倉敷市水島エリアへ、塗り替え完成の写真を撮りに行きました

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!1月ももうすぐ終わり、2月が来ますね!今年は雪が降ってませんが、このまま春になるのでしょうか・・。暖かいのは過ごしやすくて嬉しいけれど、雪にちなんだイベントが各地で中止になっているというのをを聞くとさみしいですね!

さて、今日は倉敷市水島エリアの現場をめぐりました♪年末に2棟完成しているので、完成写真と、外壁の塗装の現場1件に行ってきました。

まずは、一つ目の完成したお家です。
倉敷市水島エリアの完成
こちらのお家は屋根は無機塗料、外壁はフッ素塗料で施工しました。屋根は外壁よりも紫外線と雨を浴び続けるので、劣化も早いです。耐久性の高い無機塗料で塗装することによって次のメンテナンスまでのスパンを長くさせることができます。

無機塗料で塗装した屋根
   ↑塗り替えした屋根です。新築の屋根のように美しく仕上がりました。無機塗料なので色あせに強いです。

塗り替え前の屋根はこんな感じでした。↓
施工前の屋根色が褪せています。塗膜が劣化すると、瓦が雨水を吸収してしまいます。すると、乾燥したりまた濡れて水を含んだりを繰り返し、スレート瓦が反ってしまうこともあります。水を含んで、苔や藻が生えることも多いです。実際に苔が生えているスレート瓦は多いですし、ひび割れているのもよく見かけます。

塗り替え前はコーキングも切れていました。1階と2階の間にある、色や素材が変わる部分にある胴差というところもすっかり色が褪せてしまっていたのですが、塗装により、とってもきれいに生まれ変わりました!

塗装前・・・
施工前の外壁と胴差
塗装後・・・!
塗装後の胴差と外壁
塗装でここまでキレイになります!外壁にはフッ素塗料を使っています。フッ素塗料も長持ちする塗料なんです。フッ素塗料は汚れにくいです。汚れても雨水が当たると汚れを一緒に流してくれる特徴があります。

バルコニー施工前バルコニーの施工前です。バルコニーも塗装しているものなのでメンテナンスが必要です。

バルコニー施工後施工後です。バルコニーは劣化の状態からトップコートを塗りかえる施工で十分なので、トップコートを2回塗っています。状態が良くない場合は防水工事をする必要があります。
長くなったので2つ目のお家はまた次のブログで書こうと思います!
ではまた次回・・

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT