ブログ

総社市でシーリング防水工事が完成!足場の解体作業です。

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!もうすぐクリスマスですね!今年のクリスマスはコロナウイルスの感染を考え、友達と集まるのはやめました・・。年末年始の帰省も今年はやめます。県外なので、移動がこわいですね。なかなか買い物も行く気にならないし・・。今年のお正月は家で桃鉄をして過ごします(笑)

さて、今日は総社市の3階建て施設のシーリング(コーキング)打ち替え工事が完成し、足場の解体作業中の現場です。

足場の解体作業
今回の現場は、主な工事はシーリングの打ち替えです。塗装は、軒天、笠木、窓枠、ひさしなどのパーツのみの塗装です。外壁全体の塗装は、まだ塗膜がきれいでした。
塗膜がきれいで傷みが少なくても、シーリングが劣化し、切れると雨漏りする可能性がかなり高くなります。雨漏りすると、外壁の中まで傷んでしまいます。シーリング部分のメンテナンスはとても大切なんです。
足場の撤去作業は3人でしていました。上にあがった人が下の人に取り外した部材を渡していきます。もう1人は取り外した部材を運び、まとめていきます。
部材の重さは、大きな支柱だと10キロ以上です。それを何本もまとめてかついでいくのですごいです。
足場撤去作業
足場作業の先輩が、ずっと運んでいる後輩に、「無理せんでいいからなー。休みながらやれよー。」と優しい感じで声をかけていました。
足場作業は、けがを防止するため、声掛けしながらすることがとっても大事です。現場の建物やまわりの環境によって、大きな声を出さないと聞こえないこともあります。大きな声が聞こえるとこわい感じに聞こえて、足場の作業員の方はこわいイメージをもたれていることも多いです。私も塗夢で現場をまわる仕事をする前は、足場の人たちこわそう・・と思ってました(笑)でも、声掛けは部材の名称を言ったりするので必要だし、他の作業員に気を配ったり、とってもいい人です!

足場のメッシュシート
片隅に最初に取り外したメッシュシートがキレイにたたまれていました。
足場を解体しながらも、部材をキレイにそろえて置いたり、足場やさんは丁寧です。
足場をかけるときも解体するときも、重たくて大きな部材で建物を傷つけないよう、自分たちが落ちたり部材でけがをしないよう、とても注意力の必要なお仕事です。いつもありがとうございます。完成が楽しみです。

岡山市中区で外壁と屋根の塗装が完成!雨漏り箇所は張り替え修理!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!岡山県では土日でまた、コロナウイルス感染者数がかなり増えましたね。
1人発症すると、何人も感染してしまうのは、インフルエンザと同じですね。やっぱり、人混みを避けたり、手洗いやマスクで予防することが大切ですね。

さて、今日は先日行きました、岡山市中区の住宅の塗装の完成です。
岡山市中区の住宅塗装の完成
こちらのお家は外壁と屋根の塗り替えの他に、バルコニーの防水工事、雨漏り修理で、一部サイディングの張り替えなどの工事をしました。

下の写真が施工前の写真です。赤〇で囲んでいるところは雨漏りしていた箇所です。
施工前の写真と雨漏り箇所
塗膜も色あせていて、ちょっと触ると手が白くなる、チョーキング現象を起こしていました。
雨漏りして、サイディングがボロボロになっていました。外壁の内側に水が回っているので、外壁の中は断熱材もかなり水を含み、塗装では修理が難しく、サイディングの一部張り替え工事になりました。

雨漏りして外壁の中が腐食サイディングをはがすと中はこんな風に木部は腐食し、断熱材も傷んでいました。白アリがいなかったのは本当に幸いです。白アリは、山の中とは限らず、町中でもどこでもいます。
サイディング張り替えサイディングは腐食箇所のみ張り替えました。サイディングや屋根材などは、数年で規格やデザインが変わるので、同じものというのは10年以上経つとありません。なので、似たようなデザインのものを張り替え、塗装しました。
塗料はシリコンで、アウトレットプランでの塗装です。アウトレットプランというのは、塗夢で大変な人気のプランです。在庫にある塗料からお選びいただくというだけで、塗料の費用が半額以下でのご提供!ただ、在庫の中からなので、色が限られてしまうことと、シリコンはいつでもありますが、無機やフッ素は、タイミングがよければ在庫にあるかも・・という条件です。

こちらのお家は、クリーム色と黄色の2色で、どちらもアウトレットです。アウトレット塗料は、在庫にある量だけなので、色によっては1棟分できないこともあります。なので、2色や3色塗り分けや、ベランダ、玄関回りの色変えにもぴったりです。
お客様のご要望の箇所の色分けをいたします。カラーシミュレーションもできますよ!
カラーシミュレーション
カラーシミュレーション

パターンはいろいろ、破風の色や胴差など、パーツの色も変えられるので、お気軽にお問合せくださいね!

倉敷市の事務所塗装工事で屋根の漆喰部分の修理をしています!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!今年はコロナの影響で、マスク着用とアルコール消毒が当たり前になりました。去年までは、マスクしている人は風邪気味が、花粉症のイメージでしたが、マスクをしていることに何も違和感も抵抗もなくなりました。ただ、口元が見えないと会話って難しいですね。人と話をするときって、口の動きを見てたんだなぁと思いました。

さて、今日は先日行きました倉敷市西中新田の事務所の現場です。
倉敷市西中新田の現場
こちらの建物の屋根は大屋根はモニエル瓦で、下屋根はカラーベストです。モニエル瓦もカラーベストも塗装メンテナンスが必要な瓦になります。
大屋根のモニエル瓦は棟部分の漆喰がはがれていたので、漆喰部分も修理する必要がありました。漆喰部分が剥がれると屋根も落ちてしまう危険があります。
日本瓦や釉薬、陶器瓦は塗装のメンテナンスがいりませんが、棟部分は漆喰で固定されていることがとても多く、現地調査で、屋根は塗り替えいらないね。と、調査しない業者が多くありますが、剥落することもあるので、必ずチェックすることが大事なんです!

屋根の棟部分赤色で囲んだ箇所が棟部分です。この漆喰が剥がれていました。

棟部分の漆喰の剥がれこの漆喰をやり直す必要があります。モニエル瓦の棟部分だけ外して、もろくなった漆喰と、瓦を固定するためにある土をはがして、また同じように設置します。

土を撤去したところ漆喰と土を撤去しています。この修理作業をしてから、屋根の塗装をします。
モニエル瓦は、塗装で防水していないと、瓦に雨水が染み込むので、苔や藻が生えて、根を伸ばしていくので、瓦がひび割れしたりします。モニエル瓦は今では作られていないので、割れた部分だけ変えることができません。

きちんと塗装によるメンテナンスをしていたら、50年くらいもつ大変寿命の長いよい瓦です。塗装は見た目をよくするだけではなく、雨水や紫外線から守る目的があります。
お家を長くきれいにもたせるために塗装で保護することが重要ですね!またお伝えします♪

倉敷市水島で外壁塗装をダブルトーンで!レンガ調がステキです!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!昨日は今年最後のラジオでした。今年最後といっても、来週は塗夢の瀬島さんが放送しますので、私担当が最後ということです。今年の漢字が「密」でしたが、私の1年振り返っての漢字を聞かれて、パッと思いついたのが、「忙」でしたね(笑)コロナで、家にいる時間はとっても増えたけど、常に気持ちが忙しく、慌ただしかったなと思いました。家事も毎日忙しいし・・。うーん毎年「忙」かも・・とか思いました(笑)

さて、今日は昨日ラジオでもお話しした、倉敷市で外壁塗装工事、ダブルトーン塗装をしている現場です!

倉敷市ダブルトーン塗装の現場
こちらの住宅は外壁塗装工事で、デザイン性の高いダブルトーン塗装をしています。ダブルトーンというのは、2色使った塗装です。一般的な塗装は、ローラーや吹き付けで1色で塗装しますが、ダブルトーンは2色なので、色の使い方によってさまざまな雰囲気に変えることができます。
今回施工するお家は、もともとの外壁は模様のあるレンガ調のサイディングです。1色で模様を消さず、ダブルトーンでレンガ調の塗装になるように塗り替えています。

塗り替え前はこんな感じでした!
ダブルトーン塗装の施工前

ダブルトーン塗装の施工前
ダブルトーンに塗り替えると・・
ダブルトーン塗装後

ダブルトーン塗装後
1色塗りだと、このレンガ調の白い目地部分も全部同じ色になってしまいます。ダブルトーンはサイディングの模様を活かしたデザインができる塗装なんです!
とてもキレイですよね!

塗装は、まずはいつものように下塗りをして、次に目地やでこぼこの谷になっているところの色になる塗装(今回は白)を、ローラーで全体に塗ります。(上塗り1回目)同じ色でもう一度塗り重ねます。(上塗り2回目)このときは全体的に白になります。この時点で、外壁を保護する目的としての塗装は、3回塗装できているので問題ありません。
ここからもう1色を足します。同じようにローラーですが、毛足がとても短いローラーを使います。そのローラーで色の違う方の塗料(今回はベージュ)を塗ります。サッと転がすとでこぼこの外壁の山の方に色が付くんです。これも1回塗って、乾いたら2回目を重ねます。全部で5回塗装することになるので、普通に塗装するよりも費用は高くなりますが、毎日帰る家がおしゃれでキレイになると嬉しいですよね!

ダブルトーンの手直しダブルトーンの塗装の手直しをしています。とっても細かい作業です!

最近はダブルトーンを施工されるお客様がとても増えています。お家で過ごす時間もみなさん増えたと思うので、13年から15年に1度の塗り替え、せっかくやるのだから、ステキにしよう!というお客様が増えているんだと思います。
ダブルトーンは仕上がりがとってもキレイなので私も完成が楽しみです!

倉敷市で外壁コーキングの打ち替え!外壁の色に合わせた色で!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!今朝はとっても寒かったですね。岡山県では新型コロナウイルスのクラスターが2件起こりました。カラオケのある飲食店・・。感染対策が難しそうです。でも、多くの飲食店では、アクリル板を設置したり、検温がすぐにできる機械を置いたりと、不安をなくして感染症を広げないよう、かなり努力をされてますね。塗夢では、マスクや手洗い、消毒はもちろん、お客様のご希望に合わせて、非接触のオンライン、スマートフォンでの打合せもできます。これからもっと増えることが予想されますので、不安な事はお気軽に聞いてくださいね!

さて、今日は先週行きました、倉敷市のコーキングを打っている現場です。前回のブログの続きです♪
倉敷市のコーキング打ち替えの現場
前回のブログはこちら→倉敷の外壁塗装現場です。コーキングを打ち替えてます!

コーキング(シーリングとも言います)は、塗料と同じく、1液と2液性のものがあります。1液と2液の違いは、1液はそのまま使うことができる材料で、2液は硬化剤を混ぜることによって固まることができる材料です。塗夢では、2液タイプの材料を使っています。

コーキングの材料、硬化剤を入れる硬化剤を入れています。今回のコーキングは白色にするので、この状態でも白色になりますが、さらに白くするため、色をつける材料を入れます。

カラー材を入れるこのカラーマスターというカラー材を入れてきれいな白色にします。カラー材は黒やグレー、ベージュなど、外壁が塗装で何色になるかに合わせてコーキングの色を変えます。例えば、塗り替えでベージュになるのなら、コーキングもベージュにします。外壁を黒にする部分のコーキングは、黒にします。こんな感じで外壁に合わせてコーキングの色も変えます。コーキングも塗装も、経年劣化するので、経年劣化で塗膜がコーキングとともに切れたときに、中から違う色が出てきたら目立ってしまいます。なので同じような色をつけておきます。

コーキング材を攪拌機で混ぜる
攪拌機を使ってしっかりと混ぜます。このしっかりと混ぜることが大切です。混ぜ方にムラがあると、固まるところと固まりにくいところが出てしまうからです。耐久年数にも関わってきます。塗夢では、コーキングも塗料も混ぜるときには、攪拌機を必ず使います。均等に混ぜることはとても大事なんです。
コーキングを打ったら、洗浄をして、いよいよ塗装作業です。またお伝えします♪

倉敷の外壁塗装現場です。コーキングを打ち替えてます!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!コロナウイルスのニュースばかりで、明るいニュースが少ないですね。重症者数が増えているのが心配です。この時期なので風邪やインフルエンザのウイルスも心配になりますね。毎日飲んでる黒酢ドリンクと青汁で体を強くできるかな・・?

さて、今日は倉敷市でコーキングの打ち替えをしている住宅です!
倉敷市のコーキング打ち替えの現場
こちらの住宅の外壁はサイディングボードで、塗り替え工事のときは必ずコーキング(シーリングとも言います)も調査の段階で見ます。外壁塗装は、ただ塗装するだけではなく、不具合があるところがないかをしっかりと調査します。

はじめて塗り替えをされる住宅は、だいたい築10年~15年が多いです。築10年くらい経ってくると、塗膜は色あせてきたり、変色が見られたりします。モルタルの外壁だと、ひび割れがあったりもします。コーキングが打ってある、サイディングやALCの外壁は、コーキングが劣化で黒ずんで、固くなり、場所によっては割れたり切れたりしています。

このコーキングは、新しく打ち替えないと、ひび割れて切れるだけじゃなく、サイディングボードにまでひびが入ったり、割れたりすることになります。
”増し打ち”といって、古くなったコーキングの上から重ねて打つこともありますが、塗夢では古いコーキングは、全て撤去・取り除いてから、新たに打ちます。
コーキングを撤去した
コーキングを撤去したところです。撤去すると青いスポンジのようなものがあります。バックアップ材です。コーキングの厚みをそろえるためにあるのですが、劣化してボロボロになっていたり、バックアップ材が必要な箇所に、あるところとないところがあることもけっこう多いです・・!
もちろん用意しているので必要な箇所には入れていきます。

コーキングを打つコーキングを打ったところです。コーキングを打つときには、はみ出るので必ず養生をします。マスキングテープで養生をして、たっぷりと打っていきます。
打ったらへらなどで、キレイに平らにしていきます。

コーキング打ち
このあと、表面が乾いたら養生テープを剥がして、完全に乾くまで置いたら完成です!

コーキング打ち替えキレイです!サイディングのデザインがでこぼこしていると難しいのですが、真っすぐできれいですね!
打ち替えが終わったら、洗浄作業で外壁のほこりや汚れを洗い流します。それから塗装作業の開始です。どんな仕上がりになるのか楽しみです♪

倉敷市で外壁はアウトレット塗料で塗装!2色に分けてキレイです

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓
毎朝寒いですね。今年はマスクが防寒になっていいですね(笑)岡山県のコロナ感染者数は爆発的に増えてはいませんが、毎日感染者の報告があるので、それ以上に感染者がいるということです・・。これに慣れてしまうと一気に増えてしまいそうです。気を引き締めないといけません。

さて今日は、昨日行きました倉敷市の現場です。
倉敷市の現場
外壁と屋根の塗装工事をしています。屋根は、耐久性・耐候性・耐火性の高い長持ち無機塗料、外壁は塗夢で大好評・大人気、塗料は半額以下のシリコン・アウトレット塗料です。
アウトレット塗料プランは、他の塗装会社さんではできない、塗夢のオリジナルプランです。

塗夢は小山塗装の分社化でできた住宅専門部門になります。小山塗装は、マンションや工場、大型倉庫や大型店舗など、大規模工事を主にやっています。なので、塗装工事をしたときに、塗料の残る量が、住宅に比べて大きくなります。
その在庫の塗料を住宅に安くご提供させて頂こうというプランなんです。
塗料の種類は、そのときに在庫にあるものになります。シリコン塗料はよく使うので大抵あります!フッ素や無機になると、大型の建物でなかなか使用されないので、タイミングが合えばありますよ。ぜひお問合せください!
アウトレット塗料は、同じ色がたくさんある訳ではないので、
 ●1階と2階の色分けをしたい!
 ●玄関やバルコニーの色を変えたい!

などのご要望のお客様におすすめです!
今回塗装している住宅も色分けです。1階も2階もアウトレット塗料ですが、違う色の2カラーでの塗り替えです♪

  1階です!
アウトレット塗料で塗装1階
  2階です!
アウトレット塗料で塗装2階
1階はブラウン、2階はベージュです。
アウトレット塗料プランは、色も在庫にある色の中からお選び頂くことになるので、その分お安くご提供させて頂いています!
人気色のクリーム、ベージュ、ブラウン、グレー系はよく使用されるので在庫にも多いので大丈夫ですよ!

外壁は下塗り→上塗り2回を塗装して完成していて、この日は屋根を無機塗料で塗装していました。
屋根を無機塗料で塗装
冬場は午後3時までには塗っておかないと、夜露のせいで、艶が飛んでしまうそうです。午前中は昨晩の夜露で濡れていて濡れないし、乾いてからは3時までに塗っておかないといけません。冬場は大変ですが、乾いてから塗る、夜露が当たる前に乾かしておくことをキレイに仕上げるためにやっています♪
もうすぐ完成するので楽しみです!

倉敷市でレンガ調の外壁をダブルトーン仕上げに塗装します!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!12月になると寒いけれどクリスマス気分でワクワクしますね!今年のイルミネーションは、コロナの影響を受けるのでしょうか・・?カウントダウンのようなイベントは、密になるのでなくてもいいけれど、イルミネーションは屋外だし、例年通りやっていてほしいです。
アリオ倉敷のみらい公園は、イルミネーションがきれいでしたよ~!

さて、今日は倉敷市北畝の外壁塗装工事の現場です。
塗装の前に行う、シーリング(コーキング)の撤去・打ち替え作業をしていました。
倉敷市北畝の現場
こちらの住宅は、外壁はサイディングです。模様がレンガの様なでこぼこしたデザインです。
レンガのような模様のサイディング
今回の外壁塗装工事はこのサイディングをただ塗るだけではなく、ダブルトーンで仕上げていきます。
ただローラーで塗装するとレンガ調の模様はできません。レンガの模様にある目地部分も全て1色になるからです。クリアー(透明色)で塗装した場合はこの色のまま塗装されるので、レンガ調にすることができますが、経年劣化による色あせや、ムラ、傷もそのまま残ってしまいます。
なので築後10年以上経ってから塗装されるお客様には、クリアーはおすすめしていません。色あせが目立ってしまうからです。でも、塗り替えするならレンガ調にしたい!とのご要望にもお答えできます!
それができる塗装方法が、ダブルトーンなんです。2色で塗装することができます。レンガ調やタイルのデザインの外壁は、目地と色分けができるんです。
過去にダブルトーン仕上げで塗装された例をいくつかご紹介します。

ダブルトーン仕上げ
ダブルトーン仕上げ
色はお客様のお好きな色でできます。サイディングにしっかり凹凸がある種類の方が仕上がりがキレイです。ただ1色で塗装するより、2色のダブルトーンはアクセントになります!
1色塗りよりも料金は上がるので、全体にするのもステキですが、玄関やバルコニーなどポイントにするのもおすすめです!

今回のお家はどんな風に変わるのかとても楽しみです!

岡山市で外壁塗装、クリアーのフッ素で水をかけてもすぐに乾く!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!12月に入りましたね!昨日はラジオの日でした。FMくらしきで、17時からの夕方ワイドくらもんの番組内で、毎週火曜日18時30分ごろからリフォームサポート塗夢の時間です!1週間交代で塗夢の私と、瀬島さんが変わりばんこに出演しています。昨日は、小学生の頃に友達と交換した手紙や交換日記の話で盛り上がりました(笑)倉敷市のアウトレットパークの中にあるFMくらしきのスタジオから生放送しています。塗装現場の話の他に、お得な情報もあるかもです。ぜひ聞いてみてください♪

さて、昨日は岡山市中区の現場へ行ってきました。ラジオでもこちらの現場のお話をしました♪
岡山市中区の塗装現場
こちらの住宅は外壁はサイディングです。サイディングは多色で模様のあるデザインのものです。サイディングに色あせや剥がれなど目立った劣化が見られなかったので、クリアーで塗装が可能でした。今回はクリアー(透明色)でフッ素塗料です。
もちろんお家のイメージや雰囲気をガラッと変えたいお客様は、全然違う色や2色、3色使ったりもできます。

クリアーで塗装
クリアーで塗装
2種類のサイディングを使ったおしゃれなお家です。どちらもサイディングに模様と色はグラデーションのような、多色使われているので、クリアーで塗装しました。
クリアーでも艶の段階があって、今回のクリアーは3分艶です。艶の程度としては低く、テカテカ、ピカピカしないので上品に仕上げることができます。

ただ、塗った直後はかなりツヤツヤなのでどこを塗装したか一目瞭然ですが、乾いてくると落ち着いていくので、どこを塗装したのかが分かりにくい塗料です。

そこで、職人さんがこんなことをしていました♪
塗装したところとしてないところを比べる養生テープの上がクリアー塗装した壁です。養生テープの下が、塗装していない壁。
いかがでしょうか?比べると分かりやすいですね!お客様が日中ご不在なので、どこを塗ったのか、これは塗装したのかな?と分かりにくいかなと思い、同じ壁で比べて見て頂こうということです。お客様には分かるように、お手紙を書いています。

クリアーは塗装しただけでは分かりにくく、水をかけたら違いがはっきりとします。塗装した壁は乾いているので、職人さんが外壁に水をかけて違いを見せてくれました。
フッ素塗料なので親水性が高いところも特徴です。水をかけると水がサッと流れていき、直後に手で触ると、もう乾いていました。驚きです!
外壁に汚れが付いていた場合はサッと水と一緒に流してくれるんです。
塗装していない壁は水をかけても、すぐに水がなくなることはなく、ずっと濡れたままでした。防水性が落ちているからです。

お客様にも水をかけてこの違いを見て欲しいとの事を手紙に書いていると言われていました。こんなにサッと水が流れると、苔や藻が生える心配もないですね!

倉敷市でバルコニーのFRP防水工事をしています!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!先日の11月29日はとってもひさしぶりに、倉敷市の芸文館の広場で開催される、”懐かしマーケット”へ行ってきました!コロナの影響で、今年はないだろうなぁと思っていましたが、偶然通りがかったときに、のぼりが立っていたので、友達を誘って行ってみました。屋外のフリーマーケットなので開催できたのかもしれないですね!レトロな雑貨たちに癒されました♪

さて、今日は昨日行きました倉敷市の2階建て住宅の屋根・外壁塗装とバルコニーのFRP防水工事をしている現場です。

倉敷市粒浦の現場
バルコニーは雨漏りを起こしやすい箇所です。メンテナンスが必要です。リフォームサポート塗夢は、現地調査のときに、はしごをかけて屋根の上や2階も、丁寧に調査するので、バルコニーの劣化状況も見ています。

防水層が劣化すると、雨漏りを起こします。バルコニーが外壁からせり出しているようなタイプでしたら、1階の軒に雨漏りしますし、バルコニーの下が、1階の部屋があったりすると、1階の天井に漏れたりもします。家の中に雨がまわると、木材を腐らせて、白アリが好む環境になってしまうので、雨漏りをさせないようにすることは本当に大事です!

バルコニーの防水工事防水工事の作業のようすです。今回の防水は、FRP防水という防水の種類です。一般住宅で、防水工事は、ウレタン防水、シート防水、そして今回のFRP防水があります。最近の新築のバルコニーはほぼ、FRP防水です。

FRP防水はとにかく強度があります。おふろのバスタブやヘルメット、屋上駐車場、ロケットにまで使われているんです。
ガラス繊維マットという細いガラスの繊維を敷き詰めて防水層を作っていきます。とても堅いので、人が歩くところ、洗濯物を干す場所に適しています。逆にいうと、シート防水は、シートを敷いて防水するので、あまり人が歩くところには向いていません。もちろんシートにも強いものもありますが、ひっかけて穴が空いたりすることももちろんあるからです。
きちんとトップコートを塗り替えるメンテナンスをすれば、かなり長期間もつ防水でもあります。

ガラスマットガラスマットを敷いているところです。ふわふわに見えますが、細い1本1本はガラスなので、素手で触るとチクチクして、あとでとてもかゆいそうです・・。

FRP防水ガラスマットを敷き、空気を抜きながら硬化剤で固めます。このあと乾いたら、ケレン作業で、表面を平らにし、トップコートを塗装して完成です。完成が楽しみです!

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT