塗夢 リフォーム

倉敷市老松 バルコニーのリフォーム、FRP防水工事のようす

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓
こんにちは!長かったゴールデンウィークも終わり、気合を入れて頑張っていきたいと思います!

今日は前回のブログの続き・・FRP防水工事の現場です。
倉敷市老松の現場
こちらのお家のベランダ2箇所にFRP防水工事をさせていただきました。
施工前の様子がこちらです
ベランダ防水工事の施工前塗膜がバラバラと剥がれてしまっています。オレンジ色に見えている部分はFRP防水のガラス繊維です。このような劣化のしかたは通常はありません。施工不良が考えられます。職人さんの見解では、トップコートの塗膜が厚すぎるからこのような割れ方をしたのだろうと言われていました。塗膜って厚みがあればあるだけ長持ちしそうと思いがちですが、違うんです。たくさん塗ればいいってわけじゃないんですね。ただし、外壁の素材や塗料の種類によって、厚みを持たせて塗る場合もあるので適材適所なのです・・。

FRP防水 ガラスマットを敷く↑施工のようすです。バルコニーにプライマー(接着するもの)を塗布してからガラスマットのサイズを合わせて切り、敷きます。上からFRP防水樹脂を塗布します。

ガラスマット↑こちらがガラスマットです。細かい繊維状になっていてガラスなのでキラキラ光っています。触ろうとしたら、職人さんに、素手で触らない方がいい、刺さってかゆくなるよ~!と言われました。刺さるの!?やっぱりガラスなんだ・・刺さるといってもとっても細かいのでかゆくなる程度だそうなのですが、2~3日ちくちくするそう・・。

FRP防水工事中↑脱泡作業です。空気を抜いているんです。これも重要です。空気が入っているままだと浮いてきてしまうそうです。この日は天気が良くて気温も高く、樹脂が乾きやすいので、職人さん二人がかりで、樹脂を塗布→固まる前に急いで脱泡する。と作業していました。
このあとの工程は、中塗り→上塗り→さらにトップコートで完成です。防水は何層も重ねるんですね!奥が深い・・また防水工事を見に行きたいです♪

倉敷市松島マンションのメンテナンス シリコン樹脂注入作業!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪





 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓




あけましておめでとうございます♪ 今年もよろしくお願いします!
2019年がスタートしました。今年も安全第一で頑張りたいと思います!

さて、今日は昨年から引き続き施工しています倉敷市松島のマンションの様子をお伝えします。

倉敷市松島マンション現場
前回のブログでマンションの共有廊下と階段の長尺シートを貼りを紹介しました。→倉敷松島のマンション 長尺シート貼り こちらのマンションでは同時進行で防水工事も進んでいます。防水工事は屋上やベランダだけではありません。今回は外壁の塗膜のさらに内部の補修のようすです。

外壁の浮いている部分↑ここの現場には上の写真のように養生テープでマークしてあったり囲っているところが何十か所もあります。ここは打診調査で音が違う部分、つまり外壁の塗膜より内側が異常だということを表しています。この部分をそのまま塗装してしまうわけにはいきません。漏水によって内部が膨れて隙間ができているので埋める必要があります。雨はわずかな隙間から入ってきて、長い年月をかけてじわじわと外壁の中を枝分かれして広がっていたのです!漏水がひどい状態になると、コンクリート内部の鉄筋まで到達し、サビさせて折れてしまうこともあるそうです!
この内部の浮きをどう埋めるかといいますと・・

外壁にシリコンを注入するため穴をあける↑シリコン樹脂を中に注入して固めて隙間を埋めていきます。上の写真の職人さんは、シリコン樹脂を注入するためのあなをあけているところです。
何か所もあけていきます。

高圧注入作業↑シリコン樹脂を入れているところです。”高圧注入”というそうです。シリコンを入れたらビスで穴をふさぎます。シリコンは固まっていきます。

シリコン注入後穴をふさぐ↑ビスであなをふさぎます。

シリコン低圧注入↑こちらもシリコン樹脂を入れています。注射器のようなものを使ってゆっくりと流しいれています。”低圧注入”というそうです。手作業でポンプを使って入れる高圧注入よりもさらさらとしたシリコン樹脂を入れます。注射器から注射器にかけてグレーの線があるのは、ひび割れがあったところです。そのまま注入するとひび割れから漏れてしまうのでシーリングでふさいでから流していきます。このシーリングはシリコン注入が終わったら剥がします。
 
 今回の現場でシリコンを注入しているところを始めて見ることができました!塗装にたどり着くまでの段階でかなりの手間がかかりますが、この防水工事がとっても重要なんです。今後も長く建物を維持するために劣化していく建物の状態を改善することが本当のメンテナンスなんですね!
ではまた次回♬

倉敷市栗坂K様邸エクステリア工事!(^^)!




    

平成26年 2月13日(木) 今晩は。

今日も寒かったですね、明日は明け方から雪マークでしたから通勤には気を付けて下さい。

今日は塗夢では珍しいエクステリアの工事管理。

知り合いからご紹介頂き成約頂きました。

今日の作業内容はブロックが積み上がりましたからアルミフェンスの取り付け。

 

 

 

積み上がった化粧ブロックの目地詰め作業↓

 

 



エクステリア業者のエキスパート、ハウスドクター石井の社長も来てくれ職方に施工指導してくれていました。

後ろ姿に哀愁が漂ってますね・・・

 


腰袋あるんだからその中に道具を入れてたら、あちこち行ったり来たりしなくて済むんだ・・・・考えて仕事しろ・・・

そう言えば僕も職人時代は親方に日々叱られながら職人してたなぁ~って思い出しました。

 

親方)仕事は見て覚えろ

僕)教えてくれなきゃ出来ないし

これが僕らの時代

もぅひと昔前は、文句も言わず見て覚える。覚えたら親方が良いと言うまで独立は出来ない。独立OKが出たら一年間はお礼奉公(無償で一年)して独立。

今の若い人にこんな事を言ってたら速効辞めさせて頂きます・・・

建築業界が3K(危険・きつい・汚い)と言われ職人を目指す若い人が少なくなりました。

今後を担う若手を育成し卓越した技術を習得して社会貢献できる人材育成をしていきたいですね。

ではまた明日

 


 

 




 

 


 

 

 

下地から学ぶ事が大事!(^^)!

地元岡山で愛される塗装専門店を目指すリフォームサポート塗夢代表小山です。
 
9月6日(金) おはようございます。


今日は朝からめちゃ良い天気となりました。ちょっと初秋を感じさせられる感じにになってきましたね。

昨日ホームページよりお問合せ頂いたお客様よりご契約を頂きました。数社競合の中から塗夢を選んで頂きました。

他社様はすぐれた塗料で20年程度大丈夫との営業トークでしたが、ほんと大丈夫なのか疑心暗鬼な気持ちになり塗夢に問い合わせ頂きました。

僕が建物を診断させて頂いたら塗料の寿命がどうこうの問題ではなく、現状の下地が漏水(雨漏り)しているのにどなんな最高級の塗料を一流の職人が塗装してもダメだという事を説明させて頂きました。

ではなぜ下地処理が重要か説明させて頂きます

バルコニーの柱を水がつたい外壁板の裏に水が侵入しています↓

 

 


外壁板の一部がボロボロになっています↑

柱のキワのシールが劣化していてここから水が浸入↓

 

 


このような状況ではどんな良い塗料を塗布しても塗料は簡単に捲れてしまいます

外壁塗装は使用する材料にばかり目が行きがちですが、塗装する前段階が一番重要だという事を認識して頂きたいと思います。

塗夢では見積もりの前に必ず外壁診断をさせて頂きます。その診断をもとに見積もりを提出させて頂きます。

今後もお客様の財産価値向上のお手伝いが出来ればと思います。

ご契約頂きましたK様ほんとうにありがとうございました。

ではまた明日

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT