ブログ

倉敷の外壁屋根塗装専門 屋根の葺き替え・カバー工法もやってます

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪




↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

 こんにちは!空気が乾燥してきましたね。朝着替えるのがつらくなってきました。エアコン付けようかどうしようか・・一度付けたら毎朝付けてしまいそうで考えちゃいます。

さて、今日は屋根の施工で瓦の葺き替え・屋根のカバー工法について書きたいと思います。
瓦の葺き替え ほぼ完成

リフォームサポート塗夢では、外壁・屋根の塗装だけでなく、屋根の瓦の葺き替えやカバー工法でのリフォームなどもやってます。
屋根は瓦の素材や塗料などによってメンテナンス時期が異なります。例えば、一番多いスレート瓦(カラーベスト・コロニアルとも言う)は再塗装が必要な瓦で、だいたい10年くらいでメンテナンスをします。今、新築では見かけないセメント瓦も塗装が必要です。スレート瓦と同じく10年くらいでメンテナンスをします。釉薬瓦や陶器瓦、日本瓦は塗装の必要がありません。ただし、漆喰部分のメンテナンスはいります。最近人気のガルバリウム鋼板は再塗装が必要ではありますが、30年から40年もつと言われています。スレート瓦やセメント瓦は10年に一度塗装が必要になるので、お家を長く住む予定のある方は、瓦の葺き替えやカバー工法をするお客様もおられます。
外壁塗装と屋根の工事をセットにすると足場が1度で済むので経済的にも負担が少なく済みます♪

まずは瓦の葺き替え
瓦を全て撤去した状態
瓦の葺き替えは古い瓦を全て撤去し、新しい瓦を設置する工事です。上の写真は瓦を撤去し防水シートが見えている状態です。瓦の葺き替え工事のときはこの防水シートも消耗品なので新しいものに変えます。
屋根の防水シート 
↑こちらが防水シート(ルーフィング)

防水シートを敷いたところはこんな感じ↓
防水シートを敷いたところ

この上から瓦を乗せていきます。一般的な住宅で屋根の上に瓦は1000枚くらい乗るらしいです!すごく多い!

瓦の葺き替え 瓦を乗せている

きれいに並んでいます。この瓦は焼き物の瓦、陶器の瓦になるので塗装によるメンテナンスは必要ありません。最近では陶器の瓦でもスタイリッシュなものがあるんですね。
今日はここまでで、次回はカバー工法についてご紹介しますね。


ただいま塗夢では外壁塗装リフォームの特別価格キャンペーンを実施させていただいてます!!詳しくはこちら↓






岡山・倉敷の外壁塗装 洗浄作業で雨漏りが見つかる可能性も

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪




↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

 こんにちは!10月ももう終わりますね。早いです!あんなに暑かった夏の暑さが思い出せません・・

さて、今日は外壁や屋根の塗装をするにあたってとっても重要な工程、”洗浄”について書きたいと思います。

屋根の洗浄


外壁、屋根の塗装をする前に必ず洗浄をします。洗浄をする理由は、外壁や屋根に付いているほこりや泥などの汚れや、苔、藻を洗い流し、塗料との密着をよくするためです。汚れている屋根や外壁の上から塗装しても、浮いて剥がれやすくなってしまいます。もちろん見た目もよくありません。なので、まずはしっかりと汚れを落とします。樋の中や網戸などの塗装しないところまで洗浄します。樋には砂や枯れ葉、苔がけっこう詰まっています。お家全体がキレイになると気持いいですね♪

この洗浄には高圧洗浄機を使用します。業務用で、一般家庭用のものとは全然違います。頑固な汚れも高圧で吹き飛ばして洗い剥がしていきます。

高圧洗浄機で洗浄

↑高圧洗浄機の水が出るところは回転して水流がスクリューになり汚れを剥がし取ります。

金属ブラシで汚れを落とす


↑高圧洗浄機で洗浄したあとは、瓦と瓦の間についている汚れや苔を金属ブラシで落とします。この瓦の重なっているところは高圧洗浄で洗ってはいけないのだそうです。下から洗浄機をあててしまうと、水が屋根の中に入ってしまうのです。なので職人さんは、一枚一枚丁寧にブラシを使って汚れを取っています!

外壁の洗浄

この洗浄の工程で雨漏りが見つかることもあるそうです。雨漏りって屋根からだけではないんですよ!意外と外壁からが多いんだそうです。窓やドアの枠や、外壁のひび割れなどあらゆるところから雨漏りする可能性があるんです。
洗浄作業で雨漏りが見つかったら、どこを水がつたっていっているかを徹底的に調査して、また漏水しないよう工事をします。
洗浄作業が終わったら、しっかりとまる一日乾燥させて塗装に入ります。洗浄作業はとっても大切な工程ですね!


ただいま塗夢では外壁塗装リフォームの特別価格キャンペーンを実施させていただいてます!!詳しくはこちら↓






倉敷市マンション タイルの剥がれを直す工事中です。

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪




↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

 こんにちは!今日はまず嬉しいご報告があります!塗夢のテレビCMを見てくださった方からのお見積もり依頼の電話がありました♪
塗夢のホームページやちらしを見たのがきっかけというのはけっこうあるんですが、テレビCMを見てからの電話はあまりなかったので嬉しかったです♪テレビCMは毎週金曜日、OHK7時~8時の間、めざましテレビ放送の間にながれますのでぜひ見てください。

さて、倉敷市Kマンションの工事の進捗をご報告します♪
倉敷市Kマンション

こちらは外壁のタイルの浮きがあり、放置してしまうと剥がれ落ちる危険があるため、”ボンドカーボンピンネット工法”での施工をしている現場です。どういった施工かといいますと、タイルの上からボンド(接着剤)を塗り、ネットを固定して、上からセメントを塗り仕上げるという工程です。ネットをボンドとセメントで抑えてタイルを剥がれないようにするということですね。

ボンドカーボンピンネット工法 ボンドカーボンピンネット工法

現在の状態です。もうタイルもネットも全然見えないですね。左官屋さんがセメントでキレイに平らにしています。今後、この上から塗装をしていきます。どんな風になるのか楽しみです♪
こちらの現場は5階建てなので毎回足場に上がるとドキドキです。慣れたころに事故は起こるものなので気を付けていきたいと思います。

足場 アサガオ

こちらは以前紹介したものですが、足場に付いているもの、アサガオです。花弁のような形からだと思います。これは工事中、何かもの落下しても下に落ちないためのものです。ここの現場は下が車道になっていて交通量も多いです。なのでこのアサガオが絶対に必要になります。
また次回進捗を書きますね~

ただいま塗夢では外壁塗装リフォームの特別価格キャンペーンを実施させていただいてます!!詳しくはこちら↓






岡山市北区 無機塗料で外壁を塗り替えされたお家の完成

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪




↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

 こんにちは!最近、朝晩が急に寒くなりましたね。空気が乾燥しているのを肌で感じます・・飲みたいお茶も冷たいものから温かいものに変わりました。今年は風邪ひかないように気を付けないとですね。

さて、今日は、この間完成しました岡山市北区のお客様のお家のようすを書きたいと思います♪

岡山市K様邸 完成
こちらのお家は外壁の塗装をさせていただきました。塗料は、ながもちする無機塗料、セミフロンシリーズを使用しています。無機塗料というのは、有機塗料の逆になるんですが、簡単に言いますと、鉱石のような自然のものから作られる無機質系のものが無機塗料、シリコン樹脂など科学物質から作られるのは有機塗料です。無機物・・例えば、石やレンガ、陶器、ガラスなど・・紫外線を浴びてもほとんど形を変えず、劣化しないものです。
有機物・・プラスチックやポリエステルなど劣化・色褪せなどします。

無機質系の塗料が長持ちするはずなんですが、無機物はとっても固くて壁に塗ることができません。なので、有機物と混ぜて壁に塗れるようにするのです。なので正確に言う有機無機混合ということです。
無機塗料は最近とても人気があるように思います。屋根に使用する方が特に多いです。長持ちする塗料だけあって、単価が高いので屋根は無機、外壁はシリコンなどの組み合わせも人気です。

無機塗料の特徴は、紫外線に強く色あせしにくい、苔や藻が発生しにくく汚れにくい、燃えにくい!などで長持ちするということです。
最初に言いましたように、石、陶器のような無機物なので、色あせや燃えにくいということです。ただ、有機物と混ぜているので、陶器のように何百年も変わらずということはありません。
今ある塗料では一番ながもちすると言われている塗料です。外壁や屋根は家の中と違い、いろんな人に見られるので色あせや汚れで気にしたくないですよね。苔や藻が発生しにくいのもすごくメリットです。

↓完成したK様邸の外壁です。
岡山市北区K様 完成後の外壁
色ムラなくきれいに仕上がっています。

↓こちらは塗り替えした基礎です。
岡山市北区K様 基礎塗り替え完成
基礎にはセラミガードという塗料を使用しています。セラミガードは無機塗料ではないですが、撥水性が高いので、泥はねが付いても水でサッと流せます。塗る場所や用途に合わせた塗料を塗っています。
近々また完成する現場があるので行ってみます♪

ただいま塗夢では外壁塗装リフォームの特別価格キャンペーンを実施させていただいてます!!詳しくはこちら↓





倉敷市外壁塗装の塗夢、タスペーサーの重要性について

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪




↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

 こんにちは!先日はリフォームサポート塗夢のごはん会がありました♪と言いましても社長の奥さんと事務員さんと私で女子会です♪地元中庄のお店だだっこプラスに行きました。
とってもお洒落なお店で料理も美味しい!いろいろ食べたけど何を食べても美味しかったですし見た目もオシャレ~!千屋牛のステーキもいただきましたよ!塩、ガーリック、わさびと食べ方いろいろで楽しめました♪

だだっこプラスのトマトやきそば
写真はトマトやきそばです。千屋牛を写真に撮ろうと言っていたのに料理が来た瞬間に忘れていました、食べるのに夢中で・・写真、なんとこの一枚。
トマトやきそば美味しかったです。麺まで美味しくて最高。
また女子会したいです♪次はもっと写真撮ろう・・

さて、今日は屋根の雨漏り防止、タスペーサーについて書きますね。タスペーサーというのはとってもちいさな物なんですが、大事な役割をします。屋根瓦の種類、スレート、カラーベストの塗装の際に使用します。

タスペーサー設置
↑これがタスペーサーです。写真のように瓦と瓦の重なっているところに差し込みます。
なぜそれをするかと言いますと、差し込むことによって塗料が詰まるのを防いでいるんです。空気が通るようにしています。このタスペーサーが登場する前は、”縁切り”という作業をしていました。縁切りというのは瓦と瓦が重なったところに塗装した塗膜がくっついているのでカッターで切っていく作業です。一枚一枚切っていくのでとっても時間がかかるし、瓦の塗膜を傷つけてしまう可能性もありました。
タスペーサーは数はたくさんですが、設置するだけなので瓦を傷つけることがありません。しかも時間がかからないので費用を下げることができました。

タスペーサー設置

このタスペーサーを設置して空気が通るようにするのはわけがあります。瓦が塗膜で埋まってしまった場合、気温の変化による湿気が屋根にこもってしまうんですが、空気の通り道がないとカビが発生します。そうなると、屋根の中が腐食してしまいます。本当に小さな隙間でいいのですがとても重要なことなんですね。ではまた次回♪


ただいま塗夢では外壁塗装リフォームの特別価格キャンペーンを実施させていただいてます!!詳しくはこちら↓





岡山市北区丸の内ビルの施工 笠木の取り付け防水工事

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪




↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

 こんにちは!先週の台風24号強い台風でしたね。今年は”猛烈な台風”が6つも日本へ上陸したそうです。ちなみに昨年は0らしい・・しかもなんと今週末も25号が来てるとか!また岡山に向かってきてるみたいなので警戒しないとですね。

さて、今日は先日行きました、岡山市北区丸の内のビルの現場をご紹介します。
岡山市北区丸の内ビル

この日の作業は、屋上の笠木を取り付けているところでした。こちらのビルは笠木がなく、今回の工事の依頼が雨漏りをなおしてほしいとの事なので、笠木の取り付けをご提案させていただきました。

笠木取り付け工事中
↑笠木の取り付け工事中です。ビルが5階建てで高いです。職人さんは足場に乗り、安全帯というベルトを付けています。安全帯はベルトと足場をつないでいるので命綱になっています。
私も足場の高い場所では安全帯を付けています。覗き込むとゾクっとします。安全第一です!

笠木取り付け工事 施工中
笠木ですが、中には防水シートがあります。もちろん、雨水の侵入を防ぐためです。こちらのビルは雨漏りが、いろいろな場所数か所からしていましたので、これからの雨漏りをさせないためしっかりと防水します。

屋上笠木
↑こちらが完成した笠木です。留めているビスにもパッキンが付いていて、雨漏りの侵入を防ぐ役目があります。

ガルバリウムで防水
↑上から写真を撮ったのでちょっと分かりにくいですが、外壁の上からガルバリウム銅板を貼っています。これも防水工事です。雨はモルタル外壁のひび割れからも侵入します。モルタル外壁は経年劣化によりひび割れが起こりやすいので、屋上や雨がいつも当たるようなところは危険です!築年数や状態によってメンテナンス方法を変えていくことが大切ですね。
こちらの現場ももうすぐ完成です。また行ってきますね。


ただいま塗夢では外壁塗装リフォームの特別価格キャンペーンを実施させていただいてます!!詳しくはこちら↓






倉敷市西阿知 養生の施工現場 長持ちする無機塗料を使用

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪




↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

 こんにちは!台風がやって来ますね・・残念なことに倉敷市の懐かしマーケット、台風で中止になってしまったんです!このタイミングで台風・・とっても悲しいですが仕方ないですね。外であるから危ないですね。次回は11月の第五日曜日!冬の時期だからレトロなストーブとかあるかも!楽しみです♪

さて、今日は先週行きました倉敷市西阿知のN様邸の養生の現場について書きます。塗夢はありがたいことに毎週、新しいお客様の現場がスタートします。
今回の現場は外壁塗装工事です。外壁は無機塗料のセミフロンスーパーアクアⅡを使用して塗り替えします。
西阿知N様邸現場
塗料には種類がたくさんあります。よく見かけるものでいいますと、シリコン、フッ素、無機です。その中でももっと細かく細かく分かれます。水性、油性だけでなく1液性や2液性など・・塗料の種類は塗る箇所や材質、外壁の模様などによっても変わっていきます。

西阿知N様 養生
西阿知の現場の養生をしたところです。外壁塗装工事はいきなり塗るのではありません。古くなったコーキングを打ちかえたり、汚れやほこりを洗い流したり、金属のぶらしでサビを取ったりと下処理をしてから塗装をするんです。”養生”というのは塗装をする際に細かい塗料が飛び散ってしまうので、窓や床、車、植木などを保護するためにします。養生はマスキングテープやビニールなどを使います。真っ直ぐきれいにすることで塗装の仕上がりもはみ出しがなくなり、きれいになるんです。

コーキングを打った外壁

コーキングを打ち替えた写真です。一見、モルタルの外壁に見えたのですが、サイディングでした。サイディングボードの上から吹き付けています。施工前の写真を見ると完全に切れていていつ雨水が入ってもおかしくないような状態でした。
コーキングが切れている
なので、洗浄の工程の前に全て打ち替えています。外壁塗装はただ、塗り替えするだけではないんです。家を長くもたせるために小さなところも直していきます。
お家が生まれ変わるので仕上がりが楽しみです♪

ただいま塗夢では外壁塗装リフォームの特別価格キャンペーンを実施させていただいてます!!詳しくはこちら↓







倉敷市マンション5階建ての現場 朝顔(あさがお)って何?

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪




↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

 こんにちは!今月は私の楽しみにしている倉敷市で開催の、”懐かしマーケット”があります!9月30日芸文館前の広場であります。私は毎回行っています。とても楽しみです♪

さて、今日は先日行きました倉敷市Kマンションの続きです。前回はボンドカーボンピンネット工法について書きました。今日は5階建ての施工中のマンションの様子についてです。

倉敷市マンションK

現場に着いてまずは全体の様子を見るためにマンションの周りをぐるぐる歩きます。上を見上げるとこんな感じです。
足場の朝顔
これは、足場についている”朝顔(あさがお)”です。朝顔は、作業中に職人さんが、もしも何か物を落としてしまった場合に、落下して人や車に当たらないよう付けてあるものです。今回のマンションは5階建てですから、例えば小さなペンひとつでも落とすと大事故に繋がります。朝顔は可愛い花の名まえですが、とっても重要な役割をしていますね。

次にマンションの玄関に行きました。
マンションの住人さまへ外壁塗装の張り紙
↑これはマンションに住まれている方へのお知らせの紙です。いつ、どんな作業があるかをお知らせしています。下は工程表があり、においがあること、気を付けていただくことが書かれてあります。

マンションのエレベーター内の養生
↑これはマンションのエレベーターの中の養生です。廊下にも養生はありますが、万が一汚さないよう、靴がベタベタし不快な思いをさせないよう養生をしています。

5階からみたところ
これは5階の廊下から足場を上から見て撮りました。高い・・!いつもは2階~3階程度なので平気でしたが、さすがにゾクッとしました。職人さんたちはこの細い足場の上を塗料の缶や大きなシートを持って歩くのですごいなと改めて思いました。なので前回の外壁の施工中の写真は職人さんに撮ってもらったのです・・私は4階までは自分で行くことができました。
次回はもうちょっと慣れるかな?


ただいま塗夢では外壁塗装リフォームの特別価格キャンペーンを実施させていただいてます!!詳しくはこちら↓
















倉敷市Kマンション 剥がれそうなタイルの外壁をなおします

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪




↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓


こんにちは!最近は夜にコオロギかな?きれいな音色が聞こえました。秋の虫は音色がきれいですね~。でも一昨日は日中にまだセミの鳴き声が聞こえましたよ(笑)応援したくなりますね!

さて、今日は先週行きました倉敷市昭和町のマンションの工事の様子をお伝えします!
倉敷市マンションK

この日は、タイル面の外壁工事の作業中でした。こちらのマンションはタイルが劣化により浮いた状態になっていました。このまま置いていると、タイルが剥落してしまいます。事故につながってしまう恐れがあります。今回のタイルの工事は、”ボンドカーボピンネット工法”という工事です。ボンドカーボンピンネット工法について調べてみますと、ボンドってあの接着剤のボンドでボンドはコニシというメーカーさんの商品名なんですね!私はボンドは接着剤のことと思っていました。オセロとリバーシのように・・!
なので、ボンドカーボピンネット工法はコニシ株式会社さんが開発した商品ということです。どのような施工かといいますと、劣化したタイルの上からネットを貼りセメントで固定するというものです。

タイルの外壁にボンドを塗ったところ
↑これはこの後のセメントを塗る工程のために密着を良くするためのプライマー(接着)を塗ったところです。この上からセメントを塗り、ネットを貼り付けます。

セメントの上からネットを貼り付けた
↑セメントの上からネットを貼りつけたところです。この上からさらにセメントを塗っていき、平らにします。
今日はここまででしたが、仕上がりはモルタルのような外壁になるので全然雰囲気が変わるんだろうなぁ~楽しみです!


ただいま塗夢では外壁塗装リフォームの特別価格キャンペーンを実施させていただいてます!!詳しくはこちら↓






岡山市北区 外壁塗装シーリング(コーキング)の打ち替えのようす

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

いつもブログの閲覧ありがとうございます♪




↓当社で施工されたお客様の声はコチラ↓

 こんにちは!9月になって朝と晩は涼しくなりましたね。日中はまだまだ暑いですが、蒸し暑さが少し薄れてきたような?気がします♪ 
今朝はなんと!事務所の近くの田んぼでスッポンが見つかりました!社員の方がつかまえていました(笑)
赤ちゃんスッポン4.5センチ
体長4.5センチくらいでしょうか・・小さくてかわいい!赤ちゃんですね。でも赤ちゃんがいるということは親たちもいるってことですね。調べてみるとどうやらスッポンは田んぼの害虫、ジャンボタニシ(スクミリンゴガイ)を食べてくれるそうです。田んぼにとって救世主なんですね♪

さて、今日は先日行きました岡山市北区のシーリング(コーキング)の打ち替えの様子です。

岡山市北区K様邸
シーリング(コーキングとも言います)の打ち替えは、外壁がサイディングやALCパネルの際に劣化しているので撤去して打ち替えを行います。シーリングはゴムのように弾力があり、ボードが膨張したり縮んだりするときにボードが割れないよう力を吸収する役割を持っています。
でも劣化すると、弾力がなくなり、固くなりひび割れて最後には切れてしまいます。切れたりひび割れたところから雨水が入り込み漏水してしまうことも多いです。なのでシーリングの打ち替えは必要な工程なんです。
シーリングを打つために養生をしている
↑これは、シーリングを打つために養生をしているところです。シーリング剤が真っ直ぐキレイにはみ出さないようにするために養生をしています。この工程とっても大切です。

シーリング打ち替えしたところ
シーリング打ち替えした部分です。きれいに仕上がっていますね。
次回は塗装のようすをお伝えします♪

ただいま塗夢では外壁塗装リフォームの特別価格キャンペーンを実施させていただいてます!!詳しくはこちら↓


最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

COMPANY

DOCTOR

REFORM

OTHER

CONTACT