高梁市で外壁塗装、職人技!下塗りで模様を出しています。

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓


こんにちは!今日も暑いです。天気がいい日は現場日和ですが、車の中はとっても暑いんです!今日はちょっと遠くの高梁市の現場へ行ってきました♪

高梁市の現場
こちらの現場は屋根と外壁の塗装をしています。塗料は屋根は無機塗料、外壁はシリコン塗料です。屋根も外壁もアウトレット塗料プランでの施工です。
今日の作業は”下塗り”の工程です。
外壁塗装の下塗り中↑下塗りをしています。既存の外壁はリシン(塗料に砂を混ぜて吹き付ける塗装)です。今回の塗装は模様出しをします♪今回の仕様は吹き付けでなく、ローラーで模様を出していきます。この下塗りの段階で塗膜を立ち上げています。そして上塗りをしていくと、模様が出るという仕組みなんです。なので、下塗り材は粘度の高いサーフSGを使っています。粘度が高いので塗膜が立ち上がるんですね。ローラーはちょっと特殊なマスチックローラーというローラーを使っています。普段使うローラーはふわふわの毛なんですが、マスチックローラーは堅めで荒い目のスポンジのような感じです。  
                ↓マスチックローラー
マスチックローラー
このマスチックローラーを使って塗膜を立ち上げるんですが、ここが職人の腕の見せ所!均等に、広い面も狭い面も同じ模様になるようにしていかなくてはいけません。こちらの現場の職人さんたちはこのように模様を付ける施工をたくさんしてきた方たちです。仕上がりに期待です♪

屋根の塗装前屋根は塗膜が剥がれて真っ白な状態でした。棟部分は錆びています。きれいになるのが楽しみです!

高梁市は古い町並みの素敵なところです♪路地を歩くとレトロなガラス窓の家や大正ロマンを感じさせるような家が並んでいて素敵でした♪またお伝えしますね。

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT