倉敷市で外壁の塗装中!下塗りで山上げをし、厚膜に塗ります!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!岡山県内の感染者数が日に日に増えていっていますね・・。テレビでは換気とマスクが大事と言っていますね!窓を2箇所開けて5分でも換気ができると言われていたので、毎朝、洗濯物を干すときに必ず開けるようにしています。

さて、今日は倉敷市日ノ出町の現場です。
【事前登録】 ▼Zoomの使用経験あり、アプリのダウンロード済の方  ①以下のURLをクリック https://zoom.us/webinar/register/WN_HFmG5-1vR-uSaLXcHIYTyA  ②事前登録(ウェビナー登録)画面になります。 姓の欄に「〇〇店」、名の欄に「名字」をご入力ください。 メールアドレスをご入力の上、登録ボタンを押してください ※メールアドレスはZoom登録時のものをご入力ください ↓ ③ウェビナー登録完了画面になります 下部の「このURLをクリックして参加してください」のURLをクリック ↓ ④ポップアップが表示されます。その中の「ZoomMeetingsを開く」をクリック ↓ ⑤「Webセミナーは2020/11/19のためにスケジュールされています。」 上記の文言が表示されます。  以上で事前準備は完了となります。既存の外壁はサイディングボードで、塗装は吹き付けのリシンでした。数か所外壁が割れているところがありました。今回の塗装では、外壁が割れにくいように、厚膜を付けるやり方で塗装しています。
厚膜を付ける塗装の方法は、ただたっぷりと塗料を塗るのではありません。まず下塗りには微弾性の塗料を使います。塗料にも種類があるので厚膜が付くもったりとした厚みのある下塗り材を塗ります。
下塗材  ↑この微弾性の塗料、ソフトサーフSGを使います。ゴムのような伸縮性のある下塗り材なので、建物が動くときに一緒についていく特徴を持っています。”追従できる”と言うんですが、このおかげでひびわれしにくくなるんです。

下塗り山上げこのサーフで下塗りをします。下塗りは外壁と上塗りの塗料をしっかりと密着させるために塗ります。分かりやすく言うと、のりのような役割です。
この下塗りをするときに、厚膜をつけるために、でこぼこと塗膜を立たせながら塗っていきます。これを”山上げ”と言います。
下塗の塗膜を立たせる  ↑こんな感じになります。まだ塗装1回目の下塗りの段階ですが、とてもきれいです!このでこぼこの山を均一に、きちんと立たせておかないと、上塗りで仕上げたときにムラが出てしまいます。

下塗りをマスチックローラーで  ↑この引っ掛けてあるローラーを使います。普段使っているローラーより、目が粗いので塗膜が立ちあがり、ツンツンとした山上げができます。このローラーをマスチックローラーと言います。

この下塗りで山上げをしてから、上塗り1回目、上塗り2回目をして完成です。上塗りの塗料は高耐久の無機塗料を使います。北面の外壁はとくに、苔や藻が生えていたので、無機塗料がぴったりです。無機塗料は名前のとおり無機質な物でできているので苔や藻が生えにくいのです。紫外線にも強く、色あせや変色は起こりにくいです。静電気も発生させにくいので汚れも付きにくい、親水性が高く、雨水で汚れが流れやすいなど、いいところだらけです。デメリットとしては、費用が高いことや、塗膜が割れやすいなどありますが、下塗り材を微弾性にするなどで大丈夫です。
塗膜の劣化が少なく、長持ちするでとてもいい塗料ですよ!

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT