劣化したシーリングは雨漏りの原因に!~岡山・倉敷の屋根・外壁塗装は塗夢に~

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪




↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓



塗夢っこブログを書いている林です(*^ⅴ^*)現場に行って勉強しながら書いてます☆ 足場にもだんだんと慣れてきました!ですが、油断は禁物!安全第一でがんばります(。☌ᴗ☌。) よろしくお願いいたします☆彡


こんにちは!
今日は社長の以前書かれていたブログの中から、気になった”シーリング補修とは?”を掘り下げて書きたいと思います♪



  ”シーリング”というのは、サイディングボードやALCパネルなどのボードを外壁に使っている場合、ボードとボードの継ぎ目にあるゴムのような目地のことをいいます。コーキングと呼んだりもします。お家の外壁にある方は触って見てください弾力性があり、ゴムのようです。

 サイディングボードなどの板は、気温、湿度などによって膨張したり収縮したりします。その時に、シーリングがサイディングボードの代わりに収縮、膨張などの動きをしてくれるのです。サイディングなどの板はとても堅くて、ぶつかり合うと割れてしまうので、その力を吸収してくれるシーリング(目地)が必要なのです☆彡

  でも、シーリングも外壁と同様に年数が経つと劣化します。単にシーリングの表面が汚れていたり、色あせているだけなら、補修の必要はありませんが、シワや変形、堅くなってゴムのようでなくなったりしてきたら、シーリングの機能を果たせないので、補修や打ち替えが必要になります。

  さらに、ヒビ割れなどが生じている場合は、緊急な対処が必要で、そこから雨水などが侵入すると、建物本体を傷めることに繋がります∑(゚Д゚ノ)ノ



 傷んだシーリング

  


 
 傷んだり劣化したシーリングは打ち替えをします★



   まず、古いシーリングをカッターで切りとり、古くなったバックアップ材(コーキング剤を充填する深さを調節するもの)を取り除きます。 

                                        




次に、新しいバックアップ材を目地に入れます






バックアップ材

  

   そして、プライマー(コーキングの密着を良くするもの)を塗ってからコーキング剤を充填していきます。













完成です!とてもキレイです∑(*゚ω゚*)



  
この、シーリングの打ち替えは、とっても難しいのですよ! シーリングの施工は専門のプロの業者もいる程ですしかし!塗夢にはプロの技術を持った職人さんがいますので、安心しておまかせください♪


外壁、屋根の塗装、雨漏りなど気になるところなんでも!お気軽にお問い合わせくださいね♪ お家の状態も無料で診断いたします!
 弊社ではただいま外壁塗装リフォームの特別価格キャンペーンを実施させていただいてます。詳しくはこちら↓









最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT