岡山市南区藤田 雨漏り修繕と外壁・屋根の塗り替え完成しました

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!最近ウォーキングを始めました♪社長が毎朝ウォーキングしていると聞きまして、私もやろう!と思い、今日で6日目です♪朝は忙しいので夜歩いています。自然と食事にも気を付けるようになってきました。いつまで続けられるかが不安ですが・・

さて、今日は岡山市南区藤田の現場の完成写真を撮って来ました♪

岡山市南区の現場 完成
こちらの現場には何度も行かせてもらいました。外壁にひび割れが多くあったり、屋根は塗膜が剥がれていたり、雨漏りを起こしている箇所もありました。完成した写真を見るととてもそんな様子だったとは思えませんね!
ではまずは外壁から見てみましょう
ビフォアーです。
外壁施工前↑外壁は色が褪せていて、チョーキング現象(ちょっと触っただけでしっかり白い粉が付く現象)を起こしていました。ひび割れは細かいものから深いものもありました。深いものはV字カットをして割れを補修しています。

アフターです!
外壁完成↑きれいですね!色はブラウン系のベージュで落ち着いています。ひび割れの補修のあとも分からないくらいになりました。

雨漏りは2箇所からしていました。1箇所はドア周りのシーリングの切れによって起きていました。
散水調査↑散水調査をして実際にどこから漏水しているのかをつきとめます。
雨漏りしている
もう1箇所は外壁のクラック(ひび割れ)からです。
クラックからの漏水
雨はたった1mmの隙間から入ります。外壁の中には、通常ルーフィングという防水シートがあるんですが、ここの建物は増築のリフォームの際に、施工不良のためルーフィングがきちんと施工されていませんでした。そこにひび割れてしまったので雨が入り、漏水したという訳なんです・・
雨はどこからでも隙間があれば入るので恐ろしいです・・

続いて屋根のビフォアーです
屋根の施工前↑苔や藻が発生しています。白っぽくなっているところは塗膜が剥がれてしまっています。瓦が雨を吸収してしまう状態になっていました。

アフターです!
屋根の完成↑こちらの屋根は塗膜が剥がれ素地が出ていたため、下塗りを塗っても吸い込んでしまい、塗膜が止まりませんでした。なので、下塗りを2回塗っています。とてもきれいに仕上がりました♪
劣化の状態に合わせて塗料や施工方法を考えて、その建物や施主様のライフプランに合ったご提案をさせていただいております!また次回~

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT