ブログ

岡山駅前のビルの外壁工事!窓枠を取り付けています!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓
こんにちは!岡山県ではコロナが落ち着いていますが、これからインフルエンザの感染も出てきますね、私は去年はインフルエンザにならずに済みました!今年は早めに予防接種をしてことしもかからないことを祈ります!

さて、今日は岡山駅前のビル外壁工事です!
岡山市北区のビル
こちらのビルでは、ただ今、外壁タイルの改修工事をしています。躯体(コンクリート)とモルタルの浮きやモルタルとタイルの浮きなど、とにかく放っておくといずれ剥落してしまうことになります。実際にタイルの剥がれやモルタルからごっそり落ちるという事故は起きています。通行人に当たるなんてことになったら大事故です。事故を起こさないために、必ず改修工事は必要です。
タイル改修工事

タイルは劣化しない、タイルは長持ちすると聞くことがあるかと思いますが、たしかにタイル自体は長く持ちます・・ですが、そのタイルをくっつけている材料や躯体に付いているモルタルは劣化するんです!タイルの奥で見えない劣化の方がこわいですよね。なのでしっかりと調査をするんです。しかも、こちらのビルは、タイルのひび割れもとても多く見つかりました。築年数40年にもなると、タイルもひび割れてきますが、通常のひび割れの数よりもとても多かったんです。内部のモルタルがかなり浮いている箇所が多かったのが原因です。しっかりと改修していきますよ!

この日の作業は、窓枠の取り付けです。
窓枠取り付け
こちらのビルの窓に窓枠はなかったんですが、それが原因でモルタルの浮きが起きているところがたくさんあったんです。なぜかといいますと、外壁を劣化させる原因は紫外線と雨です。濡れることに外壁は弱いです。窓にも雨が当たって、窓の下部分に雨が溜まります。もちろん勾配を付けて、雨が溜まらないようにしているはずなんですが、タイルは目地があり、でこぼこになってますし、過去にもタイルの改修工事をしているようで、そのときのタイルの接着に勾配が取れていない箇所もあり、雨が溜まる状態でした。
タイル目地の劣化などにより、雨が侵入し、中のモルタルが浮いてしまうんです。実際に窓の下部分は、特に浮きが激しかったです。
窓の下のモルタルの浮き
窓の下のモルタルの浮き
窓の下のモルタルの浮き

最初に調査したときの写真です。どれも窓の下の劣化部分です。青いマスキングテープで囲ってあるところが浮いているところです。
この調査から、窓には板金で枠を取り付けることになりました。
窓枠板金取り付け全ての窓に施工していきます。ただ悪いところを直すだけでなく、また繰り返させないために、良い改修方法を考えます。

窓枠を取り付けた仕上りキレイですね!これで雨が降っても安心です。
大きい現場で改修箇所がたくさんあるので、一般の住宅のように、日に日に姿が変わるわけではありませんが、確実にキレイになっていってます!また次見に行くのが楽しみです!

倉敷市のアパートの完成!錆びていた屋根も外壁もキレイに!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓


こんにちは!あっという間に10月になりました。今日は中秋の名月らしいですよ。私はお団子大好きなので、毎年お月見の日は作っています。今年も白玉だんごを作ります。

さて、今日は外壁と屋根の塗装が完成した倉敷のアパートです。
築40年以上のアパートです。鉄部のサビが多く、目立っていましたが、塗装工事でとてもキレイになりました。
色は深く濃いグリーンに塗装し、おしゃれな雰囲気になりました。屋根は折半屋根といって、金属屋根なので、白に塗装し、太陽光で熱くなりすぎないようにしています。

まずは、全体のビフォアーとアフターで比べてみましょう!

  ビフォアー
倉敷のアパートの塗り替え前







  


   アフター!!

倉敷市の塗装が完了したアパート
違うアパートに見えますが、同じアパートですよ~!以前にも塗装しているようで、今回の塗装で黄色から緑に変わって全然違って見えますね!

   ビフォアー
施工前のベランダです。見ての通りサビています。錆の混ざった雨すじができてこわい感じにも見えます・・。施工前のベランダ
  アフター!!

塗装で仕上げたベランダ
キレイになりました!サビをできるだけケレンで取っています。あまりにサビがすごくて、ケレンで削りすぎると、薄くなって穴があいてしまうこともあります。なるべくサビを取り、サビ止めをしっかりと塗って塗装しています。 


 ビフォアー
1階の共有廊下の天井です。錆すぎて穴が開いてしまっています。ここまでサビででこぼこになっていると、塗装でのメンテナンスはできません。この部分はパンチングメタルという穴がたくさんあいている金属製の板でカバーしました。
施工前の1階廊下天井

  アフター!!

施工後の1階廊下天井
きれいに仕上がりました。この既存のものに被せて施工する工事をカバー工法といいます。カバー工法は、屋根や外壁、破風や胴差にも使われることもあります。

いかがでしたか?とってもキレイに新しく生まれ変わっていますね!オーナー様が素敵な色を選ばれています!施工中は入居者様には窓を開けられなかったり、洗濯物をベランダで干せなかったりと、ご不便をおかけしました。アパートがきれいになって喜んでいただけたら嬉しいです。
また施工事例の方にも書くので見てくださいね♪

岡山駅前のビル外壁工事!再度打診調査をして浮きを確認

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓


こんにちは!岡山県ではコロナが落ち着いているように思っていましたが、9月24日から毎日感染者が出ているんですね。1人とか2人ですが、まだ身近にもいるかもしれないということです。感染対策をしっかりとしていきたいです。

さて、今日は先週行きました岡山駅前のビルの現場です。
岡山市北区のビル
外壁はタイルで、劣化により外壁内部のモルタルの浮きやタイルの浮きが見られます。上の階ほど、エフロレッセンス(外壁からコンクリートに含まれる成分が染み出している状態)も見られ、放っておくとモルタル部分からごっそり落ちたり、タイルが剥落する恐れがあります。実際に老朽化したビルやマンションで外壁が崩れる事故は起きています・・!

このビルの工事の最初に、打診棒を使った打診調査をし、外壁のモルタルが浮いているところやタイルが浮いているところを見分け、マーキングしました。

打診調査をやってみた
それから、躯体(コンクリート)からモルタルが浮いているところにエポキシ樹脂を注入する工事をしました。

外壁にエポキシ樹脂を注入
今は、ひび割れているタイルを剥がす作業をしていますが、それと同時に、外壁に注入したエポキシ樹脂が固まっているので、再度、打診棒を使った打診調査をしていました。
きちんと樹脂が入っていて、浮いた音がしないか確認していくんです。

打診調査2回目
モルタルは外壁の場所によって、何層にもなっているところもあり、樹脂が上手く入ってくれてないところもあったみたいです。
手に持っているチョークで再度しるしを付けています。(マーキング)
そして、また穴をあけ、エポキシ樹脂を注入する作業をしていきます。

もう一度樹脂を入れて浮かないように
ビルは大きくてタイルも小さいので、施工箇所がたくさんありますが、ひとつひとつ確認しながら慎重に作業を進めてきています。
若い職人でも、質問するととても詳しく分かりやすく教えてくれます。作業している作業員みなさんが、このビルの工事をきちんと理解して工事をしています。とても頼もしいです!
また現場の様子をお伝えします♪

総社市で外壁塗装!ひび割れを修理してゆず肌模様に仕上げます!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!すっかり秋になりましたね!空気が乾燥してきました・・。季節の変わり目は風邪をひきやすいので、うがい・手洗いとウォーキングをちゃんとやって風邪ひかないよう頑張ります♪

さて、今日は先週から始まった現場、総社の戸建て住宅の塗装工事です。

総社市の塗装工事
和風の2階建て住宅です。外壁はモルタルで屋根の瓦は陶器瓦です。屋根の陶器瓦は塗装の必要はありません。雨水が染み込むことはないので、瓦の割れがないか、棟部分の漆喰に問題がないかを診断しました。今回は屋根の工事は問題ないのでしません。外壁はモルタルで、クラック(ひび割れ)がいくつかありました。モルタルの壁は塗装によるメンテナンスが必要です。
塗膜が劣化して、防水性がなくなった外壁は雨水を吸い込んでしまいます。それが苔や藻、カビの原因です。特に北側は苔・藻・カビで汚れている外壁が多いです。
苔や藻・カビが発生した北側のカベこちらのお家も、北側に発生していました。
この苔や藻は高圧洗浄機による洗浄で取り除くことができますが、カビがひどいときには、バイオ洗浄という薬剤を使って取る場合もあります。
洗浄の工程で、苔や藻、カビだけでなく、よごれやほこり、蜘蛛の巣など壁に付いているものを洗い流したら、養生をして、いよいよ塗装作業に入るんです。

下塗りをしたところ ↑下塗りをしているところです。1階は下塗りの作業中、2階部分はゆず肌模様をだすためのでこぼこ模様をつくる、山上げをしているところでした。
写真の〇で囲っているところは、モルタル外壁の目地にコーキング(シーリング)を打ったところです。モルタル外壁はひび割れしやすいので、ところどころ目地があります。建物が揺れたり、力が加わったときに、壁が割れてしまうのを、目地で割れるようにするためです。たまに窓枠からななめにひび割れている家を見かけますが、きちんと窓枠にも目地が入っていれば、目地にひびがいくので、ななめに割れてしまうことは防ぐことができるんです。
モルタル外壁の目地にひび割れが入っている ↑こんな感じで目地で割れています。このひび割れは、コーキング(シーリング)で埋めて、次に割れるような揺れなどがあっても、ある程度は、コーキングで衝撃を吸収できるという訳なんです。

山上げをしたところ2階はゆず肌模様にするために山上げをしたところです。でこぼこの模様をつけるために、普段使用しているローラーとはちがう、マスチックローラーという、目の粗いローラーで塗装します。すると、でこぼこが出てきます。上塗で色を付け、ゆず肌模様ができます。またこちらの現場へ行ってみます。完成が楽しみです♪

玉野市のアパート塗装!色の塗り分け部分もキレイ!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓
こんにちは!もうすぐシルバーウィークですね。東京では感染者数がまた増加傾向にあるそうです。
きっと岡山も増えそうですね、引き続き手洗いをしっかりやっていこうと思います。

さて、今日は玉野市のアパート工事の現場です。
玉野市のアパートの工事玉野市の現場は2週間ぶりです。(現場監督さんはしょっちゅう行ってますが)少し距離があるので、行くのにちょっと気合がいります(笑)

基礎を塗装しているところでした。屋根は完成していて、外壁はタッチアップ(最後の手直し)を残すのみ。色がガラッと変わって素敵になっていましたよ♪


塗装前の色あせた壁  ビフォアー
色がかなり褪せていたので元の色が分かりにくいですが、おそらく水色だった・・。




  アフター
塗装して雰囲気がかわった壁ブラウン系ですが、クリーム色が強めのやさしい雰囲気の色です。
2階がクリーム色で1階はブラウン系の色に塗り替えました。

ラインがとてもキレイ
2階と1階の色の境がとってもきれいなラインが出ています。これだけアップの写真でも大丈夫!細かい部分まで丁寧な塗装です。
この塗装の細かさはリフォームサポート塗夢が他社との差をつけているポイントのひとつだと思います。
ついつい、普段も何気なく家を見てしまうんですが、外壁の塗装にムラがあったり、色分けのラインがはみ出たり、にじんでいたり、でこぼこした面がきちんと塗れていなかったりという家を、けっこう見かけます・・。一言でいうと雑です。
塗夢ではラインがきちんと出ているか、塗りムラはないかなどをかなり厳しくチェック・検査します。塗りムラが少しでもあったら、塗り直しをしています。

塗装の回数や分量、撹拌の仕方などの決まりに問題がなくても、やはり見た目はもちろん大事です。塗装工事のことを詳しく知らないお客様に、「まあ、こんなものなのかな・・。」と、思って頂く訳にはいきません!よく、塗夢では、こんなところまで塗ってある!とか、見えないところまで丁寧!塗夢さんにお任せして良かった!とお褒めの言葉を頂いています。これからもお客様の大満足と何年たっても、塗夢にまかせて良かった!と思って頂けるよう、きっちりと塗装をしていきたいです♪ではまた次回・・。

倉敷のアパート塗装!ベランダと廊下は防水工事で雨漏りを止める!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!朝晩がようやく涼しくなりました。今朝は起きたら寒いくらいでした。日中もじめじめした暑さがなくなり、現場で汗だくになることもなくなってきました(笑)。

今日は先日行きました倉敷市のアパートの屋根・外壁の塗りかえ工事の現場です。
倉敷のアパート工事
前回、こちらの現場のブログ内容は、シーリング(コーキング)の打ち替えをしていたところでした。

→倉敷市のアパート塗装!ALC外壁のシーリング打ち替えてます!

シーリングを打ち替えたら塗り替えの工程になるんですが、その前に外壁も屋根も、高圧洗浄機で汚れや埃を洗い流します。こちらのアパートで、洗浄のときに、2階ベランダから水が入り、1階の軒天に雨漏りしていました。しかもここのベランダだけでなく、他のベランダでも同様に起きていました。
高圧洗浄で洗浄するときに、雨漏りすることはたまにあることです。
大量の水を勢いよく受ける訳ですから普段雨漏りしていなくても、洗浄の作業に漏れるということは十分ありえるんです。

2階ベランダから漏水
↑このように軒天に雨漏りしていた跡があるので、雨漏りは今回の洗浄作業が原因ではなく、以前から強い風と雨の日には漏れていたはずです。

雨漏りした1階軒天  ↑雨水がたまっていたんだと思われます。軒天のボードが曲がってしまっています。
今回、アパートのベランダは防水工事をするので雨漏りは止まります!防水工事は費用が高めですが、建物を維持していくには必要な工事なので、各ベランダだけでなく、2階廊下も防水工事をさせていただくことになりました。
階段裏の穴  ↑1階から2階に上がる共有階段の裏側に穴が開いていたのですが、これも雨漏りが原因です。2階廊下の防水性がなくなっていて、雨が侵入し、水が回り、階段裏のボードを腐らせています。

他にも塗膜の防水性がなくなり、雨水を吸い込んでボロボロに剥がれてしまっているところがいくつもありました。
破風の塗膜のはがれ・めくれ  ↑破風(屋根のさんかくになっている面)は雨も風も紫外線も直接当たるところになります。なので劣化が早く、定期的に塗装をしていないとこのように剥がれてしまうんです。
こちらの破風は、ガルバリウム鋼板でカバーして、メンテナンスします。長くもつので、次の塗装では塗り替える必要がないと思います。
いよいよ塗装に入ります。どんなアパートになるのか楽しみです♪

岡山駅前ビルのタイル修繕工事!ひびが入ったタイルを剥します

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!岡山県ではコロナの流行は落ち着いています。これから秋・冬とインフルエンザが流行する季節になっていきますが、コロナウイルスもまた感染拡大するのでしょうか・・。

今日は先週行った岡山駅前のビルです。
岡山市北区のビル
外壁はタイル張りで、とにかく修理しないと危険な箇所が多く、毎日奮闘しています。
この日の作業はタイルを剥す工事です。クラック(ひび割れ)が入っているタイルがとても多くあり、それをひとつひとつ剥して、新しく張り替えていくんです。

タイルのひび割れタイルにクラック(ひび割れ)があります。最初の、検査・調査のときにマスキングテープで目印になるようマークを付けています。このひびが入ったタイルだけを剥していきます。

タイルを剥しているサンダーを使ってタイルの周りを切ってタイルを取りやすくします。

タイルのはつりスクレーパーを使ってタイルを剥していきます。タイルが浮いているところは力を入れなくても、ボロッと取れるそうです。

タイルを落とさないようちりとりで受けるタイルを撤去するときに、タイルのかけらを下に落とさないよう、ちりとりを受け皿にしていました。手で支えながら落とさないよう剥していましたが、やはり機械を使うのでタイルのかけらが飛んでしまうこともあります。

タイルのかけらを落とさないようにするタイルが飛んで落ちてしまうのを極力少なくするため、二人一組で剥がしていきます。

タイルをはがした跡剥したらこんな感じになりました。キレイにタイルのところだけが剥がされています。
タイルを張る作業は、夕方ころにしています。タイルを撤去する作業は、サンダーを使ったりするので、とても大きな音が出ます。音は、外壁をつたって建物内部にも響きます。こちらのビルの店舗には塾なども入っていて、夕方ころには生徒さんが来られるので、うるさいと授業になりません。なので、音の静かなタイルを張る作業をしている訳なんです。

タイルを張った箇所オレンジ色の線で囲っているところが、新しくタイルを張ったところです。きちんと以前からあったように収まっています。キレイですね!
タイルをはがす箇所はまだまだたくさんあります。
また現場へ行ってお伝えします♪

倉敷市のアパート塗装!ALC外壁のシーリング打ち替えてます!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!台風10号が去って涼しくなるかなと思いましたが、今日は気温が高いです・・。
昨日は倉敷市のアパートの塗装工事の現場へ行ってきました♪
倉敷のアパート工事
この日の作業はシーリング(コーキング)の打ち替えをしていました。
こちらのアパートの外壁はALCパネル(軽量気泡コンクリート)です。なのでシーリング箇所が多くあります。
ALCパネルというのは、サイディングのようなボードですが、サイディングに比べて、耐久性、耐火性、断熱性が高く軽量です。なので、一般の住宅にも使われますが、大きな建物に使われることが多いです。大型商業施設や倉庫、東京都庁やスカイツリーにも使われている、安全な外壁なんです。

メリットばかり言いましたが、もちろんデメリットもあります。
ALCパネルのデメリットは、水に弱いこと、目地が多い、費用が高いことです。
ALCパネルは、軽量気泡コンクリートです。その名の通り、軽量ですが、ALCの断面を見ると分かるんですが、小さな気泡のような穴がいくつも開いています。
この気泡のおかげで軽量で、断熱性や遮音性が高いのですが、ALCパネルの外壁に塗ってある塗装が劣化し、防水性が落ちて雨水が染み込んでしまったら、気泡で雨水が浸透しやすく、雨漏りになりやすいんです。
こちらの現場ではないのですが、過去の現場で、ALCパネルのひび割れを修理するために、大きく削ったときの断面が気泡が分かりやすいのでご紹介します。

ALCパネルの中の気泡
ALCパネルの中の気泡
削ったところの断面に小さな気泡のような穴がたくさん開いています。
このおかげでメリットがたくさんあるのですが、もしも水が回ってしまったときが、回るのが早く、大変なんです。
なのでALCパネルは塗装とシーリングのメンテナンスがとっても重要なのです。

シーリングの材料を混ぜている
今回の建物はシーリングの色変えがあります。通常のシーリングは白色ですが、外壁の色に合わせて、シーリングの色も変えます。シーリングの打ち替えした上から塗装するから、何色でも関係ないと思われるかもしれませんが、塗装後、10年くらい経って、塗膜やシーリングが劣化してきたら、シーリングがひび割れてきます。そのときに、濃い外壁に白のシーリングが見えたらとっても目立ってしまいますよね!劣化したときのことも考え、色分けをするんです。

黒いシーリングで施工
シーリングの打ち替えが終わったら、アパートまるごと洗浄作業になります。またお伝えしますね♪

岡山市の住宅塗装の完成!外壁・屋根もお得なアウトレットで!

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

こんにちは!台風10号は夜の間に風と雨が強かったようで、朝起きたら晴れていて驚きました。それぞれの現場は問題なかったようで良かったです。天気がいいので、ブログを書いたら現場へ行ってきます♪

今日は先月、屋根と外壁の塗り替えが完成した岡山市北区の住宅です。
北区の住宅塗装、完成
こちらのお家は外壁・屋根のどちらも、アウトレット塗料での塗り替えをさせて頂きました。
リフォームサポート塗夢には、大人気のアウトレットプランがあります!塗夢は小山塗装グループの、戸建て住宅専門です。小山塗装グループ全体では、年間の塗装件数1300以上なんです!これはずっと岡山県1位です。これだけたくさんの建物の塗り替えをしているので、どうしても在庫が増えてきてしまいます。その在庫の塗料をアウトレット塗料として、お客様にお安くお得にご提供させて頂こうとできたプランなんです。
なので、アウトレットと言いましても、品質には全く問題はありません!ただ、お色は、そのときに在庫にある色だけになってしまいますので、お早目にお問合せください!

では、アウトレット塗料で塗り替えしたお家を見てみましょう!
外壁塗装の完成
外壁です。外壁はクリーム色になりました。ツヤもいい雰囲気で出ていますね!モルタルの外壁でひび割れもいくつかありました。

塗り替え施工中   ↑目地も割れていたのでシーリング(コーキング)を充填してから塗装しました。

屋根の塗り替え完成屋根です。屋根はセメント瓦でした。
セメント瓦は塗膜が劣化すると瓦自体が水分を吸収してしまうので、必ず塗り替えが必要です。
このキレイなブラウンの色もアウトレットなんですよ!屋根のアウトレットは外壁に比べてとても少ないです・・。なぜかと言いますと、小山塗装では、大型の店舗やビルなどが多く、屋根は屋上だったりで、屋根の塗料は圧倒的に出番が少ないのです。
屋根のアウトレット塗料はタイミングが合えばご提供できます。
今回の塗料は、外壁も屋根もシリコンでしたが、アウトレット塗料には、耐久性の高い無機塗料もタイミングが合えばご用意できますよ!
とってもお得なアウトレットプラン!ぜひお気軽にお問い合わせください!

岡山市駅前のビル工事!屋上の錆びたフェンスや手すりがきれいに

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪


 

 ↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓
こんにちは!岡山県では少しコロナが落ち着いてきた様子です。今度は大型の台風10号が近づいていますね・・。岡山県に来る予定はないですが、風速80mという猛烈な台風のようで、進路が外れていても警戒が必要です!
今日は現場の様子を見に、現場管理の人たちは出払っています。足場が風にあおられないよう、メッシュシートをたたみ、結んで固定しておきます。

今日の現場は、先日行った岡山市の駅前ビルの現場です。
岡山市北区のビル
前回ブログで紹介したときは、看板裏の鉄骨の塗装をしていました。

屋上の手すりもサビがひどい状態でした・・。

前回のブログです→
岡山市のビルの外壁タイル修繕工事!看板裏の鉄骨塗装中です!

あのサビたところがキレイに塗装してありました。
まずはビフォアーです。

施工前のフェンス
錆による剥がれ
手すりの塗膜がうすくなり、サビ止めが見えている↑手すりの塗膜はうすくなっていて、サビ止めが見えていました。ここから錆びていくんです。

では、アフターです!
塗装後のフェンス
下地処理を的確に施工すると完成もきれいに
きれいに塗り替えた手すり
あんなに錆びていたのにでこぼこにならずきれいに仕上げることができました。丁寧に下地処理をした結果だと思います。
こんなにキレイになると気持ちいいですね!ここの床は防水工事をします。既存の床(今の状態の床)は、防水層の上にコンクリートを入れたもので、劣化がすすんでいるので、雨が侵入してもおかしくない状態です。
今は外壁タイルの修理工事をしているところなので、タイルが終わったら防水工事にかかります。

外壁タイルは打診調査をして浮いているところを見つけ出し、そこにエポキシ樹脂を注入する作業です。
このビルの打診棒で調査をしている様子のブログです!
岡山市のビルの外壁工事!打診調査でタイルの浮きを調べます

この打診棒による調査のあと、不具合を起こしているところに穴を空けて、エポキシ樹脂を入れて、浮いているところを埋めていきます。
また、注入作業のようすはブログでお伝えします♪

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT