倉敷市安江 外壁塗装工事前の様子。ひび割れの処理はVカットで

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!ようやく梅雨に入りましたが、雨がものすごく降ってる感じしないですね。水、足りるのかな・・と心配していたら、岡山は県北の高い山々と県内に大きな川が3つあることで水源豊かで水不足になることはよっぽどのことがない限りないそうです。と、とても物知りな職人さんが教えてくれました♪安心しました!

さて、今日は倉敷市安江の現場の施工前の様子をお伝えします。

倉敷市安江の現場
こちらのお家は外壁の塗り替えをしています。屋根は釉薬の瓦で塗り替えの必要はありません。外壁はシリコン塗料での塗り替えです。アウトレット塗料のシリコンなので塗料自体の費用を安くご提供させていただいております。

アウトレットの塗料缶↑塗夢のアウトレット塗料です。

こちらのお家の外壁はサイディングボードです。サイディングはひび割れが多く、胴差部分はひび割れと劣化の状態からガルバリウム鋼板でカバーする施工をします。

劣化している胴差↑胴差にもたくさんひび割れがありました。胴差のジョイント部分は、本来は隙間をあけ、シーリングで埋める処理をするのですが、こちらはシーリングがなく、くっつけてとめているので、建物に力が加わるとくぎでとめているところなど弱いところにひびが入ってしまうんです。

ひび割れた胴差↑こんな風にひび割れたところはぐるっと一周していました。

外壁のひび割れ↑サイディングの外壁にもひび割れがいくつもありました。この写真のように深いひびは雨が入ってしまいます。ピンクの色はカビです・・雨が入ってしまったんですね。深いひび割れはVカットして補修します。
Vカットと言いますのは、名前のとおり外壁のひびに対して、V字に電動のカッターのような外壁が切れる工具で切っていきます。そしてV字にカットしたところに補修材を充填していきます。
なぜ、わざわざひび割れを大きく切るの?と思いますよね、それは、補修材を充填する面積が広くなることによって、また同じようなひび割れを起こすことから防げるからです。ひび割れを起こすところは建物の構造上割れやすいので同じように割れる可能性が高いんです。ちなみにヘアークラックと呼ばれる線が細くて浅いひびは建物の構造に影響しないので、塗装で補修することができます。

外壁のシーリング(コーキング)も割れていました。全て撤去し、新しく打ち替えます。
切れたシーリング↑シーリングが切れてしまっています。隙間がけっこう空いているので雨が入り込むと思います。このシーリングの補修は、まず、この劣化しているシーリングを全てとり除きます。それから新しくシーリング材を充填します。塗装はシーリングの打ち替えの後にするので、さらに塗膜に保護されて紫外線にさらされないので長くもたせることができます。

次回は作業の様子をお伝えしますね♪

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT