ブログ

倉敷松島マンション ドアのサビを丁寧に取りサビ止めを塗ってます。

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪





 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓


こんにちは!年明けから寒い日が続いていますね。私は今のところ風邪ひいてません!葛根湯を飲み手洗いうがいで頑張っています。最近はテレビで見たツボ押しもちょっとやってみています。

今日は倉敷市松島のマンションの現場へ行ってきました。
倉敷市松島マンション現場
現場に着いて「!!」すぐ気が付きましたよ~!ドアと手すりがきれい!
ドアも手すりもかなりサビサビになっていたのでこの違いは一目瞭然!
でもまだサビを取り除いてサビ止めを塗っただけなんだそうです。
これから上塗りを2回塗って完成なんです。職人さんはサビ止めでも丁寧です。ムラなくきれいです!
サビ止めを塗ったドア
サビ止めを塗った手すりキレイですよね!サビはケレン作業、手作業で丁寧に取りました。その上から色を付けるのではなく、サビ止めを塗ってから色を付けます。下処理のケレン作業とサビ止めを丁寧に塗ることが、色を付ける塗料のもちを良くします。

マンションの養生作業職人さんが養生作業をしていました。塗装をする前には必ず養生をします。塗料はローラーでも刷毛でもかなり飛び散ります。小さい点で付いた塗料でも落ちにくいです。床に塗料がつくと落とすのは大変ですし、塗料で滑りやすくなってしまいます。床に敷いてある養生シートは、ビニール素材ですが厚みがあり滑りにくくなっています。

ビニールつき養生テープ↑こちらが養生に使っている養生テープと最初からテープにビニールがついているマスカーです。マスカーはとっても便利です。テープを貼ってからビニールを引っ張り出すだけで覆うことができます。床はもちろんのこと、窓やドアの養生が早く、きれいにできます。職人さんの必須アイテムです。
倉敷市松島マンション完成図
現場に完成予定写真を発見しました。これは、カラーシミュレーションを使って作成したものです。実際の建物の写真をⅰパッドを使い簡単操作で色決めができます。イメージしやすいのでお客様に大変喜ばれています。ちなみにビフォアーは、↓
倉敷市松島 マンション現場
2色になることで印象が変わりますね。完成が楽しみです♪

倉敷市松島マンションのメンテナンス シリコン樹脂注入作業!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪





 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓




あけましておめでとうございます♪ 今年もよろしくお願いします!
2019年がスタートしました。今年も安全第一で頑張りたいと思います!

さて、今日は昨年から引き続き施工しています倉敷市松島のマンションの様子をお伝えします。

倉敷市松島マンション現場
前回のブログでマンションの共有廊下と階段の長尺シートを貼りを紹介しました。→倉敷松島のマンション 長尺シート貼り こちらのマンションでは同時進行で防水工事も進んでいます。防水工事は屋上やベランダだけではありません。今回は外壁の塗膜のさらに内部の補修のようすです。

外壁の浮いている部分↑ここの現場には上の写真のように養生テープでマークしてあったり囲っているところが何十か所もあります。ここは打診調査で音が違う部分、つまり外壁の塗膜より内側が異常だということを表しています。この部分をそのまま塗装してしまうわけにはいきません。漏水によって内部が膨れて隙間ができているので埋める必要があります。雨はわずかな隙間から入ってきて、長い年月をかけてじわじわと外壁の中を枝分かれして広がっていたのです!漏水がひどい状態になると、コンクリート内部の鉄筋まで到達し、サビさせて折れてしまうこともあるそうです!
この内部の浮きをどう埋めるかといいますと・・

外壁にシリコンを注入するため穴をあける↑シリコン樹脂を中に注入して固めて隙間を埋めていきます。上の写真の職人さんは、シリコン樹脂を注入するためのあなをあけているところです。
何か所もあけていきます。

高圧注入作業↑シリコン樹脂を入れているところです。”高圧注入”というそうです。シリコンを入れたらビスで穴をふさぎます。シリコンは固まっていきます。

シリコン注入後穴をふさぐ↑ビスであなをふさぎます。

シリコン低圧注入↑こちらもシリコン樹脂を入れています。注射器のようなものを使ってゆっくりと流しいれています。”低圧注入”というそうです。手作業でポンプを使って入れる高圧注入よりもさらさらとしたシリコン樹脂を入れます。注射器から注射器にかけてグレーの線があるのは、ひび割れがあったところです。そのまま注入するとひび割れから漏れてしまうのでシーリングでふさいでから流していきます。このシーリングはシリコン注入が終わったら剥がします。
 
 今回の現場でシリコンを注入しているところを始めて見ることができました!塗装にたどり着くまでの段階でかなりの手間がかかりますが、この防水工事がとっても重要なんです。今後も長く建物を維持するために劣化していく建物の状態を改善することが本当のメンテナンスなんですね!
ではまた次回♬

岡山・倉敷の外壁塗装 洗浄でカビや苔もきれいになります

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪





 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓
こんにちは!塗夢の林です。今年もあとわずかですね!大掃除は済みましたか?塗夢の事務所では昨日大掃除をしました。昨年も念入りに掃除しましたが1年たつと汚れますね!みんなで頑張りました。掃除が終わるとスッキリきれいになり気持ちが良かったです♪

 外壁や屋根も汚れていませんか?
 外壁も屋根もお掃除すること、なかなかないと思います。高圧洗浄機を使いたくてもお隣のお家に飛び散ってしまう・・とお悩みの方も多いと思います。
外壁や屋根の塗替えをするときには、塗装の前に必ず洗浄します。高圧洗浄機で家をまるごと洗います。かなりパワーのある高圧洗浄機なのでもちろん水が飛び散りますが、足場を組んでいて飛び散り防止のネットでしっかり覆ってますから心配ありません!なので今まで届かなかった屋根や2階の軒天、雨樋の中までキレイになりますよ!
高圧洗浄機で外壁を洗浄

↑上の動画は網戸や窓を洗浄しています。塗装しないところですが、お家全体をキレイにさせていただいてます!網戸や窓も丁寧に洗浄していきます。

高圧洗浄機で外壁を洗浄
 外壁も屋根もメンテナンスが必要です。外壁に付いてしまったカビやコケ・藻は洗ってキレイにしても残っているとまた発生してしまいます。塗夢では、高圧洗浄機で取りきれなかったカビなどは薬剤を使用して完全に取りきってから塗装をしています。
 同時に水のまわり方を確認し、カビが発生した原因をつきとめて改善しています。水切りが上手くできていなかったり、樋がきちんと機能していなかったり・・が実際にありました。原因を見つけてなおすだけでカビが発生しなくなったりコケや藻が生えにくくなったりできます。
 洗浄のときに雨漏り・漏水が見つかることもあります。早めのメンテナンスが大切です。外壁の汚れ・・カビや苔などでお悩みの方もお気軽にお問合せくださいね♪
 ではよいお年を♪

倉敷市松島マンション 階段と廊下の長尺シートを貼っています。

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪





 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓


 こんにちは!塗夢の林です。2018年ももうすぐ終わりますね。年賀状は書きましたか?私はまだです・・!頑張ります。
 今日は倉敷市松島のマンションの現場の様子をお伝えします♪
倉敷市松島マンション現場
この日の作業は共有廊下・階段の長尺シートを貼る工程です。長尺シートって聞いたことあまりないと思います。長尺シートというのは、マンションやアパートの共有廊下や階段によく敷いてあるシートのことです。
長尺シート貼りの廊下↑サンプル写真ですが、この廊下に敷いてあるのが長尺シートです。このシートを敷くことで掃除がしやすく足音が響きにくくなり、見た目も高級感があり良くなります。今回の施工はこれを廊下と階段に敷きつめていきます♪

階段に接着剤を塗布している↑階段に接着剤を塗布しているところです。この上から長尺シートを貼っていきます。接着剤を塗る前には、セメントで”下地調整”という凹凸をなくして平らにする工程をしています。平らにすることで長尺シートを貼った時に凹凸がなく、しっかりと密着することができます。下地調整がめちゃくちゃ大事!下地調整で仕上がりが決まる!と職人さんから教わりました。


長尺シートを長さを測り切っていく作業↑階段のシートはサイズぴったりにカットされたものが現場に来るのですが、踊り場や廊下は現場でカットしていきます。難しそうです!

階段の長尺シート貼り 完成↑階段のシート貼り完成です!茶色の部分は滑り止めになっています。シートと滑り止め部分は一体型になっていて隙間がないので雨漏りの心配がありません。

長尺シート階段用↑ちなみに使ったのはこのシートです。赤いラインのところで折り曲げています。
↑赤いラインのようにシートを貼っていて滑り止め部分で重なっています。重なりの部分はシーリングで隙間がないようにしています。

廊下にシートを貼るところ↑廊下にシートを貼るところです。シートを半分づつ貼ります。片側に接着剤を塗って貼り付け、もう半分を・・と貼っています。長いのにきれいに貼っていました。できあがりはまた次回のお楽しみに♪

倉敷市松島コーポ 音だけで外壁の劣化を聞き分ける打診調査

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪






 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓
こんにちは!
リフォームサポート塗夢の佐藤です!

塗夢では年末にかけても大忙しです!(^^)

今日は以前から何度かご紹介させていただいている事務所近くのコーポにお邪魔しました!

↓前回のブログはこちらから♪↓
①倉敷市松島マンション 外壁塗装工事で建物の寿命は延びます!
https://www.paint-tom.com/blog/blog-paint/blog-16977/
②倉敷市松島にあるマンションの大規模防水工事をご紹介します
https://www.paint-tom.com/blog/blog-paint/blog-17046/

現場に到着しさっそく足場に上ってみると職人さんが棒を持って壁をなぞったりたたいたり…

打診調査この棒でころころ~とんとん という感じで作業されていました!
「今は何をされているんですか?」と聞くと
「打診調査です!」と答えてくださったのですが、
わかりやすく「…?」という顔をする私に職人さんは「打診調査」について丁寧に教えてくださいました(^^)

職人さん曰はく…

これは外壁の浮きを調べるもので、外壁が水分や湿気を含んでいたら叩いた時やなぞった時の音が全然違うそうです。

職人さんがとてもわかりやすく解説してくださいましたので是非ご覧ください!!!
動画①


動画②

職人さんはこの棒で外壁の状態を判断します!

音を聞くだけで塗膜の浮きか中のセメントの下地部分の浮きかどうかを判断できるなんてすごいですよね!

打診調査上の写真の紫色のマスキングテープで張ってあるところが浮きの目印です!

打診調査で見つかった不良個所は塗膜を剥がしもう一度塗りなおしていきます♪

打診調査↑この写真は外壁の浮き上がった部分に職人さんがテープで印をつけているところです!

引きの写真からでも外壁が浮き上がってきているのがわかりますね。
動画を見ていただけるとわかると思いますが一部少し触るだけでぽろぽろと剥がれ落ちてしまう不良個所が多々見受けられました。

イーストコーポ 外壁
このまま放置していても建物の寿命を縮めてしまうだけなので、きれいに修繕工事させていただきます!

完成が楽しみです♪
それではまた次のブログをアップさせていただきますね♪

総社市 屋上とバルコニーの防水工事が完成しました♪

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪






 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓



こんにちは!
塗夢の佐藤です!

今日は平成最後のクリスマスですね(^^)♪
気温もクリスマスとは思えないくらい暖かくて外出しやすいですよね!(^^)!

どこに行ってもクリスマスカラーで彩られていてワクワクしてしまいます♪

今日はイヴですがしっかりと現場は動いていますよ~!

今日のブログは以前から度々登場している防水工事の現場ブログの続きです!


前回のブログの記事もございますので良ければこちらもご覧ください!↓!↓
https://www.paint-tom.com/blog/blog-paint/blog-16989/

前回のブログでは屋上陸屋根の防水工事の様子をご紹介させていただきました!
職人さんの作業動画もあるので是非見てみてください!
現場に行かせていただくと毎回思うのですが黙々と作業されている職人さんってホントにかっこいいんですよ!♪

話が逸れてしまったので本題に戻ります…(笑)

 
前回のブログでは塩ビ防水シートを職人さんが熱で固定していますよ!というところでブログが終わってしまっていたのですが今回は屋上陸屋根の完成をご紹介しますね!

もともと、塩ビ防水シートの劣化によりシートが浮き上がり膨らんでしまっていましたが今回は塩ビ防水シートの機械固定という工法を使って修復工事をさせていただきました!
(before)
総社市 塩ビ防水シート(after)
塩ビ防水シート 施工後
とてもきれいな仕上がりなのに雨がぁぁぁ(~_~;)
ですが完成は見違えるほど綺麗になったのではないでしょうか!(^^)!

バルコニーも職人さんが綺麗に施工してくださっていました!
(before)
田中様邸 屋上バルコニー(after)
塩ビ防水シート 完成
屋上とバルコニーの写真をよーーく見てみてください(^^)
実は施工方法が違うんですよ♪

どこが違うのかといいますと…
屋上は大きな防水シートを機械固定という熱を使った接着工法で固定しています!

そして、バルコニーは塗膜防水で直接塗装しています!

施工方法は全く違うのに同じ防水工事です♪
なぜ、施工方法が違うのか社長に聞いてみると理由は大きな塩ビ防水シートを範囲の狭いバルコニーに使用できないからだそうです!

そしてどちらも15年は保てると社長に教えて頂きました!塗夢ではどちらも10年保証を付けています(^^)

倉敷市 屋根外壁工事の無料診断をさせていただいました♪

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪




↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!塗夢の佐藤です!

最近休憩中に事務所の廻りをお散歩しています♪
体を動かすと気分転換にもなりますし午後からの仕事も頑張れます!(^^)!

さて、今日のブログは現調ブログです!

現調とは 「現場調査」の略称です(^^)
その名の通りお家の状態を調査します!
塗夢では現調とお見積りを無料で見させていただいています!是非お気軽にご相談ください!

今回施工させていただくお客様によると築25年で一度もメンテナンスはされたことが無いということでした。

T様邸 モルタル目地 ひび割れこちらが現調写真です。↑
サッシの下のモルタル外壁の目地部分に亀裂が入ってしまっています。

亀裂は時が経つにつれて徐々に大きくなっていきます。
この亀裂も最初は小さいものでした。それが雨にあたって乾いてを繰り返したり、物理的な力が加わることで徐々に大きな亀裂になっていきます。

外壁の亀裂は雨漏りを誘発してしまいます。
ご存知の方も多いと思いますが雨漏りは目に見えないことがほとんどです。
天井からぽたぽた垂れてくるのは最終段階…
外壁内部にまで雨が浸入しているかどうかなんて専門的知識がなければ見つけられない…(~_~;)

現調をさせていただいた結果こちらの現場では雨漏りは見つかりませんでした。恐らく、モルタル外壁の下にある防水紙が活躍してくれているからだと思います。

でも、雨漏りがなくて本当に良かったです!(^^)
もし、雨漏りしてしまっていると建物の内部もどんどん劣化していってしまい施工費もだいぶ上がってしまいます。

外壁のメンテナンスはお家の寿命を縮めないようにするためだけではなく節約にも繋がるので定期的なメンテナンスはとっても大切なんです!

今回の現調の結果、外壁の亀裂はいくつか見つかり、屋根の状態もかなりの傷みが見受けられました。外壁 クラックT様邸 屋根

屋根の状態は、錬鉄板の錆がかなり進行してしまっていました。

T様邸 屋根
このように屋根や外壁に苔やカビが発生するということは、塗膜が落ちてしまっている証拠です。
ということは、屋根や外壁を保護するものが付いていないということです(^_^;)

施工内容は、屋根の錆をケレン作業でしっかり落とし、錆止めを塗ります。そのあと、専用の塗料を2回塗っていきます。

苔やカビ、汚れも高圧洗浄機を使って綺麗に洗浄していきます。
屋根の錆も手作業でしっかり綺麗に落とすことで新しく塗る塗料が剥がれにくくなります。
屋根の寿命がしっかり続くように丁寧にケレン作業をさせていただきますね♪


さてさて、今日の現調ブログはこんな感じです♪

お見積り前の無料診断の流れは少しでもお伝えできたでしょうか(^^)♪

それではまた現場の様子をアップしますね♪





倉敷市松島にあるマンションの大規模防水工事の様子をご紹介します

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪






 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!
リフォームサポート塗夢の佐藤です!

昨日はしとしと雨が降っているので現場はお休みでした☂

なので、今日は先日林さんが撮影してきてくださったマンションの施工現場の様子をご紹介します!

現場は塗夢の事務所からほど近く、自転車で行ける距離です!

イーストコーポ

只今、足場を組んで絶賛防水工事中です!

イーストコーポ
こちらの画像は屋上陸屋根です!長期に渡ってメンテナンスをされていなかったということもあり、施工時期に達しており、築年数も経過しているため雨漏りも見つかりました。

ということで、今回の防水工事は屋根と共用廊下、バルコニーに施します!


最近、社長に防水工事のことをよく教えて頂くので教えて頂いた知識をフル活用して今日は皆さんにご紹介しますね!

防水工事…一言にそう言ってしまっても実は防水工事にも適材適所があるそうで…

例えば、今回防水工事をさせていただく屋上は使用頻度が少ないそうです。そういった場合ですと大きな防水シート(塩ビ防水シート)を使用します!
塩ビ防水シートは屋根床部分に部分的に固定させていきます。

この方法で施工することで将来的に経年劣化をしてしまった塩ビ防水シートが破れてもシート内部に雨が入ってきても破損個所のみの修復だけで済むそうです。その為、近年ではこの方法を使用した修復工事が増えてきているそうですよ!

それなら共用廊下もバルコニーも防水シートを張り付けた防水工事でもいいのでは!?と私は思ってしまったのですが、そういう訳にはいかないそうです…(~_~;)

↓こちらが塩ビ防水シートです↓
塩ビ防水シート
その理由を聞いてみると答えは意外と簡単で…

共用廊下やバルコニーは面積が狭いから大きくて厚さもある塩ビ防水シートは貼れないそうです。 確かにそれもそうですよね(~_~;)(笑)

イーストコーポ
確かに、上記の塩ビ防水シートをこのスペースに敷くのは難しい…

ということで、今回こちらのマンションでさせていただく共用廊下とバルコニーの防水工事はウレタン素材の塗膜を密着工法で塗っていきます!


つまり、屋上は面積が広いのでシートを使って張り付けて、面積の狭い廊下やバルコニーは塗膜防水を使って塗ってしまうというわけですね!

施工方法は異なりますが、どちらの施工方法も平均して15年は持ちます。
その他塗夢では10年保証を付けさせております♪

↓こちらの現場の前回記事です♪よければこちらもご覧ください♪↓
https://www.paint-tom.com/blog/blog-paint/blog-16977/

総社市泉 岡山県内の防水工事ならお任せください!!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪






 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓





こんにちは!塗夢の佐藤です!

2018年ももうすぐ終わってしまいますが皆さんやり残したことなどないですか?
私は、年末の大掃除が待っています(~_~;)
寒いしなかなか気分は乗らないですが、新年を気持ちよく過ごすためには欠かせないですね!

さて!昨日は総社市のT様邸にお邪魔してまいりました!

T様邸では屋上陸屋根の防水工事が行われています!
T様邸 泉T様邸の屋上陸屋根は以前も他業者にて防水工事を行っておられるそうなのうなのですがして数年後に屋上床の防水シートが剥がれてきてしまいお客様自身でで剥がれた部分を剥がして手を加えてしまったそうです。
総社市 塩ビ防水シート
その後、その状態のままにしていると状況はますます悪化していき当社にご依頼くださいました。

業者さんに施工を依頼したのにも関わらず数年で剥がれてきてしまっては何とも複雑です…
お客様が当時の業者に連絡すると保証書を貰っていなかったという理由でなにも言えなくなってしまったそうです。

お客様が修復をされたそうなのですが、そこはプロでもなかなか難しい世界です(~_~;)

正直現在の状態では施工費がかなりかかってしまうのが実情でした。
お客様とはその部分を十分に話し合った末、よりベストな施工方法でしっかりと修復させていただきます!

施工内容は、塩ビ防水シートという防水工事の際に使われるシートを機械工法で接着させるという工法です!
総社市 塩ビ防水シート

私にはさっぱりわからなかったので社長に教えていただきました!

まず、傷んだ部分を剥がし樹脂セメントで平滑にする。
その上に絶縁暖衝マットを敷きディスク板で固定すると塩ビ防水シートとディスク版を部分的に熱で固定させていく工法だそうです。

なぜ機械工法なのかというと、それは機械工法の部分的接着に理由があります。
総社市 塩ビ防水シート↑このグレーのシートが塩ビ防水シートです!↑

塩ビ防水シートの素材はウレタンを使用しておりその特徴は伸縮性があるということです。

伸縮することで気温の変化や歩いた時の刺激に柔軟に対応し、以後破れにくくなります。

そして、こちらの動画が塩ビ防水シートの機械固定工法です!



それではまた完成ブログをアップさせていただきますね~(^o^)

倉敷市松島マンション 外壁塗装工事で建物の寿命は延びます!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪



↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓


こんにちは!塗夢の佐藤です!
もうそろそろクリスマスですね(^^)
私は一年の行事の中でクリスマスとお正月が大好きです!
クリスマスとお正月の時期って街の雰囲気がガラッと変わってわくわくしてきませんか?(^^)
でも冬になると、鍋やお餅の誘惑に負けてしまい太ってしまう時期でもありますよね(^_^;)
あー(~_~;)でもお鍋もお餅もいくらでも食べられそう(笑)

さてさて、、、食べ物の話をしてしまうとお腹が空いてしまうのでこの辺にして、、、

本日は、倉敷市松島にあるマンションの様子です!

イーストコーポ
建物が大きい分足場も大きくなるので作業はより慎重にそして安全に進めなければいけません。

先週の半ばには外壁のコーキング作業が終わりした!
コーキングというのはパネル式の外壁材の間を埋める暖衝材の役割を果たしてくれるのです!
もっともっと詳しく解説いたしますと、イーストコーポ(紫のマスキングテープは今回は記事に取り上げないのでちょっと置いておいて…(笑))
今日はテープの間のゴムの部分をご紹介します!

コーキングを使うのはパネル式の外壁材を使用するときです。

パネルを外壁に貼り付けた際にパネル同士が接触して割れないように外壁のズレや動きに追従した働きをしてくれます!そんな大事な役割を持っているコーキングですがゴム製の樹脂でできているため、経年劣化をしていきます。劣化すると固くなり亀裂が入ってしまいます。そうなってしまったコーキングはその亀裂から雨漏りしてしまい外壁内部にまで水が入ってきてしまいます。そうなってしまうと早く修復工事をしなければ結果的ににお家の寿命は短くなってしまいお金もかかってしまいます。

例えば、外壁塗装も同じです。
こちらの写真も同じアパートの写真なのですが、、、
イーストコーポ塗料が劣化して剥がれ落ちてしまっています。

こうなると、建物を守る機能はありません。
建物の寿命を縮めさせないポイントはできるだけ早い修復工事と状況に応じた施工をすることです。

塗夢では経験豊富な職人さんが気持ちを込めて作業させていただいております(^^)



最後に…
職人さんのこだわりが見えるワンショットを載せて今日のブログはおしまいです!(^^)!
イーストコーポ↑作業中に出てしまったゴミを掃除する職人さんです(^^)↑
掃除は毎日帰る前には必ずする作業の一つだそうです♪

このブログの続きはこちら↓
https://www.paint-tom.com/blog/blog-paint/blog-17046/

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT