倉敷市松島マンション 屋上防水工事コーキングで丁寧に埋めていきます

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪





 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓
こんにちは!インフルエンザもう大丈夫です。さすが新薬のゾフルーザ、熱が下がるのが早い!そのおかげで今までのインフルエンザに比べてずっと楽でしたよ。でも人にうつす恐れがあるのでもうこりごりです・・

さて、今日は先週行きました倉敷市松島のマンションの現場です。今回は屋上の防水工事の続きをお伝えします♪
倉敷市松島のマンション現場
屋上の防水工事は部分によって2種類で、ひとつはウレタン防水工事、もうひとつはシート防水工事です。
この日は職人さんたちはシート防水工事の方の仕上げをしていました。

屋上シート防水工事 コーキングを打つ
水色の養生テープが見えるところにコーキングを打っていました。

コーキングを打っているところ
なぜここにコーキングを打つのかといいますと、水色の養生テープより上側は、ウレタン防水、下側がシート防水で、同じ防水でも材料や工程が違います。その種類の違う防水工事をつなぐところにコーキングを打っているんです。シート防水のシートにはシートを抑える金物がぐるっと一周付いていて、シートが剥がれないようしっかりと留めています。ですが、わずかな隙間からでも雨は入り込むので、さらにコーキングで埋めてふさいでいるんです。

コーキングを打つところの説明
念には念を重ねているんですね!
写真では小さいですが、シートを抑えている金物をとめているビスにもコーキングをしていて隙間を埋めていますし、ビスのサビを防ぐためにこの上からキャップもするんだそうです。

ビスにもコーキング↑ビスにもコーキングをしています。さらにキャップを付けて完成になります。
塗夢の防水工事を担当している職人さんがとても丁寧な仕事をします。防水のことなら知識も豊富なので安心しておまかせください!

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT