倉敷市のアパートの塗装、外壁は濃いグリーンでかっこよく!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!梅雨が明けてから岡山はとっても暑いですね・・。現場に行くと写真を撮ってるだけで汗が流れます。職人さんも汗だくだけど、爽やかな表情なので元気が出ます!

さて、今日は前回のブログと同じ現場の倉敷市のアパートです。
倉敷のアパートの現場
今日は、外壁の東と西面の上塗り2回目や、屋外階段の錆止めを塗っていました。屋外階段は塗膜の劣化によりサビ止めが見えている状態になっていました。ケレン作業をしてからサビ止めを塗っています。

サビ止めを塗っただけでもきれい
まだサビ止めを塗っただけなんですが、キレイになっています。
屋外階段の錆止め
このサビ止めの上から上塗りの塗料を2回塗って仕上げます。全部で3回塗装します。
外壁の色が変わったのに気が付きましたか?濃いグリーンに塗装しています。雰囲気がガラッと変わりましたよね!
元の色が、1階も2階もベージュのような色で、しかも色あせが目立っていました・・。色が変わると建物が違うみたいに見えます。一気にアパートが若返った感じですね!
外壁の上塗り2回目  ↑職人さんはローラーだけでなく、いろんな道具を持っています。広い面から狭く細かい部分まであるので道具を使い分けながら塗装しています。

外壁の上塗り2回目  ↑少しの凹凸でもローラーだけだと塗り残しが出てしまうんです。こういうところは刷毛を使います。

2階の共有廊下の軒天2階の共有廊下の軒天は黒に近い色で、シンプル、スタイリッシュでかっこいいイメージですね。軒天は白系のクリーム色のことが多いのでとても新鮮でした。
1階の軒天は、サビが多すぎて塗装ができないくらいなので板金でカバーする工事をします。
アパートはベージュ系の色から濃い色へと変わります。今までの雰囲気と全然違う感じに変わると思います。アパートのメンテナンスは、アパートの資産価値を維持したり、高めるだけでなく、建物の劣化を防ぐためでもありますし、それが入居率アップに繋がります。外壁や屋根の色が変わるだけで、入居率が上がることが多いんです。手入れをされてるアパートの方が安心ですよね!
ではまた次回・・。

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT