岡山市北区で外壁塗り替えは、でこぼこの模様を付けています

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!寒くて寒くてウォーキングができなくなってしまいました・・(笑)
運動しているときは体調もすごく良かったので、なるべく続けたいのですが・・もう少ししたら暖かくなると思うのでまた再開して頑張りたいです!

さて、今日は岡山市北区学南町の現場です♪
岡山市北区学南町の現場
イメージシートが隠れっちゃってますね・・イメージシートには、「年中塗り替かえやってます。リフォームサポート塗夢」と書いてあります!次は電柱と重ならないように撮ります!

こちらは奥のオーナー様のお宅と手前側のお家の2棟の外壁と屋根の塗り替えをします。
まず手前道路側のお家を施工しています。屋根はフッ素塗料を使用します。フッ素塗料は、親水性といって、塗った表面と雨水がくっつきやすく、広がる性質を持っています。それによって、汚れが付いても、汚れと屋根の瓦の間に雨水が入り、汚れを一緒に流してくれます。そして、フッ素塗料は長持ちするので、きれいな状態のまま長く保ってくれるんです。いいことがいっぱいのフッ素塗料は値段もシリコンに比べてかかりますが、劣化の早い屋根にはとってもおすすめです♪

外壁はシリコン塗料で、マスチックローラーという凸凹の模様を出せる特殊なローラーで塗っています。
マスチックローラーで山上げ  ↑これは、下塗りのシーラーのあとに、マスチックローラーで弾力のある塗料、サーフを使い凸凹の模様を作ったところです。
マスチックローラーというのは普通のローラーと違って、網目の荒いスポンジのようなものを転がしていきます。
マスチックローラー
これを使うと上の写真のような外壁になるんです。
それから外壁は上塗り1回目と2回目を塗って凸凹のゆず肌模様の完成です。

屋根はセメント瓦で、今は製造されていません。塗膜が劣化すると雨水を吸収してしまい苔や藻が生えてしまいます。この日は下塗りを塗ったところでした。
屋根下塗りを塗ったところ
これからフッ素塗料を塗ってきれいになっていくのが楽しみです!

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT