き起こす可能性があります。

ここまで放置してしまうと、修正にかかる費用は莫大でしょう。

この腐敗が起こる理由は「雨漏り」です。

雨漏りとは、外部からによる水の侵入です。

よって雨漏りが起こると、内部の鉄部や木部が常に水にさらされている状態になります。

となると、雨漏りを避けることが重要となってくるのです。

そして、そのために行うことが「外壁塗装」なります。

別途特に雨漏りを強化する雨漏り対策もありますが、外壁塗装でも十分雨漏り対策につながづのです。

塗料を塗り直すことで、外壁の保護力を上げられるため雨漏りも起こりにくくなります。

また、外壁塗装の前に行う調査で劣化状況を把握することも可能です。

気になる場合は、一度お問い合わせください。

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT